MUGYUU!ロゴ

赤ちゃんの温めすぎ、着せすぎは危険?冬場の「服装と環境」のポイント

11月も後半に入り、寒くなりましたね。寒いからといって赤ちゃんに厚着をさせているママもいるのではないでしょうか?

寒さから身を守るのは重要ですが、体温調節が苦手な赤ちゃんは厚着をしすぎると、あせもや体調不良の原因になるので危険です。

今回は自分の思い通りに体温調整ができない赤ちゃんの為の、服装と環境のポイントをまとめました。

日中寒そうなときの体温調節の方法

4f13c03b7314fe4bf7bc0de17324b418_m
部屋の中が寒そうな時は、室内の温度を23、24度の温度で暖房をかけましょう。

服装としては、肌着1枚と長袖のカバーオール。そして寒そうな時は前開きのベストを重ねましょう。

chuckle 袖付き中綿入り前開きベスト

1,512

裏地にはブークレーを使用し中綿を入れているので、とても暖かいです。色はベージュとグレー2種類、サイズは70~90があります。

前開きのベストをオススメする理由としては、赤ちゃんが暑くなったり寒くなったりしても簡単に着脱することができるためです。

前開きのベスト、サイズは大きい方がいいの?

日に日に大きくなっていく赤ちゃん。すぐ大きくなるからといって大きすぎるサイズはあまりオススメできません。

理由はあまりに大きいサイズだと寝ている間にずれ、顔が埋もれてしまう危険がある為です。

またフード付きのもありますが、寝ている間は同様の危険性が生じるので、あまりオススメできません。

お昼寝の時の快適な寝かせ方

39b8222475cd879ba86457994e247eec_m

室温は23度くらいで保ち、直射日光が当たらない場所を選びましょう。

0ヶ月のうちはベビー布団やベビーベットなどを選び、1ヶ月を過ぎた辺りから布団の上などに寝かせて、お腹が冷えないように厚すぎない布団をかけてあげましょう。

くっついて寝ても大丈夫?

くっついて寝ると赤ちゃんはお母さんの温もりを感じ安心しながら眠れますが、一緒に寝てしまうと赤ちゃんに覆いかぶさって窒息死させてしまう危険性もあるので、低月齢の赤ちゃんは見守る程度にしておきましょう。

寝るときの掛け物は何がオススメ?

毛布とスリーパーがオススメです。

時期によって少し変わるのですが、新生児の時期は「薄手の毛布+掛け布団」で大丈夫です。1ヶ月を過ぎたら、「ベスト(スリーパー)+毛布」が動きを妨げないのでオススメです。

まとめ

2385038a7b7460f7784b481d1178d469_m
色々なことがデリケートな赤ちゃんにとって、服装1つ環境1つとっても色々注意しなければいけないことが多いです。

①室内の温度は23度前後
②肌着1枚+長袖のカバーオールが基本の服装
③寒そうな時は②に+前開きベストがオススメ
④寝るときは毛布で、お腹が冷えないように

この4点に気をつけて、元気な姿で冬を乗り切りましょう!

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER