MUGYUU!ロゴ

赤ちゃんのあせも肌を改善!スベスベお肌を手に入れる対策方法とは?

お肌も未熟な赤ちゃんは、あせもや乳児湿疹などの肌トラブルを起こしがちです。
今まさに、赤ちゃんのあせもに悪戦苦闘しているママもいれば、あせもかどうか分からないブツブツに悩んでいるママもいますよね。

ここでは、そんな悩めるママとあせもに苦しむ赤ちゃんのために、あせもの原因や症状、対策、予防、あせもと乳児湿疹の違いなどをご紹介しています。
これらの知識をしっかりとおさえれば、あとは実行あるのみです。
赤ちゃんのあせもをキレイにして、その後もできるだけあせもができないよう予防する方法を具体的に書いてあるので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

赤ちゃんのあせもの原因

あせも(汗疹)は、汗が赤ちゃんのお肌からきちんと出ていかずに、詰まってしまうことで起こります。
汗が汗の出口などに長時間たまってしまうと、いつもはお肌を守ってくれている皮膚の常在菌が過剰に増殖してしまい、炎症を起こして赤い発疹ができます。
特に赤ちゃんの場合、大人よりも新陳代謝が活発で体温も高いために、汗をかきやすい状態にあります。その上、汗を分泌する汗腺は未発達で密集しているために、汗が詰まりやすくなっているのです。
大人と赤ちゃんの汗腺の数は変わらないと言われていますから、圧倒的に体表面積の小さな赤ちゃんの汗腺が、いかに密集しているかということは容易に想像できます。

このように、赤ちゃんのあせもができる原因を見ていると、あせもができやすいのはある程度は仕方のないことだと言えそうです。

ただ、だからこそ、しっかり予防しておかないと簡単にあせもができますし、悪化してしまいます。
暑い季節になると、さらにできやすくなるので、パパやママは特に注意して下さいね。

赤ちゃんのあせもの症状

一般的には、赤い小さな湿疹でかゆみやチクチクとした痛みを伴います。
ただ、新生児の場合には、かゆみをあまり伴わない透明または白色の湿疹となって現れることもあります。

汗が原因のあせもですから、やはり汗をかきやすい場所に現れます。
寝ていることが多い赤ちゃんであれば背中やお尻、よく動く赤ちゃんでも首回りや脇の下などお肌とお肌がくっついている場所に起きやすいです。

また、栄養たっぷりの赤ちゃんだと、脚や腕に何重ものかわいいシワが寄ったりしますが、その中にあせもができたりもします。
たかがあせもと思っていても、しっかりとケアせずに放置してしまうと、あせもの範囲が広がったり、部分的にジュクジュクと膿をもったりしてしまうこともあります。
特に、かゆみがひどくて、引っ掻いたりしてしまうと、細菌に感染して膿をもちやすなります。

赤ちゃんのあせもの体験談

■5ヶ月の息子ですが、やっと乳児湿疹が落ち着いたと思ったら、夏場に入って、二重あごのシワの中と背中に赤いブツブツができてしまいました。
背中は2、3日でよくなったけれど、あごの中からはジュクジュクして汁みたいなものが・・・病院に行ってステロイドをもらったら、すぐに良くなってホッとしました。
(20代女性)

■子どもが3人いるのですが、全員赤ちゃんの時期から夏場はいつもあせもができます。
1番下がまだ1歳未満ですが、なかなか手をかけてあげられずにお着替えがおろそかになることも。
そうすると、必ずといっていいほどあせもが広がっています。
(30代女性)

■生後2ヶ月になる赤ちゃんを育てています。
始めは顔やおでこだけだったのが、今では首回りや肩、背中にも赤いブツブツガできています。
生後1か月の頃には健診で乳児湿疹だと言われたけれど、場所も変わってきているし、あせもかもしれません。
乳児湿疹とあせもの違いがよく分からないし、対処法も分からないし困っています。
(20代女性)

間違いやすい「あせも」と「乳児湿疹」の違い

赤ちゃんにできたブツブツが、あせもか、乳児湿疹なのか分からずに悩んだことがあるママも多いのではないでしょうか。
そこで、2つの何が違うのかというと、まずは原因が違います。

あせもの場合

あせもは、汗がうまく分泌できずに炎症を起こしてしまします。
できる場所は、汗をかきやすく溜まりやすい所にできます。

乳児湿疹の場合

乳児湿疹は胎児の時に受けたお母さんの女性ホルモンの影響で、皮脂分泌が盛んになっているために起こります。
できる場所は、まず顔周囲にできて、その後体全体にできていくことが多いようです。

2つの原因と出来る場所にも特徴はあるのですが、ただ見分けることにそこまでこだわる必要はありません。
というのも、家でできる対策は同じだし、ひどくなってきたら早めに受診するということも同じだからです。

あせもでも、乳児湿疹でも、いつもより赤ちゃんの機嫌が悪くて辛そうだとか、湿疹が広がっているとか、悪化の予兆があれば早めに受診するようにしましょう。

あせもができた後の対策方法

あせもケアの基本は、清潔を保つということです。
汗をかきやすい赤ちゃんですから、汗をかいたら濡れたガーゼで拭き取る、またはシャワーで流してあげましょう。

汗で濡れた服は不衛生で細菌の繁殖に繋がるため、キレイなお洋服に着替えさせてあげます。
枕やシーツ、お布団もこまめに洗い、十分に乾かして、清潔を保つように心掛けて下さい。

また、オムツをこまめに替えてあげることも大切です。
最近のオムツは高性能で1回のおしっこくらいでは気付かなかったりもしますが、締め付けているゴムの部分などは少し濡れただけでもお肌へ影響したりするため、早めの交換を心掛けましょう。

あせもが長引いていたり、範囲が広かったり、赤ちゃんが痒がって辛そうだったりした場合には、早めに受診するようにしましょう。
自然にまかせて治すのに時間がかかるよりは、処方薬でサッと治して、予防に力を入れる方が赤ちゃんもママもストレスが少なく済む場合も多々あります。

あせも予防にまさる対策はナシ

繰り返しになりますが、とにかく赤ちゃんはあせもができやすいし、悪化しやすいです。
一旦あせもができると、なんだか痒いし、チクチク痛いしで、赤ちゃんはいつでも掻こうとします。
力加減のできない赤ちゃんですから、爪を短く切っていても血が出るくらい深く引っ掻いてしまうこともよくあります。

生後3ヶ月を過ぎれば、※ミトン(親指以外の指が1つにまとめられている手袋)をしていてもいつの間にか脱げているなんてことは日常茶飯事で、脱げていない方が珍しいくらいになります。
その繰り返しでいつの間にか掻きむしり、傷ができてしまうと細菌感染を引き起こしかねません。
とはいえ、パパやママが1日中赤ちゃんの隣で、掻かないように見ておくなんてことはほぼ不可能ですから、あせもを作らないように予防することが何より大切です。

そして、あせもができてしまった場合でも、早めに対応することで悪化を防ぎ、治っても予防を怠らないようにしましょう。

あせもができる前の予防方法

あせもの予防でも、あせも対策と同じように清潔を保つことが重要です。
また、赤ちゃんが汗を必要以上にかかないように、環境を整えてあげましょう。
衣服は、綿などの通気性に優れたものを使用し、大人よりも1枚少ない枚数を目安に着せます。

自宅では、クーラーを上手に利用し、赤ちゃんが汗をかきすぎないように調節します。
お出かけする時には、ベビーカーや自動車のチャイルドシートに吸湿性・速乾性に優れたマットなどを利用するとよいです。

特に暑い夏場では、屋外に駐車しておいた車のチャイルドシートにそのまま赤ちゃんを乗せるのは避け、しっかりとシートを常温に戻してから乗せるようにしましょう。
赤ちゃんの肌を乾燥から守ることも大切です。

赤ちゃんの肌は大人に比べて乾燥しやすいため、保湿することで肌のバリア機能を整え、あせもができにくい肌を目指しましょう。
汗をかいているから乾燥していないというわけではないので、汗を拭いた後にはドラッグストアなどに置いてある赤ちゃん用の保湿クリームやローションを使って、しっかりと保湿してあげて下さい。
ただし、肌が弱かったりトラブルを起こしやすかったりする赤ちゃんは、保湿剤も専門医から処方してもらうと安心でしょう。

赤ちゃんのあせもについての質問

Q:生後何カ月ごろが一番あせもができやすいの?

A:個人差や季節も大きく関係してくるので、一概に生後何カ月ができやすいということは言えません。
ただ、夏場に生まれた赤ちゃんでは、寝返りをしないのもあって背中にできやすかったり、動くようになると全身汗をたくさんかくために色々な場所にあせもができたりします。

汗をたくさんかいても、全くあせもができないという赤ちゃんもいますが、赤ちゃんと呼ばれる時期は常にあせもができやすいと思って、予防に努めることをオススメします。

Q:あせもができたら、何科に行けばいいの?

A:皮膚科に行くのか、かかりつけの小児科に行くのかで悩む方も多いと思います。
ジュクジュクして膿が出ているといったひどい症状であれば皮膚科をオススメしますが、受診しようかどうか迷うくらいのあせもであれば、まずは小児科を受診しましょう。

皮膚科では、授乳室やおむつ替えのスペースなど赤ちゃん用の設備がない場所も多いですし、さまざまな疾患、年齢層の方が待っているので、赤ちゃん連れの受診が意外と大変だったりします。
そこで、まずは皮膚科にかかるべき状態なのかかかりつけ医で診断してもらうという方法もあります。

まとめ

ここまで、赤ちゃんのあせもについて、原因や症状、対策などをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
個人差はあるものの、赤ちゃんとは汗をかきやすく、あせもができやすいものです。

赤ちゃんがあせもになる原因でも、体温の調節機能や汗腺の発達などに関わるものは赤ちゃんの成長を待つしかありません。
ただ、赤ちゃんのそういった特徴を分かっておけば、あせも予防の大切さや対策の重要性がより理解できると思います。

家での予防を徹底すること、そして、ママやパパも1人で抱え込まずに専門家へ早め早めの相談をすること、この2つを心にとめて、赤ちゃんのスベスベお肌を取り戻して下さいね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER