MUGYUU!ロゴ

冬なのに汗疹の危険性?冬ならではの肌着の重要性

みなさんは赤ちゃんの冬の服装に関して何か工夫はしていますか?
「冬だから厚着をするのがいい」「冬だから汗疹とは無縁だよね」そんな風に考えているママさんは結構いらっしゃいます。
確かに冬の寒さ対策は大切なものですが、他にも冬ならではの気を付けなくてはいけない事が沢山ある事をご存知でしょうか。
さらに冬だからといって「汗」に関して警戒心が薄れてしまっていると、思いがけない落とし穴がまっている事があります。
夏をすべすべの肌で乗り切ったのに、冬になったとたん肌トラブルに合う、なんてことは避けたいですよね?
そんな時に大活躍するのが赤ちゃんの肌着になります。
今回はそんな冬ならではの肌着の必要性について紹介していきます。

冬の肌着の必要性

c5bf66fe3899c1b017f902ac0a6c8a36_m

「冬なんだからとにかく厚着をしなくちゃ」と一般的には考えますよね。
更に、肌着も通気性が悪いと熱を逃がしてしまうからと肌着の素材も温かさ重視で考えてしまいがちになります。
確かに温かさを重視することは大切になことですが、それではせっかくの肌着がきちんとした役割を果たす事ができなくなってしまいます。
実は赤ちゃんの肌着には赤ちゃんにとってとても大切な役割を果たす機能を持っているのです。
更にその機能は、冬の寒い時期に大活躍するものでもあります。
では一体、冬にはどんな理由で肌着が必要になってくるのでしょうか?

冬ならではの肌着の必要性

赤ちゃんの肌着には赤ちゃんの汗を吸収し、赤ちゃんの生活を快適にするという役割を持っています。
更に汗を吸収することにより、赤ちゃんの汗疹の原因を防いでくれるのです。
赤ちゃんの汗ですが、一見冬には無縁のように感じますよね。
それがむしろ「冬」だからこそ気を付けたいのです。
冬はついつい厚着をさせてしまいがちになります。
赤ちゃんのママさんからすると「少し寒いのかな」と思って着せたその1枚が赤ちゃんにとってはとても暑いものになってしまう事も。
良かれと思って着せたそのベビー服でまさか大量の汗をかくなんて思いもしませんよね。
ですが、そんな時にきちんと吸収性に優れた肌着を着用していると、赤ちゃんの汗を吸収し、赤ちゃんの肌トラブルを回避できるのです。
もちろん赤ちゃんは年間を通して汗をかき、それに対する肌トラブルを防止していかなくてはいけないのですが、冬に関してはそれがとても難しい季節でもあります。
そのため赤ちゃんの肌着は冬にとても大きな役割を果たす事になるのです。

冬の肌着でおすすめの素材

20b8f2b82d98dfc359123da2f1b1441b_m

赤ちゃんの肌着は年間を通して、吸収性に優れているものと肌触りを良いもの、洗濯機で洗濯が出来るものを選ぶことが大切です。
先ほど説明したように、赤ちゃんの肌着選びは大変重要な事です。
特に敏感肌の赤ちゃんに関しては肌着の素材によってはかぶれてしまうこともあるので注意が必要になります。

冬に着ると良い肌着の素材

赤ちゃんの肌着の素材選びの基本は綿100%になります。
ただ、綿100%といっても様々な種類があるためどれがいいのか迷ってしまいますよね。
今回は冬にオススメな綿100%の素材を紹介していきます。

フライス

フライスとは生地の編み方を指し、伸び縮みしやすい素材になっています。
この素材の一番の特徴としては伸縮性に優れているという事です。
またリブ編みとも言われ、手触りがとても柔らかく、普段の生活で使用するのにも適している素材です。
初めのうちは赤ちゃんの手足を支えながら着替えを行わないといけませんから、そんな時に伸縮性があるとスムーズに着替えも行うことが出来とても便利です。

ニットガーゼ

こちらの素材はなんといっても柔らかく、保温性が高いのが特徴になります。
まさに冬に着るのが適している素材といってもいいでしょう。
表と裏で違う素材を使っているため、裏地ならではのガーゼのような触り心地の良い素材を使っているものもあります。

スムース

フライスよりもやや厚手なため、保温性に優れています。
冬だけでなく、季節を問わずオールシーズンでの使用が可能となります。
一番の特徴は、素材の表面がとてもなめらかで触り心地のいい所です。

冬の赤ちゃんの服装

475fd150f1f084191596dbe77f61fb62_m

赤ちゃんの肌着の重要性がわかった所で次に気になってくるのが着せ方です。
「厚着をするのはよくない」という事がわかっていても自分の感じ方と赤ちゃんの感じ方が異なるためなかなか難しいものです。
では冬の赤ちゃんの服装はどのように着せればいいのでしょうか?
今回は場所別に紹介していきます。

室内での服装

短肌着+長肌着+ベビードレス(足の動きが少ない時期)+新生児ベスト
短肌着+コンビ肌着+ツーウェイオール(市の動きが活発になる時期)+新生児ベスト

室内では特別寒くない限り肌着2枚とウェア1枚と考えるのがベストでしょう。
普段よりも寒いなと感じる日であればその上に新生児用のベストを着用するのが望ましいです。
ですが、室内では靴下を履かせることはおすすめしません。
なぜなら、赤ちゃんの足には加温器の役割を果たすため、靴下をは履かせてしまうと逆に群れてしまうことがあるのです。
たとえ赤ちゃんの足が冷たいなということがあったとしても、赤ちゃんの背中が温かければ、赤ちゃんがきちんと体温調節できているという証拠にもなりますので気を付けましょう。

外出時の服装

短肌着+長肌着+ベビードレス+おくるみ+小物類(靴下や帽子) (抱っこでの移動が多い場合)
短肌着+コンビ肌着+ツーウェイオール+おくるみ+小物類(靴下や帽子) (ベビーカーでの移動が多い場合)

外出時は特に寒暖差が激しくなります。
外は寒く、お店などに入ると温かいという状況です。
そのため、外が寒いからといってあまり厚着をさせてしまうとお店に入った時などに大量に汗をかいてしまう事になるので注意が必要です。
外出時はできれば、着脱可能な物を身に着けると良いでしょう。

寝る時の服装

長肌着+ベビードレスorツーウェイオール(足の動きが少ない時期)
コンビ肌着+ツーウェイオール(足の動きが活発になる時期)

赤ちゃんは就寝時にたくさんのエネルギーを消費するため、汗も沢山かきます。
そのため就寝時は寒いからと厚着に寝具を沢山かけるという状況になってしまうと、返って汗で体を冷やす事に繋がってしまいます。
だからこそ就寝時は服装や寝具での体温調節よりも、室内温度での調節が適しているといえます。
赤ちゃんの就寝時の体温調節は難しいですが、時々赤ちゃんの背中に手を入れるなどをして、赤ちゃんの体が熱がっていないか、冷えていないかを確認してあげる事が大切です。

赤ちゃんの冬の服装でのポイント

9466ed3d298b280af53f689aedc7b8b0_m

赤ちゃんの冬の服装を選ぶうえで大切になってくる事は、厚着をさせないという事です。
ついついやってしまいがちな冬場の厚着は、赤ちゃんの肌トラブルの原因になるだけでなく、様々な病気の原因に繋がってしまうこともあります。
そのため、服を着せる時は常に赤ちゃんのほうが汗っかきだという事を頭に置いて、正後1ヶ月までは大人が着ている服装に+1枚、生後1か月から3か月頃までは大人と同じくらいの枚数、生後3か月を過ぎてからは大人より1枚少なめに着用させる事を目安にする事が大切です。

赤ちゃんの冬の汗疹について

dfee9b52308dace229c9c92cf03007d7_m

先ほど赤ちゃんの冬の服装での厚着は肌トラブルの原因に繋がるという話をしました。
今回紹介するのが、その中の一つの「汗疹」になります。
赤ちゃんは1年を通して汗疹ができますが、冬場のような汗をかきやすい環境の季節は特に注意が必要で対策をとっていかなければなりません。

冬に赤ちゃんに汗疹ができる理由

先程の少しだけお話しましたが、冬場は厚着によってたくさん汗をかく事により、汗疹の原因になってしまいます。
それを詳しく説明すると、汗疹の原因は汗が表皮にたまって、汗腺や汗管がつまることによって起こります。
赤ちゃんの汗の量は私たち大人の2倍と言われていますが、皮膚の圧は逆に2分の1と言われています。
そのため汗疹による赤ちゃんの肌への負担は私たち大人より大きい事がわかります。
また、たかが汗疹だからと放っておくと、赤ちゃんが皮膚をひっかいてしまい、そこからとびひになる可能性も十分にあり得ます。

冬の赤ちゃんの体温調整について

00a5d4bab9c527ab537985f38f1cb97e_m

赤ちゃんの体温調整はまだまだ未発達で、服装や室温などできちんと管理してあげないとすぐに風邪をひいたり、汗疹の原因に繋がってしまいます。
私たち大人の体の水分量は60%なのに対して、赤ちゃんの体の水分量は75%と私たちよりも多いのです。
また、基礎代謝量がとても活発なためじっとしてても沢山のエネルギーを消費しています。
このように赤ちゃんは私たちよりも繊細な体をもっているため、冬の体温調整には特に気を配らなくてはいけません。

厚着による乳幼児突然死症候群(SIDS)の危険性

今だに特定の原因が詳しくわかっていないこの症状ですが、最近の研究では厚着をさせる事も一つの原因ではないかと言われています。
赤ちゃんに厚着をさせることにより、発汗だけではうまく熱を外に出す事が出来なくなり、体の中に熱がこもる「う熱」という状態になるそうです。
そこから赤ちゃんの体が体温を正常に保つためにエネルギーの使用料を少なくしようとします。
就寝時の赤ちゃんはただでさえ呼吸の速さは速く、心拍数も起きている時よりも上昇しているため通常時よりもエネルギー消費は激しくなります。
そこに厚着によるう熱が加わり、放熱がうまくいかずに熱の産生を減少させようとする人間の体の働きが加わり、呼吸が突然停止してしまうのではないかといわれています。
少し難しい話になってしまいましたが、簡単に説明をすると赤ちゃんの厚着はSIDSへのリスクが高まるという事になります。

冬はどのように赤ちゃんの体温調整を行うのが望ましいか

冬の赤ちゃんの体温調整の大切さがわかった所で次に気になって来るのが、体温調整の方法です。
赤ちゃんの体温調整は室温で行い、室温は20~23度で、湿度は40~60%が適しています。
起きているときは暖房で調節をするといいのですが、就寝時には暖房は消したほうが良いでしょう。
理由としては、就寝時に暖房をつけていると室温の上昇に気づけなかったり、定温機能が付いていても乾燥の原因になるためです。
そのため、就寝前には部屋を暖房であらかじめ温めておきましょう。
また布団だけ冷たいという状態を防ぐために、布団を少しめくって一緒に温めておくと赤ちゃんの体温と一緒に上手に布団が温まりますよ。

まとめ

4871ca927a213afd665a4aafb279348f_m

いかがでしたでしょうか?
赤ちゃんの冬の服装は私たちが思っている以上に気を配っていかないといけません。
特に赤ちゃんの汗疹は赤ちゃんの肌に大きなダメージを与えてしまうため、きちんとした対処を行う必要があります。
赤ちゃんは私たち大人とは違い、体の作りがまだまだ未発達です。
そのためきちんとした管理と責任をもった対策をとっていかなければいけません。
赤ちゃんのデリケートな肌、出来る事なら奇麗なまま成長してほしいものですよね。
また、赤ちゃんの服装選びは難しいですが、赤ちゃんの肌を守る大切なものになります。
ですが、今しか楽しむ事の出来ない服装でもあるのでなるべく楽しんで選んでいきましょう。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER