MUGYUU!ロゴ

621

そのアトピー洗剤が原因かも!アトピーの赤ちゃんでも安心して使える洗剤の選び方

敏感で繊細な肌の赤ちゃんたち。
アトピーで真っ赤になっていたり、痒くてかきむしってしまう姿を見ると、ママたちは心が痛みますよね。
出来ることなら代わってあげたい…。
少しでも楽にしてあげたい、そう思ってもなかなか良い解決方法が見つからないものです。
食べ物に注意して、出来る限りのことをしてみたり、ハウスダストなどの外的要素を出来るだけ排除しようと徹底的にお掃除に励んでみてもあまり改善が見られない…。
頑張っても頑張っても赤ちゃんのアトピーが改善しないと、ママたちの心も体もへとへとになってしまいますよね。
de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_m
これだけやっても赤ちゃんのアトピーが改善しないなんて…もしかして、赤ちゃんのアトピーの原因は他にもあるのかも?!

そうなんです、実は食べ物や、ハウスダストなどの外的要素に加えて、他にも赤ちゃんのアトピーを加速させてしまう要因があるんです。
それは「洗剤」かもしれません。

アレルゲンを除去しようと、シーツやお洋服のお洗濯も、ママたちはきっと頑張っているはず。
でも、もしそのお洗濯に使っている洗濯洗剤が、赤ちゃんのアトピーを悪化させていたら…?
そこで今回は、赤ちゃんのアトピーの原因ともなる洗剤についてお話ししてみましょう。
アトピーの赤ちゃんにも安心して使っていただける洗剤もご紹介いたします!

赤ちゃんのアトピーは洗剤が原因なの?

987eca87017b5f2fa265f89558d4724a_m
ご家庭でのお洗濯の時に使用する洗濯洗剤、どうしていますか?
家族と同じものを使っていたり、赤ちゃんの分だけ別の洗剤を使っていたり、ご家庭によって様々ですよね。
出来るだけ「無添加」とか、「赤ちゃんの肌にもやさしい」と表記された洗剤を選ぶのは当然です。
ご家庭によっては、赤ちゃん専用の洗濯洗剤を使っているという方もおられるはず。
かくいうこれを書いている私も、息子が赤ちゃんの頃は、息子の選択だけは別にし専用の洗剤を使用していました。

もちろん、アトピーの原因が洗濯洗剤にだけあるとは限りません。
色々な要素が交わって起こるのがアトピーであり、明確な原因がいまだにはっきりしないのも実情です。
あくまでも1つの要因としてあげられることが多いのが「洗剤」なのです。
senzai
なぜ洗剤が赤ちゃんのアトピーの原因となるのでしょう?
しかもちゃんと「無添加」とか「赤ちゃんのお肌にもやさしい」と表記されているものを使用しているのに?
しかし、この「無添加」などの言葉には、落とし穴があるのです。
良く考えてみてください。
無添加と表記されていても、「汚れが良く落ちる!」とか「衣類が真っ白に」とか「香りが持続する」とか…。
その洗剤にはそんなうたい文句はありませんか?
汚れが良く落ちるということは、それだけ洗浄力が高いということです。
洗浄力が高い分、衣類は綺麗になりますが、衣類に残留した洗剤が、繊細な赤ちゃんの肌に及ぼす影響力も強いわけです。

では無添加を前面に出している場合はどうでしょう?
今度は、洗浄力が弱すぎて、汚れが落としきれずに付着したままになり、その個所に菌が繁殖します。
当然繁殖してしまった菌は、アトピーを悪化させかゆみを増長させます。

洗剤が原因のアトピーの症状とは?

赤ちゃんのアトピーの原因は様々で、まだはっきりと解明されていませんが、症状が出る場所というのもそれぞれ違うようです。
一般的なアトピーの赤ちゃんの症状と、洗剤が原因の場合の症状の違いはあるのでしょうか?

赤ちゃんのアトピーが出やすい場所

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_m
赤ちゃんのアトピーは、基本的に全身に出るのですが、やはり出やすい部位というのは存在します。
それは赤ちゃんの肌の皮膚が薄い部分や、汗をかきやすい部分だといわれています。
目や口のまわり、首の回りがそれに当たります。
また、ひじやひざの内側の部位は、汗をかきやすいうえに、その汗が溜まりやすいので、こちらもアトピーが出やすい部位となっています。

洗剤が原因の赤ちゃんのアトピーが出やすい場所

さて、あなたの赤ちゃんは、これらの「アトピーが良く出やすい部位」以外にも、アトピーの症状が多く出ていませんか?
もしそうであれば、お使いの洗剤が赤ちゃんのアトピーを悪化させている可能性が出てきます。
背中や足や腕など、衣服が触れる面積が大きいところに、アトピーの湿疹がたくさん出ていませんか?
衣服が触れる面積が大きいということは、衣服に残留した洗剤の影響も多くなるので、アトピーが集中してしまうのにも納得です。
逆に、衣服がこすれにくい部分、脇や足の付け根などは、洗剤からの影響を受けにくくなっています。
よくあるのが、紙おむつをつけている部分はアトピーの影響が全くない…なんてことです。
紙おむつには洗剤は残留しないので、当然ですよね。
f0d2dce5f6bf3c4c9696a3cd7632740b_m
最近の洗濯機は優秀なので、しっかりとすすぎをしてくれています。
ですが、敏感でデリケートな赤ちゃんの肌には、大人にはわからない微量な洗剤の残留にも、過敏に反応してしまうんです。
だからと言って、家事をしながら赤ちゃんのお世話にも一生懸命でへとへとなママたちに、洗濯機に任せきりにならず、手で十分洗剤をすすぎましょう…なんてお勧めできません!
そんな時間があれば、少しでも赤ちゃんと過ごす時間を作って欲しいですし、可能ならママだってお昼寝してほしいぐらいです。

そうなると、一番良い解決策は、「洗剤」を変えることなのです。

アトピーの赤ちゃんでも安全な洗剤の選び方

赤ちゃんのアトピーは洗剤が原因になることがわかりました。
それでは、アトピーの赤ちゃんでも使用できる洗剤を選ぶ時は何に気をつけたら良いのでしょうか?

成分表記を確認する

718310b36f88b71ee1f1b5ab4ebdaa0f_m
実は「無添加」の表記には、正確な基準はなく、洗剤を販売しているメーカーごとにさまざまな基準があるのです。
つまり、「無添加」や「赤ちゃんにも~」と表記されていても、通常の合成洗剤顔負けの成分が含まれている場合があるのです。

洗剤に含まれる化学物質

・界面活性剤
・合成香料
・蛍光増白剤
・抗菌剤
・直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩
・ポリオキシエチレンアルキルエーテル
・漂白剤

アトピーの赤ちゃんだけでなく、肌が弱い大人の方でもこれらの化学物質が含まれている率が高いと、肌のトラブルを引き起こしかねないのです。
赤ちゃんのアトピーを引き起こす原因も、これらの化学物質が原因と言われています。
成分表記は、一番最初に書いているものが一番多く入っている成分で、順番に少なくなっていきます。
ですから、ママたちは洗剤のパッケージの表側だけに惑わされないで、裏側の成分表記を穴が開くほどチェックすることが、赤ちゃんの為にも重要です。

「無添加」表示でも成分表記を必ず確認

「無添加」という言葉は、大変便利な言葉で、「無添加」=「全く添加物が入っていない」というわけではないのです。
なので、洗剤の容器の裏側に書かれた成分表示を見ると、「あれ?」と首をかしげたくなるような、成分が表記されているわけです。
ちなみに「無添加洗剤」は天然油脂とアルカリがメインの主成分で、「合成洗剤」は合成界面活性剤などの化学物質が主な成分となります。

洗剤における無添加の定義

・純石鹸の成分が、粉の場合は94%以上、固形の場合は95%以上

・「家庭用用品品質表示法に基づく表示」の「品名」の欄に「洗濯用石けん」の表示がある

・「炭酸塩」や「ケイ酸塩」が、洗浄補助剤として添加されていない

この定義が守られていれば、「無添加」と表示して販売することがJIS規格で許可されています。
つまり、この定義さえ守ればあとは、各企業にゆだねられているというわけですね。

なので、洗剤を選ぶ際は、先ほどあげた7つの化学物質が入っていない、極力少ないものを選ぶようにすれば、赤ちゃんの肌への負担は少なくできます。

この辺りも覚えておいていただければ、少しでも赤ちゃんの肌に刺激の少ない洗剤を選ぶ目安になるでしょう。

アトピーの赤ちゃんにおすすめの洗剤は?

80643d5e7615d482827812fc86af23e5_m
赤ちゃんのアトピーの原因を少しでも減らそうと考えるなら、成分が「純石鹸」のみの物を選ぶことをお勧めします。
他に何も入って無くて良いので、成分表記とにらめっこしなくていいので、分かりやすくて良いですね。

純石鹸というと、汚れ落ちが悪い、粉が衣類に残ってしまう、洗い上がりがごわごわする、コスパが悪い、手間がかかるというイメージがあります。

しかし最近では純石鹸の洗剤も進化して、これらのデメリットを少しでも改善しようとする試みが出来てきています。

▼おすすめは「無添加衣類のせっけん」

そこでお勧めしたいのが「ミヨシ」というメーカーから販売されている「無添加衣類のせっけん」です。
香料も着色料も防腐剤も、化学物質がいっさい入っていない、本気の「無添加」です!
当然主成分は「純石鹸」です。

ミヨシは、デリケートな肌の赤ちゃんから大人まで幅広く使える商品を数多く販売しています。
もし、ママの手荒れなども気になるようであれば、ぜひ「ミヨシ」の商品をお勧めしたいところです!

液体なので、昔のように水で洗うと粉のこりするという困ったも起こりません。
またミヨシの「無添加衣類のせっけん」は柔軟剤なんて使わなくても、洗い上がりがふわふわしていて、繊細な赤ちゃんの肌にもばっちり。
もしコスパの悪さに悩んでいるなら、期間限定と思って、赤ちゃんの分だけに使う洗剤として使用してみてはいかがでしょうか?
赤ちゃんの分だけなら、そんなにすぐにはなくなりません。

それでも悩むようであれば、ミヨシから出ている「無添加ベビーの肌着洗いせっけん」という商品もおすすめです。
一番肌に触れる肌着だけでも洗剤を変えてあげたら、赤ちゃんのアトピーの改善に一役買えることでしょう。
余りにも汚れがひどい場合は、少し手洗いして、バケツなどにぬるま湯か水を張っておいたものにしばらくつけておいてから洗濯するといいですよ!
しかしどうしても洗浄力だけは強くないので、大人の洗濯には不向きかもしれません。
ef97f35e5cb07bddbc32fcc8af524121_m

まとめ

衣類だけでなく、赤ちゃんが気持ちよさそうにお昼寝をするために必要なシーツやタオルだって、ママたちは気を使っているはず。
そこで、もう一押し、赤ちゃんのアトピーを少しでも軽減させてあげられるかもしれないのが、「洗剤」です。
衣類は真っ白になる必要はないんです。
衣服に付着した汚れが適切に落ちれば、赤ちゃんにとってはベストな状態なのです。
デメリットも、無理ない程度にひと手間加えれば、必ず解決できます。
赤ちゃんのために日々頑張っているママなら、きっとそれは一番わかっているはず。
このように、少しずつアトピーとなる原因を取り除いていくことは、赤ちゃんにとってもママにとっても、非常に大切なことです。
洗剤を変えたから、必ず赤ちゃんのアトピーが治るわけではありませんが、何もしないよりきっと心が穏やかになれるはず!
ぜひ、参考にしてみてくださいね!
c86b88939bc8bb3dc02c241e1f16c117_m

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER