MUGYUU!ロゴ

新生児から大丈夫!便秘に良い飲み物&悪い飲み物とは

赤ちゃんの便秘で困ったこと、悩んだことはありませんか?
筆者には子供が2人いますが、便が出ない時どうすればいいのか,
当に心配になったものです。

風邪の心配であればすぐに病院に行けばいい!
でも便秘の場合は?病院に行くべきなの?それとも様子を見る?
様子を見る場合は何日くらい?その前に何かできることがあるのでは!?

そんな疑問に対して少しでも参考になり、悩みを解決できる手助けが出来れば良いなと思います。
ここでは、赤ちゃんが便秘になったときにおすすめの飲み物を紹介させていただきます。

新生児なのに便秘になる原因とは?

新生児の便の回数には、個人差があります。
1日に何回も便を出す子もいれば、1日置きにしか出さない赤ちゃんもいるのです。

そのため毎日便が出ないからと言って便秘と判断できるわけではありません。
また、ミルクより母乳で育っている子のほうが消化が良いため、便の回数は多いようです。

6425a3c246e2cce50b3a62e2a4fa0420_m

胃や腸の働きが未発達

便秘になる原因として、胃や腸の働きが未発達なためなどがあげられます。
新生児は胃や腸の運動が未発達のため、上手に排泄することが難しいです。
この場合は、成長とともに解消されます。

母乳が足りていない

母乳が足りない場合も排泄量が減ります。
母乳を飲みたがり頻繁に与えているのに、便が出ていない場合は、まだ上手く飲めていないのかもしれません。

ミルクの成分が合っていない

今まで飲んでいたミルクから、銘柄を変えた場合も便秘になる事があるようです。
ミルクによって少し成分が違っているので、戻したら便秘が解消したという例もあります。

ミルクの種類によって考えられる便秘に関してはこちらの記事を参考にしてみてください。

母乳の質が悪い

母乳育児の場合、母親の食生活が母乳に大きく関係すると言われています。
糖分や油分を取りすぎたときの母乳は、ドロドロとして出にくくなるのです。

そうなると乳児も必要以上に母乳を吸う力いるため、疲れて飲めなかったり、美味しくないため飲まない場合もあります。
飲めていないのでもちろん便の回数は少なくなるのです。

母乳の質を調べる方法はこちらにまとめてありますのでご覧下さい。

身体の冷え

身体が冷えることで、胃腸などの内蔵機能が低下します。
内蔵機能が低下することで腸の運動機能が落ち、便秘につながるのです。

赤ちゃんの体が冷えてしまうのは、ママの冷えからくる母乳の冷たさにも関係しています。
色を取り入れた冷え性と便秘の解消法はこちらの記事をご確認ください。

以上の事が赤ちゃんの便秘の原因と言われています。
気になっている項目があれば、是非見直してみてくださいね!

新生児の便秘に良い飲み物

新生児や離乳食を始める前の赤ちゃんの便秘ですから、食べ物が悪いわけではありません。

最初に紹介したように便秘の原因はさまざまですが、その中でも考えられる要因として水分不足があげられます。
筆者の場合、完全母乳育児だったため、便秘になったときも母乳のみしか与えていませんでした。
食生活も気を使っていたため、母乳を沢山飲ませることに抵抗はなかったのです。

なので、母乳育児の方は第一に母乳で水分不足を補えれば一番だと感じています。
赤ちゃんに必要な水分量はこちらの記事でも紹介しています。

ですが、ミルクで育てている方もいらっしゃいます。

また母乳育児だと母乳トラブルもあります。
そんな時に、新生児から飲める飲み物として、以下があげられます。

66622aeb2e0218860fe03352129f6cb7_s

白湯

まず、一番に飲ませてほしいのは白湯です。
メリットとしては、白湯はお水を沸かし冷ましたものですので、赤ちゃんへの害はありません。
便秘の一番の原因は水分不足です。
その水分を補う為に白湯は安心して与えられる飲み物です!

また、哺乳瓶に慣れさせること、母乳やミルク以外の飲み物に慣れさせるためにも白湯はオススメです。

▼気をつけなければいけないこと
しかし白湯には、デメリットもあります。
水分が足りている為飲んでくれない、または味がしないためなかなか飲んでくれない場合があります。
なるべく早い段階から哺乳瓶に慣れさせるために白湯を飲ませる練習をしておくと、いざ、便秘になったときにも解消に効果的かもしれません。

▼飲ませるタイミング
白湯を飲ませるタイミングですが、一番良いのは沐浴後です。
お風呂上りというのは大人でも喉が渇きますよね。
哺乳瓶が苦手な赤ちゃんでも喉が渇いているタイミングであれば、しっかりと飲んでくれる可能性が高いです。
試してみてくださいね。

カフェインレスのお茶

白湯は飲んでくれない、そんな場合はベビー用のお茶をのませてみてください。
カフェインレスのお茶のは、麦茶、ほうじ茶、ルイボスティーなどがあります。

常温ではなく、少し温めたりお湯で割ってもいいです。
赤ちゃんが飲む水分ですので、母乳やミルクと同じように温かい状態で飲ませてみてくださいね!

▼気をつけなければいけないこと
自宅で沸かしている麦茶などのカフェインレス茶を与える場合ですが、決して大人と同じ濃度のお茶を与えないようにしましょう。
麦茶の場合、身体を冷やす効果があります。
暑い夏に、冷えた麦茶を飲むのは身体が冷えるため、とても理に適っているのです!

ですが赤ちゃんの場合、身体を冷やすことは風邪の原因、また便秘の原因にもつながります。
気を付けてくださいね!

▼おすすめのお茶
ちなみに筆者は、ルイボスティーをオススメします。
ルイボスティーには、お腹をきれいにしてくれる働きがあるので、便をゆるくする働きがあります。
これは便秘気味の赤ちゃんには、便秘改善効果があるためオススメです。
ルイボスティーは、ミネラルが豊富でお肌にもいいので妊娠中、授乳中のママにもとてもオススメですよ。
ぜひおの常備茶として飲んで頂きたいです。
赤ちゃんに与えるときは麦茶同様薄めて温かい状態で与えてくださいね。

0b15d834c6f10e70a5096973e5ddb9c3_m

オリゴ糖水

砂糖水ではなく、オリゴ糖水です。

なぜ、砂糖ではなくオリゴ糖なのかというと、母乳には『ヒトミルクオリゴ糖』と呼ばれるオリゴ糖が20%含まれています。
このヒトミルクオリゴ糖は、約130種類のオリゴ糖の混合物であり、人工的に作り出すことがとても困難とされています。
オリゴ糖たっぷりの母乳を飲むことで、腸内の善玉菌が活性化し、正常に保つ働きをしてくれます。
便秘がちで困っているときには、オリゴ糖水を与えてみると改善される可能性がありますよ!

▼気をつけなければいけないこと
ただし、スーパーやドラックストアで売っているオリゴ糖が、どれでもいい訳ではありません。
中には添加物が沢山入っているものや、オリゴ糖の保有量がとても少なく、オリゴ糖以外の糖分で占められているものがあります。
オリゴ糖を与える場合は赤ちゃんのために、無添加で上質なオリゴ糖を与えることをおすすめします。

新生児の便秘に悪い飲み物

では逆に、新生児のあかちゃんに飲ませてはいけない飲み物はあるんでしょうか?
大切なあかちゃんだからこそ、日頃から飲ませていいものかどうかは把握しておきたいですよね。

6d282b5d72a7ca15f2fdb6fe47e52656_s

ミネラルウォーター

水道水が心配だからと、ミネラルウォーターを与えていませんか?
離乳食が始まる前の赤ちゃんでしたら、わざわざミネラルウォーターを買わなくても、日本の基準の水道水であれば煮沸して冷まし飲ませるのが安全です。

ミネラルウォーターの中には、日本国内の軟水のお水であれば大丈夫なものもあるようですが、硬水や国外のお水は与えないようにしましょう。
加熱殺菌されていない場合や添加物が入っている場合もあります。

ミネラルが豊富すぎるのも、内蔵が未発達な赤ちゃんには良くないため、赤ちゃん用のお水を使ったり、一度煮沸するなどと対応することをオススメします。
結果、水道水を煮沸するのが一番経済的で、安全と言われています。

カフェインの入っているお茶

カフェインには便を固くする作用があります。
なぜ固くなるかというと、カフェインには利尿作用があるためです。

余分な水分を出すことで便に送られる水分が不足します。
その結果、便が固くなり便秘の原因になるのです。

それ以前にカフェインの入っている飲み物は、あかちゃんや子供には与えるべきではないといわれていますよね。
乳児はカフェインを分解する力がありません。
大人と違ってカフェインを分解する力が、20~30倍必要なのです。
それだけ赤ちゃんの体に負担がかかります。
大人でもそこまで積極的にとる必要はない成分であり、副作用も多いのです。

なので、子供が小さいうちに与える場合も、薄めるなどの対応をすることをオススメします。

c5c1cef09e4fcd4619f999f8c76a3504_m

果汁やジュース

生後6ヶ月前の乳児には、果汁やジュースは与えてはいけません。
現在、離乳食期前の乳児に果汁やジュースを与えることは、消化機能が不十分なため身体への負担になります。

また、早めに果汁を与えることがアレルギーの原因のひとつになっているという事実は見過ごせません。
早期に与えるとアレルギーになる可能性が高まるのであれば、あえて与える必要はありませんよね!

離乳食開始後の便秘に良い飲み物

離乳食をきっかけに、便秘が始まったというあかちゃんは意外と多いんです。
離乳食に慣れる時期は、まだ腸の機能が未熟であったり、一時的に母乳やミルクの飲む量が落ちることもあり、便の水分量が不足するため便秘になるのです。

主な水分補給としては、離乳食前と同じです。
母乳やミルクでは水分が不足していると感じる場合、白湯やカフェインレスのお茶で水分補給をしましょう!

果汁

フルーツから絞りだして使う果汁!
便秘に効果があるといわれています。

なぜ効果があるのかというと、果物の果汁が腸の運動を活発化させる働きがあるからです。
そして果汁は、浸透圧がとても高いという特徴をもっているんです。
「浸透圧が高い=水分を引っ張る力が強い」

その力は母乳の2~3倍ともいわれているのです。
浸透圧の高い食物が身体に入ると何が起こると思いますか?

浸透圧の高い食物は、ほかの食物よりも胃から早く出て、腸管の通過時間も早めるのが特徴です。
腸管に入ると、腸の壁の水分を腸の管の中に引っ張ってくるという作用があります。
この水分の移動が刺激となり、腸の動きが活性化して排便を促します。
また果汁には、多くの水分が含まれており、便を柔らかくしてくれます。

f92c219a1e3da479e873e9cb1a5ce827_m

りんご果汁

果汁の中でも、便秘にも下痢にも利用できる、りんご果汁がおすすめです。

りんごの含まれる水溶性のペクチンは、腸内環境を整える作用があるのです。
ペクチンが腸内の物質と融合し、便の容量を増やし腸の運動を活発化させることによって便を外に排出しやすくなります。
下痢の場合は、ペクチンのもつ整腸作用に加え、ペクチン事態がゼリー状になり腸壁を保護します。

●作り方
りんごをすりおろし茶こしなどでこしてください。
同量の湯冷ましで割り混ぜで出来上がりです!

6bafac7a79f5eaa418a6d420ce7a8cb3_s

柑橘類果汁

便秘にもっとも効果のある果汁が、医師によると、みかんやオレンジなどの柑橘系の果汁だと言われています。
柑橘系の果物に含まれている果糖が、便を柔らかくする作用に優れているからだそうです。

また、果物には便秘によく聞く食物繊維が含まれています。
食物繊維というと、葉物や野菜の筋のように堅いイメージがありますが、水溶性のものもあり、果実をそのまま食べずに果汁として摂取してもその効果は得られます。

食物繊維を多く含む果汁としてはみかん、桃などです。
赤ちゃんに与えてはいけない果汁もあるので、ご注意くださいね。

●作り方
みかんの場合は皮を向きお茶パックにいれお箸で絞る。
同量の湯冷ましで割り混ぜで出来上がりです!

8fe40354961200c480ce01a12f2c2cfb_s

与えていい果汁

りんご、みかん、ぶどう、バナナ、いちご、すいか、めろん、もも、さくらんぼ、なし

バナナは絞れませんので、離乳食に混ぜて与えましょう!
果汁は簡単に絞ることが出来ますので、新鮮な果物を使って月例にあったものを与えてくださいね。

与えてはいけない果汁

柿、キウイフルーツ、パイナップル、パパイヤ、マンゴー、グレープフルーツ

果汁をあたえる際は、効果を過激に期待したり、甘くて美味しい為、赤ちゃんも喜びますが過度に与えすぎることは禁物です。
果汁を沢山取りすぎると、腸壁から水分を引っ張りすぎて下痢を起こす原因になるので気を付けましょう。

白湯と薄めてあげる

離乳食を与え始めたばかりの赤ちゃんには白湯で薄めた2~3倍に薄めたものを
1日1回30mlを限度に与えるようにしましょう。

離乳食期になると哺乳瓶ではなく、マグマグやストローを使えるようになります。
月例が上がってくる、と飲むことのできる飲み物も増えてきますので、練習にもなりますね!

離乳食開始後の便秘に悪い飲み物

離乳食が始まると食べれるもの、飲める物がぐっと増えますよね!

しかし、離乳食が始まっても飲んでいけないものは、離乳食開始前と変わりません!
便秘に関係なくカフェインの入ったお茶はもちろん与えてはいけません!
また、砂糖水もおすすめしません。

f2ae670f1209aad70812a348fb80d232_s

なぜ砂糖水はダメなの?

実際に、砂糖水は便秘に効果があります。
砂糖は浸透圧が高いので、果汁同様に腸内運動を促し便を排出しやすくなるのです。

離乳食期はおろか、幼児期でも料理やおやつに白砂糖を使わないようにしているママも多いのではないでしょうか!
大人でも砂糖を摂ることを控えている方も多いですよね。
ではなぜ、砂糖水が良くないのか、、、

▼臓器への負担が大きい
赤ちゃんの便秘には、砂糖水良いという情報が常識的にありますが、これは栄養を十分にとれなかった昔からの慣習的なものです。
いくら少量とはいえ、お砂糖中でも上白糖は身体にいいものではありません。
砂糖は腎臓に負担も与えるため、消化器官が未熟な赤ちゃんには尚更負担になるのです。

▼それでも砂糖水を試す場合は
どうしても砂糖という場合は、漂白されて作られている上白糖、その上白糖にカラメル色素を塗った三温糖は、絶対に使わないことを勧めます。
便秘になる度に与えるのは、いかがなものかと感じます。

どうしても使用する場合は、離乳食中期以降、ミネラル豊富でお腹にも良いてんさい糖やきび糖と選びましょう。

いつからジュースは飲めるようになるの?

便秘に効く飲み物で、果汁に関しての記載をしましたが、果汁はジュースのことではありません。
なので、果汁を与える際に100%のジュースを湯冷ましで割るのは、少し間違っています。

なぜなら、市販のジュースは濃縮還元とかいてあったり、砂糖やビタミンCなどの添加物が入っているからです。
添加物の入っているものは積極的に摂るべきではありません。

100%ジュースであれば離乳食中期以降、少量であれば湯冷ましで割っても飲むこともできますが、お茶の代わりにする必要はないです。

▼大人用のジュースは与えない
また、果汁入りのジュースの場合、商品により果汁の量が違いますが、大人用に作られているジュースには糖分、香料、酸味料、添加物が沢山含まれています。
もし、どうしてもジュースを与える必要がある場合は、幼児用ジュースのほうが安心して与えることができますよ!

ジュースは、お風呂上りに水分補給などで日々飲ませる必要はありません。
空腹のときに糖分を与えることも身体への負担になります。
ジュースを与える際は、おやつは無しにするなどメリハリを付けて与えることをおすすめします。

b56bc95a767912144c2894354bcd03f8_s

母乳に良い食材

母乳育児をしていると、ママの食べたもので母乳の質が変わると言われませんか?
母乳と赤ちゃんの便秘ですが、全く関係ないとはいえないのです。

最初の項目で挙げたように、ママが糖質や脂質の多い食事をとると、母乳がドロドロと粘性を帯びてしまいます。
ドロドロした母乳になると、乳腺を通りにくくなりますので、乳腺炎や詰まり、しこりなどトラブルが発生しる可能性も高まります。

そしてドロドロの母乳を飲んだあかちゃんは、消化不良を起こし便秘になると考えられています。
赤ちゃんに上質な母乳を飲ませるためには、ママの食生活が切り離せません。
母乳の質をあげる食材はこちらの記事で紹介しています。

母乳は血液で出来ています。
いい血液とは、サラサラと流れている血液ですね。
血液をサラサラに流すために、まず水分を沢山とる努力をしましょう。
身体を冷やすと母乳も冷えるのでママ自身の身体も温めることが大切です。
氷の沢山入った冷えた飲み物よりも、温かいルイボスティーやノンカフェイン茶、母乳をサポートしてくれるハーブティーもおすすめです。
茶葉に農薬が付着していると、お茶にも広がってしまうので、無農薬やオーガニックのものを選びましょう。

▼和食中心の生活を
食事メニューとしては、煮物や野菜を中心とした和食がおすすめです。
根菜をたっぷりとることで身体が温まります。
水分をとるために、お味噌汁やスープがあると尚いいですね!
お野菜を一度に沢山とることが出来る、鍋も良いです。

授乳中は身体を温める食事をとり、飲み物も温かいもや常温でこまめに補給しましょう!

a3d5d7c170fc08492cd3430bc18ff2e9_s

便秘になってしまった時の解消法とは?

どんなに気を使っていても、便秘になってしまう時はあります。
飲み物を変えて試してみたけど、なかなかうまくいかない・・・
そんな方のために、便秘になってしまった時の解消法をご紹介します。

おしりを刺激してあげる(綿棒)

便が肛門付近まで来ている場合は、軽くお尻を刺激してあげることで便が出ます。
肛門を優しく触れるほかに、オイルをつけた綿棒で刺激する方法が一般的ですよ。

ベビー用の綿棒にオイルをつけ、赤ちゃんの肛門に1cm程挿入します!
円を描くように数回クルクルとまわしその後抜きましょう!
刺激後すぐに便が飛び出ることもあります!

飛び散ってもいいように備えて行うことをおすすめします!
筆者の子供も、乳児期の便秘で何度がお世話になりましたが、こちらは本当に効果ありです!

コツがわからない方はこちらの記事を参考にしてみてください。

ベビーマッサージ

おへそを中心にのの字を書くようにマッサージをすると、腸の活動を促すことができます。
即効性はありませんが、便秘かなと感じたらおむつ交換のたびにマッサージをするといいかもしれません。
マッサージの詳しい方法はこちらの記事をご覧下さい。

赤ちゃんのお腹が張っていて嫌がるときは、マッサージは控えましょう。

腹這い(うつぶせ)にする

赤ちゃんを腹這いの姿勢にすると、お腹が刺激されます。
はいはいでは逃げられないけど、上半身は起こせるくらいの赤ちゃんにおすすめです!

必ずお母さんが見ているときにやってください!
無理に長い時間させる必要はありません。
赤ちゃんのつらくない程度に様子を見ながら行いましょう。

最終兵器は浣腸

どうしても出ない、なのに病院に行けない、など本当に最後の最後の手段として使えるのが浣腸です。
新生児から使うことが出来る浣腸、ドラックストアで簡単に手にはいる浣腸ですが、先天性の病気がある可能性を考え、使用する際はあらかじめ医師に確認しておくことが安全です。
また用法容量を必ず守りましょう!

浣腸は癖になるといわれています。
便秘になったらすぐ使用するのではなく、いろいろやった末の最終手段として行う事をすすめます。

一般的には赤ちゃんのうんちが出なくても、機嫌が悪くなければそれほど心配はありません。
しかし、怖い病気がかくれている場合もあるため、気になるときは小児科へ行きましょう。

2793555d0f79b3904276bc80964134ff_m

まとめ

いかがでしたか?
あかちゃんが産まれると少しのことでもとても心配になります!
解消するために気になる事を検索してしまいますよね。
私もそうでした。

そのような方のために、今回は赤ちゃんの便秘について書かせていただきました。
便秘はあかちゃんがよほど苦しがってないない限り、様子を見ても問題ありません。
日ごろの排便の回数や間隔をよくチェックしておきましょう!

普段と比べてどうなのか、いきむ時に苦しそうなのか少しの変化にも母親は敏感です。
あかちゃんの様子を見ながら焦らずに試してみてください。

全てのものに即効性があるわけではありません。
あまりに解消しなかったり様子がおかしいときはかかりつけの小児科に問い合わせする、または受診しましょう!

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER