MUGYUU!ロゴ

286

夏だからこそ必要!夏ならではの肌着の必要性と着せかた

子育てをするうえで、1度は肌着について悩んだことがあるのではないでしょうか?
夏生まれ、冬生まれなどでも赤ちゃんの服装はかなり変わります。
赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。
すぐにかぶれたり、汗疹ができたり。
そして新生児や、月齢が低いと枚数も多く必要になったり、また短肌着、長肌着、コンビ肌着など多くの種類があって迷ってしまいますよね。
今回は夏の肌着について紹介していきます。

肌着の役割

3328a905177dd59d42d69a89e5ce6345_m

夏は赤ちゃんに肌着は着せた方がいいの?着せなくていいの?と迷う方は多いと思います。
暑いから着せない方がいいかな?と思いがちですが、肌着にはたくさんのメリットがあります。
赤ちゃんにとって、なぜ肌着が必要なのでしょう。

赤ちゃんの体温調節

赤ちゃんはまだ体温調節も上手ではなく、私たち大人がいろいろ気遣ってあげなければなりません。
まだ「暑い」や「寒い」などの意思表示も出来ないため、こまめに顔色や汗などを確認して着るものを調節していかなければなりません。
また汗をかいたら結構洋服は汚れます。
そんな時にも肌着を一枚挟むだけで、上の服を汚れから守り清潔に過ごす事ができます。

夏に肌着が必要な理由

00ef9b9c1e27afab0579d67969c3cf54_m

夏は特に、外はとても暑いのに室内は冷房がきいていて寒かったり、車に乗る時は暑くても冷房で段々涼しくなっていきます。
汗が冷えてしまうと風邪も引きやすくなってしまうので、汗をよく吸い取る肌着が必要になります。
そして赤ちゃんの肌はデリケートなので、すぐに汗疹などが出来てしまいます。
そんな時にも肌に優しい肌着を身につける事だけで改善する事があります。

夏の赤ちゃんの肌着の着せかた

846bba3fd01c63338a97c6ddf261132d_m

ここからは詳しく肌着の着せ方について、私の経験の元紹介させてもらいます。
真夏は特に日差しが強かったり、ムシムシとした暑さだったりカラッとした暑さで服装も変わっていくと思います。

夏の赤ちゃんの肌着選び

夏の肌着は基本はまず薄い物。
その時の時間や場所で上に着せられるように薄いものを選びましょう。
また吸水性がよく、抗菌加工がされている物もあります。
夏の外出の時、抱っこ紐で出かけることもあると思います。
抱っこ紐だけで、服装1枚分と考えられるのでそんな時は肌着だけで十分だと思います。
肌着でも、真っ白なデザインだけでなくオシャレなデザインのものも沢山あります。
肌着一枚でもたくさんのおしゃれが楽しめますね。
それでも、こまめに赤ちゃんの顔色を見たり、背中やお腹を触って汗をかいて顔が赤い状態なら一枚脱がして、唇が紫だったり背中やお腹も冷たいなら上にもう一枚着せてあげてくださいね。
よく「足を触って冷たいからもっと」と着せる方もいますが赤ちゃんは手足が冷たくても大丈夫です。
背中やお腹を触って確かめてあげてくださいね。

ベビーカー

ベビーカーの場合は日除けがついていたり、ママと密着することも少ないので肌着の上にもう1枚、ベビーウェアやロンパースを着せてあげても良いかもしれません。

自宅での室内にいる時

9d24fb5d292290bf2301f01480019382_m

自宅にいる時、私は基本的に肌着一枚で過ごしていました。
それに直接触れないように冷房をあてて、お昼寝の時間には薄手のバスタオルをかけてあげたりしました。
月齢が小さいころにオススメなのは短肌着です。
紐で結ぶタイプやボタンでとめるタイプは着替えも楽で、半袖だと脇汗もしっかり吸い取ってくれます。
もう少し大きくなって寝返りもできるようになるとロンパースタイプになってきます。
ロンパースになるとデザインも増えて選んだり着せたりするのがもっと楽しくなりますね。

お出かけ先での室内について

自室ではなく、お出かけ先での屋内についてです。
夏はどこに行ってもお店の中は冷房がきいてると思います。
スーパーなどは大人でも少し肌寒く感じるので、赤ちゃんも汗が冷えたりして風邪の原因になってきます。
なので屋内に入ってからはガーゼなどで優しく汗を拭き取り、ベビーウェアやロンパースを着せてあげるのがいいと思います。
それでも足に直接冷房が当たってるかも?というような時にはレッグウォーマーなどもあります。
赤ちゃんは足の裏で体温調節をするので、レッグウォーマーはオススメです。
また予備に羽織ものも持っておくといいですね。
また、肌着の素材もメッシュ素材のものより綿の優しい柔らかい生地のものがおすすめです。
そのような素材でも汗を吸い取りやすく、抗菌素材のものはいろいろあります。

赤ちゃんの夏の夜の服装

d0e57eba0aa8af5703a7252cbd388c07_m

次に夜の赤ちゃんの肌着についてです。
夏は特に、睡眠中汗をかきます。
寝かしつけをして少しして様子を見てみると、髪の毛がお風呂の後みたいに濡れていることもあります。
夜でも熱中症になることがあるので注意が必要です。
クーラーなどをつけると思いますが、その時大人が半袖1枚で丁度いいくらいだと、赤ちゃんも肌着1枚で十分です。
コンビ肌着1枚や半袖ボディ肌着を1枚で大丈夫です。

素材

素材も汗を吸い取りやすいものがオススメです。
背中にガーゼを当てておいても取り替えるのが楽ですし、寝相が悪くすぐにガーゼがくしゃくしゃになってしまう場合にはやはり汗を吸い取りやすい素材の肌着を夜中交換してみるのもいいと思います。
寝相が悪くてお腹が出てしまう赤ちゃんもいると思います。
お腹が冷えるのは心配ですよね。
夏用の薄い生地の腹巻もあります。
もし夜いつもお腹が出てしまう、でも肌着と洋服だと暑そう、となると腹巻も活用してみてはどうでしょう。

夏に肌着がなしでも着られるベビー服の種類

5160ec5883b263d73c775edabc604cff_m

また、暑いですが肌着は着せないで洋服を1枚で着せる方も多くいます。
やはり肌着はよりデザインも豊富でおしゃれな物も多いです。
生後1〜2ヶ月だと、やはり普通の短肌着、長肌着が便利で種類も多いのですが3ヶ月以降ならプレオールやロンパース1枚でも大丈夫です。

ロンパース

やはり肌着よりも汗は吸い取りにくくなりますが、ロンパースだとロンパース肌着ととても近い形になります。
どちらにしても、脇汗を吸い取るために半袖タイプのものがおすすめです。
生地は薄手の綿のものが汗をよく吸い取ってくれます。
また、ロンパースですと長くて2歳くらいまで着れます。

その他の種類

他に、上下の別れたセパレートでも、Tシャツにブルマもあります。
ズボンよりはブルマの方が足の露出が増えます。
ただ、抱っこが多いとお腹が出てしまい、お腹が冷えることがあるので注意が必要になります。

夏の肌着の重要性

私は夏は肌着は着せないものだと思っており、着せていなかったのですが、汗疹が出たり鼻水がでるようになりました。
その後は病院の先生などから、「肌着は着せてないの?」と言われたので肌着を着せたり肌着1枚で過ごし、小まめに取り替えるようにしました。
そして素材もメッシュ素材のものや、日本製の柔らかい綿のものなどにこだわりました。
すると汗疹が出たのは夏の最初の頃だけで、その後は汗疹も出ることなく、夏に風邪をひくこともなく健康に過ごすことができました。
私は肌着は最初、5~6枚買っておきましたが、すぐに汚れたり汗をかいて取り替えたりして洗濯が多くなると首周りが伸びてしまったりします。
最初でも枚数を多く増やしておくか、丈夫な物を選びましょう。

まとめ

7574f99233b46e4994a8d667b53c779e_m

いかがでしたか?今回は夏の赤ちゃんの肌着について紹介しました。
赤ちゃんの肌や体温はわたしたち大人が守ってあげなければいけません。
夏には冷房を使うと思いますが、服をしっかり着せてクーラーを直接当てるよりは、温度設定を低くして赤ちゃんの肌着や服装で調節してほしいです。
肌着を着せるママさんも、肌着は着せないママさんも赤ちゃんの様子を見て快適な夏を過ごせるように手助けしてあげてください。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER