MUGYUU!ロゴ

これで解決!新生児の肌着準備はもう困りません!

これから産まれてくる赤ちゃんのために、肌着や服選びを楽しみにしているお母さんたちがほとんどだと思います。
お店に行くと小さくて可愛い物ばかりでつい手に取って見てしまいますが、何をどのぐらい買ったらいいのか悩んだりしませんか?
赤ちゃんのために、どんな素材を選べば肌に負担がないのか、どんな形のものが過ごしやすいのか、産まれてくる赤ちゃんの季節によっても着せ方や着る枚数も変化していきます。
肌着の種類や出産前の準備する物などもご紹介していくので参考にしてみてください。

肌着が必要な理由とは?

54da2eae530641dd39fe7681ab86b901_m

肌着を選ぶ前に赤ちゃんの肌について知っておきましょう。
赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、外部からの刺激にとても敏感です。
産まれたての赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいるときから、皮脂という肌のバリアで覆われていますが、生後2か月程で赤ちゃんの皮脂は少なくなっていき非常に乾燥しやすくなってしまいます。
そして、「大人の3倍もの汗をかく」と言われているほど汗っかきです。
特に寝ているときなどは、お風呂上りかのように汗でべたべたしているほどです。
このように、皮脂の汚れや乾燥から肌を守ったり、汗などを吸収してくれるというとても大切な役割があるのです。

新生児の肌着とウェアの種類

dc4e7037f1b5c2d44eb1aae81e8d85b6_m

新生児の肌着の種類は3種類に別れていて、短肌着・長肌着・コンビ肌着とあります。
この3種類は産まれてすぐから着せていくものですが、生後3か月頃の首が座り始めてきた頃からはボディスーツという頭からすっぽり着せられるものもあります。

肌着の種類

短肌着

丈が腰ぐらいまでの、一番最初に着せる肌着。
着物のように内側と外側を紐で結び着せれるので、首の座ってない新生児も脱ぎ着には安心して着せることができます。
短肌着は春夏秋冬関係なく着せれる定番アイテムなので、5着くらい持っていると汚した時の洗い替えなどもスムーズで安心です。

長肌着

足がすっぽりと隠れるくらいの長い肌着で、着せ方は短肌着と同じです。
赤ちゃんは、体温調節がうまくできないので少し寒くなってきた季節や真夏の冷房が効いた部屋には、短肌着の上から長肌着を着せてあげましょう。
短肌着も長肌着も6か月くらいまで着せられる子が多いので、5着持っていると安心です。

コンビ肌着

こちらも長肌着と同じく足が隠れるまで長い肌着です。
長肌着との違いは裾が分かれていて、やや外側に広がりゆったりとした形をしていて裾をスナップで止められるようになっています。
足をバタバタ動かしたり、寝返りをうつようになるため肌着がズレたりするのを防ぎます。
長肌着よりもコンビ肌着を組み合わせる方のほうが多いかもしれません。長肌着かコンビ肌着、どちらか5着持っていれば十分です。

ボディスーツ

着物タイプではなく、頭からすっぽり着せることができ股下をスナップでとめる肌着なので、どんなに動いてもお腹が出ません。
2人目の出産で赤ちゃんに慣れている方は新生児期からボディスーツを着せる方もいらっしゃいますが、初めての方はまだ首の座ってない赤ちゃんの頭を支えたり上から着せるのは難しいと思うので、ボディスーツはだいたい3か月頃からにしましょう。
こちらは1歳頃まで着せられるので4~5着持っていても無駄になりません。

ウェアの種類

ツーェイオール

スナップがついていて、スカート型にもズボン型にもなるウエアです。
赤ちゃんが動くようになってきたら、ズボン型にもできるので3~4枚持っていても形を変えて使えるので良いでしょう。

ベビードレス

スナップがついていないドレス型のウエアです。
おむつ替えが楽ですが、はだけやすいので赤ちゃんが動けるようになる1か月頃までしか使いません。
ベビードレスよりもツーウェイオールのほうが長く使えるので用意しなくても良いでしょう。

ロンパース

つま先まで体にフィットするので、赤ちゃんが動きやすいウエアです。
1歳頃まで着せることが出来るので、4~5枚持っていると良いでしょう。

新生児期の肌着とウエアの組み合わせ方

cb6a37f8e048f29a6295ccdafeb3aae0_m

新生児の肌着・ウエアはほとんどが、少しゆったりめに作られているので長くても6か月頃まで着せられる子もいます。
そして、まだ産まれたての赤ちゃんはうんちが緩く背中漏れをしてしまう事が沢山あります。
肌着・ウエアは多めに持っていれば、お母さんの心の余裕にも繋がると思います。
「すぐ大きくなるから」と大きいサイズを買ってしまうと赤ちゃんが動くようになった時に動きにくくストレスになってしまうので、赤ちゃんのサイズにあった肌着を選びましょう。

春 

短肌着+ウエア(気温が低いときは、長肌着+ウエア)

短肌着+ウエア

短肌着+長肌着又はコンビ+ウエア

短肌着+長肌着又はコンビ+ウエア+ベスト

肌着の素材選び。赤ちゃんにとっての1番は?

赤ちゃんの肌に直接触れるものなので、素材にはこだわりたいですよね。
綿100%の物でも編み方などの違いで表記の仕方が違います。

素材の種類

ガーゼ

網目が粗いので通気性と汗などの吸収力がとても良いですが、伸縮性がないという所がデメリットです。

オーガニックコットン

肌触りがとても良く、春夏秋冬関係なく着せることが出来ます。
汗の吸収力も良く伸縮性もあるため赤ちゃんも着心地が良いのではないでしょうか。
天然素材にこだわった製法をしているため、他の物よりもお値段がやや高めです。

フライス

季節関係なく着せられる定番の使いやすい生地です。
オーガニックコットンよりも伸縮性はやや高めでお値段も安い所が魅力的です。

スムース

汗などの吸収力と保湿力がとても高いため秋冬の肌着におすすめです。
デメリットは、他の生地よりもやや厚く通気性があまりないので、使い分けて着せてあげると良いでしょう。

パイル

肌着というよりは服などに使われる厚手の素材です。
秋冬の寒い季節には、パイル生地のベストを着せてあげると暖かいです。

着せるものは季節によって変化していきますが、赤ちゃんにとって1番着心地の良さそうな肌着を選んであげましょう。
「お母さんも買って良かった、何回洗濯してもヨレなかった」と声が多かったのはオーガニックコットンでした。

乾燥肌の子のためのおすすめの保湿剤と肌のケア

068556bb2f400713ad0333cb2c207479_m

デリケートな赤ちゃんの肌のために、肌着選びや入浴の仕方など色々と気を使わなければなりません。
赤ちゃんの皮脂膜は大人よりもかなり薄いため長風呂は避け、湯船につかる時間はだいたい5~8分を目安にしましょう。
入浴後5分ほどで赤ちゃんの肌の水分が失われてしまうため、5分以内に保湿剤を塗ってあげる事が重要です。
保湿剤も沢山種類があり、何を買えばいいのか迷ってしまいますよね。
ドラックストアや赤ちゃん専門店などに売っていて気軽に購入出来る物をご紹介します。

アトピタ

ヨモギエキス(アトピー改善薬として有名なハーブ。ハーブの王様とも言われている)配合しているため、肌が固くなっていたりとひどく乾燥している所に塗ると1週間程で改善傾向がみられました。
石鹸や入浴剤もあるので、使ってみて間違いない商品です。

ベビーワセリン

通常のワセリンと比べ、ベビーワセリンは不純物が少なく、保湿力が非常に高いです。
少しベタつきが気になるので全身にではなく、部分的に塗ってあげるといいでしょう。

ジョンソンベビーローション

保湿剤といえばこれ!という方も多いのではないでしょうか。
低刺激・無着色・無香料で肌馴染みがよく、サラッと肌馴染みの良い保湿剤です。
オイルタイプの物もありますが、大人でも色々と使える便利な1本として今話題になっています。

馬油

馬油は人間の皮脂に1番近い油なので、幅広い年齢層に使用され続けています。
お母さんの乳頭亀裂にも使えますし、赤ちゃんのお尻かぶれなどにもつけると、おむつ替えの時うんちがするっと拭きやすいです。
デメリットは馬油特有の匂いとベタベタ感があります。

赤ちゃんによっては肌に合わない物もあるので、初めて使う保湿剤は手の甲など一部分から塗って様子をみましょう。
保湿剤を塗っても乾燥肌が悪化していくようであれば、必ず医療機関を受信しましょう。

出産準備の時期と必要なマタニティグッズ

dce897b6fbea4a5d4db514024fed5c10_m

妊娠33週~34週に入るといつ産まれてもおかしくない状態となります。
まだ悪阻があったり、大きなお腹で歩くのも一苦労な妊娠後期ですが陣痛は突然来るものなので、28週から34週までの間でいつでも入院が出来るよう準備しておきましょう。
産院であらかじめ用意して置いてくれる物もありますが、自分で用意しても無駄なく使える物や便利な物をご紹介していきます。

パジャマ

洗い替えで2~3着持っていると良いです。
上からかぶるタイプの物もありますが、前開きの物のほうが授乳のとき楽ですし、赤ちゃんの顔に服があたらないので前開きの物をおすすめします。

産褥ショーツ

産院で1枚用意してくれる所もありますが、すぐ汚れてしまうので2~3枚用意しておきましょう。
股の部分が開閉出来るようになっていて、産後の悪露の処理や診察するとき身体に負担なくすることができます。

お産用ナプキン

産院で用意してくれます。
悪露が多いと産院からもらった物だけでは足りなくなることがありますが、後半になってくると徐々に出血も少なくなってくるので自宅から夜用ナプキンを持っていけば十分です。

授乳用ブラジャー

毎日洗い替えが必要なので4~5枚買っておきましょう。

母乳パット

使い捨てのものが便利です。
母乳からミルクになる事もあるので、少なめで入っている物を選ぶと無駄がないです。

必ず必要ではないがあると便利な物

e7ac7789644d1d2a438e071d52ba46a8_m

授乳クッション

授乳時にお母さんが楽な姿勢で授乳する事が出来ます。
産院に置いてある所も多いので、使いやすければ購入してもいいですね。

ドーナツ型クッション

産後お尻が痛くて座るのが辛い時にドーナツ型クッションをお尻にあてて座ると楽ですが、痛くならない方もいらっしゃるので産後の様子で検討してみてください。

すべて一度に買いに出かけるには荷物もいっぱいになってしまったり、買う物を忘れてしまったりするので買い物リストをつくり体調の良いときに何回かに分けて購入することをおすすめします。

まとめ

43ddc50d3799f504f65d775204ff6ee8_m

いかがでしたか?
赤ちゃんの肌着の着せ方や出産準備などについてご紹介しましたが、実際に赤ちゃんのお世話をしながらこうすれば良かった、あれは失敗だったかな、とお母さんも失敗しながら赤ちゃんと成長していくのだと思います。
出産準備もマタニティ期間だけしか楽しめない事なので、ぜひ産まれてくる赤ちゃんを心待ちしながらマタニティライフを楽しんでくださいね。
お母さんの愛情と柔らかい肌着をまとって、元気に健やかに育っていくよう優しく見守っていきたいですね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER