MUGYUU!ロゴ

離乳食初期・中期・後期の赤ちゃんの便秘改善におすすめな離乳食は?

いよいよ離乳食開始!
赤ちゃんが5か月になったころ、張り切って離乳食を用意するお母さんも多いですね。
ところがいざ離乳食を始めると赤ちゃんが便秘に…むずかる赤ちゃんを前にしては心配になってしまいます。
でも大丈夫、離乳食を始めた途端に赤ちゃんが便秘気味になってしまうことはよくあることなんです。
「離乳食と便秘の関係」「便秘になってしまったら」をまとめましたので、便秘に苦しむ赤ちゃんをお持ちの方はぜひ読んでみてくださいね。

離乳食開始で便秘になる原因は?

ではなぜ離乳食の開始とともに、赤ちゃんは便秘をしてしまうのでしょうか。
これには、以下の理由が考えられます。

摂取するものの変化=水分不足と食事の偏り

赤ちゃんは今まで母乳やミルクを飲んでいました。
離乳食を食べるようになると授乳量が減るため、水分不足がおきてきしまいます。
また、初期の離乳食は消化に良いものが多いため、食物繊維が不足しがちです。
さらに便となる素材の摂取量が少ないので便秘になりやすくなります。

腸内環境の変化=善玉菌の減少

今までは母乳やミルクに含まれるオリゴ糖の働きによってビフィズス菌などの善玉菌が優勢だった赤ちゃんの腸内ですが、離乳食を食べることで細菌が入り悪玉菌が増え始め、腸内のバランスが乱れ便秘をすることが増えるのです。

月齢別、便秘におすすめな離乳食

5、6ヶ月(離乳食初期)

この月齢の赤ちゃんの腸はまだまだ未発達で、咀嚼力もなくそのまま飲み込んで食べます。
この時期のことを、離乳食初期または、ゴックン期とも言います。

そこで、消化に負担のすくない水溶性の食物繊維を中心に、便を柔らかくする食材を離乳食に取り入れるとよいでしょう。

743b63cd7356fa62bd2c781805a34f8e_s

・水溶性食物繊維…かぼちゃ、人参、バナナペースト、すりつぶした納豆、桃
・便を柔らかくするもの…みかん果汁、トマトスープ

特に、ミルクや母乳から離乳食に移行したために水分量が大きく変わっているので、水分を補給する意味でも「みかん果汁」が効果的です。
他に、食物繊維が豊富でオリゴ糖も含まれるきな粉をミルク粥に混ぜるのもおすすめです。

7、8ヶ月(離乳食中期)

この頃になると、赤ちゃんは舌ですりつぶすことができるようになってくるので、細かくみじん切りにした食材をおかゆに混ぜても食べられるようになってきます。
この時期のことを、離乳食中期または、モグモグ期とも言います。

また、腸が食事に慣れてきているため、水溶性の食物繊維に加えて不溶性の食物繊維や、油分(便を柔らかくする)、ヨーグルト(腸内環境を整える)を摂取することができるようになります。

71f5b9d82cdd080c1a149ed8a4fa323c_s

・みじん切りに向く水溶性食物繊維…わかめやヒジキなどの海藻類
・不溶性食物繊維…さつまいも、豆腐、そば粉(アレルギー注意)
・油分…ミルクや牛乳の乳脂肪分、ツナ缶を使った煮物
・ヨーグルト

また、コーンフレークをミルクで煮詰めてからすりつぶしたものを各種ペーストに加えると、便の素材不足を解消できるようになります。

9、10、11ヵ月(離乳食後期)

さらに離乳が進み、1日3回食となり、歯茎でつぶして食べることができるようになってきます。
この時期のことを、離乳食後期または、カミカミ期とも言います。

授乳量が減っているので、離乳食と便秘とが密接に関わってくる時期です。
上記に加え、腸を刺激するもの、食感を楽しめるものを取り入れていきます。
また、牛乳を飲むことで水分補給にもなります。

93f6d380172577ad3e3f5d29e926ad4d_s

・腸を刺激するもの…キノコ類、青菜、コーンのみじん切り
・食感を楽しめるもの…果汁寒天
・牛乳

この頃になると、おかゆもある程度硬くなってきます。
普通に炊いたご飯とオートミールを3:1くらいで混ぜ、水を加えて煮ると食物繊維たっぷりの主食が出来上がり、赤ちゃんもつるりとした食感を楽しむことができますよ。

1才~(離乳食完了期)

いよいよ卒乳も近くなり、ますます食事から得られる水分量が減ってきます。
食べることを楽しんでいる赤ちゃんも多いのではないでしょうか。
この時期のことを、離乳食後期または、パクパク期とも言います。

手づかみ食べができて食感も楽しめ、食物繊維も豊富な食べ方をご紹介します。

7d412facfbb91017822fe931f06c11da_s

・レンコンのおやき…皮をむいて水にさらしてから茹で、すりおろしたもの味付けしてを焼く
・ゴボウの煮物…薄切りにして金平ごぼうの要領で。よく煮込みます
・ナッツの煮物…ナッツをよく茹でこのみの味付けにする

この頃は3回食に加えておやつもよく食べる時期です。
そこでオートミールを使用したクッキーなどをおやつにすると、手軽に食物繊維を補うことができますね。
また、砂糖をオリゴ糖に置き換えて調理することで、腸内の善玉菌を増やすこともできるのでぜひ試してみてください。

便秘の赤ちゃんに悪い食材

では、赤ちゃんが便秘になってしまったときの離乳食で気を付けなければならないこととはどのようなことでしょうか。
まずは以下の食材を控えてみましょう。

・便を硬くしてしまうもの…チーズ、白米、食パン、じゃがいも、動物性たんぱく質
・腸の働きをおさえてしまうもの…体を冷やす食べ物(キュウリ、スイカなど)

また、意外なところでは、不溶性食物繊維のとりすぎに気を付けましょう。
便を出しやすくするイメージの食物繊維ですが、便秘の時に不溶性食物繊維をとりすぎてしまうと便が一層硬くなってしまいます。

不溶性と水溶性の比は2:1までであるとよいとされているので、水溶性食物繊維を意識して使うようにした方がよいですね。

離乳食前から便秘の場合、離乳食を開始しない方が良い?

離乳食開始前の時期の赤ちゃんの便秘には、次のような理由が考えられます。

「腸が未熟であること」
離乳食開始前の赤ちゃんの腸はとても未熟です。ミルクの銘柄が変わったり、
お母さんの食事が変わったりするだけで便秘になってしまうこともあるんです。
スムーズな排便が見られないときはミルクにオリゴ糖を足してみるなどして様子を見てみましょう。

「生活リズムの変化」
生後4か月を過ぎて首が座ってくる赤ちゃんも多いのではないでしょうか。
お出かけをする機会が増え、「いつもの生活リズム」でない日があるだけで便秘になってしまうこともあります。
そんなときは下記の対処法の「運動について」「綿棒浣腸について」を試してみてください。

いきなり離乳食を始めてしまうと、腸がついて行かれない場合もあるかもしれません。

ですので離乳食ではなく、母乳とミルク以外の水分を摂取する練習から始めましょう。
水分を十分に摂ることで便秘も解消するかもしれません。
あとは赤ちゃんの食欲(大人の食べるのを見る、よだれが良くでる)をみて、ゆっくり始めるといいですね。

便秘になったら離乳食を中断するべき?

さて、いざ便秘になってしまったときに、離乳食を中断するべきなのでしょうか。
まずは赤ちゃんの腸内で起きていることから整理してみましょう。

離乳食開始時

ミルクや母乳だけを消化していた赤ちゃんの腸が「食べ物」と出会います。
いわば「慣れ」始める時期です。
せっかく食事に慣れていこうとしている腸をまた元の状態に戻してしまうのは得策ではありません。
離乳食を中断せずに「少量」「ゆっくり」を念頭に、少しずつ進めましょう。

離乳食中期以降

だんだんと「食べ物」に慣れてくる時期です。
この時期の便秘は食べ物の量・質・水分量と、腸内環境に由来するものがほとんどでしょう。
ヨーグルトを積極的に取り入れ、水分に注意して離乳食は中断せずに与えましょう。
ただし、「固さ」については1段階前に戻り、腸に負担がないようにするとよいですね。
また、食事のリズムがつくことで排便のリズムも整ってきますよ。

便秘になってしまった場合の対処法は?

では便秘になってしまったとき、どのような解決方法があるのでしょうか。

食事について

上記でも述べたように、月齢に合わせて水溶性食物繊維を多く含む食材や、便を柔らかくする食材、腸内環境を整える食材を意識して離乳食を作るといいでしょう。

運動について

赤ちゃんを仰向けに寝かせた状態で、両足首を軽く持ち、自転車を漕ぐような運動をしてみましょう。
腸の動きを刺激することができます。
他にもおなかを「の」の字にマッサージするのも有効ですね。

薬について

まずよくめにするのは「マルツエキス」です。
これはサツマイモからできている麦芽糖で、大腸まで届き善玉菌を活性化させ、腸の運動が活発になります。
生後1ヶ月から使用できるので、離乳食期の赤ちゃんには安心です。

綿棒浣腸について

それでもでてこない便のときは、直接赤ちゃんの肛門を刺激することで排便を促します。
食事の30分後くらいになったら、綿棒にワセリンやオリーブオイル、馬油などをたっぷりつけ、綿棒の頭くらまでをやさしく肛門に入れてゆっくり15秒ほど円を描くように刺激します。
たまった便が勢いよく出ることもあるので新聞紙をひいておくなどの対策をしておきましょう。

まとめ

以上、赤ちゃんの便秘と離乳食との関係についてまとめてきましたがいかがだったでしょうか。
月齢によって食べられるものが違ったり、赤ちゃんの好みによっても対応は変わってくるので、お子さんと食べ物との相性を見てひとりひとりにあった便秘のときの解決方法を模索していただけたらと思います。

また便秘になってからの解決策は、便秘にならないための方法でもあります。
大人でも当てはまることは多いので、親子そろって「快腸」をめざしてみてはどうでしょうか。

\\ 『離乳食』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/10/12

離乳食

赤ちゃんのはじめての離乳食!これさえ読めばあなたも離乳食マスター

まーしゃる

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER