MUGYUU!ロゴ

これって便秘?赤ちゃんの排便ペースの平均は?

赤ちゃんの便秘で悩んでいるパパやママはとても多いです。
かわいい我が子ですから、ちゃんとうんちが出ているかどうかが気になるのは当然ですよね。

しかし、赤ちゃんが便秘はそう難しく考える必要はありません。
まれに病気が隠れていることもありますが、そうでなければ改善できる可能性が高いからです。

こちらでは赤ちゃんの便秘の原因や、ご家庭でできる改善方法をご紹介しています。
また、「どれくらいから便秘になるの?」「正常なうんちってどういうの?」といった、よくある疑問についてもまとめています。

赤ちゃんの便秘の原因は?

赤ちゃんも大人と同じように、水分不足であったり運動不足であったりすると便秘をしやすくなってしまいます。
また、赤ちゃんは大人と違ってちょっとしたことで便秘になってしまうことも多いです。

例えば、飲んだり食べたりした物の消化に少し時間がかかってしまった時や、消化器官が成長することでも便秘が起こってしまいます。

そして赤ちゃんの便秘のタイミングとして特に多いのが、離乳食期です。
栄養源が母乳やミルクから食事に移行する過程で、水分不足が起きやすくなってしまうのです。

また、あまり多くはありませんが、母乳で育っている赤ちゃんに、母乳不足での便秘が起きることもあります。

639c0c10d070df32bb06cba546cec0fe_s

便秘かどうか見分ける方法

みなさんは便秘を経験したことはありますか?

便秘が続くとだんだん苦しくなってきますよね。
これは赤ちゃんも同じで、便秘が続くと苦しくなったり食欲がなくなったりします。

特に理由がなさそうなのに、赤ちゃんの機嫌が悪くてよく泣いている時や食欲がなさそうな時は、最近ちゃんとうんちが出ていたか思い出してみてください。
便秘による赤ちゃんの「SOSを見分けるサイン」は、こちらの記事を参考にしてください。

また、毎日うんちが出ていても1回の量が少なかったり、うんちが硬く排便のたびに泣いたりするようなら、便秘の可能性があります。

そして、赤ちゃんが便秘かどうかを見分ける方法として、よく言われるのが「赤ちゃんのお腹の張り」です。

しかし、これは素人にはなかなか分かり難いのが実情です。
明らかにお腹がパンパンに張っていれば分かりやすいのでしょうが、便秘をしていなくてもお腹が張っているように思えることもあり、判断に迷ってしまいやすいです。

うんちの回数や量や硬さ、赤ちゃんの機嫌、食欲などを見るのが分かりやすいでしょう。

dfee9b52308dace229c9c92cf03007d7_s

正常なうんちと便秘のうんちの違いは?

赤ちゃんのうんち状態は、月齢によって変化していきます。
産まれたばかりの頃のうんちは胎便と呼ばれる、黒色の便です。

それが次第に黄色っぽく変化していき、新生児期には明るい黄色(山吹色)の水っぽい便になります。
また赤ちゃんによっては黄色よりも緑色に近い便になることもあります。
傾向としては、緑色の便は調乳ミルクを飲む赤ちゃんに多くみられます。

さらに月齢が進むと、水っぽかったうんちはだんだん形ができるようになり、色も明るい黄色から茶色っぽい色へと変化していきます。
そして、離乳食が3回食になる頃には大人の便とほとんど同じような形状になります。
この頃の理想の便は、バナナに例えられます。
バナナのような形で、スルンと出るのが理想の便です。

正常なうんちと便秘のうんちには、色・硬さ・形に違いが出てきます。
便秘のうんちは、正常なうんちに比べて色が濃く、硬くなります。
これは腸内にとどまっている時間が長くなってしまうためです。

形もバナナ状ではなくなります。
ウサギのフンのように、小さいサイズがコロコロと出るようになったり、小さな便が寄り集まってできたようなゴツゴツとした便になったりします。

さらに詳しくうんちの状態から便秘や危険な病気を見分ける方法は、こちらの記事をご覧ください。
写真付きでわかりやすく解説いたします。

6fd9a8f2f65a4c169c003350efcff28a_s

月齢別、平均排便ペース

※排便ペースは目安です。
子供の体質によっては記載よりも多かったり少なかったりします。

月齢 排便回数
0ヶ月~2ヶ月 1日10回
3ヶ月~4ヶ月 1日2~5回
5ヶ月~11ヶ月 1日1~4回
1才~2才 1日1~3回
2才以降~ 1日1~2回

新生児期から生後2ヶ月頃までは、赤ちゃんは1日に何度もうんちをします。
子供によっては、1日に15回以上の排便をすることもあります。

これは消化機能が未発達で、うんちをお腹にためておけないためです。
1回の量自体は少なく、ドロドロとして水っぽいのが特徴です。

そして月齢が進み、離乳食で固形物を食べるようになると、1日の回数は5回よりも少なくなり、うんちをする時間もだいたい決まってきます。

さらに1才を過ぎると、その子の排便ペースがほぼ定まり、うんちの形状も大人に近くなります。

どれくらいが続くと便秘なの?

赤ちゃんが便秘かどうか、判断に困ってしまうもののひとつが、この「いつから?」という疑問ですよね。
目安としては、3日に1回よりも排便が少なければ、便秘傾向と考えてよいでしょう。

ただ、うんちが出ていない日がどれくらいで便秘と言えるのか、実はこれには具体的な決まりはありません。
便秘かどうかはその人の、普段の排便ペースと比較して判断するからです。

排便のペースは人によって違いがあります。

例えば、普段から2~3日に1回のペースでも、バナナ状のうんちがすっきり出ているのなら問題はありません。
それがその人にとっての正常なペースです。

対して、毎日うんちが出ていても、コロコロとした硬い便しか出ず、すっきり感もないのであれば便秘傾向にあると考えられます。

赤ちゃんの場合は、その子の普段の排便ペースや便の状態と比較してみるとよいでしょう。

▼便秘の放置は危険
気を付けたいのは、便秘を長く放置しないことです。
便秘は体の中に老廃物がたまり続けている状態です。
そのため発熱や嘔吐といった体調不良につながりやすいのです。
発熱や嘔吐の症状が出るほどになると、赤ちゃんはとてもつらい状況です。

そうなる前に、機嫌が悪かったり体調不良があったり、排便のたびに泣き叫んだり、うんちが出ていないこと以外に気になる様子がある場合には、すぐに病院を受診しましょう。

b7f551b55114735b090aa8deb110b0f7_s

月齢によってうんちの回数が減るのはなぜ?

新生児期に1日に何度も出ていたうんちも、成長とともにだんだんと回数が減っていきます。
赤ちゃんによっては生後2~3ヶ月頃になって急にうんちの回数が少なくなることもあります。

急にうんちの回数が減ると心配になってしまいますが、回数の減少は腸の消化機能が発達している証拠でもあるのですよ。

産まれたばかりの頃は消化器官が未熟で、ミルクを飲んでもしっかり消化できません。
そのためうんちとして排出されてしまう量も多く、水分が多いドロドロとしたうんちになってしまいます。

しかし、消化機能が発達して、ミルクの栄養や水分を吸収できるようになってくると、カスとして排出されるうんちの量が少なくなってきます。
赤ちゃんの便が成長とともに色が濃く形が硬くなっていくのも、このような消化機能の発達によるものなのです。

月齢ごとの便秘になる原因をまとめた記事はこちらです。

0-95

母乳とミルクでうんちの回数に違いはあるの?

うんちの様子は赤ちゃんの体質によっても違います。
また、普段飲んでいるのが母乳かミルクかでも、違いが出ることがあります。

傾向としては母乳よりもミルクで育っている赤ちゃんの方が、便の回数が少ないです。
原因としては、母乳よりもミルクの方が消化に時間がかかるためだと考えられています。

もちろん、粉ミルクの赤ちゃんでも新生児期なら、1日に10回以上のうんちをすることもあります。
しかし子供によっては、新生児期でも1日に3~5回しかうんちが出ない子もいます。

育児書に書いている排便回数と違いがあると心配になってしまいますが、赤ちゃんの機嫌がよく、ミルクをよく飲んで、体重が増えていれば大きな心配はありません。
もしも何かほかに気になる様子があれば、病院で相談してみるとよいですよ。

09f5464c669c4cdb68882fca17f66434_s

便秘解消法

便秘解消によいとされる方法をいくつかご紹介します。
家庭で簡単にできる解消方法もありますよ。

やさしい刺激で排便を促す

マッサージ

赤ちゃんのお腹を「の」の字状にやさしくマッサージしてあげます。

マッサージ方法をまとめた記事はこちらのページになります。

足を動かす運動

自転車をこぐように赤ちゃんの両足をやさしく動かします。

綿棒刺激

綿棒浣腸とも呼ばれる方法です。
ワセリンをぬってすべりをよくした綿棒を、赤ちゃんの肛門に1cmほど入れて排便を促す方法です。

詳しい手順ややり方は、こちらの綿棒浣腸の記事をご覧下さい。

便秘改善によい食べ物や飲み物

果物類

いちご、みかん、りんごなどは便をやわらかくしてくれます。
果汁や、果汁を白湯で薄めたものをあげてもよいですよ。

便秘におすすめな離乳食を詳しく知りたい方はこちらの記事を参照して下さい。

野菜類

カボチャやブロッコリーや葉物野菜は、便の量を増やしてくれる食べ物です。

バター

油分が便を柔らかくし、排出を助けてくれます。
食べられるのは生後7ヶ月頃から、与える量は小さじ1/4~1/2が目安です。

麦芽糖やオリゴ糖

腸の運動を促してくれる効果が期待されています。
麦芽糖はマルツエキスとも呼ばれ、ドラッグストアで販売されています。

オリゴ糖はスーパーやドラッグストアで購入できます。

病院

便秘がなかなか改善されない時や、赤ちゃんが苦しそうにしている時は病院を受診してみましょう。
治療は子供の状態や先生の考え方によっても、方法が違ってきます。

主な方法は、食事や生活習慣の改善指導、便秘薬、浣腸の3つです。

まとめ

排便の様子は赤ちゃんによって違います。
育児書やほかの子と比べて不安になってしまうことも多いですよね。

しかし、1~2日うんちが出なかったり、1度硬いうんちが出たりしても、次でスルリとすっきり出れば心配はいりません。
また、赤ちゃんの様子を観察して、いつもと違いがなければ慌てて病院に行く必要もないでしょう。

ただし、まれではありますが、病気が原因で便秘になってしまうこともあります。
便秘が続いている時や、赤ちゃんの様子に気になる点があった時には、早めに病院を受診されてくださいね。

便秘は家庭での取り組みで改善できることも多いです。
ぜひ、できることから始めてみてはいかがでしょうか。

ca04a31470f09905126307f610ce3cea_s

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER