MUGYUU!ロゴ

赤ちゃんの肌着とウェアの役割は全く違う!?その役割と種類の特徴まとめ

初めての新生児育児。
授乳・おむつ替え・沐浴、日々のお世話に追われながらも、知らない事だらけで、悩みも尽きませんよね。
そんな中、特に悩むのが赤ちゃんの服装。
その中でもベビーウェアと肌着の違いって気になりませんか?
中には肌着を外出先で着させている、というママもいらっしゃいます。
実は、肌着には肌着としてのちゃんとした役割があるんです。
今回は、赤ちゃんの肌着とベビーウェアの違いについてご説明します。

赤ちゃんの服と肌着の違い

49ac503c99506db41625400bb816df04_l

まず、赤ちゃんの服ベビーウェアについて見ていきましょう。
ベビーウェアは、基本的に肌着の上に着せるタイプの物で、大人でいう洋服と同じです。
綿100%でできているものがほとんどで、主に4つの種類に分かれています。
赤ちゃんは短期間で首の座りや寝返りなどの成長が見られますので、月齢に合わせて変えていきましょう。

ベビーウェアの種類

それでは、ベビーウェアの4つの種類を見ていきましょう。

ベビードレス

生まれたての赤ちゃん(生後1〜2ヶ月頃)に使用する、裾広がりのAライン型ワンピースです。
まだねんねの状態なので、足元は分かれていません。

カバーオール

足が動かせるようになったら、このタイプに変えましょう。
裾がボタンで左右に分けられる形になっています。
また、海外ブランドの物は足元まで覆われているタイプも多く販売されています。

ツーウェイオール

先ほどお話ししたベビードレス、カバーオールが合体したタイプのベビーウェアです。
足元のスナップの留め方を変えれば、ドレスにもカバーオールにもなる優れ物。
生まれたての赤ちゃんから、足も動かせる6ヶ月頃まで使えるので便利ですね。

ボディスーツ

こちらは、足元のない形のベビーウェアです。特に暑いシーズンに使われます。

ベビー肌着とは

次に、ベビー肌着の特徴を見てみましょう。
ベビー肌着は、赤ちゃんの汗を吸って体温調節をする大切な役割を持っています。
なので、ベビーウェアの下にはぜひ肌着を着せてあげてくださいね。
新生児の頃は、まだねんねのままでお着替えする事が多いので、「ベビー肌着」は着物のように前を重ね合わせて紐で結ぶタイプのものが多く作られています。
また、ベビーウェアと同じで綿100%の物が主流です。

ベビー肌着の種類

ベビー肌着は、主に5つの種類に分かれています。

短肌着(たんはだぎ)

出産準備で必ず購入するのが、この短肌着。
丈が短く、腰までしかありません。

長肌着(ながはだぎ)

先ほどの短肌着の丈が長いタイプです。
季節によって使い分けましょう。

コンビ肌着

長肌着の裾が分かれているタイプです。
足が動かせるようになっても、はだけにくいのが特徴です。

カバーオール型肌着

よりベビーウェアに近い形で、体にフィットします。
ベビーウェアをカバーオール等の足の分かれたタイプに以降した時には、肌着も併せてこちらのタイプに変えると使いやすいですね。

ボディスーツ型肌着

ベビーウェアのボディスーツと同じ形の肌着です。
こちらも、足のないタイプで暑い季節には最適です。
また、肌着ですが洋服のように柄物も多数発売されていて、真夏にはベビーウェア代わりに使用するママも多いのが特徴です。

どの季節に着せればいいのか

肌着もベビーウェアも、主なものは季節を問わず着せる事ができます。
ただ、ボディースーツは足元が覆われていないので、主に夏に着用します。
ボディスーツ型肌着も主に夏用の物でしたが、最近は冬用の生地の物も販売されています。
ボディスーツ型だと赤ちゃんが足を動かしやすいので、私は冬も厚手のボディースーツ型を愛用していました。
注意しないといけないのは、肌着+ベビーウェアの組み合わせです。
こちらは、季節によってパターンが変わってきます。
それは後にお話する『月齢別、肌着とベビーウェアの組み合わせ方』でご紹介します。

ベビーウェアと肌着の準備の目安

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_m

いつから準備を始めたらいいの?

まず、最低でも新生児の頃に使用する肌着、短肌着と長肌着そしてベビーウェアのベビードレスは、出産前に準備しておきましょう。
出産から1ヶ月は基本的に外に出られないと思っておいた方が良いので、この間に必要な物はあらかじめ揃えておきたいものです。
では、出産前とはいつまでにしておけば良いか、という事ですが、予定日までに、臨月までにでは遅過ぎます。
出産は、予定通りにはいかないもの。
できれば34週頃までに揃えておきましょう。
また、出産後の気温や実際に産まれてきた赤ちゃんのサイズによって、買い替えたり追加で必要になる事も多々あります。
そんな時は、家族に協力をお願いしましょう。

必要枚数ってどれくらい?

それでは、実際にどのくらいの枚数を準備しておけば良いのでしょうか?
それぞれの種類毎に見て行きましょう。

ベビーウェア

それでは、まずベビーウェアからみていきます。

ベビードレス/ツーウェイオール 2〜3枚

カバーオール 1〜2枚

ボディスーツ 2〜3枚

この他にも、夏産まれ(6〜8月)以外の赤ちゃんはアウターと、真冬(12〜2月)産まれの赤ちゃんは、さらに靴下やタイツも併せて準備しておくと良いでしょう。

肌着

そして、肌着です。

短肌着 5〜6枚

長肌着 1〜2枚(冬産まれの場合はプラス1枚)

コンビ肌着 4〜5枚(夏産まれの場合はプラス2枚)

また、カバーオール型やボディスーツ型の肌着も、成長や産まれた季節に合わせて購入しましょう。

肌着をベビーウェアとして着ることは可能か

d91721eec938f4ad8acac775da4e7ce0_m

肌着はベビーウェアの代わりになるか

大人と同じで、基本的に肌着は肌着、ベビーウェアは服です。
ただし、先ほどお話したようにベビー肌着の中でもボティスーツ型肌着については、外出先でも着られるように柄やプリントが施してあるものが多数販売されています。
本来肌着は赤ちゃんの汗をコントロールする役目がありますが、真夏などはボディスーツ型肌着のみでの外出もOKです。
また、お家の中で過ごすだけでしたら、春や秋は少し厚手の肌着だけで過ごしたり、逆に夏は短肌着とオムツだけ、など臨機応変に対応しましょう。

ベビー肌着だけで外出する際の注意点

ボディスーツ型肌着だけで外出する際、真夏とはいえスーパーやデパートの中はエアコンが効いています。
足元が冷えてしまわないためにも、ガーゼ素材のおくるみなどを用意しておきましょう。
また、先ほどもお話しましたが、肌着には赤ちゃんの汗を吸い取ってコントロールする役割があります。
着替えを何着か用意して、汗で濡れたままにならないようにこまめに着替えさせてあげてくださいね。

もらったベビーウェアでウェアか肌着の見分け方

e42766a8ba7f2268abdf9c3377403a0f_m

ここで少しまめ知識です。
赤ちゃんが産まれると、友人や家族からお下がりを貰う事もありますよね。
その場合、自分で購入していないので「これって肌着?ベビーウェア?」と見分けがつかなくて悩むことも。
最初に説明したベビー肌着の特徴にあるように、明らかに着物タイプになっているとか、無地で生地も薄いというものは判断がつきやすいと思います。
一方、カバーオール型肌着とカバーオール、ボディスーツ型肌着とボディスーツは特に見分けがつきにくいもの。
実は、明確に正しい違いはありません。
ただ、肌着は地肌に着る物ですので、縫い目やタグが直接肌に触れないように作られている事が多いようです。
お母さんの判断で赤ちゃんが快適に過ごせるような服・肌着を選んであげてくださいね。

月齢別、肌着とベビーウェアの組み合わせ方

それでは、肌着とベビーウェアはどのように組み合わせれば良いのでしょうか。
月齢ごとに見てみましょう。

新生児期

9b94ca13f943cbeacd26f2d996e9b994_m

新生児期は、短肌着+ベビードレス/ツーウェイオールが基本です。
ただ、肌寒い時は短肌着にプラスして長肌着やコンビ肌着を着せてあげてくださいね。
赤ちゃんの肌着は重ね着OKです。
そして冬の場合は、ベビードレスやツーウェイオールの上に、ベストなどのアウターを重ね着させてあげましょう。

生後3ヶ月頃

この頃になると、足もよく動くようになってきますよね。季節によって組み合わせにもバリエーションが出てきます。
例えば春・秋は、コンビ肌着+カバーオールかツーウェイオールの組み合わせが良いでしょう。
夏はいずれも足元のない、ボディスーツ型肌着+ボディスーツ。
ここで、ボディスーツ型肌着も柄のあるものを選んでおくと、外出先で気温が高かった場合にボディスーツを脱がせて一枚にしてもOKですよね。
最後に冬は、夏とは逆にいずれも足元まであるカバーオール型肌着+カバーオールの組み合わせがベスト。
また、気温によってはアウターを重ね着させてあげましょう。

生後6ヶ月頃

いよいよ生後半年になり、寝返りも盛んになってきた頃です。
また、この頃になると上下の分かれた洋服に移行する赤ちゃんも増えてきます。
この頃の組み合わせは、春・秋は足も動かしやすいようにカバーオール型肌着+長袖Tシャツ+長ズボン、夏はボディスーツ型肌着+半袖Tシャツ+短パン、そして冬はカバーオール型肌着+長袖Tシャツ+長ズボンさらにアウターの組み合わせがベストです。

ただし、これはあくまで一例。
赤ちゃんの身長・体重や成長のスピードは本当に人それぞれです。
また、それによって組み合わせも千差万別という事を覚えておいてください。
また、赤ちゃんの平熱は37度台と大人よりも高めです。
産院でも指導を受けると思いますが、赤ちゃんの服は「大人よりマイナス1枚」が目安です。
その日の気温や、赤ちゃんの様子をこまめにチェックして最適な服装をさせてあげてくださいね。

私の場合

4adffcc55f4685fa44b3fca6a0eb0428_m

私が出産したのは9月でした。
生まれたての頃は夏の名残でまだ暑かったので、短肌着+ツーウェイオールの組み合わせで過ごしました。
まだ、ツーウェイオールの足元のボタンはドレス風に留めていました。
10月下旬頃からだんだん寒くなり秋到来。
そうすると、もっぱら長肌着+ツーウェイオールの組み合わせを愛用していました。
たまに夏日が戻ってくると、自宅にいる間は長肌着だけ着せてガーゼタイプのおくるみで調節、なんて事もありました。
そこから冬になってくるとだんだん足も動くようになってきたので、コンビ肌着+カバーオールの組み合わせです。
この肌着も、今までは割と薄手のものを使用していましたが、キルティング風の厚手のものを使うようになりました。
春には生後半年を迎えていたので、絶賛寝返り中です。
紐を結ぶのが至難の技になっているので、この頃にはもう短肌着は卒業。
ですので、肌着は半袖のボディースーツ型+ベビーウェアはカバーオールを着せていました。
みなさんも、お子さんの産まれた季節と成長に沿って最適な肌着とウェアを選んであげてくださいね。

まとめ

3c00936cf4b40e27e8c44c8cf121c0a3_m

いかがでしたか?
ベビーウェアとベビー肌着の違いや判断基準は、新生児ママなら誰しも悩むもの。
でも、それぞれの特徴が分かれば自然とその判断もできるようになり、季節や月齢に応じてその赤ちゃんに合った組み合わせを選ぶことができますよ。
寝不足やイライラも赤ちゃんの笑顔で吹っ飛ばして、新生児育児がんばりましょう!

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER