MUGYUU!ロゴ

アトピーの赤ちゃんはペットを飼っちゃダメ??一緒に過ごす対策と注意点

街を歩いていると犬の散歩をしている人を多く見かけます。
また、猫カフェなど動物と気軽に触れ合えるカフェも人気で続々とオープンして、ペットの飼育が可能な賃貸物件なども続々と増え続けペットブームとも呼ばれています。

一方、それに比例するかのように、アレルギーを持つ人も年々増加しています。
アレルギーを起こす物質であるアレルゲンは、食べ物や化学物質、花粉など原因は人によってさまざまですが、その一つに動物の毛やくっついているダニなどがあります。
いくら動物が好きでもアレルギー症状が出るなら、動物との触れ合いや飼い方に気をつけなければなりません。
9ef8d59d9caeea0ef2c97aa6636820a9_m
ママやパパも動物が大好きで、ずっと大切な家族としてペットを飼っているお家もあるかと思います。
赤ちゃんが生まれるまでは、一緒に遊ぶ時間もたくさんあり、ペットはまるで自分たちの子供のように接していたと思います。
でも、最近赤ちゃんに湿疹ができて痒がって辛そうなので皮膚科にかかると、「アトピー性皮膚炎」との診断が・・・。
とてもショックですし、毎日痒くて泣いている赤ちゃんの姿は、ママにとって胸が張り裂けそうな気持ちになってしまいますよね。
「もし、ペットがアトピーの原因なら一体どうしたらいいの?」
「早くアトピーを良くしてあげたいけれど、家族同然のペットを手放すわけにはいかないわ。」と頭を抱えてしまいますよね。
ここでは、これらの疑問に対して、赤ちゃんのアトピーを悪化させずにペットと同居できる方法と注意点を分かりやすくご紹介します。

アトピーの赤ちゃんはペットを飼ってはいけないの?

4e390fdb4192db4f3cbc1274e1c22e55_m
アトピー性皮膚炎の原因はペットだけではありません。
しかし、症状が悪くなる可能性だけを考えると、これから毛や羽のある動物(犬、猫、ハムスター、うさぎ、鳥など)を飼おうか迷っているなら、飼わない方が安全です。
なぜなら、それらの動物は、体の大小にかかわらず、どうしても抜けた毛や羽、フケが部屋の中を舞います。
そうなると、その抜けた毛や羽、フケがアレルゲンとなり赤ちゃんのアトピーを悪化させてしまうからです。
また、トイレが室内にあるため乾燥した排泄物が空気中に舞い人の皮膚に接触しやすくなります。
さらに、ペット自体にノミやダニが寄生する可能性もあります。
これらが、アレルゲンとなり敏感な赤ちゃんは、くしゃみや痒みが増し、アトピーの症状が悪化する可能性が高くなります。
ママにとって、初めての赤ちゃんは慣れない育児に追われて大変です。
さらに、アトピーだと、痒みで夜中泣き止まなかったり、食事や掃除なども人一倍気を使います。
赤ちゃんのアトピー症状の改善に集中するならば、ペットの面倒を見ることは恐らく後まわしになってしまうでしょう。
なのでペットのことを考えても、まず飼わない方がよいでしょう。

ペットも家族の一員、アトピーの赤ちゃんと一緒に暮らす方法は?

c8afa7abf940b9fa5e3dbc50652cde84_m
でも、今すでにペットが家にいる場合はどうしたらよいでしょうか。
赤ちゃんのアトピーを良くしてあげたいけれど、家族の一員であるペットを今更手放すことは考えられません。
それなら、同居できる可能性を考えて、きちんと対処しましょう。

家の外で飼っているペット

家の外で飼っているペットについては、直接の接触が避けられるので、アレルギーの原因は少なくなります。
でも、玄関先で飼っていると、風によって室内に毛やフケが侵入する可能性があります。
毎日それらのアレルゲンが家に入らないように掃除をこまめにする必要があります。
特に赤ちゃんのアトピーの症状がひどい時は、過敏になっているので、掃除を念入りにしましょう。

家の中で飼っているペット

家の中で飼っているペットは、さらにやるべきことが増えます。
毎日、窓を開けていつも新鮮な空気を入れ通気をよくします。
空気洗浄機はアレルゲンが半減されるほどの効果があると言われているので置いた方がよいでしょう。
さらに、掃除機での掃除、布類(カーテン、クッション、ソファ)のこまめな洗濯、また紫外線での殺菌なども効果があります。
また、可能な限りの接触を防ぐために、赤ちゃんとペットの生活空間を分ける工夫も必要です。
自由気ままに動く猫は犬よりも難しいかもしれませんが、赤ちゃんが多くの時間を寝て過ごす寝室には、ペットが絶対に入らないようゲートをつけると安心です。
それによって、赤ちゃんがペットのおもちゃを口に入れたり、ペットが赤ちゃんを舐めたり噛むなどの事故も防げます。
とはいえ、ペットも急に生活の場が限られてしまうとストレスを感じてしまうので、様子を見ながら徐々に生活のスペースを分けていくと良いでしょう。
a981a152a43ae713107b7ed05765c676_m

ペットのお手入れ

ペット自体のお手入れも大切です。
ペットの種類にもよりますが、定期的にトリミングしたり、まめにブラッシングします。
市販でペットの「吸引ブラシ」が購入できるので掃除機のホースに取り付ければグルーミングしながら抜け毛を取ることもできます。
もちろん、動物病院での定期検診も必須です。

しかし、これらのことを全てこなしたとしても、アレルゲンを完全にシャットアウトすることは難しいものです。
なので気になる場合は、かかりつけの病院に行って血液検査でアレルギー状態を正確に知ることが大切です。
その結果、飼っている動物の数値が正常であったとしても、生活の空間を分けてみてアトピーの症状が良くなるようなら、飼っているペットがアレルゲンになっていることは十分考えられます。
その場合、残念ですが食事同様にペットを避ける必要が出てきます。

アトピーの赤ちゃんがペットと触れ合う際に気をつけることとは?

3ad813b391e81a9c4638b78e47add1c4_m
このように自宅では、生活環境を管理することが可能です。
でも、よくあるのがおじいちゃんやおばあちゃん、お友達の家にペットがいるケースです。
今やアトピーの赤ちゃんは増え続けているので、意外とお友達にはアトピーなのでペットを遠ざけたい、という希望は伝えやすく、また理解を得やすいかと思います。

難しいのが、アレルギー疾患の少ない時代背景のあるおじいちゃんやおばあちゃんです。
アトピーのことを伝えてもなかなか分かってもらえなかったり、自分たちが可愛がっているペットに関してあれこれ言われたくない、と機嫌を損ねてしまうかもしれません。
でも、おじいちゃんやおばあちゃんとの関係を恐れて会わせたがために、我が子のアトピーの症状が悪化しては元も子もありませんよね。

ここはきちんと、赤ちゃんに触れたり抱っこする場合は、清潔な手で服もできれば着替えて、部屋も事前に掃除しておいてもらえるようにお願いするしかありません。
それでも、理解が得られない場合は、丁寧に訪問をお断りする勇気も必要です。

もしも、訪問中に赤ちゃんが何かの拍子にペットに触ってしまい湿疹が出たり、体調が悪くなった場合は、すぐに病院に行きましょう。
また例え、訪問後に何事もなかったとしても、手洗いやうがいはきちんとしましょう。
言うまでもありませんが、重度の動物アレルギーのお子さんは、我が子を守るためにペットのいるお宅からのお誘いは、きちんと説明して丁寧にお断りしましょう。

アトピーの赤ちゃんが飼えるペットとは?

ペットと言っても種類は幅広く様々いますよね。
アトピーの赤ちゃんがいるけれど、どうしてもペットを飼いたい場合は、毛や羽のない昆虫、熱帯魚やカメなどがおすすめです。
毛のない動物はアトピーの症状を悪化させる可能性が低いこと、また赤ちゃんもガラスケージ越しに動物の動きを目で追うことができるので喜びます。
ただ、それでもケージ内を清潔に保てないと、カビが発生して新たなアレルゲンになることもあるので、やはり飼うなら責任を持ってお世話をしましょう。

まとめ

アトピーの赤ちゃんがペットと一緒に暮らす方法と注意点についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
ペットは家族の一員であり、私たちの人生を豊かにしてくれる癒しの存在です。
子育てで息が詰まりそうな時に、ペットの存在が精神的な支えになることもあります。
また、動物がいる環境で、お子様も学ぶことが多いでしょう。
でも、一方でペットがアトピーに及ぼす影響についてもよく理解しておかなければなりません。

繰り返しますが、ペットをこれから飼うか迷っているなら、まず飼わない方がよいでしょう。
また、赤ちゃんにアトピーがあるけれど、それでもペットと共に生活を始めることを希望する、または既にペットを飼っている場合は、ペットと赤ちゃんが別々の空間で過ごせるように環境を整え掃除を徹底しましょう。
さらに、自宅以外で気をつけることは、事前に訪れる場所をよく調べ、お相手には赤ちゃんの状況を必ず伝えて周りからの協力を得ましょう。
これらを怠ると苦しむのは他ならぬ赤ちゃんです。
各ご家庭の環境によって状況は様々です。
赤ちゃんとペット、両方のことをよく考えて最善な選択をしたいですね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER