MUGYUU!ロゴ

冬でも半袖の肌着は着られるの?半袖と長袖の着方で迷った時の対処方法

秋も深まってきてだんだん寒くなると、赤ちゃんの体温調節にも気を遣うようになりますね。

「夏場は半袖の肌着を着せていたけれど、冬でも半袖のままで良いの?それとも長袖の肌着を用意するべきなの」と初めての子育て中のママは迷ってしまいがち。

そこで今回は、半袖と長袖の肌着についてや、季節ごとの赤ちゃんの肌着の着せ方などをご紹介します。

赤ちゃんの肌着に半袖と長袖がある理由

ea2a147393ec950c02b6ab3d1320e029_m

赤ちゃんの肌着に半袖と長袖がある理由としては生まれた時期や室内の温度によって使い分けが出来るようにという事が挙げられます。

特に生まれたばかりの新生児期の赤ちゃんは体温調節機能がまだ未熟なので、肌着によって体温調節の手助けをしてあげなくてはいけません。
夏の暑い時期も、冬の寒い時期も、半袖と長袖を上手く活用して赤ちゃんが快適に過ごせるように気を付けてあげましょう。

半袖の肌着を使用するのは夏場だけなのか

07462ae9c49856ac6048b84eed7554e6_s

半袖の肌着と聞くと夏場に使用するものと思いがちですが、実は赤ちゃんの肌着は一年を通して半袖の方が使えます。

寝返り、ズリバイ、ハイハイなどをするようになった赤ちゃんなら、お部屋にいる時は冬でも半袖の肌着が良いでしょう。

また、赤ちゃんの暑い寒いを知る目安として、背中に手を入れてみるというのもあります。
うっすらと汗ばんだりしていたら暑い証拠ですので、肌着を1枚脱がせてあげて下さいね。

半袖と長袖、どちらを着せるべきか迷った時は

a28a3217c49d7979635cbf1395e47d6c_m
そうは言っても、暑い、寒いなどおしゃべりの出来ない赤ちゃんですから「どの肌着をどう着せれば良いのか分からない」とお困りの方もいるかと思います。

そんな時は、今日の予定・外の気温などを考慮しましょう。

外出先が室内だったり、誰かのお家に遊びに行くというのなら、薄手の長袖肌着を一枚などが良いでしょう。

「一日中外にいて、ちょっと寒いかも」と思ったら半袖+長袖で肌着を2枚重ねてもOK。

「車で1時間程お買い物に行くだけで、すぐ帰宅するし」という時には、半袖の方がおすすめです。
お店の中は意外と温かいですので、防寒着を着ていると暑くて汗をかいてしまい、結果として体が冷えてしまうという事になりかねません。

「寒いかな」と思ったら、上に着るベストなどで調節してあげると良いですよ。

半袖の肌着と長袖の肌着、それぞれ必要枚数の目安

f54532df28773728993a1d15e0277891_m

半袖の肌着と長袖の肌着、それぞれ何枚くらい必要なのでしょうか?
季節別に必要な目安をご紹介します。

春生まれの赤ちゃん

990f4c7242fa7b1fe13743a57e2ff0b9_m

まだ肌寒い日もある春先生まれの赤ちゃんなら、半袖の短肌着を5、6枚程度、長袖のコンビ肌着を2、3枚程度準備しておけば間に合うと思います。

生後3ヶ月程で暑い夏の時期になりますので、カバーオールなどで調整すれば長袖肌着はほぼ必要ないとも言えます。

夏生まれの赤ちゃん

ea96f0e5234ec3d89642ac7607d451e3_m

真夏の場合でもお部屋の中はエアコンで涼しくなっていると思うので、半袖の短肌着とカバーオールという格好で過ごす事が多いと思います。

秋になり寒くなってきたら、長袖のコンビ肌着・もしくはボディ肌着などを3~5枚程購入すると良いでしょう。

秋生まれの赤ちゃん

b38169d0d961dfcc5e487d4a66ab4bdf_m

暑いと思ったら急に冷え込んだりする秋は、体温調節が難しい時期でもありますね。

柔軟に対応できるように、半袖肌着・長袖肌着共に5枚程度用意すると安心です。
生後6ヶ月頃には暖かくなってきますので、その頃に改めてサイズに合わせた肌着を買うと良いと思います。

冬生まれの赤ちゃん

ce429ec41107a4527d2bd431dc3fe44b_m

冬生まれだからと言って長袖だけ揃えてはいけません。
先述した通り赤ちゃんは暑がりでもありますので、大人の感覚で着せすぎないように気を付けましょう。

秋生まれ同様、半袖と長袖を5枚程度用意すれば、生後3ヶ月頃までは足りるでしょう。

袖なし(ノースリーブ)の肌着はどうなの?

54a72dc778d8189681ac0e485c6dc04e_m

ママもキャミソール1枚で過ごしたくなるような最近の真夏の気温。
肌着を袖なし(ノースリーブ)タイプにする方も多いと思います。

女の子ならキャミソールタイプにすれば暑さも少しはマシになるでしょうし、こまめに着替えさせれば気持ちよく過ごせそうです。

実際私も2人目の育児の時にそう思い、半袖Tシャツの下にノースリーブのボディタイプの肌着を着せていた事がありました。

しかし、連日の暑さで汗疹や湿疹が出た為小児科へかかったのですが、そこのお医者さんに「ノースリーブは着せないように」と言われてしまったのです。
ノースリーブの肌着だと、一番汗をかきやすい脇の下の汗が吸い取れないからだそうです。
確かに、脇の下にも汗疹が出来ていました。

しかも、ボディタイプではなくTシャツタイプの肌着にしなさいと言われたのです。
先生曰く、お腹の部分から熱を逃がさないと、蒸れて汗疹が酷くなるとの事。
それを聞いて、すぐさま赤ちゃん用品店へと走りました。

赤ちゃんの肌質は本当にそれぞれですので一概には言えませんが、肌着を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

まとめ

4e946d13d5de4b389dbe8938e91b1749_m

赤ちゃんの肌着について、半袖や長袖の着せ方などをご紹介しました。
一例をあげてご紹介しましたが、肌の強い子、弱い子、体の大きな子、小さめの子、色々なタイプの赤ちゃんがいますよね。

赤ちゃんの成長に合わせてその時々で必要なものを購入していくようにすれば、無駄もなくてお財布にも優しいと思います。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER