MUGYUU!ロゴ

アトピーの赤ちゃんは要注意!!アナフィラキシーショックとは?

昔と比べて重いアレルギーの子供やアレルギーをもつ体質の子供が増えてきています。
アレルギーについての様々な情報が溢れるこの時代、お子さんを持つ保護者の方にとって離乳食時期のアレルギーに不安を持つ方も多いのではないでしょうか。

ここではアレルギー症状や対応、アトピーなどアレルギー体質の子供への注意点などについて紹介していきます。

アナフィラキシーショックってなに?

アナフィラキシーとは、アレルギーの原因物質(アレルゲン)が体内に入ることによって脈が速くなったり、血圧が低くなる、ぐったりする、意識を失うなどのショック状態となり、生命に危険が及ぶような過敏反応のことです。
典型的なものでは原因物質が体内に入って数分以内に症状がでますが、30分以上たってからあわられたり、その両方の時間帯で現れる場合もあります。

アナフィラキシーショックってどんな症状がでるの?

46ab15aec6411bfa8d6a12e12726225d_m

アナフィラキシーショックの前駆症状

アナフィラキシーショックの前駆症状として、くしゃみ、咳、蕁麻疹、皮膚紅潮、まぶたや口唇のむくみ、口腔内の異常感、口唇のしびれ、喉が詰まった感じ、嚥下困難感、両手足末端のしびれ、心悸亢進、悪心、耳鳴り、めまい、胸部不快感、腹痛などがあります。

アナフィラキシーショックの後半の症状

後半の症状については自身で自覚する症状ですので赤ちゃんの体調を知る際には前半の症状を見ていくこととなるでしょう。

初めて摂取する食べ物やまだ数回しかチャレンジしていない食べ物を食べさせる場合には症状の出現がないか注意が必要です。

受診が必要な症状

①アレルゲンを摂取後咳がでたり、ゼーゼーしてきたなどの症状がある場合

②呼吸状態が悪化した場合

③口唇が腫れてきた場合

④目の周りが腫れてきた場合

口唇などは喉と同じ粘膜で出来ているため粘膜の腫れが出ているということは、今後喉が腫れて呼吸困難をきたす可能性があるということです。

この場合も安全のためすぐに受診するとよいでしょう。

こんなときはすぐに救急車!!

①急にぐったりしている

②意識がはっきりしない

③呼吸困難をきたしている

これらの症状がある場合には一刻を争うので救急車を呼びすぐに処置が必要です。
802f478894f5c15a2506130411b7725f_m

アナフィラキシーショックの原因は?

アナフィラキシーの原因は食べ物がもっとも多く、続いて蜂などの昆虫薬物です。

鶏卵や牛乳、小麦、そば、ピーナッツなど特定の食べ物を食べた時に起こり、どの世代でも見られますが特に乳幼児に多く見られます。

また食べただけでは症状が出ないのに、食べて4時間以内に運動が組み合わさると症状が誘発される「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」もあります。

離乳食開始時の赤ちゃんの場合アレルゲンを摂取後激しく動くことはないでしょうが、入浴でもアレルギー反応を引き起こす可能性があるため注意が必要です。
食後すぐの入浴は避けた方がよいでしょう。

また食べ物を摂取後軽く蕁麻疹や皮膚に赤みがでているなどの軽いアレルギー症状がでている状態で入浴し血液の循環を良くしてしまうと症状が悪化してしまうので入浴は避けた方がよいでしょう。

アトピーの赤ちゃんはアナフィラキシーショックを起こしてしまうの?

アトピー体質の赤ちゃんは何かしらのアレルゲンに対してアレルギーを持っているのでアナフィラキシーに注意が必要でしょう。

しかし必ずしも食べ物にアレルギーがあるというわけではなく、アレルギーの程度もひとそれぞれなので必要以上に怖がって離乳食を始めないという判断は赤ちゃんの成長に関わってきてしまうため自己判断で行わないようにしましょう。

重度のアトピーがあったり、アレルギーのエピソードがある場合には小児科などでアレルギー検査を行うことがあります。
その上で医師と相談し離乳食を徐々に進めていくと安心でしょう。

それほど重症でないアトピーであったり、心配だから検査を受けてから離乳食を開始したいという保護者の方もいますが、この場合医師より断られることもあります。
というのも必ずしもアレルギー検査の結果イコール症状が出るものとは限らないからです。
検査で出ているアレルゲンには注意が必要ですが、数値としてはアレルギーでも症状がでない場合が多々あります。

アレルギー症状がないのに心配だから検査を行うと今まで食べていたものや本来は食べられるものでも数値では陽性となり、除去してしまう可能性があるのです。

アレルギーの治療方法

経口負荷

最近のアレルギーの治療方法として経口負荷という方法があります。
簡単にいうと「アレルギーの食材を食べてアレルギーを治す」方法です。

アレルゲンの食材を医師の監視のもとごく少量から摂取し体を慣らして、もしもアレルゲンを誤って摂取してしまった場合でも重症な症状がでないようにするものです。

アレルギー検査で引っかかったからと今まで食べていたものも除去してしまうと、今まで大丈夫だったものをいざ誤って食べた際にアレルギー症状を引き起こしてしまう可能性もあるのです。

アトピーの赤ちゃんをアナフィラキシーショックから守るには?

離乳食の進め方を守る

f27d3ed1965d42df1ed5400d49392cec_m

離乳食を与える量

離乳食開始にあたっては基本的な離乳食の進め方を守ることが大切です。

初めての食材は必ず単品でひとさじから開始し、赤ちゃんが喜んで欲しがっても初めからたくさんは食べさせてはいけません。

これはアレルギー症状が出ないか見ていくのにとても大切で、同時に新しいものを複数目与えてしまうとどの食材に対してアレルギー症状が出現しているのかわからなくなってしまいます。

またアレルギーは初めての時だけでなく、同じ食材を次に摂取する場合も注意が必要です。

アレルギー反応は1度目よりも次にアレルゲンが入ってきた時の方が強く反応が出ることがあるため1度目で大丈夫だったからと2度目の時にたくさんあげてしまうのは避けましょう。

離乳食を与える時間帯

新しい食材を試す場合には時間帯や曜日も重要です。

もしアレルギー症状を起こしたとしても対応ができるよう平日の日中など病院が空いている時間帯を選ぶことはもちろん、可能であればアレルギーが心配な食材を試す場合にはサポートしてくれる家族などが在宅のときに行うと安心です。

タンパク質を与える時期

タンパク質(肉・魚や卵、牛乳など)は野菜や米などと比べてアレルギー反応を起こす可能性が高いため食材の開始時期に注意が必要です。

離乳食期間中の新しい食材の開始時期は赤ちゃんの発達の程度で食べられるものかどうかという視点のほかにアレルギーを起こす可能性があるものは後の方に開始できるように組まれています。

家族の食事からのとりわけなどを行い、離乳食を手軽に用意するなどの工夫はとてもよいですが、食材の種類には注意していきましょう。

皮膚のケア

また食べ物アレルギーに関しては皮膚のケアが大切となってきます。

食べ物アレルギーは口の周りの皮膚の荒れた部分に食材が触れることでアレルゲンとして認識しアレルギーを起こしてしまうことが多いとされています。

アトピーの赤ちゃんの場合には皮膚のトラブルは付き物だと思いますが、離乳食開始前より軟膏などを使用ししっかり皮膚のケアを行い治しておくことでアレルギーの予防にもなります。

アトピーで皮膚トラブルがある場合には保湿剤とともにステロイドの軟膏が処方されることが多いと思いますが、ステロイドと聞きあまり使いたくないなと感じてしまう方もいるのではないでしょうか。

軟膏の場合ステロイドで心配される副作用はまず問題ないと言われています。ステロイドを怖がって使用しない方が皮膚の荒れによって肌のバリア機構が壊れてしまい、アレルギーを起こしてしまうきっかけとなってしまったり、アトピーの適切な治療を行わないことで皮膚が厚く硬くなってしまうこともあります。

強いステロイドを長期で同じ部位に塗っている場合には皮膚が薄くなり白っぽく色が抜けてしまうことがあるので使用期間に注意が必要ですが、そうでない場合にはまず心配はいりません。

適切な治療を行いましょう。
8249d7ca0bed351b9e904a88ff684325_m

まとめ

まだ上手く自分で訴えられない赤ちゃんの症状を判断するのは難しいことが多く、アレルギーの心配がある赤ちゃんの離乳食デビューは緊張や不安でいっぱいの方も多いのではないでしょうか。
アレルギーの対応には注意が必要ですが、正しい知識を持って必要以上に怖がらないことも大切です。不安も付き物ですが、今だけの離乳食期を赤ちゃんと一緒にたくさん楽しんでくださいね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER