MUGYUU!ロゴ

赤ちゃんの秋の肌着がわからない・・・新米お母さん必見!赤ちゃんが秋に着用する肌着を紹介!

赤ちゃんの肌はとても敏感です。
「秋の赤ちゃんの肌着はどうしたら良いのか?」と悩んでいる方もいる事でしょう。

また「これで大丈夫だろう」と思っても肌荒れを起こしてしまったり、汗疹になる事もあります。

赤ちゃんの成長のスピードはとても早いのでその辺りを見計らって調整する必要があります。

最初の子は特に手探り状態かと思います。
ここでは秋の赤ちゃんにピッタリな肌着についてご紹介したいと思います。

秋に適した赤ちゃんの服装

185364362b7bf89591bbc4533012fb7f_m

秋にピッタリな赤ちゃんの服装ですが、夏向けの服と長袖を用意しておくと良いでしょう。

秋は気温の上下が激しく、特に朝・昼・夜で気温差が結構ある時もあります。

また外出にも気を付けたい所です。
山などは冷え込みが激しい事も少なくありません。

何があっても良いように、多少暑い日でも半袖、そしてパーカーを準備すると良いでしょう。

パーカーがあれば冷房対策や外出先で眠りについた時も羽織る事が出来、大変便利です。
赤ちゃん連れだと荷物も多いかと思います。
カシミアなどのストールを1枚用意しておくのもおすすめです。

「ちょっと寒いかな?」と思う時もストールをかけてあげればOKです。

長袖の時期になると寒いと大変と思い、厚着をさせがちですが厚着は汗疹の元になるので薄着を心掛けましょう。

赤ちゃんの肌着は秋だと必要か?

129eb28b3e5ccff7506852285bced38d_m

秋の赤ちゃんの服装はどうしたら良いのか?悩むと言った声も多く聞かれます。

秋は気温の上下が激しく、衣類の調整が必要です。
肌着についても長袖を着れば良いのか、半袖で良いのか、悩む所です。

秋の肌着ですが、基本的には半袖で10月過ぎから長袖といった感じがベストです。

その年で気温の状態も異なるので、暑いようなら半袖が基本となります。

赤ちゃんは小さくデリケートですが、体内温度は大人よりも高く37.5分までは平熱となります。

秋の赤ちゃんの衣類のポイントですが薄着と感じるくらいで十分です。

とは言え、秋は朝夜は冷え込む日もあるので肌着も長袖を着せるなど工夫が必要です。
肌着は必要ですが、朝・昼・夜と気温を考えて調整しましょう。

秋はどのくらいの枚数の肌着が必要か?

d774d610f3910de7d031ca0364ab5407_m

秋用の肌着ですが半袖5枚、長袖3枚くらいを目安に準備しましょう。
秋はまだ半袖が主流です。

寒い日や寝る時に長袖を着る機会があるかと思いますが、日中は半袖となります。
9月であればノースリーブでも十分です。

秋はまだエアコンを稼動している過程も多い事でしょう。
お腹が出ていると冷えの原因になるので、肌を守る+お腹を守るというイメージで着用させましょう。

秋は肌が荒れやすい

c73a80b22b4d0ba838e5b1e6ce9838a8_m

秋は肌が荒れやすいシーズンです。
肌荒れを起こす事もたびたびあるかと思います。

夏場は平気でも、秋になると肌荒れを起こす赤ちゃんは急増します。
こうした場合も焦らず冷静に対処しましょう。

具体的には肌着をまめに変える、薬を塗る、そして様子を見る事です。
赤ちゃんは代謝がとても良いので翌日にはほぼ治っているなんて事もあります。

自然治癒が1番です。

秋に着用する肌着は半袖か長袖か

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_m

秋に着用する肌着は半袖が良いのか?それとも長袖が良いのか?という質問が多く見られます。
秋は夏のような気候の日もありますし、冬に近いなと思う程冷え込む日もあります。

気温と湿度を確認しつつ衣類調整が必要な時期です。
基本的に秋は半袖となります。
寒さを感じるなら長袖です。

また寝る前は長袖を着せるのもおすすめです。
夜は想像以上に冷える事もあります。

秋のテーマ

肌着に関わらず、秋は基本的に半袖で過ごし寒さを感じるようならパーカーや長袖など上からはオフ物を用意しておくと良いでしょう。

秋のテーマはズバリ調整です。

調整する事を前提で準備しておきましょう。
また10月に入ったら薄手の長袖もおすすめです。

秋の夜の服装は?

743bd9fa7d3862913b72348b5ff34f83_m

秋の夜は想像以上に冷え込む日もあります。
秋の夜はその日の気温にもよりますが、日中半袖で十分なら半袖の肌着の上から薄手の長袖を羽織るのがおすすめです。

寝ている間は赤ちゃんの体も冷えがちです。
しかし赤ちゃんは大人以上に体温が高いので、厚着はNGです。
ちょっと薄着ぎみかな?と思う程度がベストです。

秋の夜の服装は、半袖の上から薄手の長袖を羽織る程度の服装にしましょう。

近年では温暖化の影響で秋も残暑の日が多くなっています。
残暑で汗疹になる事もあります。
汗疹になると赤ちゃんも不快なので、厚着にはくれぐれも気をつけましょう。

「今日はちょっと冷え込むかな?」と思う日は夜中に1度赤ちゃんの肌を触ってみて、温度確認をすると良いでしょう。

秋におすすめの肌着の素材

fb5a8cb57b2aee4364fed40faa097daa_m

秋に一押しの肌着はコットンです。
コットンは通気性も良く、1年を通して着用出来ます。
肌が特に弱いお子さんはオーガニックコットンがおすすめです。

オーガニックコットンは化学薬を一切使わず生産しており、デリケートな赤ちゃんにもピッタリな素材です。

また頻繁な洗濯で毛玉になる事もあります。
毛玉などは摩擦の原因になり肌荒れを引き起こす可能性もあります。
古い肌着は処分するようにしましょう。

コットンの素材は赤ちゃんも気持ち良いと感じる素材です。
多少高値ではありますが、100%コットンの生地の肌着を探したい所です。

秋はどうしても肌荒れを起こしやすいシーズンです。
肌荒れの頻度の高いお子さんは是非、オーガニックコットンを使ってみて下さい。

秋ならではの服装ポイント

f54532df28773728993a1d15e0277891_m
秋は寒暖の差が激しいシーズンです。

「秋の服装は一体どうしたら良いの?」と悩みを抱えているお母さんは実に多く見られます。

ここでは秋に万全な赤ちゃんの衣類対策をご紹介したいと思います!
秋にピッタリな衣類はズバリこれです。

▼半袖の肌着・半袖
▼パーカー
▼ストール

秋でも日中は半袖で過ごす事が多いかと思います。
風通しも良いですし、半袖はおすすめです。

夕方は外出先で寒さを感じる時や寝てしまった時はパーカーを着せたり、ストールを羽織るのもおすすめです。

ストールは敷物代わりにも出来ますし、万能な素材です。

シルク素材の物もおすすめです。
タイへ行く友人などがいればタイシルクのスカーフをお土産にお願いするのもおすすめです。

まとめ

34abf68c7db5098630d6d91542418e4d_m

秋は気温差も激しく、大人でも服装に困る時期です。
特に赤ちゃんの服装は悩みますよね。
秋は半袖を基本にその上から何か羽織るといった形がベストかと思います。

肌着についても基本的には半袖を使用しましょう。
赤ちゃんの服装でくれぐれも気を付けて欲しいのが厚着をさせすぎないという事です。

厚着は肌トラブルにもなりますし、通気性も悪くなります。
赤ちゃんは大人よりも体温が高いので薄着くらいで十分です。
また肌着はマメに交換しましょう。

夏場よりも汗はかかなくなりますが、季節柄どうしても肌荒れを起こしやすい時期となっています。

肌荒れから肌を守る為にも清潔な衣類をマメに交換する事が大事です。

石鹸についても赤ちゃん向けの石鹸を使うのがベストです。
是非とも参考にしてみて下さい。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER