MUGYUU!ロゴ

4,285

赤ちゃんの便秘に!オススメな砂糖水の作り方と飲ませる量とタイミングのコツ

「うちの子、もう何日もうんちが出ていない!どうしたらいいの?」と悩んでいませんか?母乳やミルクを飲んでいる乳幼児期は、基本的には便秘になりにくいと昔から言われてきましたが、実は便秘になることは決して珍しいことではありません。

消化器官がまだ発達していない赤ちゃんは、ちょっとしたことで便秘になることがあります。とは言え、ついこないだまで1日に5回も6回もしていたのに、急に全く出ない日が続くようになったら「大丈夫なのかしら?」と心配になりますよね。

便秘になってしまった赤ちゃんの解決策として、「砂糖水」を飲ませるという方法があります。今回は、便秘に効果のある砂糖水の作り方や飲ませ方のコツなどを詳しくお伝えしましょう。

なんで砂糖水が赤ちゃんの便秘に効果的なの?

PAK95_nakijyakuruanjyu_TP_V

砂糖水は普通の水に比べて浸透圧が高いため、腸は浸透圧を下げようと体内から水分を多く出します。これによって固くなっていたうんちが柔らかくなるため、外に排出されやすくなります。赤ちゃんの便秘の主な原因は水分不足ですから、砂糖水を飲むことで水分を補うことができます。

ただし砂糖水だけ大量に飲ませればよいというわけではありません。あくまでも母乳やミルクを飲む量を減らすことなく、足りない分を砂糖水で補うのです。

砂糖水の作り方をご紹介

砂糖水を作る際に必ず守らなくてはいけないポイントが糖分の濃度を5%にすることです。5%以上だと血糖値が上がりやすく、腎臓に負担をかける可能性がありますので注意しましょう。

砂糖水を作るのに用意するもの

image1
①白湯100ミリリットル
②白砂糖5グラム
③哺乳瓶

作り方

image3
①一度沸騰した白湯を60度まで冷ます
②煮沸消毒した哺乳瓶に白砂糖を入れ、白湯で溶かす
③人肌まで冷ましたら完成

使用する砂糖は赤ちゃん用でなく、料理やお茶に使用する上白糖やグラニュー糖で大丈夫です。
2~3日間は冷蔵庫で保存も可能ですが、コストがかかるものでもありませんので、衛生的にもなるべく作り置きはしないようにしましょう。

はちみつ・きび砂糖・三温糖・オリゴ糖…色々ある中でどれがオススメ?

砂糖と言ってもいろんな種類がありますよね。「きび砂糖やはちみつはミネラルも豊富で体に良さそうだから砂糖水を作るのに適しているのでは?」と思いがちですが、赤ちゃん用の砂糖水を作るのに適したものとそうでないものがあります。

ここで赤ちゃんの便秘解消に使用できる糖類をご紹介しましょう。

はちみつ

8cd8c7d8c4e77ec3bc7cdb4254218a93_m
オススメ度:×
加熱処理をしておらず、ボツリヌス菌を含んでいる可能性があるため、1歳未満には与えてはいけません。
乳幼児がボツリヌス菌に感染すると乳児ボツリヌス症になり、神経系や呼吸に影響を与え最悪の場合死に至ることもあります。

きび砂糖

843499c44922c9e4de7567e6bfcbc264_m
オススメ度:×
精製方法によってはボツリヌス菌を含んでいる可能性があります。
使用は避けた方が良いでしょう。

黒糖

1a84c0e5cf72748366e7a875cf532948_m
オススメ度:×
精製されていないためボツリヌス菌を含んでいる可能性があります。
またミネラルも多いため1歳未満には与えない方がいいでしょう。

三温糖

8d323381706ec34ad73f02bb0b5411c1_m
オススメ度:△
黒糖から上白糖に精製するまでの1歩手前の段階が三温糖です。
加熱処理をしているためボツリヌス菌は消滅していますが、ミネラルを含んでいるため新生児には不向きです。
離乳食で味付けをする7~8か月頃になってからであれば使用できます。

てんさい糖

tensaitou2
オススメ度:〇
消化吸収がゆっくりで血糖値の上昇が穏やかです。
また体を温める効果もあるため、赤ちゃんの体に負担をかけることなく使用できるでしょう。
また腸内の善玉菌を増やすオリゴ糖も含んでいるのでおススメです。

オリゴ糖

a0b763d871b97fea2cdb115bfe9f5f01-e1446102179961
オススメ度:〇
腸内の善玉菌を増やす作用がありますので、砂糖水を作るには最もおススメです。
ただしオリゴ糖にも色々な種類があり、中には砂糖が加えられているものもありますので、できるだけ天然の高純度のものを選ぶようにしましょう。
オリゴ糖はアトピーにも効果があると言われていますので、安心して赤ちゃんにあげることができます。

注)てんさい糖やオリゴ糖で砂糖水を作る場合も作り方は同じです。
糖分の濃度は5%にしましょう。

砂糖水っていつから飲ませて平気なの?

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_m

砂糖水は新生児から飲ませることができます。産院によっては、出産直後にまだ母乳が出にくい場合に砂糖水を飲ませることを勧めているところもあります。材料が水と砂糖しか入っていないので、生まれたての赤ちゃんが飲んでも問題はありません。

一方、すでに歯が生えている赤ちゃんに飲ませると「虫歯になるのでは?」と心配になるかと思います。1歳を超えたあたりから次第に歯が生えそろってくるため、やはり虫歯への注意が必要です。寝る前に砂糖水を飲ませる時は、必ず歯磨きを行いましょう。

どのくらい飲ませたらいいの?時間やタイミング・回数は?

1度にたくさん飲ませすぎてしまうとお腹がいっぱいになり、母乳やミルクを飲まなくなったり、離乳食を食べなくなってしまう可能性があります。そうなると肝心の栄養が足りなくなってしまいますので、授乳や離乳食の前にあげるのは避けた方がよいでしょう。

あくまで母乳やミルクで足りない水分を補うことが目的なので、1回に与える量は20~30ミリリットルにしましょう。回数は多くても1日2~3回程度にし、授乳や食事に影響のないタイミングで飲ませるようにしましょう。

砂糖水を飲ませすぎて母乳やミルクを飲まなくなると、かえって便秘が悪化してしまう可能性がありますので注意しましょう。

砂糖水で便秘を解消するデメリットは?

e0d4699bc7e30f3318a59b91048dd87d_m

便秘の応急処置として砂糖水を飲ませることは特に問題はありませんが、定期的に飲ませることはあまりおススメできません。白砂糖を使った砂糖水は水分補給が主な目的なので、簡単にいうと水分で無理やりうんちを出しているようなものです。

砂糖水を飲んだからといって、腸内の善玉菌が増えるわけではありません。赤ちゃんの体になるべく負担をかけないようにするには、オリゴ糖を使った砂糖水が一番です。オリゴ糖の砂糖水であれば、腸内環境を整えて善玉菌を増やしてくれますし、腎臓への負担もないので安心して飲ませることができます。

まとめ

赤ちゃんの便秘に効果的な砂糖水の飲ませ方、お分かりいただけましたでしょうか?5%の砂糖水ならほんのりと甘いだけなので、大きくなってから甘党になる心配はありません。もちろん砂糖水に頼るだけでなく、お腹をマッサージするなど毎日の生活の中で便秘の予防をしておくことも大切です。

例えばおむつを替える時にうんちを嫌がったりすると、赤ちゃんが敏感に察知して便秘になることもあります。反対に赤ちゃんがうんちをしたらたくさん褒めてあげれば、頑張ってうんちをするようになるかもしれません。

それでも便秘になってしまった時は、家庭で簡単に作ることができる砂糖水を飲ませて、便秘がひどくなる前に解消してしまいましょう。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER