MUGYUU!ロゴ

肌着は赤ちゃんの体の一部!? 肌着と敏感肌の関係を解説します

いよいよ本格的な秋到来。
そこで気になるのがお肌の乾燥です。
大人よりも柔らかで敏感な赤ちゃんの肌。
果たしてどんな影響があり、どう向き合っていけば良いのか気になりませんか?
既に実際にいろいろな症状に悩まされ、心配になっているママも多いと思います。
そんな敏感肌に対する情報と、敏感肌のための肌着の選び方を紹介します。

赤ちゃんの敏感肌の種類・原因

11d0a30b7c85042ce52974a061797fcc_m

すべすべツルツルの赤ちゃんの肌は、実は大人の約1/3の薄さの真皮に覆われています。
デリケートでバリア機能も弱いため、とっても敏感なお肌なのです。

どんな症状の敏感肌があるのか?

生後3カ月ぐらいまでは、皮脂の分泌が多いため、乳児湿疹と呼ばれる発疹が見られます。
生後3カ月以降は、逆に乾燥や外的要因による肌トラブルを起こす事があります。
主な例として、よだれによる発疹、おむつかぶれ、あせも、ヘルペス、アトピー、発熱による発疹等です。

敏感肌が起こる原因は何か?

赤ちゃんは大人以上に汗腺があり、汗っかきです。
しかしお肌は大人より薄い真皮で覆われ、実に敏感。
そのためお肌の水分量は奪われやすく、常に乾燥状態にさらされています。
これが乾燥性敏感肌と呼ばれている症状です。
特に冬場は、外の湿度も低い上、暖房器具等により、お部屋の中もカラカラ。
赤ちゃんのお肌は、乾いてバリバリのお餅状態。
このような状態で、よだれやホコリなどが付着したり、外気などの外的要因により、赤ちゃんのお肌はトラブルを起こすのです。

月齢別のアレルギーの症状

5b079d837f530cc914f47dfebea83dc3_m

新生児~生後3ヶ月まで

生後3カ月までは、皮脂の分泌が多いことから起こる新生児ニキビや乳児脂漏性湿疹になる赤ちゃんがいます。 

生後3ヶ月~6ヶ月

生後3カ月以降は、皮脂の分泌が少なくて起こる乳児乾燥性湿疹になる赤ちゃんがいます。 
その他に、暑い日や寝んね期の赤ちゃんは、あせもやとびひの症状が現われる場合もあります。

生後6ヶ月~1歳

 
生後6カ月過ぎると、離乳食が始まり、食物によるアレルギー反応が見られる赤ちゃんもいます。

1歳~

 
1歳を過ぎる幼児期になり、腕や足の関節の内側やお腹周りなど、ガザガザと皮膚全体が乾燥した状態が続くとアトピー性皮膚炎の症状がはっきりと分かるようになります。
 
大半の子供は、小学校高学年ごろには改善する事が多いようです。

症状が起きた時の対処方法

では、それぞれの症状に対する対処方法について紹介します。

皮脂の分泌が多い

皮脂の分泌が多いことで起こるトラブルには、清潔にする事が第一です。
ベビー用石鹸やベビー用ボディーソープでたっぷりの泡を作り洗いましょう。
洗い終わったら、清潔で肌に優しいタオルを使うと効果的です。

乾燥肌

逆に乾燥性によるトラブルには、洗いすぎは禁物です。
たっぷりの泡で洗い、優しく水分を拭き取った後は、ベビー用オイルやローションでケアしてあげましょう。
大人用は刺激が強すぎるので、必ずベビー用を使用しましょう。
万が一ベビー用でも刺激があるようであれば、白色ワセリンを使うといいでしょう。
白色ワセリンは、リップクリームの原料であり、万が一赤ちゃんの口に入っても問題はありません。
少量のワセリンを手のひらで伸ばし、赤ちゃんの肌に薄く伸ばすように塗ります。
食物アレルギーが疑われる場合は、生後半年を過ぎるあたりから検査を受けられるようになるため、病院や専門機関で調べてもらい対処方法を確認しましょう。

赤ちゃんは好奇心が旺盛です。
自分の体にも興味があります。
触ったり握ったり、時には引っ掻いたり。
更に痒みや皮膚に違和感あると、程度を知らずにかき続ける場合もあります。
こまめに爪を切り、傷付けないようにするもの、症状の悪化を防ぐ方法の1つです。
また、肌に優しい素材のタオルやガーゼ、肌着や洋服を選んであげる事も大切です。

赤ちゃんの敏感肌に適した肌着

4a8f9f7fbb3096463f96909c3b59633e_m

では実際にどんな肌着が、敏感肌の赤ちゃんには良いのでしょうか?
答えは汗を吸収しやすく、肌に刺激の少ない素材を選ぶ事です。
またタグや縫い目は外側になっている物の方が、肌に触れることなく敏感肌の赤ちゃんには最適です。

選ぶときの基準

1. 素材

まずは素材を見ましょう。
化学繊維や動物繊維のウールは、チクチク痛がってしまい肌トラブル原因になります。
敏感肌の赤ちゃんには天然素材の衣類が適しています。
特にコットン100%が好ましいでしょう。
更に農薬を使わずに作られたオーガニックコットンは、赤ちゃんには安心な素材です。
ガーゼのような薄いものからタオル生地のように厚いものまで、色々な生地があるので、季節や用途、月齢に合わせて選びましょう。
またシルク100%も肌に優しい素材です。
最近ではお手入れし易いものもあるので、必ず確認しましょう。

2. デザイン

タグや縫製が肌に触れないような作りになっているかを確認しましょう。
服と違い直接肌に触れる肌着なので、余計なデザインがなく、肌に触れる飾り等がないものが適しています。

3. お手入れのしやすさ

洗濯方法などお手入れし易く丈夫な生地かどうか確認しましょう。
ジャブジャブ洗える方がママも助かります!

4. 着せ替え

着せ替えが簡単かどうかも重要です。
特に寝んね期を過ぎた4カ月以降は、なかなか思うように着替えさせてくれません。
着替えに対するストレス軽減にも、簡単に着衣出来るかどうかが選ぶポイントです。

肌着が敏感肌に与える影響

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_m

肌着などの衣類が皮膚に触れる際の感覚は、光や匂いと同じように自律神経や中枢神経、体の免疫機能に影響を与えていると言われています。
ある実験では、幼稚園児に柔らかい肌触りの肌着と硬い肌触りの肌着を着せた場合、硬い肌着を着せられた児童のストレス数値は高くなり、尿中のコルチゾールという物質が増加したという結果になりました。
一方柔らかい肌着を着せられた児童は、免疫機能が強くなる免疫グロブリンが増加したという結果になりました。
このように、肌に触れるものは、体の表面だけではなく内部にまで影響がある事が実証されています。
特に敏感肌の場合は、直接肌に触れる肌着をどう選ぶかにより、肌への影響が左右されます。

年齢別での肌着の特性

では、さらに年齢別での肌着の特性を見ていきましょう。
新生児の場合は、外出するする機会も少なく、肌着のみで室内にいる事が多いので、肌に密着しても気持ちの良い素材を選ぶ事が大切です。
また汗かっきの赤ちゃんでも、肌着の種類や重ね着により温度調節をすることも可能です。
乳児期の場合は、外に出る機会も増え、ハイハイや歩き始める準備など体を動かす機会が多くなります。
服同様、肌着は体をサポートしたり保護したりする役目もあります。
また摩擦により痒みが生じる場合もあるので、直接肌に触れる肌着の素材選びは重要です。
幼児期になると、自分で服を選ぶようになります。
自立のための初めの一歩です。
また服の脱ぎ着は子供の発達に大きく関わります。
例えば、ボタンを閉めるなどの手先の複雑な動きにより、脳の発達に繋がります。
おむつを卒業するのもこの時期の子供です。
肌着というよりは、大人と同じく下着を着用し、その上に服を着ます。
下着は直接肌に触れるのもなので、肌に優しい素材を選び、そして清潔に保つことが敏感肌の症状が起きにくい方法の一つです。

敏感肌に適さない肌着

2171dc65578b0be955bfe5d92fd1c23e_m

化学繊維や動物繊維の一部は、皮膚に触れることで痒みが生じ、敏感肌の症状を引き起こす可能性があります。
身に付ける肌着には必ずタグ、もしくはシールに表記があり、どのような素材が使われているのか確認できます。
では実際にどのような素材が適さないのか、具体的に見ていきましょう。

敏感肌の症状を引き起こしやすくなる素材

まずは化学繊維です。
一般的に広く知られている化学繊維としてポリエステルやアクリル、ナイロンがあります。
これらは石油などを原料に作られた合成繊維です。
肌と素材の間で摩擦が生じやすく、肌荒れの原因になり易いです。
更に肌に直接触れることにより、痒みや腫れ、湿疹などのアレルギー反応が見られる場合もあります。
この他にも、再生繊維であるレーヨンやテンセルやキュプラも、植物の繊維を薬品で溶かし繊維に再生されているものなので、敏感肌の症状を悪化させる可能性があります。
次に動物繊維です。
代表的な素材としてウールがあります。
冬にはマフラーや帽子やセーターなど、暖かくて重宝するウールの製品ですが、チクチクしたり毛玉ができやすかったり、更には静電気を起こしやすいなど、敏感肌には適しません。
ただし全ての動物繊維が適さないわけではありません。
例えば同じ動物繊維でも、シルク100%はアトピーなどの敏感肌でも安心して身につける事が出来ます。

赤ちゃんの肌にあまり適さないもの

c73a80b22b4d0ba838e5b1e6ce9838a8_m

赤ちゃんの肌は柔らかくモチモチしていてピチピチと潤いがあるように見えますが、実際は大人よりもデリケートで乾燥に弱く、外的要因に対するバリア機能も弱いです。
化学繊維を始めとする刺激の強い素材は、あまり適しません。
ジップや金属のボタンが使われているものは、汗をかいた時に金属と触れ合い赤く腫れたりする場合があります。
タグや縫い目が内側にあり、肌に触れ合うものも向いていません。摩擦により着心地が悪い上に、痒みが生じる場合があります。
また肌着に飾りが付きすぎていたりすると、それが連続的に皮膚に触れたりし肌トラブルの原因につながります。

赤ちゃんの敏感肌に適した肌着の洗濯方法

203fa09c7098eb7c40f425e235501cbe_m

赤ちゃん用の肌着は、購入後にい1度洗ってから使用する方がおすすめです。
実際に洗濯と言っても、大人のものと一緒に洗うの?洗剤は一緒?漂白剤入りの洗剤でも大丈夫?など疑問があるママも多いでしょう。
ここでは赤ちゃんに適した洗剤の種類と選び方を紹介します。

洗剤の種類

まず洗剤を選ぶ際に3つの注目ポイントがあります。

蛍光増白剤の有無

1つ目は蛍光増白剤の有無です。
蛍光増白剤とは、白さを増して見せるために使われている成分です。
紫外線を吸収し、青色の光を放出する物質です。
この青色の効果で、くすみを消し白さを増して見せています。
要は汚れを落とすための成分ではなく、錯覚を起こすためだけの成分です。
ジアミノスチルベン・ジスルホルン酸という発ガン性が疑われる物質が用いられているため、デリケートな肌の赤ちゃんには影響が強いと考えられます。
赤ちゃんや敏感肌の子供には、蛍光増白剤が含まれないものが適しています。

界面活性剤の種類

2つ目は界面活性剤の種類です。
界面活性剤とは、主に油汚れなどを落とすために働く成分です。
天然界面活性剤と合成界面活性剤の2種類があり、前者は安全性が高い一方で、石鹸カスが残りやすいデメリットがあります。
後者は、汚れをしっかり落とす効果が高い反面、皮膚への刺激が強いというデメリットがあります。
赤ちゃん用には、安全性の高い天然界面活性剤を使用した洗剤の方が適しています。

洗剤残留質の低さ

3つ目は洗剤残留質の低いものを選びましょう。
きちんと溶けて、洗剤が肌着に残りにくいものにすることにより、洗剤成分が肌へ与える刺激を抑えることが出来ます。
上記以外にも、漂白剤の有無がありますが、漂白剤自体は殺菌効果があるものなので、きちんとすすぎ肌着に残らなければ問題はありません。
また香料が入っているものもありますが、嗅覚が発達途中の赤ちゃんなので、刺激が強すぎるものよりも、ナチュラルなものを選んであげるといいでしょう。
最近では、赤ちゃん用品店やスーパーのベビーコーナーに、赤ちゃん専用の洗剤が並べられています。
以上のポイントを踏まえた上で洗剤を選ぶと、肌トラブルを避けることが出来ます。

柔軟剤の有無

cc1a14f634d2551dd69d26bd1665fbf1_m

基本的に赤ちゃんの物を選択する際に、柔軟剤は必要ありません。
一般的な柔軟剤は刺激が強すぎるため、使用しない方が良いでしょう。
ただし最近では赤ちゃん専用の柔軟剤が販売されています。
無香料のものや、静電気を防止してくれる成分も含まれているものもあるので、必要な用途に合わせて選んであげましょう。

赤ちゃん用洗剤

赤ちゃん用洗剤を使い大人のものと分けて洗うのは、一般的には1歳までとされています。
1歳を過ぎるとある程度の抵抗力がつくため、大人と同じ洗剤を使用して洗濯をしても大丈夫です。
ただしアトピー性皮膚炎など、乳児期には判断しにくかった皮膚疾患が分かるのもこの頃です。
特に敏感肌が続いたり、アトピー性皮膚炎の診断をされた場合は、肌に優しく作られている赤ちゃん用の洗剤を継続して使用する方が良いかもしれません。

赤ちゃんの肌に適した肌着が売っている場所

e250e91fbe388fbe7f9fca79b8cafbe6_m

赤ちゃん肌に適した肌着が購入できる場所を紹介します。
実際に商品を見て購入を決めたいママも多いと思います。
ゆっくりと、そして色々質問しながら購入を決めたい場合は、デパートの子供服売り場がおすすめです。
子供服に特化しており、知識を持った店員さんが(1人ぐらいは)必ずいます。
右も左も分からない!というママは、デパートでゆっくりと、聞きたいことを聞きながら商品を見て購入しましょう。
ただし量販店とは異なり、それなりのお値段であることがあります。
量よりも質を求める場合にはいいでしょう。
また、町の子供服専門の路面店もおすすめです。
なぜなら海外の選りすぐりの商品を取り扱う場合が多く、日本製だけにこだわらず、良い商品にめぐり合える可能性があります。
分からないことがあれば、必ず店員さんに聞きましょう。
子供服専門の路面店だと、子供服に対する知識を持っているか、子供が大好きか、育児経験者か、必ずママの強い味方になり得る店員さんが多いです。
どしどし聞いちゃいましょう。

ファストファッション

最近では、ファストファッションでも赤ちゃん用の肌着を扱うブランドもあります。
例えばH&Mでも、オーガニックコットンの素材を使用しているコンビ肌着があり、購入しやすい価格で手に入ります。
また西松屋や赤ちゃん本舗、ベビーザらスなどの量販店でも、コットン100%素材の肌着を購入することができます。
安価でも、肌に優しい素材とデザインのものを選べば、敏感肌の赤ちゃんでも安心して着用できるでしょう。
ただしパッケージに入ったままの状態が多いので、短肌着や長肌着、コンビ肌着などの肌着のタイプを把握し、知識をある程度身に付けた上で選ぶと、満足のいくものに出会えるでしょう。

インターネット

肌着に対する知識がある程度あり、好みのブランドが決まっている場合は、インターネットで購入するのも1つの手段です。
なかなかゆっくり買い物に行けない忙しいママにも、インターネットなら空いた時間に必要な肌着をチェックし、購入することが出来るでしょう。
Amazonや楽天などの大手ショッピングサイトだと、購入者のレビューが読めたり、口コミによる商品の特性を確認することが出来ます。
特に楽天では、日本製の肌着の取り扱いが多く、人気のブランドやメーカーも多く見られます。
支払いや配送についても、大手ショッピングサイトなので、クレジットカード払い以外にも色々な選択肢があります。
ただし個人商店のように、それぞれの販売者により返品・交換のポリシーが異なる場合もあるので、購入の際には必ずチェックしましょう。
nissenやベルメゾンなど、大手通信販売会社のサイトでも赤ちゃん用の肌着の取り扱いがあります。
大手ショッピングサイト同様、レビューが見れたり、支払い方法の選択が可能です。
幅広い商品を扱っている分、肌着だけで見ると種類はあまり多くありません。
インターネットを使い、検索することに慣れているママや、お友達ママからの口コミでおすすめのブランドやメーカーや商品が決まっているママは、googleなどの検索エンジンで直接取り扱いのあるお店を調べるのもいいでしょう。
赤ちゃんの洋服専門店や、海外からのインポート商品を扱うお店など、地方にお住いでも、東京都内の専門店で取り扱う商品が手に入る場合もあります。
ただし、すべてのお店がインターネットショッピングが可能なわけではないので、確認することが必要です。

価格

気になる価格ですが、ピンからキリまであります。

麺100%

麺100%だと1着あたり¥300(だいたいが2、3枚セットで¥1000前後)から購入できます。

日本製の人気ブランド

こだわりの日本製の人気ブランドだと、1着あたり¥1300する場合もあります。

オーガニックコットン100%

またオーガニックコットン100%だと、ファストファッションや量販店でも、1着あたり¥500前後ぐらいで購入することができます。

もちろん、こだわりのブランドや日本製になると、値段はそれなりにします。
もちろん値段の高いものは安心できる場合が多いですが、肌着は毎日着るもので、ジャブジャブ洗濯するものなので、丈夫で良質なものを選ぶことが重要です。

おすすめブランド

ではここでおすすめのブランドを紹介します。
やっぱり日本製!の派のママさんには、「PUPO」。
大切な赤ちゃんだから、安心できる日本製の肌着を着てスクスクと元気に育って欲しい、という会社の理念により、国内縫製にこだわり、1枚1枚丁寧に作り上げられている商品です。
肌着以外の服の取り扱いもあります。
インターネットでの購入も可能です。
そして日本のブランドでオーガニックにこだわるママさんには、「PRISTINE」
とにかくオーガニック。
気持ちのいい毎日を目指し、暮らしの中にオーガニックコットンの製品を。
大切な赤ちゃんだから、オーガニックコットンの優しい肌触りでつつんであげたい、というメッセージのもと、特にデリケートな赤ちゃんには安心して使える商品を生産しています。
赤ちゃんだけではなく、ママ&パパの商品の取り扱いもあります。
インターネットでの購入も可能です。
海外セレブのようにオーガニックにこだわりたいママには、「Nature Baby」
ニュージランド生まれのこのブランドは、子供達をピュアで美しい、ケミカルフリーな世界でのびのび育って欲しいという想いのもと、品質やデザインにこだわりを持って作られています。
また、地球の自然にも配慮した生産方法を用いています。
シンプルで飽きのこないデザインで人気があります。
日本だとAmazonや楽天、セレクトショップのオンラインショップなどで購入できます。

赤ちゃんの敏感肌の肌着に関する体験談

5520d8e9118d7c2c980737c097dcf0d0_m

5月生まれの息子は、ちょうど生後2ヶ月の寝んね期の頃に、ムシムシ暑い夏を迎えました。
非常に汗っかきで、寝て起きては肌着を変えていました。
ある日、同じように肌着を着替えさせようと脱がせた時、お腹にミミズ腫れのような赤い線が何本かできていたのです。
最初は引っ掻いただけなのかと思っていましたが、実はタグが当たっていて、汗と反応し、さらに柔らかい爪で掻いてしまいミミズ腫れのようになっていました。
肌着自体はコットン100%を選んでいましたし、しかもオーガニックコットン。
でもタグ自体が化学繊維で作られていたものでした。
完全にそこまで考えずに、オーガニックだから?と思い購入し使用していました。
そこからはタグ自体もシールものを選ぶとか、購入後にカットするようにしました。
単なるタグだけであんなに晴れるとは、やっぱり赤ちゃんの肌は敏感なんだなとあらためて感じました。

まとめ

068556bb2f400713ad0333cb2c207479_m
赤ちゃんの肌は実に敏感です。
そして月日が進むにつれ、肌の強さに個人差も出てきます。
敏感肌の赤ちゃんの場合、目で見て分かる症状なので、どうしても心配になるママも多いと思います。
しかし、敏感肌に対する正しい知識と、敏感肌のための対処方法を知っておくだけで、不安が1つずつ解消されるのではないでしょうか。
特に新生児の時から身に付ける肌着は、それらをふまえた上でこだわりを持って選んであげるといいでしょう。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER