MUGYUU!ロゴ

絶対守りたい!便秘の赤ちゃんに必要な月齢別水分量

赤ちゃんって便秘になるの!?
食べればすぐ出るのが赤ちゃんじゃないの!?

はじめての子育てでそう思った方も少なくないのではないでしょうか。
大人の便秘はよく知られていますが、赤ちゃんにも便秘は起こるのです。

便秘といえば、水分不足が有名ですよね。
あとは、食事内容だったりストレスだったり…。

でもそれは、大人である私たちでの間で知られていますが、赤ちゃんも当てはまるのかどうかわからないですよね。
しかも、赤ちゃんはお話しすることができません。
便秘になったよ!なんて言ってくれないのです。

だから、ママやパパは赤ちゃんからのサインをしっかりキャッチする必要があるのですが、初めてだったりすると中々わからなかったりするものです。

そこで!
これって便秘かな?と思ったり、赤ちゃんの様子がいつもと違う?と感じた時に少しでもお役に立てる内容を考えました!

便秘のサイン

まず便秘?と思われるサインです。
あくまで目安として参考にしてください。

・3~5日以上うんちが出ていない。
・ミルクやごはんを食べてもすぐもどす。
・ミルクを飲まない。ご飯を食べない
・なんだか機嫌が悪い、ぐずる時間が長い
・なく時間が長い
・お腹がいつもより張っている気がする、かなりぽっこりしている

赤ちゃんも個性があるので、普段からうんちの回数が多かったり少なかったりすると思います。
私の娘は、普段からあまりうんちをしない方だったので、気づくのが遅くなったこともありました。
ママがちょっとでもおかしいなと思ったら便秘を疑ってみましょう。

見逃しがちな「危険なサイン」はこちらの記事にまとめてあります。

5520d8e9118d7c2c980737c097dcf0d0_s

これは余談ですが、私の場合上にも書いたように、娘は普段から1日1回、多い日で2回、しない時は2日ぐらいあけてうんちする方でした。
なので便秘だと気づいたのが、うんちが出なくなって四日ぐらい経った時です。

母乳だったので泣いたらあげるというスタンスでした。
なので、麦茶や白湯をあげるという概念がすっかり抜け落ちていて、便秘だと気づいたときに水分補給してもいいのかわかりませんでした。
白湯も飲ませていいという人もいれば、だめだ、という人もいてちょっと混乱したのも覚えています。

ただ、市販で売られている赤ちゃん用の麦茶には、生後1か月からあげてもよいと書いてあったので、それを見てマグで麦茶を与えました。
そういうママも多いかなと思います。
大体は、生後3か月ぐらいからお茶や白湯などはOKだそうですよ。
最初は飲むのが下手なので、ハンドタオルを首にかけておくとよかったです。

便秘の原因は!?

便秘だと思ったら、原因を考えてみましょう。
育児日記などをつけている方は、普段と何が違うのか考えてみると原因がわかりやすくなったりしますよ。

・授乳や食事の量が不足気味で便がたまりやすい
・離乳食を開始して、授乳が減り水分不足に
・自分で運動できないので腸の動きも活発にならない
・腸内環境の変化
・食物繊維の不足

などです。

他にも色々言われていますが、一番はやはり水分不足かと思われます。
大人と一緒で食事量が減れば、便も少なくなるので出なくなってしまいます。

また、十分な水分がないと便から水分を吸収するのでどんどんとお腹の中で硬くなってしまい、更に出なくなるという悪循環になり便秘が起こりやすくなってしまいます。
新生児から離乳食を開始するまでは、母乳やミルクなので水分もそこから摂っていますが、離乳食になると授乳回数が減ってしましますのでこの時期に便秘になりやすいのです。

便秘になるとどうなる!?

では、便秘になると赤ちゃんはどうなるのでしょうか。

まず、うんちが腸内にたまってしまい、そこから水分を吸収していくのでどんどん硬くなってしまいます。
硬くなると排便時に痛いので排便を我慢する赤ちゃんも・・・。
それが悪循環になり、さらに便秘を長引かせる・・・
出たとしても赤ちゃんの皮膚は柔らかいので切れやすく、切れ痔になりやすくなります。

実際、私の娘もカッチカチうんちのせいで切れ痔になってしまいました…。
すごく痛いようでかなり泣き叫んでいました・・・。

切れ痔になったら傷ができてしまいます。
菌が入って腫れしまったり感染症の原因にもなりかねませんので、そのようなときは早めに小児科を受診していただくか、おしりをきれいにふいて、ベビー用の軟膏をぬってベビーパウダーでしっかりさらさらにしてあげるとよいでしょう。
最低でも1週間は切れたりしますので、ママは大変ですが清潔にしてあげましょう。

それ以外は機嫌がよくて食欲があれば問題ないので、しっかりうんちを出すことに専念しましょう。

c0c31ba32f9d03f378748e1f5dad9aa6_s

便秘が原因で起こる怖い病気

一番怖い事は、便秘が病気の症状として現れることです。
病気でないことを祈りますが、万が一、がありますので知識として頭にいれておくとよいでしょう。

便秘が症状として現れる病気を記載しておきます。

ヒルシュスプルング病

新生児や乳児に現れることがあります。
生まれつき腸の神経細胞がみられないために、腸の蠕動運動が行われないのが原因です。
便やガスが出ない状態になり、お腹が膨れ上がる病気です。

・大腸が大きくなり胆汁の色が濃く出た緑色の嘔吐物がでる。
・食欲がない

少しでも症状が現れたらすぐに病院に行きましょう。
  

腸閉塞

腸管が何らかの原因で、繋がっていなかったり狭くなって食べ物が肛門まで運べなくなる病気です。
先天的に発症している事が多く、生後すぐに発見されることがあります。
腸自体の自発的な動きができなくなるために発症することもあります。

・激痛や強い痛み
・吐き気や嘔吐
・腹部がふくれあがる

白く酸っぱい液体、黄色の液体を吐いていたら、胃液や胆汁が出てる可能性があるので、直ちに病院に連れて行きましょう。

壊死性腸炎

生まれて2か月~2歳までの発症率が高く、腸への血液の流れが悪くなり、細菌などに感染し腸が壊死する病気です。
原因ははっきりとわかっていないようですが、体重が1,500g未満の赤ちゃんに起こりやすいようです。

・ひどく痛がるような腹痛
・お腹のハリ、嘔吐、下血を伴う症状
・ミルクを吐く、元気がない
・脈が遅くなるここに太文字入れる

代表的なものを挙げましたが、念のために家に病気辞典や育児書などを用意しておくと安心です。
私もかなり育児書に助けられましたよ!

少しでも元気がなかったり、以上のような症状がみられる場合は、速やかに病院に行きましょう。
万が一なので、普段機嫌よければ普通の便秘を疑いましょう。

次は、通常の便秘の原因第一位の「水分不足」についてご説明します。

水分不足になるとどうなる!?

赤ちゃんは、大人の2倍以上の汗をかくといわれています。
それに赤ちゃんの体は80%が水分です。
なので水分が不足すると便秘だけではなく、赤ちゃんが弱ってしまう可能性もあるのです。

また、体内の水分の1%が減ると喉の渇きを感じるそうです。
大人も体の60%が水分ですが、赤ちゃんは体が未完成なので、水分維持も容易ではありません。
梅雨時期を除いては、多々乾燥することも多いのも水分不足の原因にもなります。

さらに、赤ちゃんの肌も未熟なので大人でいう敏感肌。
肌から水分が抜けやすいので、十分注意は必要です。

乾燥肌から起こる危険な病気についてはこちらの記事でご紹介します。

水分不足の見分け方

いつもよりおしっこの回数・量が減った、オムツ交換が少なくなったら水分不足です。
よく観察してみましょう。

紙おむつだと一回のおしっこの量がわからないので、できる人はその時だけ布おむつにしてみるとわかりやすくなります。
普段育児日記をつけている人は、普段と比べ安くなるのでオムツ交換の回数などがわかるかと思いますが、つけてない人はその時だけつけるようにして、様子をみてみるのをおすすめします。

おしっこの量の目安が知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

月齢別体重と必要な水分量(目安)

では、便秘や水分不足になったらどうしたらいいのか、赤ちゃんの月齢・体重別にどれぐらいの水分量、何を飲んでもいいのかをまとめてみました。
あくまでも目安です。
赤ちゃんには個人差があるので、大きさは月齢に当てはまるとは限りません。

赤ちゃんの体重1㎏につき「水分量は100ml」です。
母乳・ミルクと水分補給は別として考えます。

新生児~1ヶ月

性別 月齢 体重 水分量
女の子 新生児 2.13~3.67kg 200ml~400ml
女の子 30日目 2.9~4.84kg 200ml~400ml
男の子 新生児 2.10~3.76kg 300ml~500ml
男の子 30日目 3.0~5.17kg 300ml~500ml

・この時期摂取OKな飲み物
母乳・ミルク

・水分をあげるタイミング、注意、量など
下痢や体調不良、吐いたあとに、哺乳瓶か果汁用で麦茶など与えてもよい。
体調よければ授乳のみで十分です。

1~2ヶ月

性別 月齢 体重 水分量
女の子 1~2ヶ月 3.39~5.54kg 300ml~550ml
男の子 1~2ヶ月 3.53~5.96kg 350ml~600ml

・この時期摂取OKな飲み物
母乳、ミルク

・水分をあげるタイミング、注意、量など
下痢や体調不良、吐いたあとに哺乳瓶か果汁用で麦茶など与えてもよい。
体調よければ、授乳のみで十分です。

2~3ヶ月

性別 月齢 体重 水分量
女の子 2~3ヶ月 4.19~6.67kg 400ml~660ml
男の子 2~3ヶ月 4.41~7.18kg 450ml~720ml

・この時期摂取OKな飲み物
母乳、ミルク

・水分をあげるタイミング、注意、量など
下痢や体調不良、吐いたあとに哺乳瓶か果汁用で麦茶など与えてもよい。
体調よければ、授乳のみで十分です。
この時期からお風呂上りに、白湯か麦茶を10~30ml以内で飲ませてもよい。

3~4ヶ月

性別 月齢 体重 水分量
女の子 3~4ヶ月 4.84~7.53kg 490ml~750ml
男の子 3~4ヶ月 5.12~8.07kg 510ml~800ml

・この時期摂取OKな飲み物
母乳、ミルク、麦茶、白湯、赤ちゃん用ほうじ茶、赤ちゃん用ポカリスウェットなど

・水分をあげるタイミング、注意、量など
授乳と授乳の間に、1回ほど飲ませてみましょう。
時間目安としては、3時間に一回程度です。
飲ませすぎに注意してください。

まだそんなに量は飲めないはずなので、口に含むだけでもよいときも。
飲ませすぎると下痢になったり、弱ってしまうことがあります。 

甘いジュースなどは避けてください。
赤ちゃん用ポカリスウェットは、脱水症状の時のみ使用してください。
普段はお茶などで十分です。

4~5ヶ月

性別 月齢 体重 水分量
女の子 4~5ヶ月 5.35~8.18 530ml~820ml
男の子 4~5ヶ月 5.67~8.72kg 570ml~870ml

・この時期摂取OKな飲み物
母乳、ミルク、麦茶、白湯、赤ちゃん用ほうじ茶、赤ちゃん用ポカリスウェットなど

・水分をあげるタイミング、注意、量など
授乳と授乳の間に、1回ほど飲ませてみましょう。
時間目安としては、3時間に一回程度です。
飲ませすぎに注意してください。

まだそんなに量は飲めないはずなので、口に含むだけでもよいときも。
飲ませすぎると下痢になったり弱ってしまうことがあります。 

甘いジュースなどは避けてください。
赤ちゃん用ポカリスウェットは脱水症状の時のみ使用してください。
普段はお茶などで十分です。

5~6ヶ月

性別 月齢 体重 水分量
女の子 5~6ヶ月 5.74~8.67kg 570ml~870ml
男の子 5~6ヶ月 6.10~9.20kg 610ml~920ml

・この時期摂取OKな飲み物
母乳、ミルク、麦茶、白湯、赤ちゃん用ほうじ茶、赤ちゃん用ポカリスウェットなど

・水分をあげるタイミング、注意、量など
授乳と授乳の間に、1回ほど飲ませる+離乳食を開始した人は、その時に一緒に飲ませてあげましょう。
時間目安としては3時間に一回程度です。

飲ませすぎに注意してください。
飲ませすぎると下痢になったり、弱ってしまうことがあります。 

甘いジュースなどは避けてください。
赤ちゃん用ポカリスウェットは脱水症状の時のみ使用してください。
普段はお茶などで十分です。

6~7ヶ月

性別 月齢 体重 水分量
女の子 6~7ヶ月 6.06~9.05kg 600ml~900ml
男の子 6~7ヶ月 6.44~9.57kg 650ml~950ml

・この時期摂取OKな飲み物
母乳、ミルク、麦茶、白湯、赤ちゃん用ほうじ茶、赤ちゃん用ポカリスウェットなど

・水分をあげるタイミング、注意、量など
授乳と授乳の間に、1回ほど飲ませる+離乳食を開始した人は、その時に一緒に飲ませてあげましょう。
時間目安としては、3~4時間に一回程度です。

飲ませすぎに注意してください。
飲ませすぎると下痢になったり、弱ってしまうことがあります。 

甘いジュースなどは避けてください。
赤ちゃん用ポカリスウェットは、脱水症状の時のみ使用してください。
普段はお茶などで十分です。

7~8ヶ月

性別 月齢 体重 水分量
女の子 7~8ヶ月 6.32~9.37kg 640ml~940ml
男の子 7~8ヶ月 6.73~9.87kg 680ml~990ml

・この時期摂取OKな飲み物
母乳、ミルク、麦茶、白湯、赤ちゃん用ほうじ茶、赤ちゃん用ポカリスウェットなど
この時期から、赤ちゃん用のジュースを飲ませても大丈夫です。
売られている商品に書いてある注意事項を守って飲ませてあげてください。

・水分をあげるタイミング、注意、量など
授乳と授乳の間に、1回ほど飲ませる+離乳食時に一緒に飲ませてあげましょう。
時間目安としては、1~2時間に一回程度です。
1回で2~40mlぐらいが目安です。

この時期ぐらいから赤ちゃんは飲む量を調節できるようになるので、飲みたいだけ飲ませてあげましょう。
赤ちゃんの口元に、マグの口を持っていって飲むかどうか試してみてください。

赤ちゃん用ポカリスウェットは、脱水症状の時のみ使用してください。
普段はお茶などで十分です。

8~9ヶ月

性別 月齢 体重 水分量
女の子 8~9ヶ月 6.53~9.63kg 700ml~1ℓ
男の子 8~9ヶ月 6.96~10.14kg 300ml~500ml

・この時期摂取OKな飲み物
母乳、ミルク、麦茶、白湯、赤ちゃん用ほうじ茶、赤ちゃん用ポカリスウェット、赤ちゃん用ジュースなど

・水分をあげるタイミング、注意、量など
授乳と授乳の間に、1回ほど飲ませる+離乳食時に一緒に飲ませてあげましょう。
時間目安としては、30分~1時間に一回程度です。
1回で60~100mlぐらいが目安です。

この頃からぐんと飲む量が増えてきます。
離乳食も食べれるものが増えてきて、喉も乾くようです。

赤ちゃん用ポカリスウェットは、脱水症状の時のみ使用してください。
普段はお茶などで十分です。

9~10ヶ月

性別 月齢 体重 水分量
女の子 9~10ヶ月 6.71~9.85kg 670ml~990ml
男の子 9~10ヶ月 7.16~10.37kg 700ml~1ℓ

・この時期摂取OKな飲み物
母乳、ミルク、麦茶、白湯、赤ちゃん用ほうじ茶、赤ちゃん用ポカリスウェット、赤ちゃん用ジュースなど

・水分をあげるタイミング、注意、量など
授乳と授乳の間に、1回ほど飲ませる+離乳食時に一緒に飲ませてあげましょう。
時間目安としては、30分~1時間に一回程度です。
1回で80~150mlぐらいが目安です。

この頃からぐんと飲む量が増えてきます。
離乳食も食べれるものが増えてきて、喉も乾くようです。
手先も器用になってくるので、早い子では自分から飲むことも。
ママはそっと見守りましょう。

赤ちゃん用ポカリスウェットは、脱水症状の時のみ使用してください。
普段はお茶などで十分です。

10~11ヶ月

性別 月齢 体重 水分量
女の子 10~11ヶ月 6.86~10.06kg 690ml~1ℓ
男の子 10~11ヶ月 7.34~10.59kg 740ml~1ℓ

・この時期摂取OKな飲み物
母乳、ミルク、麦茶、白湯、赤ちゃん用ほうじ茶、赤ちゃん用ポカリスウェット、赤ちゃん用ジュースなど

・水分をあげるタイミング、注意、量など
離乳食時に一緒に飲ませてあげましょう。
日中は時間目安としては、30分~1時間に一回程度与えてあげましょう。
1回で80~200mlぐらいが目安です。

この頃からぐんと飲む量が増えてきます。
離乳食も食べれるものが増えてきて、喉も乾くようです。

手先も器用になってくるので早い子では自分から飲むことも。
ママはそっと見守りましょう。

赤ちゃん用ポカリスウェットは、脱水症状の時のみ使用してください。
普段はお茶などで十分です。

11ヶ月~1歳

性別 月齢 体重 水分量
女の子 11ヶ月~1歳 7.02~10.27kg 700ml~1ℓ
男の子 11ヶ月~1歳 7.51~10.82kg 750ml~1ℓ

・この時期摂取OKな飲み物
母乳、ミルク、麦茶、白湯、赤ちゃん用ほうじ茶、赤ちゃん用ポカリスウェット、赤ちゃん用ジュースなど

・水分をあげるタイミング、注意、量など
離乳食時に一緒に飲ませてあげましょう。
日中は時間目安としては、30分~1時間に一回程度与えてあげましょう。
1回で100~200mlぐらいが目安です。

この時期は、ほぼ自分で上手に水分を飲めます。
量は赤ちゃんにお任せしても大丈夫ですが、ママは近くで見守ってあげてください。
お出かけや散歩の時は必ず常備しておきましょう。

赤ちゃん用ポカリスウェットは、脱水症状の時のみ使用してください。
普段はお茶などで十分です。

水分補給の注意点

月齢別水分量目安でも書きましたが、基本的には大人と一緒で、喉が渇いた時や食事時に水分摂取をさせていきますが、赤ちゃんは与えすぎにも注意です。
与えすぎると下痢になったり吐いたりすることもあるので、目安前後を心がけましょう。

特に小さい月齢の時は注意が必要です。
離乳食開始までは与える必要もあまりありませんので、始めるときはスプーンで少しづつ飲ませてみましょう。
おいしそうに飲むようであれば問題ありません。

またジュースなども一日の決まり量がありますのでよく守りましょう。

季節ごとでも摂取量が変わります。
便秘になりやすい季節は特に注意が必要です。
基本的には常温で飲ませましょう。
赤ちゃんの臓器は未発達ですので、冷たいものをいきなり飲ませると下痢の原因にもなります。

また散歩やお出かけの際は、必ず2~30分ごとに飲ませてあげましょう。
はしゃいだり遊んだりすると、汗をかいていつもより水分が減っているのです。

おすすめはマグなどを常に用意しておいて、赤ちゃんのそばに置いておくとすぐ水分補給してあげれるので便利です。
5ヶ月までは果汁用や哺乳瓶またはスプーンで。
5ヶ月以降はマグであげることができます。

基本的にこちらから、マグなどを口元に持っていって飲むかどうかで、喉がかわいてるかどうかが確認できます。

1b56ddf56514be09215c0d0e29646a11_s

その他便秘の解消法!

大人でもあれやこれやと便秘の時は気を使うと思います。
同じような方法で赤ちゃんにも効果的な場合も。

食物繊維を摂る

離乳食で意識して取り入れてみましょう。
私の娘はりんごがかなり効果的でした。
食べたらかならずといっていいほどうんちが出ました。

食物繊維が豊富な食べ物は以下になります。
・りんご
・キウイ
・かぼちゃ
・にんじんなど・・・

便秘に効果的な離乳食メニューはこちらでご紹介しています。

乳酸菌が含まれているものを摂る

乳酸菌といえばヨーグルト。
ヨーグルト+フルーツはかなり効果的でした。
ぜひお試しを!
ホットにするとさらに効果アップ!

・ヨーグルト
・きなこなど

善玉菌を効率よく摂れるオリゴ糖はこちらで詳しく解説いたします。。

お腹をのの字にマッサージする

腸の動きが悪いので、ママがやさしくおへその周りをくるくるマッサージして運動を促してあげましょう。
赤ちゃんも気分転換になって効果二倍です。

動画でわかりやすくのの字マッサージの方法を解説いたします。

オイル綿棒浣腸

綿棒の先にオイルをつけて1~2センチほど肛門に入れて、ゆっくりのの字を書きながら刺激して出します。
私も試しましたが、やってすぐすぐ出るわけではなく2~3時間後に出ました。
刺激すると自動ドアが開くように肛門が開きます。

綿棒浣腸のコツややり方はこちらを参考にしてください。

足をイチニイチニ!

足を上下に運動させて、腸の動きを活発にすることが可能です。
赤ちゃんもママに触られてご機嫌になります。

足こぎ運動のやり方はこちらでご紹介します。

まとめ

便秘について書きましたが、参考になったら幸いです。
私の娘は現在9か月で離乳食も3回になり、自分からマグを取って(奪って!?)飲んでくれるようになってきたので、うんちも一日2回も出て便秘とは無縁になってきました。
離乳食を始めた頃に便秘になって、カッチカチうんちを出して切れ痔で泣き叫び・・・
綿棒浣腸したり色んなサイトを調べたり、切れているから綿棒できれいに拭いて軟膏やベビーパウダーを塗ったり・・・
ばたばたした記憶があります。

ちょっとした変化でもママは悪戦苦闘。
体力も削られるので、パパや周りの人に協力してもらえる人がいたら遠慮なく甘えちゃいましょう!
私はパパにご飯をつくってもらってました!
さぼるのも仕事です!
全部含めていい経験になりました。

何事も経験だと思って頑張りましょう~!

b3ffc197c10f35ca333653081ad4a1df_m

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER