MUGYUU!ロゴ

赤ちゃんのアトピーを悪化させる!!避けたい食べ物の知識と対策まとめ

ママになるということは、新しい命への大きな責任を負う一大事業。
おなかの赤ちゃんにベストな選択をしてあげたくて、最大限に頑張ってしまうものです。
あれもダメ、これもダメ、好きだった食べ物もファッションも赤ちゃんのために我慢して・・・。
でもそんなママ達はきっと、赤ちゃんが可愛くてやっているので、我慢している意識はないのでしょうけどね。
愛情深いママたちにショックを与えるものの一つに、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎があります。
痒がる様子は可哀想ですし、痒くて眠れず泣いている赤ちゃんを見ると本当に辛くて仕方ないですよね。
育児書や助産師さんの指導のとおり色々な物を我慢して頑張ってきたのに、そこに追い討ちをかけるような「母乳が原因なんじゃないの?」という批判を帯びた言葉。
これは、特に一心に母乳育児を頑張り続けてきたママの心を一瞬で砕いてしまう、一番つらい言葉だと思います。
3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_m
また、アトピー性皮膚炎と並んでママを悩ませるものに「食物アレルギー」があります。
こちらも、「赤ちゃんがおなかの中にいる間からアレルゲンとなる食材を極力避けてきたのに!」というケースも珍しくなく、ここでもまた「良くないものを食べているあなたの母乳が原因なんじゃないの?」という第三者の意見はさらにママを追いつめてしまいますよね。

どちらの場合も本当に欲しいのは、冷たい指摘ではなく、温かい解決策なんですけどね。
赤ちゃんのアトピー性皮膚炎やアレルギー症状の原因は本当に母乳なのでしょうか。
そうであれば、避けた方が良い食べ物はあるのでしょうか。
ここでは良くないと言われる食べ物や、食べてしまった時のアフターケアをお伝えさせていただきますね。
解決策となりますように。

赤ちゃんのアトピー、かゆみの理由とは?

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_m
その前に、アトピー症状の正体と、アトピー性皮膚炎と母乳の因果関係についてお話しさせてください。
赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の直接の原因は、母乳ではありません。
母乳の質を変えることで緩和したり治したりしていくことができるもの、それがアトピーの症状です。
アトピー性皮膚炎は、赤ちゃんでも大人でも、体がデトックスのために起こしている症状です。
痒みを伴うのは、掻かせて傷口を作らせることで、毒素の出口が拡がるようにするためです。
痒みに理由があるなんて、少しびっくりじゃありませんか?

大人は分かるけど、生まれたばかりの赤ちゃんの体には毒素なんてないんじゃないの?と思われるかもしれませんね。
実は、「胎毒」という言葉があります。
赤ちゃんは十月十日ママのおなかの中で育ってくる過程で、ママの身体に取り込まれた有害金属や有害化学物質も自分の体に取り込んで大きくなってきます。
この、胎児期から生まれ出るまでにため込んできた体に有害な物質を胎毒と呼びます。
排泄するのには個人差がありますが、10年~それ以上かかる子もいると言われています。

母乳もママのデトックス

体が行うデトックスには、アトピー性皮膚炎の他にも、便や尿、呼吸、汗、嘔吐、下痢、発熱などがあります。
これらは、一つの症状を抑えると他の症状で出てくるというようにつながっています。
そして母乳や出産もデトックス効果があると言われています。
母乳にデトックス効果があるのなら、ママから出された毒を取り込むのは赤ちゃんです。
母乳でアトピー性皮膚炎を改善できる理由の一つはここにあります。
生まれた赤ちゃんの身体に新たな毒をためないためにママが食事に気を遣えば、胎毒が出切ったあとに大量の毒素は残りません。
となれば、その後の激しい排毒作用=アトピー性皮膚炎は必要がなくなります。

赤ちゃんがアトピーになってしまう理由とは?

デトックスの仕方がいくつかあるのに、なぜ赤ちゃんの体はアトピー性皮膚炎を選ぶのでしょうか。
それは、まだまだ上手に便や尿を出すことができず、熱を出す体力もない赤ちゃんが、一番上手にデトックスできる方法が肌から出すことだからだそうです。
赤ちゃんが大きくなるにつれてアトピーが治っていくと言われるのはこのためです。
大きくなって腸内環境が整うと、毒素の大半を便でまとめて出せるようになり、肌から出す必要がなくなっていきます。
赤ちゃんのアトピー症状の改善には、まず、上手に便を出せる腸内環境を作ってあげることが大切になります。

68edf448e84ff06c6eb8d22146103156_m

そこに大きく貢献できるのが赤ちゃんの食事である母乳の質、良質な母乳を出すためのママの食生活です。
また、風邪をひいた時などに栄養がウィルス退治で消耗されると、腸内細菌が栄養不足になり腸内環境が荒れてきます。
すると便で効率よくデトックスすることが難しくなり、体はまた肌から毒素を出そうとします。
風邪をひくとアトピーが悪化するのはこのためです。
抵抗力の低い赤ちゃんのアトピー症状は、他の病気や体力の消耗具合との兼ね合いで一進一退を繰り返します。
良好な腸内環境とともに、丈夫な体もつくってあげたいですね。

赤ちゃんのアトピーを悪化させてしまう食べ物とは?

避けた方が良いと言われている食べもの

・市販のお菓子やケーキ、チョコレートジュースといった砂糖の入った甘いもの

・揚げ物のお惣菜、揚げ菓子(ポテトチップスなど)

・香辛料やカフェインといった刺激物が入っているもの

・アルコール飲料やアルコールを含む食物

・インスタント食品や冷凍食品、コンビニのお弁当などの添加物が多く使われているもの

少し調べたことのあるママなら、「そうだよね、こういうのがダメって言われるよね。」と思われるでしょう。
でも何故ダメなのか、本やネットで理由も説明されていたでしょうか。
それでは、この食べ物が何故ダメなのか説明していきますね。

市販のお菓子や揚げ物はなぜダメなの?その理由とは?

実はこれらのものには、「腸内環境を荒らしてしまう要素」と、「体を作るための栄養を無駄遣いしてしまう要素」が詰まっているのです。

砂糖

48c0f4f7afea812d2b9e63fb80fcedae_m
甘いものに入っている砂糖、中でも精製された白砂糖は、腸内の悪玉菌のエサとなり善玉菌を減少させてしまいます。
悪玉菌が増えてくると悪玉菌の応援団も急激に増えてしまいます。
悪玉菌は血液を汚し、健全なホルモンの合成を阻害し、もちろんお通じの邪魔もします。
異物を激しく攻撃するアレルギー反応も善玉菌と悪玉菌のバランスの崩れが大きな原因です。
母乳の原材料は血液であるため、悪玉菌の出す毒素で血液が汚れてしまうと母乳の質も悪くなり、含まれる栄養の質や量に影響が出ます。
産院の栄養指導で「甘いものを食べると母乳がベタベタして甘くなるからダメよ。」と言われることもありますが、砂糖の害は、味よりも栄養に大きく影響するんですね。

揚げ物

▼酸化した油
揚げ物が悪いというと、カロリーが高いからでしょ?と思われる方もいらっしゃるようなのですが、母乳の質にカロリーは関係ありません。
揚げ物がダメな理由は、酸化した油とトランス脂肪酸が入っているからです。
今は「健康のための抗酸化!」が定着しているので、酸化した油が悪いイメージはみなさんお持ちだと思います。
私たちの体の20パーセントは油でできています。
なので、油は栄養素として非常に重要なのですが、酸化した油は上手に体の材料になることができません。
体の中に入った酸化した油は血流を阻害してしまいます。
血流が良くないとたっぷりの母乳は出せません。
油っぽいものを食べると母乳の出が悪くなると言われるのはこのためです。

▼トランス脂肪酸
油の母乳への害のもう一点、「トランス脂肪酸」は、酸化した油よりももっとたちが悪いです。
もしかしたらまだ聞きなじみのない名前かもしれませんが、欧米では既に流通や表示に規制のかかっている危険な油です。
別名食べる「プラスチック」「狂った油」とも呼ばれ、心臓疾患や脳疾患、アレルギーとの強い関係が指摘されています。
トランス脂肪酸は自然界にも存在はするのですが、多くは個体の植物油脂やショートニングに含まれます。
本来、菜種や紅花といった植物の油は常温で液体ですよね。
これを無理やり「マーガリン」のような個体にすると、体の材料にはなれない不自然な油になります。
これがトランス脂肪酸です。
油は体の材料の2割を占めると書きましたが、特に脳は半分が油でできています。
トランス脂肪酸はもちろんママにも毒ですが、成長期の赤ちゃんの体や脳に運びたくはない、毒性の高いものなのです。
それもせっかくの母乳を通じて。
そして、このトランス脂肪酸がマーガリン以外の何に多く入っているかと言うと、市販の揚げ物やポテトチップス、ドーナツといった揚げ菓子です。
なぜそこに使われるかというと、食品に使用すると揚げたてのサックリ感が出るからなのです。
5577e7783acbe379cf9790a50c72107f_m

香辛料・カフェイン

香辛料やカフェイン、アルコールは、母乳の味を悪くすると言われています。
加えて、アルコールは母乳を通じて赤ちゃんを酔わせてしまうとも言われていますよね。
これらの刺激物は、味の問題だけでなく、赤ちゃんの神経細胞に刺激を与えて興奮状態にしてしまいます。
興奮状態とは、体の活動スイッチがオンになっている状態です。
私たちの体は、外的な活動がオフ状態の眠っている間に成長ホルモンを分泌して体の作り替えや修復を行っているので、赤ちゃんが眠れなくなるほど刺激的な母乳になってはちょっと困ります。
香辛料やカフェインは過剰摂取しないように気をつけて楽しまれると良いですね。

食品添加物

0ac67a85dddc28adf4b493271f3ece45_m
多くのインスタント食品やレトルト食品、冷凍食品は、大人でも続けて食べると体調を崩しそうなイメージがあると思います。
実はこれらの食品に含まれる「食品添加物」は、食品に添加しても良いとの認可をとってはいるものの、複数種類を一度に体に入れた時の害は検証されていません。
この点だけを見ても、赤ちゃんの口や母乳には入れたくないものです。

添加物の害もまた2つあります。
まず、栄養にならない添加物を排泄するために、体はせっかく摂りこんだビタミンやミネラルといった栄養素を浪費させられてしまいます。
そしてもう一つは、添加物が腸内細菌を殺して腸内環境を荒らしてしまうということです。
添加物の中でも「防腐剤」の役割をするものは、雑菌を殺し腐らないように・カビが生えないようにする添加剤です。
これは菌なら何でも殺してしまうため、体内に入ると善玉菌も悪玉菌も見境なく殺してしまいます。
PH調整剤という表示も防腐目的で入っている添加剤の一括表示です。
添加物を一つ一つ覚えるのは大変なので、腐るはずなのに腐らないものは腸内細菌をダメにすると捉えられると良いと思います。

現代の乳製品

5617ec5ff9c48ff370941b763e95cb85_m
そしてもう一つ、現代の乳製品も母乳の質を落とすと言われています。
理由は生乳に含まれる薬剤です。
本来、乳製品自体は肉や魚の手に入らない地域の人たちにとって栄養価の高い食べ物でした。
ですが、現在の多くの乳牛は早くお乳を出せるようにするためにホルモン剤を投与され、密飼いでも病気にならないようにするために抗生剤を投与されています。
残念ながらこれらの成分は出来上がった乳製品中に残ってしまい、やはり人の腸内環境に悪影響を与えると言われています。
私たちが病院で出される抗生剤も腸内細菌を一掃してしまいますものね。
まだまだ妊産婦にも乳幼児にも推奨されている食品ではありますが、牛乳を飲んでもそのまま母乳になる訳ではありませんし、意識的に摂る必要はないかと思います。
口にするなら、栄養目的ではなく嗜好品として食べられるのが良いですね。

このように「腸内環境を荒らす」「栄養を無駄にする」という理由から、赤ちゃんのアトピーに良い良質な母乳を作るためには、砂糖や刺激物、添加物の多いもの、揚げ物やスナック類は避けた方が良いと言われています。

もし、避けたほうが良い食べ物を食べてしまったら?

食物アレルギーのある赤ちゃんの場合

まず、赤ちゃんの食物アレルギーでお医者様から止められている食品を食べてしまった場合には、すぐにお医者様に相談してください。
また、「ママが特に止められていない食品を食べて授乳をしたら、赤ちゃんに食物アレルギーと似た反応が出た!」という場合にも、速やかにお医者様に相談されてください。
「カシューナッツを止められていて、マンゴーを食べたらアレルギー反応が出てしまった。調べてみたら同じうるし科だった!」という話もあるからです。
食物アレルギーがあると分かっている場合には、くれぐれも独断で動かれませんように。
64c4c753c9bffa33bc4b90f0e611a65f_m

食物アレルギーのない赤ちゃんの場合

食物アレルギーのない赤ちゃんのママが、母乳の質を下げてしまうとされる食べ物を食べてしまった場合、少量であれば特に問題はありません。
習慣にならなければ、ある日のお弁当のおかずの一品が冷凍食品になるくらいなら気にしなくて大丈夫です。
ですが、気になるくらいの量を食べてしまったら、なるべく早く体からなくしましょう。

避けたほうが良いものを食べてしまった時、体からなくす方法とは?

避けたほうが良い物を、気になるくらいの量を食べてしまった時に体からなくす方法は代謝するか排泄するかの2つです。

砂糖

栄養やエネルギーのあるものは、食べ合わせで早く代謝して体の中で使いきることができます。
例えば、エネルギーのある砂糖の場合。
糖質はビタミンB1が代謝してくれるので、次の食事でビタミンB1を多く含む食材を取り入れましょう。
身近なもので海苔やぬか漬け、豚のひれ肉やモモ肉です。
598466b2452bacefbd49f950cffc29d7_m

添加物

有用性のない添加物を摂ってしまった場合は、早めに体から出してしまいましょう。
添加物は種類によって排泄役の栄養素が違ってくるので、野菜やフルーツ、丸ごとの魚など、材料の形の分かる食材で十分に栄養を摂りましょう。
併せて、食事と別に常温のお水をたっぷり摂ると排泄が早まります。
また、防腐剤や保存料の対応策として、腸内細菌を元気づける発酵食品を摂ったり、善玉菌のエサとなるオリゴ糖を摂るのも良いと思います。

b6bf1b300f82bfbe83994de54abb905b_m
酸化した油を食べてしまった場合は、脂質を代謝するビタミンB2と良質の油で入れ替えてしまうと良いですね。
ビタミンB2は卵や納豆、きのこ、魚介類、緑黄色野菜にも多く含まれます。
入れ替える良質の油は、抗炎症作用のある亜麻仁油(あまにあぶら)や魚の油がおすすめですが、なければオリーブオイルも良いと思います。

乳製品

乳製品に残留するホルモン剤は、体内に入ると人のホルモンを狂わせます。乳製品はきのこと食べ合わせることで代謝が促進されるので、牛乳やチーズを使った献立を考える時には一緒にきのこ類をたっぷり使うと良いですよ。

アルコール

アルコールも少量でしたら、常温のお水をたっぷり摂って血行を良くすることで代謝が早まります。
併せて摂りたい食品はアボカド、プルーン、大豆製品、卵などです。
これらの食品に含まれるナイアシンというビタミンB群の一種が、アルコール分解の補酵素になってくれます。
937fe8ea971a8ae73eea7505945873c0_m

【避けたほうが良い食品を体から排出・代謝する食べ合わせ】

砂糖 海苔・ぬかづけ・豚のヒレ肉もも肉
添加物 野菜・フルーツ・丸ごとの魚・水
防腐剤・保存料 発酵食品・オリゴ糖
乳製品に残留するホルモン剤 きのこ
酸化した油 納豆・きのこ・魚介類・緑黄色野菜
アルコール 水・アボカド・プルーン・大豆製品・卵

簡単にまとめると、良くないとされるものを食べてしまったら、栄養とお水と良質の油をとることです。
不安にならずにアフターケアをすればほとんどの場合問題ありません。
ただし、食物アレルギーのある赤ちゃんのママは、栄養のためとはいえ食品選びには気をつけてくださいね。
避けた方が良いとされるものを食べて授乳し、赤ちゃんにアトピー症状が出てしまった場合には、気になるようでしたらアレルギー対応の粉ミルクを利用されるのも良いと思います。
完全母乳で育てられている方には、一時的にでも母乳をお休みするのは勇気がいるかもしれませんが、ママが安心して授乳できるようになってからの方が赤ちゃんも安心してたくさん飲んでくれると思いますよ。

たまにはケーキも食べたい!!絶対に食べちゃいけないの?

24358da3e9bfbb490d9b386538b8dcf4_m
さて、質の良い母乳のために避けたい食べ物は分かりました。
でも、そうは言っても食べたいときもありますよね。
母乳をあげていると頻繁におなかも空きますし、疲れて甘いものやジャンクなものも欲しくなるものです。
絶対に食べてはいけないのか?というと、そんなことはありません。
先にもお伝えしたように、少量やたまにであれば問題になることは少ないです。
ですが、少量でも食べてしまうと「罪悪感」という自分の中の問題が湧き上がることもありますよね。
実は人の心と体はとてもよく連携していて、健康は栄養が7割、メンタルが3割と言われています。
面白いことに同じケーキを食べた場合でも、楽しくおいしく食べた時と罪悪感を持って食べたときとでは体への影響が違うのだそうです。
楽しい気持ちで食べると気分と一緒に代謝も上がり、罪の意識を持って暗い気持ちで食べるとストレスホルモンが出されてエネルギーを脂肪細胞にため込んでしまうとのこと。
食事もごほうびスウィ-ツも、楽しくおいしくが大切なんですね。

罪悪感なく食べられる代用品とはどんなもの?

それでも罪悪感を感じてしまう方や、たまにではなく毎日ごほうびおやつが欲しいという方は、ストレスにならないように体に優しい代用品を使ってみるのも一つの方法です。
【代用品例】

なるべく控えたい食品 代用品
白砂糖 黒砂糖
アガベシロップ(メキシコの植物アガベからとれる甘味料)
オリゴ糖
牛乳 無調整豆乳
コーヒー デカフェ(カフェインの入っていないコーヒー)
たんぽぽコーヒー
アイス 無糖ヨーグルトやフルーツを凍らせる(蜂蜜などを混ぜてもOK)
インスタントラーメン ノンフライ麺を選ぶ
小麦粉(小麦アレルギーの場合) 米粉
片栗粉
パンケーキなどは米粉を使うともちもちになります!

お料理の中で工夫をしたり、簡単なおやつを手作りしてみたりすると良いかと思います。
「母乳のために、この食事は100点か0点か!?」とすると厳しすぎて幸せな気持ちで食事ができなくなってしまいますが、一週間に○回はスウィーツも良いとか、平均70点の食事にできれば良いとか、楽しく代用品やごほうびを組み込めると授乳期間がより楽しめると思いますよ。

まとめ

母乳に良くないと言われる食べ物とその理由、食べてしまった時のアフターケア方法は伝わったでしょうか?

良くないと言われる代表的なものは、砂糖、揚げ物、揚げ菓子、香辛料、カフェイン、アルコール、インスタント食品、レトルト食品など、そして乳製品。
良くないと言われる理由は、ママと赤ちゃんの腸内環境を悪化させてしまうから、そして体作りのための栄養を奪ってしまうから。
食べてしまった時は、体に入ったいらないものを代謝して使いきるか排泄すれば大丈夫。
食べる時には罪悪感を持たず楽しくおいしく食べましょう。
赤ちゃんに食物アレルギーがある場合は、症状が悪化した時はお医者さんに相談しましょう。
アトピーになれる赤ちゃんは毒を出せるということ。
ため込んで大病をしてしまうよりは良い反応だと思います。
食や環境に気をつけていても症状は良くなったり悪くなったりを繰り返すかもしれませんが、新しい毒を入れずに毒素の大半を出しきってしまえば目に見えて良くなります。
そして、ここでしっかりと腸内環境をつくってあげると、赤ちゃんは丈夫に大きくなっていきます。
少し大きくなったお子さんのきれいなお肌と元気な姿を楽しみに、あっという間の授乳期間を楽しんでくださいね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER