MUGYUU!ロゴ

9,932

汗疹に使うと逆効果?ベビーパウダーの正しい使い方・間違った使い方

あせもや肌荒れの予防に役立つベビーパウダー。
持っておいた方がいざという時に役立つかも…
そう思って買ったは良いけれど

「実際にはどのタイミングで使えばよいのかわからない!」
「この使い方で正しいのか不安…」

そんなママさんはいませんか?

正しい使い方を知ることで、ベビーパウダーは敏感な赤ちゃんのお肌を守る強い味方になってくれますよ。
今回はベビーパウダーの正しい使い方と間違った使い方をご紹介していきます。

ベビーパウダーってどんな時に使うもの?

ベビーパウダーには肌をさらさらに保つ役割と、摩擦を防ぐ役割とがあります。
ベビーパウダーをつけると肌表面の汗などの余分な水分を発散することができます。

特に赤ちゃんのオムツの中は湿気がこもりやすいので、おむつかぶれが起こりやすいですよね。
また、夏場など汗をかきやすい季節には首筋や背中などあせもができやすかったりもします。
そんな時、気になる部分にあらかじめベビーパウダーを付けておくとおむつかぶれやあせもなどを防ぐことができるのです。

また、大人の皮膚の3分の1ほどの厚さしかない赤ちゃんの皮膚はちょっとした摩擦で股ずれなどが起こります。
肌着やオムツがこすれる部分、肌同士がくっつく関節部分などにベビーパウダーを付けておくことでそうした摩擦が軽減されます。

c81e37c911b08f54b21ff83a8622689d_m

ベビーパウダーの間違った使い方

肌がサラサラにしてくれるベビーパウダー。
たっぷりつけた方がより効果があるようにも思ってしまいますが、実はつけすぎは禁物です。
つけすぎると余分な粉がダマになってしまって、無駄な水分を発散させる毛細管現象というベビーパウダーの働きの邪魔になります。

また、お風呂上りなど水分が残ったままのお肌につけるのもやめましょう。
水分と混ざってダマになったベビーパウダーが汗腺を防いで、かえってあせもを悪化させてしまったりといったトラブルのもとになります。
水分をしっかりとふき取った状態で使用するようにしましょう。

ベビーパウダーを使用する際に、付属の専用のパフを使う場合もあるかと思います。
その時に、手早くケアを終わらせようとパフで叩くようにパウダーをはたくのもNGです。
粉が空中に舞ってしまって、赤ちゃんが吸い込んでしまったりする心配があるからです。

ちなみにベビーパウダーはつけすぎたからといって、それ自体が毛穴を詰まらせる心配はほとんどありません。
大量のパウダーを意図的に刷り込むように塗らない限りはその心配はないとされています。

しかし、先程説明したように余計な粉がダマになり肌トラブルの原因となる場合があるので、やはりつけすぎには注意が必要です。
薄く肌に伸ばすだけで十分に効果を得られます。

4c5a5dbe9f2ccd297f2121146871c60c_m

こんな時には使ってはいけない!

あせもや股ずれ予防に役立つ ベビーパウダーですが、赤ちゃんの肌にすでにあせもができてしまった場合や股ずれが起きた場合は使用を控えましょう。
あせもというのは汗腺に汗や老廃物が詰まって起こる炎症。
患部にベビーパウダーをつけると、確かに表面はサラサラになりますが汗腺がふさがれてかえって悪化する場合があります。
股ずれも同様です。

まずは炎症を抑える軟膏などの処置を優先させてください。
あくまでベビーパウダーは予防のために使用するもので、これ自体は治療には不向きです。
症状が治まってから使用を再開しましょう。

22e04d4e7856ec89995b66c4314888cd_m

ベビーパウダーの正しい使い方

ベビーパウダーは清潔な肌に使用することが基本です。
お風呂上りなど、汚れを落とした状態&肌の水分はしっかりとふき取った状態で使用しましょう。

この時に、ベビーパウダーをつけるママやパパの手も清潔にしておいてくださいね。
直接手で塗る場合もパフを使用して塗る場合も、やさしく薄く塗ることを意識してください。
特に首回りなど上半身につけるときは手に粉を伸ばした状態で、それを赤ちゃんの肌に薄く塗ってあげましょう。
そうすることで粉が舞ってしまうのを防げます。

78910bf8354d60390238290c73bf7cd2_m

衛生面に注意する!

赤ちゃん自身の肌、ママやパパの手、どちらも清潔に気を付けることはもちろんですが、忘れがちなのが専用のパフの状態。
繰り返し使うのでどうしても汚れてきてしまいますよね。
汚れた状態のパフには雑菌が繁殖してしまいます。
パフが汚れたら洗濯するか、定期的に新しいものに替えましょう。

また、全身用とおしり用とでパフを使い分けるとさらに清潔に保てます。

顔に使うときは細心の注意を!

ベビーパウダーは安全な成分で作られているものがほとんどです。
ですので、粉を多少吸い込んでしまったくらいで、直ちに健康被害が出る心配はありませんので安心してください。

しかし、粒子が呼吸器官に入ってしまうと喘息を引き起こしたり、目に入ると炎症が起きたりする場合も。
赤ちゃんの上半身、顔まわりに使用する時は特に注意して使用しましょう。

汗をかく時期だけ?冬は使用しない方がいい?

汗をかきやすい夏場はあせももできやすいので、ベビーパウダーでの予防が役に立ちます。
では、乾燥しがちな冬はどうでしょうか?

実は赤ちゃんは季節に関係なくあせもになりやすいので注意が必要です。
赤ちゃんは大人の3倍も汗をかくといわれるくらいに汗っかき。
季節問わずベビーパウダーでケアしてあげたいですね。

0139e74836229d387254de1a817487ce_m

蓋を開けた時に粉の飛び散りが気になる場合、どうしたら良い?

ベビーパウダーは粒子がとても細かいので飛び散りやすいのが難点ですね。
そこで、中蓋に小さな穴をいくつか開けて化粧品のルースパウダーのように使用する方法がおすすめです。
ライターなどであぶったキリを使うと穴が開けやすくなります。

手軽なところでは、穴をあけたクッキングペーパーで蓋をするように輪ゴムで固定して使用するといった方法も。

あらかじめ粉が飛び散りにくい固形タイプのベビーパウダーを選んだり、飛び散ることなくパウダーを出しやすいシェーカータイプを選ぶのも良いですね。

ベビーパウダーって乾燥肌にも使っていいの?

ベビーパウダーは肌を乾燥させることでサラサラに保つ。
こういうイメージをお持ちのママさんも多いかもしれませんね。
だから、乾燥肌にベビーパウダーはNGと思っていませんか?

たしかにベビーパウダーは肌表面の余分な水分を蒸散させる働きがあります。
しかし、皮膚が乾燥してくると今度は吸収した水分を放出して適度に潤いを保ってくれます。

ベビーパウダーの中には保湿成分配合のものもあるので、乾燥が気になる場合にはそういう成分の入ったものを選ぶことをおすすめします。

f12de087c2ada53d85cb31544677de98_m

実はママにもうれしいベビーパウダー

ベビーパウダーはその名の通り、赤ちゃんのためにつくられているもの。
赤ちゃんのお肌に安心して使える…ということは大人が使用してももちろんOK。

最近ではフェイスパウダーやフィニッシングパウダーの代わりにベビーパウダーを使用する女性も増えているんですよ。
お肌のテカりを抑えてくれて化粧崩れしにくくなるんです。
「今日はメイクしたくない…、けどご近所さんとは顔を合わせるし…」という時も、ベビーパウダーが活躍。
サッとはたくだけで自然に毛穴を隠してくれます。

また、お風呂上りなど全身の保湿ケアをするとお肌のべたつきがきになることはありませんか?
髪の毛が張り付いてイライラ…
そんなときにベビーパウダーを軽くはたくとお肌がサラサラに。

日焼け止めを塗った後にべたつく場合も同様に気になる部分にベビーパウダーをはたくとべたつきが抑えられますよ。

赤ちゃんにやさしいベビーパウダーはママにもやさしい便利アイテム。
お子さんと一緒に使ってみるのも良いですね。

69e1c7ec8f0328f28b145df3e9c4caea_m

まとめ

ベビーパウダーは比較的安価に購入できる赤ちゃん用スキンケアアイテムです。
正しく使ってあげることで、赤ちゃんのお肌を1年中快適な状態に保つことができます。
さらに、ママにも役立つ使い方が色々あるのもうれしいですね。
お気に入りのベビーパウダーを見つけて親子のスキンケアに役立ててみてはいかがでしょうか?

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER