MUGYUU!ロゴ

育児にあると絶対便利!赤ちゃんに欠かせないベビーオイルの使い方まとめ

赤ちゃんの保湿にベビーオイルを使っている方はいらっしゃいますか?
赤ちゃんの肌を保護してくれるベビーオイルはすごく優秀な存在なのです。
もし使ってないというお母さん、すごくもったいないです!
ベビーオイルは赤ちゃんのお肌のお手入れだけが使い道ではないのです。

今回は、ベビーオイルについてまとめてみました。

ベビーオイルっていつから使って大丈夫?

ベビーオイルは生まれたての赤ちゃんから使っても問題ありません。
理由として、ベビーオイルは、赤ちゃんのお肌のことを考えて作られているためです。

生まれたての赤ちゃんの肌はつるつるですべすべしていますが、産後24時間が経つとお母さんからもらった胎脂(たいし)のバリア機能が失われてしまうので、何もつけないでいると肌を守る力がないため、どんどん乾燥が進み、肌が荒れてしまうのです。
ベビーオイルは主に赤ちゃんの乾燥しやすい肌の保湿が目的ですので、毎日使用しても心配いりません。

f3545b62a286415a4bdfa301bda579bc_m

ベビーオイルにはどんな働きがあるの?

ベビーオイルには高い保湿力があります。
ベビーオイルには水分は含まれていませんが、元々赤ちゃんの肌を保護するために作られたもので、肌の表面に油の薄い膜を張ることで、肌の水分が逃げないようにフタをする働きがあるのです。

また、ベビーオイルは肌を保護する効果もあります。
赤ちゃんはちょっとした刺激で肌が荒れてしまいます。
そこで、ベビーオイルの登場です。

おむつかぶれなどの炎症や摩擦が起こりやすい部位に塗ってあげることで、外的刺激から肌を守ることができます。

36a43e90926976be3264be8c6f2b3177_m

用途に合わせた使い分け!

ベビーオイルはここまで使える!
一例を紹介します。

保湿対策

保湿ケア目的でベビーオイルを使う場合は、まず、ベビーオイルの適量を手に取り、両手になじませます。
次に、手になじませたベビーオイルを赤ちゃんの肌にそっと触れるように手を当ててなじませていきましょう。

力を入れてベビーオイルを塗ってしまうと、せっかくのオイルの効果が発揮できないので、力加減に注意しましょう。
また、ベビーオイルは大人で言う美容液に当たるので、ほかの保湿剤と併用する場合は最後に使いましょう。

耳掃除やお手入れ

耳・鼻・おへその細かい部位の掃除には、赤ちゃん用の綿棒の先端にお肌を傷めないようにごく少量のベビーオイルをつけて掃除するといいでしょう。
綿棒にベビーオイルを使って耳・鼻・おへそを優しく掃除してあげると、オイルのおかげで汚れが取れやすくなります。

耳掃除の際に気をつけたいことは、耳の奥まで入れず、穴の周りだけにとどめておきましょう。
先端すぐの持ち手を親指と人差し指で挟むと入れ過ぎを防ぐことができます。

774dc68d840150ddacd2174a3080728b_m

おむつかぶれの予防

ベビーオイルには摩擦を軽減してくれる働きがあります。
ですので、おむつかぶれをおこしやすいおしりや、内ももなど擦れやすい部分に塗ってあげると、摩擦を和らげてくれます。

かさぶたケア

乳児脂漏性湿疹でかさぶたが出来てしまった場合にもベビーオイルが使えます。
ベビーオイルを湿疹部分になじませて、ガーゼで優しく拭き取ってあげると肌を傷めず、きれいに取ることができます。

汚れ落とし

おむつ交換でうんちがおしりにこびりついてうまく取れない場合でもベビーオイルが使えます。
コットンにベビーオイルを適量とり、汚れがついている部分になじませて取ると、こすらずきれいに拭き取ることができます。

91dee126e1173a8faae76a384a2e5b59_m

赤ちゃんの便秘

赤ちゃんが便秘になってしまったら綿棒浣腸を試してみましょう。

大人用の綿棒の先端にベビーオイルをつけます。
オイルをつけた綿棒の先を1~2cm程を肛門にいれます。
そのまま軽くつついたりゆっくり回して刺激を与えます。

この時、紙かタオルを敷いておきましょう。(飛び散り汚れ防止のためです)
綿棒浣腸はどうしても赤ちゃんの便秘が解消しない場合の最終手段として行うようにしましょう。
毎回してしまうと逆に刺激に慣れてしまい、効果が減ってしまいます。

ベビーマッサージ

ベビーオイルは肌の摩擦を防ぐためにも使えるものです。
腸の動きをよくするためののの字マッサージや、ベビーマッサージオイルとして使用することができます。
ベビーマッサージをするときは、まず、小さじ1杯程度のオイルを手に取り、人肌に温めてから赤ちゃんの肌になじませましょう。

マッサージを行うと血行が良くなります。
マッサージ時には植物性のオイルを使うとオイルに含まれている肌に有効な栄養素を効率よく肌に浸透させることができます。

fea2fe5f08eb6ab563cf96aae66b27e7_m

赤ちゃん以外にも使える!

シール剥がしにも

お子様が家具や床などにシールを貼ってしまい、長時間放置して取れなくなってしまった場合に、ベビーオイルの出番です。
まず、剥がしたいシールのまわりにベビーオイルをなじませるように塗ります。
そして、オイルを拭き取ってからゆっくり剥がすと、きれいに剥がすことができます。

革製品の艶出しにも

革製品の鞄や靴の艶出しにもベビーオイルは活用できます。
コットン製の布にベビーオイルを染み込ませます。
そして、その布で革製品を磨くと革製品についた汚れを落としながら、きれいに艶を出すことができます。
一石二鳥の効果が期待できます。

144c8a0551f7309d2eb3f24e5ee9af7c_m

ママの美容にも

▼クレンジング
お母さんがスキンケアに使っても問題なく使えます。
例えば、ポイントメイク落としにオイルクレンジング代わりに使えます。
洗浄成分は含まれていませんが、化粧品と上手くなじんできれいに落とすことができます。

▼ヘアオイル
ヘアオイルとしても使うことができます。
タオルドライをした状態で毛先にベビーオイルをなじませます。
そのままドライヤーで乾かすと、ツヤツヤでさらさらした仕上がりになります。

使用時に注意するべきこと

ベビーオイルを使う際に注意することがいくつかあります。
頭に入れておきましょう。

塗り過ぎに注意!

ベビーオイルを塗りすぎると赤ちゃんの肌に負担がかかってしまいます。
例えば、汗腺を防いでしまったり、湿疹がでたりする肌トラブルが起こることも考えられるので、適量を守りましょう。

使用していて肌トラブルを起こしてしまった場合、使用中の商品をもって、病院へ行き、医師と相談することをおすすめします。

必ずパッチテストを行う

ベビーオイルには大きく種類に分けて2つあります。
ひとつはミネラルオイルという主成分でできているベビーオイルです。

これは市販品の多くはミネラルオイルで出来ており、値段も比較的手頃です。
ミネラルとは鉱物のことで、鉱物油とは石油を蒸留、精製したものです。
ミネラルオイルは不純物が取り除かれているので、赤ちゃんに使用しても刺激が少ないと言われています。

そして、もうひとつは植物性のオイルが主成分のオーガニックタイプのベビーオイルです。
主成分はオリーブオイルやホホバオイルなどのできているものが多く、前述のオイルより比較的高価です。

どちらも製品も安全上問題ないと店頭に並んでいますが、赤ちゃんによって肌に合うかどうかは見た目ではわかりません。
ですので、使用前は必ずパッチテストをしましょう。

2ae5091cd01971ff27927757b358381a_m

まず、赤ちゃんの二の腕や太ももの内側といった柔らかい部分にベビーオイルを10円玉大に広げ、塗ります。
そして、コットンやガーゼなどと紙バンで隠し止め、そのまま24時間おいて様子を見ます。
時間が経ったら塗った部分を見て、肌に発赤、かぶれ、湿疹などの異常が出ていないかどうか確認しましょう。

用途で選ぶ

さまざまな種類のベビーオイルが売られていますが、どういう時にどれを選べばいいかわからないという方に少し説明させていただきます。
ベビーマッサージや保湿目的など、赤ちゃんの肌に使いたい方は、オーガニックのベビーオイルを使用されることをおすすめします。

理由として、オイルに含まれる肌を健やかにするための有効成分が多く含まれているからです。
細かくいいますと、ベビーマッサージ用には肌なじみのいいホホバオイルやセサミオイルが適していると言われています。

保湿目的にはオリーブオイルやアーモンドオイルが多く含まれているものを選ぶなどと、目的の用途で使うと赤ちゃんの肌トラブルも少ないでしょう。

使う順番を間違えない

赤ちゃんのスキンケア用品といえば、ベビーローションとベビーオイルの2点を思い浮かばれる方が大半かと思います。
違いは何か?と思う方に少し説明させていただきます。

ベビーローションとベビーオイルはどちらもミネラルオイルが含まれています。
ベビーローションは水ベースですので、さらっとした使い心地です。

対してベビーオイルはオイルベースですので、とろみが強く、ベタっとした使い心地です。
ベビーオイルは肌が含む水分を体外に逃がさないようにするためのフタの役割を持っています。

また、水分を含んだ肌とオイルが混ざることで保湿成分が入りやすくなるというメリットがあります。
ですので、まずベビーローションでお肌を湿らせて(水分を与えて)から、お手入れの最後にベビーオイルを使いましょう。

d7f0e5cd9298ca459ea6b85739fadfcb_m

赤ちゃんの肌の状態に合わせる

オイルは肌の状態に合わせて使うようにしましょう。
あまり乾燥が見られないときや夏などの暑い季節にオイルを使うとかえって負担がかかってしまい、逆効果な場合もあります。

乾燥が気になる秋冬の季節に使ったりするなど、肌の状態を確認してから使用を判断しましょう。

使用期限・保存方法に注意

ベビーオイルは開封してからオイルの酸化が始まります。
ですので、開封してから3ヶ月~長くても半年以内には使い切るようにしましょう。
特に、植物性のオーガニックオイルは注意が必要で、1~2ヶ月で使い切るようにするといいでしょう。

また、開封した日をボトルに書いておくと使用期限を頭に入れやすいです。
そして、オイルの保存状態が悪いと劣化を早める原因となります。
高温多湿、直射日光の当たる場所は避けて、涼しい所で保存しましょう。
夏場は冷蔵庫に入れても、オイルは固まらないので問題ありません。

日本製のものを使う

オーガニックのベビーオイルには日本製と海外製のものがあります。
海外製のベビーオイルは種類も豊富ですが、原材料が日本人向けでないことが多く、赤ちゃんには成分的に強い可能性があります。
そして、無香料のオイルは少なく、香りが強すぎることがあります。

また、含まれる香料が日本人向けでないことがあるため、赤ちゃんにとって刺激が強いことがあるのです。
新生児期は視力が低く、嗅覚でお母さんの匂いを感じるので、ほかの香料で邪魔をすることも良くないのです。
ですので、原材料も日本人向けで、香料無添加の日本製のベビーオイルを選ぶことをおすすめします。

4871ca927a213afd665a4aafb279348f_m

ベビーオイルは顔に塗っても大丈夫?

ベビーオイルは赤ちゃんの顔に塗っても問題はありません。
ベビーオイルを赤ちゃんの肌に塗ってあげることで、乾燥が原因でおこる肌のカサカサや湿疹、よだれかぶれなどの肌トラブルを防ぐことができます。
顔の皮膚は薄く、特にデリケートな部分ですので、ほんの少量を手にとり、様子を見ながら赤ちゃんの肌に塗ってあげましょう。

外出時にベビーオイルを塗ると焼けやすくなるって本当?

ベビーオイルには日焼け防止の効果はありません。
また、オイルは紫外線を通しやすい性質があります。
しかし、これはオイルに含まれる不純物によって日焼けをしてしまうことが原因とされているためです。

紫外線は乾燥がひどく、バリア機能が低下している状態の時に特に影響を受けてしまうので、保湿目的で適量のベビーオイルを薄く塗り、ベビーオイルを塗った肌の上に日焼け止めを塗って外出するといいでしょう。
たっぷり塗ってしまうといくら不純物がほぼ含まれていないベビーオイルでも日焼けしてしまう可能性もあります。

fac4f0100828793b66c3e90980070867_m

まとめ

いかがでしたか。
赤ちゃんのスキンケアで使う場合は、適量を守りさえすれば、ベビーオイルは害にはなりません。
また、ベビーオイルにはスキンケアだけでなく、たくさんの使い道があります。
ほんの一例を紹介させていただきましたが、他にも使い道があるかもしれません。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER