MUGYUU!ロゴ

馬油で赤ちゃんのアトピーが治るって本当?効果と使用方法まとめ

最近女性の間でとても話題となっている馬油ですが、美肌効果の期待や、馬油の入ったシャンプーを使うと髪の毛がきれいになるなど、注目を集めています。
馬油は美肌効果以外にも敏感肌やアトピーにも効くとのことですが、赤ちゃんのアトピー肌にはどうなのでしょうか?
赤ちゃんの肌は薄く、特別に弱く敏感です。
そんな赤ちゃんには簡単に試すというわけにもいかないので、アトピー赤ちゃんに馬油を使う前に、まず馬油とは一体どういうものなのか、成分など詳しいことをしっかりと理解したいですよね。
肌が乾燥し痒くて泣いてばかりの赤ちゃん、可哀想ですよね。
病院でお医者さんに診てもらうのと同時に、自宅でもできる限りケアしてあげたいと思うのではないでしょうか。
今回は馬油は本当に赤ちゃんの肌に安全なのか、またどのような効果があるのかや、正しい使い方や気を付けるべきことなどを細かく紹介していきたいと思います。

馬油ってどんなもの?

5b27c5ce7a368ac375a8869868eb1ca1_m
まず初めに、馬油とはいったいどのようなものなのでしょうか?
馬油とは馬の脂肪からとった油のことです。
馬油は誤って口に入れても安全で、粘膜部分や、デリケートな体の部分にも使えるくらい、とても体に良い成分でできています。
馬油の特に大きなポイントは、人間の皮膚の成分ととても近いということです。
なので私たちの肌にとてもなじみがよく、浸透しやすく刺激が少ないことが特徴です。
なので馬油自体は少しベトベトしていますが、人の肌に塗った瞬間にスーッと肌に溶け込んでいくのが分かります。
肌の奥まで浸透していくので、アトピーや肌荒れにもより潤いを与えてくれます。
また肌の保湿効果だけでなく、馬油には抗酸化作用や殺菌作用も含まれています。
馬油は肌にすぐに浸透するので肌が空気の触れるのを防ぎ、菌などが皮膚に入ろうとするのを防いでくれるのです。
そして馬油には血液の循環を促進してくれる働きもあります。
馬油は塗った瞬間からすぐに肌に広がり浸透してくれるので、結果的に血液の循環を良くしてくれる働きがあるのです。

馬油は赤ちゃんのアトピーに効果があるの?

2afee5ab2ebc5ab4c93b763d700a272f_m
では馬油は赤ちゃんの肌には安全でアトピー肌には効果はあるのでしょうか?
馬油は天然の油なので敏感な赤ちゃんの弱い肌にも保湿効果にとても優れています。
その浸透性の良さ、安全さから馬油は乾燥肌の赤ちゃんや、あまり重度ではないアトピーの赤ちゃんにはとても効果が出やすいです。
アトピーの赤ちゃんはよく病院でワセリンを処方されるかもしれませんが、ワセリンは表面をカバーするだけで奥まで浸透しません。
また馬油のように殺菌作用などは含まれていません。
それとは逆に馬油は表面をカバーするだけでなく、ダメージを受けた肌の奥深くまで浸透するのでアトピーや肌荒れの効果が期待できます。
馬油を塗ってからそれをカバーするためにワセリンを使うと良いとも言われています。
もちろんすべての赤ちゃんに馬油が合うかは保証されません。
いきなり赤ちゃんの肌に使う前に少しの量を体の一部に塗って試してから使うことをおすすめします。

アトピーの赤ちゃんに安全な馬油の選び方とは?

馬油といっても色々な種類がありますが、どのように選んでいったらよいのでしょうか?
赤ちゃんのアトピー肌に安全な馬油を選んでいきたいですね。
まずアトピーの赤ちゃんには必ず、精製度の高い馬油を選んであげましょう。
精製度の高い馬油を作るには長い過程を通って時間をかけて作ります。
手間ひまをかけて作られた馬油はやはり使用感も変わってきますし、色の違いも見ることができます。
品質の良いものは値段も上がりますが、肌の薄い、敏感な赤ちゃんの肌には質のよいものを使ってあげたいですね。
精製度の低いものには不純物が入っている可能性もあります。
中には馬油が入った保湿剤や、純粋な馬油だけでない保湿剤も売っている場合があるので気を付けて品質表示を見てみましょう。
また馬油によっては赤ちゃん使用可などと表示されているものもあります。
そういったものを選んで使ってあげることがポイントです。

正しい馬油の使い方とは?

では馬油はどのように使っていったら良いのでしょうか?
馬油は先ほど説明したようにとても浸透性に優れています。
本当に少しの量でも伸びが良く肌の奥まで浸透していきます。
なので馬油は少量をうすく塗ることをおすすめします。
肌の状態を見ながら一日二回、朝と夜塗ると良いでしょう。
特に夜はお風呂上がりの清潔な肌に、肌が乾燥してしまう前にすっと塗ってあげましょう。
お風呂上りにす塗ると保湿効果がもっと高まります。
2d87c4d7dda879d2cfbe29b8785c8cbe_m
また塗るときはあまりごしごし強く塗ると肌に余計な負担や刺激を与えてしまいます。
余計な摩擦は与えないように、こっすて塗らないように気を付けましょう。
あまり多く塗りすぎることなく、肌がしっとりするくらいがちょうどよいです。
べとべとになるまで塗らないようにしましょう。
アトピーが良くなり始めたら一日夜一回だけなど、様子をみつつ使っていってあげるといいですね。

馬油にも副作用があるの?

30b91282642a7651897cf705cf7231b4_m
大人から赤ちゃんにも良いといわれている馬油ですが、副作用はあるのでしょうか?
馬油は口に入っても良いくらい安全性の高いものと言われていますが、まれにアレルギー反応を起こす場合もあるので気を付けましょう。

動物アレルギーの赤ちゃんは要注意

馬油は馬の油でできているので動物アレルギーがある赤ちゃんはしアレルギー反応が出てしまう可能性があります。
特に馬アレルギーのある赤ちゃんは使用は避けたほうが良いかもしれません。
動物アレルギーのある赤ちゃん、特に馬アレルギーのある赤ちゃんは使用を避けたほうが良いでしょう。
またあまり純度の高くない馬油の中には馬油以外の不純物が入っている可能性があり、その不純物が原因でアレルギー反応を起こす可能性も出てきます。

パッチテスト

馬油を使う前には前もってパッチテストをするのもおすすめです。
テストの仕方は、赤ちゃんの太ももの内側や二の腕など皮膚の薄いところに馬油をすこし塗って一日様子を見てみます。
赤みや腫れがないかを確認してあげましょう。
もともとアレルギーが多いという赤ちゃんには馬油を使用する前に念のためにお医者さんと相談するのも良いでしょう。
馬油は天然の油であるがゆえに注意して使わなくてはいけません。

アトピーの赤ちゃんに馬油を使うときの注意点とは?

赤ちゃんに馬油だけでなく、新しいものを使用する場合は特に注意して赤ちゃんを見てあげなければなりません。
赤ちゃんは話すことができず、泣くことでしか意思表示ができません。
なので、馬油を使う際にはママが十分赤ちゃんの様子を見て気をつけてあげましょう。

合わない場合は使用を中止する

078c1f05284a057394976db731de5428_m
馬油を使って皮膚が赤くなって様子がおかしくなったり、使用後にアトピーがひどくなった、なかなか良くならないという場合すぐに使用は中止し、病院に行くようにしましょう。
赤ちゃんの肌に合わないのに塗り続けてしまうとさらに症状が悪化してしまうおそれもあるので気を付けましょう。

保存方法に気をつける

また馬油は天然の油なので酸化しやすいという難点があります。
油なのであまり温度の高いところに長時間置いておくと溶けて悪くなってしまいます。
長期保存する場合は涼しい場所、冷蔵庫の中で保存するのが良いでしょう。
保存方法に気を付け、古くなった馬油は使わないように注意しましょう。

紫外線に注意する

また油なので肌に塗った後すぐに直射日光に当たると紫外線からのダメージを受けやすくなってしまします。
紫外線を受けると余計に肌に刺激を受けてしまうので、昼間に馬油を使う場合は赤ちゃんには長袖を着せてあげるか、夏場は夜だけの使用にし、昼間の使用は避けるなどしてあげると良いでしょう。
5a3ea5cc389662deec96c1df8f8b2655_m

まとめ

馬油は大人から赤ちゃんまで安全に使うことができ、色々な面でとても優れています。
保湿だけでなく、血行促進、抗酸化作用や殺菌作用まであるので、アトピーの赤ちゃんの改善にもとても期待のできるものです。
ただすべての赤ちゃんに効果を発揮するものではなく、気を付けなければならないこと、馬油の選び方なども様々です。
質の良い馬油を赤ちゃんの肌の様子に合わせて知識を持って使ってあげていきたいですね。
馬油は良い事だけではなく、赤ちゃんの肌の状態を悪化させてしまうこともあることも覚えておきましょう。
まだまだ肌の弱い赤ちゃん、痒い時も泣くことしかできない赤ちゃんですから知恵をもってアトピー肌改善をしていきましょう。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER