MUGYUU!ロゴ

赤ちゃんのアトピーは水道水に含まれる塩素が原因だった!怖い塩素の正体と対策まとめ

赤ちゃんのアトピーの原因はまだはっきりと解明されていません。
原因は何なのだろうと毎日処方されたステロイドや保湿剤を塗りながら、食事に気をつけてみたり掃除を頑張ってみたり気を使われていることと思います。
赤ちゃんが痒がって掻き壊し、痛がっている姿を見るのはとてもつらいですよね。
お風呂に入ったあとは余計に痒がったりすることはありませんか?
体温が上がり、血行がよくなって痒くなってしまうのもありますが、実はお風呂のお湯の「塩素」も原因のひとつかもしれません。
水道水もアトピーの原因なの?とびっくりされてしまうママも多いでしょう。
人と水は切っても切り離せない関係です。
それが赤ちゃんのアトピーの原因ともなれば不安になってしまいますね。
ここでは水道水の塩素とアトピーについて詳しく説明していきます。
どうしたら良いのか、対策もお伝えしていきますので参考にしてみてくださいね。

そもそも塩素ってどんなもの?

b304327ae6581a124e639f3c6a904471_m
皆さんは、「塩素」って聞いたことがありますか?
よく知られているのはプールですね。
プールに行くと独特の臭いがして、出た後は髪の毛がキシキシしたり、肌がガサガサしたり痒くなってしまう方もいるのではないでしょうか。
実はプールに含まれている「塩素」という薬品が原因なのです。
ではなぜ、プールに塩素を入れるのか知っていますか?
プールなど大勢の人が利用する場所では、いろいろな人が持ち込んだウイルスや細菌に感染してしまう可能性があります。
そのウイルスや細菌を死滅させてくれるのが「塩素」です。
プールに塩素を入れて消毒することは、厚生労働省でも決まっていて公共のプール、学校のプール、さらには幼稚園のプールにも細かくどのくらいの濃度で塩素を入れるのか定められているのです。
878e4971b30ef87acdc6bfe2dcb1fac9_m
塩素が含まれているのはプールだけではありません。
人には必要不可欠の「水道水」にも塩素が含まれています。
これは水道水の安全のために浄水場で塩素が投入され、過去にたくさんの人が亡くなったとされる大腸菌や他の細菌などを死滅させてくれるのです。
そのため、日本の水は世界一安全と言われているのですね。
しかし、塩素にはデメリットももちろんあります。
最初にもお話しましたが、塩素が含まれている水は独特のツンとした臭いがします。
敏感な人はこの臭いによって頭痛がしてしまう人もいるくらいです。
また、浄水場で入れられた塩素は家庭に届くまでの間に殺菌・消毒し終わった後でも蛇口から微量ですが出てきます。
これを「残留塩素」と言いますが、水道から出てくる残留塩素は残しておかなければいけないと国で決まっています。
ですから、浄水場から離れている地域の家庭まできちんと塩素が残され消毒されるようになっていますから、浄水場から近い地域の家庭の水道水からは濃い濃度の残留塩素がでてきます。
その逆で浄水場から離れた地域の家庭は基準ギリギリの濃度の低い残留塩素が出てくるというわけですね。
水道水に含まれる塩素は化学反応を起こし「トリハロメタン」という発がん性物質も発生させるとも言われています。
そして、塩素の入った水は人の肌の細胞を破壊する力も持っていて、肌を酷い乾燥状態にしてしまうということもあるのです。
このように、塩素は人々を細菌などの感染症から守ってくれる一方で、人には危険な物質でもあるということです。

赤ちゃんのアトピーは塩素で悪化するって本当?その理由とは?

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_m
先ほど塩素は、殺菌してくれるメリット、人の細胞を破壊してしまうデメリットがあると説明しました。
それでは塩素は赤ちゃんのアトピーを悪化させてしまうのでしょうか?
赤ちゃんのお肌はとても薄くデリケートでちょっとした事で赤くなってしまったり痒みが出たりしてしまいます。
さらにアトピーの赤ちゃんの肌は痒くて掻き壊してしまっていたり、外からのちょっとした刺激から守るバリア機能が弱っている状態です。

お風呂・シャワー

そこで先ほどお話した「残留塩素」の含まれたお湯のお風呂に入ったらどうなってしまうのでしょうか。
塩素は人の細胞を破壊してしまうとお話しました。
細胞を破壊させてしまうものが含まれているお風呂の中に、掻き壊してしまったアトピー肌の赤ちゃんが入ると、どうなるかわかりますね。
ますます肌にダメージを起こしてしまうのです。
食器を漂白する時に使う塩素系の漂白剤が手についたことはあるでしょうか?
塩素系の漂白剤が少しでも手につくとぬるぬるします。
それは、人の肌細胞がが破壊され溶けてしまっているサインです。
そしてその後酷く肌が荒れてしまいます。
それに近いことがお風呂でも起こっているのです。
3648b5ba0eb5e31fc04004b2a9a9945c_m
また、お風呂に入って赤ちゃんの体を洗ってあげる時などはシャワーを使って流してあげるママも多いですよね。
シャワーも同じく水道水です。
シャワーで霧状に出されたお湯に含まれる残留塩素は浴室全体に広まります。
浴室全体に広まると、それを吸い込んで鼻粘膜や肺粘膜が破壊され、肌に付着して肌細胞が壊されてしまうのです。
肌細胞が、お風呂やシャワーで壊されてしまうと、花粉やダニなどのアレルギー物質が体の中に入り込んでしまいます。
ですからアトピーの赤ちゃんはお風呂に入るたびに、肌の細胞が破壊されどんどん悪化してしまうのです。

飲み水

e1bedaf787861bd49ee988154b41fce8_m
お風呂やシャワーだけではありません。
普段飲んでいる飲み水にも残留塩素は含まれています。
赤ちゃんもミルクを作ったり、お風呂上りに白湯を飲ませてあげたり、離乳食を作ったりする時にミネラルウォーターを使ってる方も多いかもしれませんが、水道から出るお水を使っている方もいると思います。
もちろん、日本の水は安全ですから飲めないことはありません。
水道から水が出てこなければ大変困ってしまいます。
しかし、アトピーの赤ちゃんは要注意です。
塩素が含まれた水を飲むと、お風呂と同様に粘膜が破壊されていきます。
食道や胃、腸などの粘膜を破壊してしまいアレルギーなどから身を守るバリア機能が低下してしまいます。
そして腸にいる善玉菌などの良い菌も殺菌作用によって殺されてしまうので腸内環境も悪化してしまいます。
腸内環境が悪化するとさらに抵抗力が弱まり、ダニなどのアレルギー物質が体内に入りやすくなってしまいます。
よってアトピーが悪化してしまうのです。
atopi

引用:http://www.skincare-univ.com/

アトピーの原因は様々なので、水道水だけが原因ではありません。
しかし、日本でアトピーが急増したのは水道水に塩素を入れ始めた1960年代後半からと同じくらいの時期です。
また「世界一安全な水」とされている日本は「世界一水道水に含まれる塩素濃度が高い」ともされています。
そして驚くことに「世界一アトピーの患者が多い国」ともされているのです。
その結果、アトピーと水道水に含まれる塩素には大きな関係があると言われているのです。

赤ちゃんのアトピーを悪化させないために出来る塩素対策とは?

それでは、アトピーを悪化させてしまう塩素から赤ちゃんを守るにはどうしたらよいのでしょうか?
飲み水はミネラルウォーターがあるかもしれないけれど、お風呂のお湯を全部ミネラルウォーターにするわけにはいきませんよね。
最近では、アトピーではなくても塩素を除去すると肌もプルプルになると話題になっていますので様々な塩素の除去方法があります。

お風呂

ビタミンC

お風呂のお湯の中の残留塩素を除去する方法は意外と簡単にできます。
薬局などに売られている「ビタミンC粉末(アスコルビン酸)」をスプーン1杯くらいお湯を張った浴槽に入れるだけです。
ビタミンCと塩素が化学反応を起こし、ビタミンCと食塩と水に変化しますので安全なお湯になるというわけです。
ビタミンCを入れるタイミングは化学反応を起こし安全なお湯になるのに1時間くらいかかるので、入浴する1時間前くらいが良いでしょう。
また、お湯を張り終わる時間と入浴する1時間前の時間は一緒にしておいたほうが良いでしょう。
張り終わった塩素たっぷりのお湯をそのままにしておくと、塩素を含んだ蒸気が浴室内に充満してしまいますので気をつけましょう。

緑茶

もっと手軽に今すぐ出来る方法ないの?と思われるママもいらっしゃいますよね。
ビタミンCよりは効果が薄れるかもしれませんが、緑茶をお風呂に入れるという方法もあります。
お茶の葉っぱをティーパックに入れそのままお風呂に入れるだけです。
出がらしでも大丈夫ですので是非試してみてくださいね。
塩素が分解され、お湯がやわらかく感じられると思いますよ。

緑茶と同様に、炭を1~2キロ布の袋に入れてお風呂に入れるという方法があります。
入浴する2時間前くらいから入れておけば効果を発揮してくれます。
入浴し終わって完全に炭を乾かせば何度も使うことも出来るので経済的ですね。

シャワー

cd327f144be78cae78b80e0ebd843823_m
シャワーは塩素を除去できるシャワーヘッドが販売されています。
この塩素除去できるシャワーヘッドを取り付けることで、アトピーに対して効果があると実際の実験により証明されています。
塩素除去できるシャワーヘッドにも様々な種類が販売されています。

ビタミンCタイプ

お風呂の塩素除去にもビタミンC粉末を入れることで塩素が除去されると説明しましたが、シャワーヘッドの内部にもビタミンCを埋め込んであるものになります。
これにより、塩素が化学反応で食塩と水に分解させてくれます。
カートリッジ交換が必要になります。

セラミックタイプ

シャワーヘッドにセラミックが内蔵されセラミックの遠赤外線効果により塩素濃度が少なくなるというものです。
こちらはカートリッジ交換が不要ですが、値段も高いです。

どちらかといえば、ビタミンCタイプの方が塩素も完全に除去できるのでおすすめです。
このシャワーヘッドでお風呂にお湯をためれば浴槽にビタミンCを入れなくても、塩素除去されたお湯が溜まるので楽ですよね。

飲み水

c062632e354fab9cf6f468ef8cde41f3_m
飲み水は人にとって必要不可欠なものです。
粉ミルクの赤ちゃんはミルクを作る際にお湯を使いますし、お風呂から出たら赤ちゃんに白湯を飲ませて上げましょうと産院などで指導もされていますね。
ミルクのお水や白湯のお水は何を使用していますか?
今はミネラルウォーターやウォーターサーバーを使用している家庭も多いと思いますが、水道水のお水を沸かして使用しているママもいらっしゃると思います。
離乳食が始まっている赤ちゃんにおかゆを作る時、お米を洗いますね。
お米を洗う時には水道水で洗っていませんか?
お米は最初に洗う時のお水を一番吸い込みます。
水道水で洗えば残留塩素をたっぷり吸い込んでしまい、炊く時にミネラルウォーターを使用したとしても水道水で炊いたのとあまり変わらないのですね。
どうせ捨ててしまうのにミネラルウォーターを使うのなんてもったいないと思われるかもしれませんが、お米を炊く時には大切なポイントです。
ではどうしたらよいのでしょうか。

ミネラルウォーター・ウォーターサーバー

市販されているミネラルウォーターに塩素ではなく、ろ過・沈殿・加熱殺菌で殺菌されています。
その中でも「硬水」や「軟水」などと分かれていますね。
硬水はミネラル成分が多く含まれ、大人には良い効果をもたらすとされていますが、赤ちゃんには内臓に負担がかかってしまうこともあります。
ですから、赤ちゃんには「軟水」のミネラルウォーターを選んであげると良いでしょう。
「赤ちゃん用ミネラルウォーター」として販売もされているものもありますからそれを使用すれば安心ですね。
レンタルウォーターサーバーにも「硬水」「軟水」とどちらか示してあるのでよく検討して選びましょう。
ただ、毎日使用するものです。
経済的な負担も大きくなってしまいます。

浄水器

浄水器にも様々な種類があり、価格も様々です。
ほとんどの浄水器は水道水に含まれる「残留塩素」を除去してくれます。
アトピー患者が浄水器を取り付けて、水を替えたことによりアトピーが改善したという報告も多数あります。
ただ、こちらも決して安いものではありませんし、メンテナンスが必要なものもあります。

煮沸

白湯やミルクのために煮沸をしたお水を使用しているママは結構いらっしゃるのではないでしょうか。
確かに煮沸をすれば塩素は抜け、発がん性物質のトリハロメタンもなくなると言われています。
しかし、煮沸する方法によっては逆効果になる場合もありますので注意が必要です。
煮沸する方法?沸かせばいいんじゃないの?と思われる方がほとんどだと思います。
実は残留塩素の含まれている水道水を加熱すると水分中の成分が化学反応し、トリハロメタンが普段の2~3倍の量に増加してしまいます。
ですから沸騰してすぐに火を止めてしまうのは危険なのです。
また加熱すると塩素やトリハロメタンが蒸気と共に空気中にガス化して放出されてしまいますので、蒸気などが部屋にこもらないように換気することも必要です。
煮沸消毒をされる場合は10分~15分間煮沸することで、塩素もトリハロメタンも抜けるので安全なお水になります。
しかし、殺菌作用のある塩素が抜けたことでカビや細菌などの心配がありますので作り置きはお勧めしません。
使用するたびに煮沸をし使い切る方が赤ちゃんには安全です。
7ac030b9e9e167c12fa41061244da9a5_m

まとめ

いかがでしたか?
人の生活にはなくてはならない水。
現在の日本の水道水から出てくる水は確かに安全です。
しかし、その安全な水道水を作る過程にはアトピーを悪化させてしまう塩素が使われているということ。
アトピーの赤ちゃんには、なるべく安全なお水でお風呂に入れてあげたり、ミルクを作ってあげたりしたいですよね。
一見、塩素除去って難しそう、面倒くさそう、と思われがちですが意外と簡単に出来るものです。
アトピーの赤ちゃんが塩素除去することによって少しでも改善され、すべすべのお肌が戻りますように・・・。
参考にしていただければと思います。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER