MUGYUU!ロゴ

石鹸は使っちゃだめ!!アトピーの赤ちゃんの正しい入浴方法とは?

まだおしゃべりもできず、泣くことでしか意思表示ができない赤ちゃんにとってアトピー性皮膚炎は赤ちゃんにとってもお母さんにとっても悩みですね。
また特に大変なのがお風呂に入る時です。
気持ちの良いお風呂のはずが赤ちゃんにとってはヒリヒリ痛いだけ。
お風呂に入って余計にアトピーがひどくなってしまったなんてこともあるかもしれません。
お風呂に入れないというわけにはいかず、苦戦しているお母さんも多いのではないでしょうか?
アトピー性皮膚炎を持った赤ちゃんにはその子なりの正しいお風呂の入れ方をしてあげないと、余計に悪化してしまう可能性もあります。
アトピーの赤ちゃんにとってはお風呂の入り方一つをとってもストレスになってしまうかもしれません。
ここではアトピー赤ちゃんのための入浴方法を紹介したいと思います。

アトピーの赤ちゃんをお風呂に入れるときに注意することとは?

まず初めに赤ちゃんをお風呂を入れる時に一番注意したいことはお湯の温度です。
お湯の温度が高いと血流が回り、かゆみが増してしまいます。
赤ちゃんを湯船に入れる前にお湯は温度が高すぎないようにしっかり確認しましょう。
また長湯をしてしまうと同じく血流が良くなり、冬はゆっくりお湯に浸かりたいかもしれませんがあまり長風呂は避けたほうが良いでしょう。
お湯の温度はぬるま湯くらい、気持ちの良い温度で38度から39度くらいがよいでしょう。
これくらいの温度のほうが赤ちゃんもお腹の中にいた時のことを思い出すので心地が良いそうです。

また赤ちゃんのアトピーの場合は子供と違ってかなり肌が薄く、敏感なので、温泉よりはお家できれいなお湯でお風呂に入ったほうが良いそうです。
温泉の種類によっては赤ちゃんの肌を悪化させてしまうかもしれません。
大人が入浴剤を使いたい場合は赤ちゃんがお風呂に入り終わってから使うのが良いでしょう。

お風呂の塩素がアトピーを悪化させてしまうって本当?

お風呂の塩素はアトピーを悪化させてしまいます。
塩素は家庭の水の中に消毒、殺菌としてすでに入っています。
家庭の中にはすでに大量の塩素が入っていて、私たちはその水を使うたびにたんぱく質やビタミンCが破壊されています。
もちろん特に肌の弱い赤ちゃんにとって、アトピーを悪化させてしまう原因となってしまうのです。
atopi
http://www.skincare-univ.com/

お風呂の塩素除去方法

自宅でも一工夫するだけで塩素はなくすこともできます。
いくつか簡単に出来る方法を紹介します。

ビタミンC

まず一つはビタミンCを少し浴槽に入れるだけで塩素を分解することができます。
ビタミンCの粉末(アスコルビン酸)やタブレットを使って塩素除去します。
150~200Lのお風呂にだいたい0.2g(200mg)のアスコルビン酸を混ぜます。
皮脂が落ちやすくなりますので、ぬるめのお湯(38度~39度)で入ることが大切になります。

緑茶

また家庭で簡単にできるのは緑茶のティーパックを浴槽に入れる方法もあります。
出がらしのお茶の葉でも大丈夫です。

私自身も子供のころアトピーがひどく、我が家では母が炭を布の袋に入れてそのまま浴槽に入れていました。
意外と家庭の中でも簡単に塩素をなくすこともできるのです。

2番風呂

赤ちゃんにはきれいなお風呂で、という気持ちから1番風呂に入れたくなりますがお風呂のお湯は皮膚の毛穴が広がり吸収しやすい状態ですので塩素もどんどん肌が吸収してしまいます。
アトピー肌の赤ちゃんはなおさらダメージがあるのでさらに塩素を吸収しやすくなっています。
なので、パパやママが一度入ってから赤ちゃんを入れてあげると、最初の人が塩素を吸収してくれるので入りやすくなるようです。
確実には塩素は抜けないので気をつけてくださいね。

シャワーヘッド

お風呂の塩素を除去するシャワーヘッドも購入することができます。

手軽に出来る除去方法もありますので是非試してみてくださいね。

アトピーの赤ちゃんの体を洗うとき石鹸は使ってもいいの?

5adb75b5637962f3cc69420f3d4cb3cf_m
石鹸はしっかり使って汚れを落としてあげないとアトピーがひどくなる、という意見や、使わずに洗ってあげるべきだという意見があります。
それは状況に合わせて医師と相談しながら決めていくほうが良いでしょう。
あまりにひどく、かきむしって血が出ている場合は石鹸は使わないほうが良いかもしれません。
逆に傷が治りにくかったり、ヒリヒリをして赤ちゃんがかわいそうですね。
あまりにひどい状況のときはやめたほうが良いでしょう。
もし石鹸を使う場合は、たくさん市販のものはありますが、どの石鹸にするかは医師と相談したほうが良いでしょう。
薬用の赤ちゃん用石鹸や、赤ちゃん用弱酸性、無添加の石鹸があまり刺激が強くなくおすすめです。
その日の赤ちゃんの状況により、これらの石鹸を使ったり、使わずにシャワーで‘流してあげるだけにしたりと様子を見て行ってあげたらよいと思います。

アトピーの赤ちゃんの頭を洗うときはシャンプーを使ってもいい?

アトピーの赤ちゃんは痒いところでなくても、どこが痒くて分からず、体中をひっかいてしまう時があります。
頭に肌荒れがなくても、かきむしってしまって頭から血が出ているようならシャンプーは控えたほうが良いかもしれません。
そこまでひどくないなら、赤ちゃん用の頭も体も両方洗える低刺激性で無添加の石鹸を使って軽く洗ってあげるといいかもしれません。
洗う時もタオルでごしごし洗うのではなく、手で少し泡立てて優しく泡で洗ってあげるのが良いでしょう。
赤ちゃんも汗をかいたりしますが、さっとぬるま湯で流してあげるくらいでもきれいになります。
c36e702faaa6817b9fde490986c23775_m

アトピーの赤ちゃんは入浴剤をいれた湯船に入ってもいい?

冬の寒い日など、少し体を温めるためにも赤ちゃんを湯船に入れることはしたいとお母さんは願います。
でもアトピーの赤ちゃんは入浴剤を入れた湯船には入らないほうが良いでしょう。
もし医師から勧められた入浴剤があるのなら入っても良いかもしれませんが、たくさんの入浴剤がある中で、特に肌の弱いアトピーの赤ちゃんにどれが合うかわかりません。
またヒリヒリとしみてしまったり、状況が悪くなったりする可能性もあります。
特に大人の使っている入浴剤は避けたほうが良いでしょう。
市販でアトピーの赤ちゃん用の入浴剤もあるので、医師と相談しつつ、使用の判断をしていったらよいでしょう。
傷にしみて赤ちゃんが泣きだしてしまったらすぐに湯船から出してあげましょう。

お風呂から出た後のケア方法は?

お風呂から出た後はすぐに保湿ケアをしてあげましょう。
特に乾燥している時期には湯気がたくさんのお風呂から出たとたんにすぐに肌は乾燥してしまいます。
医師から処方された薬があるのならすぐに塗ってあげましょう。
またローションも同じくまだ赤ちゃんの肌がお風呂からでて湿っている状態ですぐに塗ってあげることが大切です。
肌が乾燥してから薬やローションを塗ってしまうとまたヒリヒリとしてしまって赤ちゃんが泣いてしまいます。
またなかなか処方された薬が効かなかったり、逆に赤みが増してひどくなってしまったなどもし薬が合わなければココナッツオイルがおすすめです。
あまりべとべとせず、刺激もほとんどありません。
またココナッツはアレルギーもなく、自然のオイルなので赤ちゃんにも使ってもよいおすすめのオイルです。
a80c416b34782c325f72aca4bdb0f29d_m

アトピー赤ちゃんのための便利なお風呂グッズ!!

なかなかぬるま湯といってもお湯の温度が分からなかったり、大人は少し熱めののお湯が好きでよく温度が分からない場合、お湯の温度を測る温度計がおすすめです。
赤ちゃん用のお風呂用温度計も売っていて、「夏のぬるめ」や「夏の熱め」「冬のぬるめ」「冬の熱め」など温度とともに赤ちゃんにとってちょうどよい温度を教えてくれる温度計もあります。
また塩素除去できるシャワーヘッドも売っています。
大人が使っても肌や髪がすべすべになるので赤ちゃんにも大人にもうれしいシャワーヘッドです。
また石鹸で体を洗ってあげる場合、泡を作るスポンジはたくさんの泡を作って泡で赤ちゃんを洗ってあげることができるので、絶対に持っていたいお風呂グッズです。
赤ちゃん用のかわいいスポンジもあるので赤ちゃんの気をそらすのにも便利です。

まとめ

アトピーの赤ちゃんには特に注意しながら入浴をしなければならなくて大変かもしれません。
でも赤ちゃんを清潔にしてあげて、しっかりと世話をしてあげたいですね。
気を付けてあげなければいけないこと、してあげたほうが良いこと、いけないことなど情報をしっかり持ちながらお世話をしていってあげればお母さんも自信をもって子育てしていけます。
またしっかりと知識をもったお母さんが一緒にいるというだけで赤ちゃんも安心して精神的にも落ち着くでしょう。
お母さんは自分の赤ちゃんにとってベストを尽くしたい思いでいっぱいです。
きっとその思いがアトピーも治してくれるでしょう。
早く赤ちゃんのアトピーが良くなって元気になってくれる日がくるのを待ちわびながら、大変ですが頑張って子育てをしていきましょう。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER