MUGYUU!ロゴ

赤ちゃんが寝る時の肌着はとても重要?赤ちゃんが快適に寝れて肌トラブル改善方法まとめ

赤ちゃんが家に来ると、赤ちゃん中心の生活になりますよね。
暑い時期になると、赤ちゃんが寝ている間に汗をかいてしまって、オムツ替えの時に汗疹が出来ていたというのは良くある事なんです。
でも汗疹は痒そうだし、見ていても可哀想ですよね。
早く治してあげるのは一番ですが、出来れば汗疹が出来ないようにしてあげたい。
そんなお母さんのために、肌着を工夫して汗疹が出来ないようにしてあげましょう。
汗疹が出来てしまう原因と対策、季節ごとの寝るときの肌着の着せ方についてまとめてみました。

赤ちゃんの寝るときの服装

5285e3f36926adf82298e062885d245b_m

赤ちゃんが寝るときの服装は、最初の新生児のうちは短肌着+コンビ肌着で大丈夫です。
夏の暑い時期でも、赤ちゃんが寝るときには肌着を着せてあげるようにしましょう。
肌着は赤ちゃんの汗をしっかり吸い取って汗疹を予防するのに大切なものです。
吸湿性の良いコットン100%のものを選んであげてください。

寝るときの服装のポイント

f5f2f697c5e4c2821ec254ed9b7e9e1c_m

また、夜中に頻繁にオムツを変えますから、オムツ替えしやすいものを選ぶのもポイントです。
少し涼しいくらいの時は、パジャマを上に着せてもいいですね。
寒い時期には肌着の上に肌触りの良いカバーオールをパジャマ代わりに着せても良いでしょう。

3か月以降の赤ちゃん

3か月くらいになると、赤ちゃんの首もしっかりしてくるので、肌着をロンパースに変えてもいいでしょう。
夏でもお腹をしっかりカバーしてくれるので、安心です。
もの凄くたくさん汗をかく赤ちゃんは、背中に汗とりパッドを入れてあげてください。
夜中に汗で濡れていたら、汗取りパッドをそっと引き抜くだけでいいので、赤ちゃんを着替えさせることなく肌着をさらさらな状態にしてあげられます。

夏を過ぎてからの服装

ea16641fcb692f4c50c4cf5a6a14f5be_m

また、暑い時期を過ぎて朝晩が少しずつ冷えるようになってきたら、肌着の上にしっかりパジャマを着せてあげてください。
寝ている間に足をバタバタしているうちに、パジャマのズボンが朝になったら脱げていたという事もあります。
そんな赤ちゃんには、脱げにくい腹巻付きのパジャマもありますので、そういったものを着せてあげてもいいですね。
また、上下別々のパジャマでもお腹のところにボタンがついていて、上下が止められるようになっているものありますので、そういったものを使ってもいいでしょう。
もっと寒くなってきたら、パジャマの上に腹巻を巻いてあげるといいですよ。

赤ちゃんの体温はどのくらいか

b583fd50fd83d67c8121e735deaad525_m

赤ちゃんの体温は、新生児のうちは外の気温に左右されがちで、測るたびに違うこともよくあります。
月齢が進むにつれて、少しずつ汗腺が発達したり、動けるようになったりして次第に安定してきます。
赤ちゃんの平均体温は、大人よりも基本的に高く、大体37度前後が平熱になります。
ですので、基本的に大人よりも暑がりだと思ってください。

赤ちゃんの気温の感じ方

大人より1枚少なめに着せましょう、という話を聞いたことがあるかもしれませんが、それはこのためです。
ただし、生まれて間もない新生児のうちは、外の気温の影響を受けやすく、体温調節もまだ上手く出来ないので、室温を20度前後に設定したり、肌着の着せ方にも注意が必要です。
大体生まれて2か月を過ぎたあたりの赤ちゃんは、体温が37度前後で安定してくるので、大人よりも1枚少なく着せても大丈夫です。

赤ちゃんの発熱基準

赤ちゃんの平熱の判断として、高いときは38度以上、低いときは36度以下の時は様子をよく観察してください。
大人だと37度台の熱で、微熱があるな、と判断してしまいますが、赤ちゃんにとっては37.5度を超えないと発熱とは言わないのです。
特に38度以上の時は、発熱していますので、いつもより元気がない様子であれば、早めに病院に連れて行ってあげましょう。
逆に36度以下の時は、低体温になっている可能性がありますので、夏場のエアコンが効きすぎていないか、冬に部屋が寒すぎていないか、冷たい飲み物をたくさん飲んで体を冷やしてしまっていないかを注意してあげてください。
大抵の場合は、生活リズムや生活環境を整えてあげることですぐに元に戻りますので心配はいりません。

赤ちゃんの平熱を知ることの大切さ

dcb02858f6899d0008c4dd243d28e4bc_m

平熱を知ることは赤ちゃんの体調管理にとってもとても大切なことです。
熱だけで判断出来ないこともありますが、赤ちゃんの様子を観察するときの目安にもなります。
予防接種の時でも、37.5度を超えていると接種出来ませんよね。
赤ちゃんの平熱はこまめに熱を測って把握するようにしてくださいね。
ちなみに、赤ちゃんの熱を測るときは、機嫌のいい時を狙って測るようにしましょう。
また、水銀計よりも電子体温計のほうが早く図れるのでおすすめです。
赤ちゃんの平熱は、1歳くらいまでは36.5~37.5度が平均ですが、個人差もあります。
一番大切なのはお母さんが赤ちゃんの平熱を知っておくこと。
平熱がわかっていれば、体調が悪いときや熱が出たときにすぐに気づいてあげることが出来ます。

肌着の役割

ff884b3166030ea20139fc4ee7abfb92_m

平熱が37度くらいある赤ちゃんは、小さくても大人と同じだけの汗腺を持っています。
つまりとても汗かきなのです。
おっぱいやミルクを飲むときも全身を使って飲みますから、夏場には汗だくになるほどです。
赤ちゃんの肌着は、汗を吸収するのにとても大切なものです。

肌着を着る事の重要性

また、赤ちゃんの肌は大人の半分の薄さと言われていますから、洋服を直接着せてしまうと、縫い目やタグ、繊維などの刺激に直接お肌が触れてしまい、赤ちゃんのお肌を傷つける原因になってしまうのです。
それに肌着を着ていないと、汗をかいたときに直接洋服が汗を吸ってしまうことになります。
すぐに着替えさせてあげられればいいのですが、そうでないと汗で濡れてしまった洋服のせいで赤ちゃんの体温がだんだん下がってしまいます。
それを防ぐためにも肌着は必要なものなのです。

肌着を選ぶ基準

475fd150f1f084191596dbe77f61fb62_m

肌着は吸湿性の高いものを選びましょう。
そして着ていることで保温も出来ますので、一石二鳥ですね。
肌着を着せないでパジャマを着せてしまうと、赤ちゃんがかいた汗はパジャマが吸収してしまうことになります。

赤ちゃんは体温が高いので、湿ったパジャマの中で汗と体温が肌の湿度を上げ、蒸れてしまって汗疹の原因になってしまうのです。
暑い時期でも肌着は必ず着せてあげるようにしましょう。
また、夏場の肌着でも必ず袖のあるものを選ぶようにしてくださいね。
一見ノースリーブは涼しそうに見えるのですが、脇の下の汗を吸い取ることが出来ません。
個人差はありますが、赤ちゃんは脇の下に汗をかく子が多いので、汗をしっかり吸収出来る、袖のあるタイプの肌着を選んであげてください。

洋服以外での体温調節の仕方

d7540395963288edc3a0c8576932c0b8_m

肌着やベビー服だけでは、赤ちゃんの汗予防には限界がありますから、夏はクーラーを使って部屋全体を涼しく過ごしやすい環境を作ってあげてください。
また夏はまだいいかもしれませんが、寒くなってくると夜中や朝方は冷えるので、風邪をひいてしまわないかと心配になってしまいますね。
そんな時は、スリーパーを使いましょう。

クーラーの冷え過ぎが心配な場合は、夜眠るときに扇風機を付けてあげてもいいですね。
ただし、赤ちゃんにずっと風が当たらないようにしてあげてくださいね。
風を浴び続けると、肌から水分が奪われて、脱水の原因になってしまうことがあるので身体によくないのです。
これは赤ちゃんに限ったことではありません。
扇風機のリズム機能や首振り機能、タイマーを使って、まんべんなく部屋中に風がいきわたるようにしてあげてくださいね。
また、赤ちゃんは布団をよく蹴ります。
寝るときにせっかくかけてあげても、ぽんぽんと足を元気に動かして、夜中にはまったく毛布やタオルケットを被っていない状態で眠っていることもしょっちゅうです。

スリーパーは、大きめのベストのようなもので、着る毛布と考えてください。
前の中心にファスナーやスナップがついていて、寝る前に着せてあげます。
冬用のモコモコした温かいものが一般的です。
長さも足元までありますので、少し大きめのサイズを着せてあげると足元まですっぽりと収まります。
これならいくら蹴っても体が冷えることはありません。

赤ちゃんの服装を決めるポイント

4e946d13d5de4b389dbe8938e91b1749_m

赤ちゃんが熱いと感じているのか、寒いと感じているのかは本人にしかわかりませんよね。
でも、外から見てもわかる方法があります。

寒い時

まず、顔色が青ざめていたり、手足の血色が極端に悪かったりするのは寒い証拠。
それに、赤ちゃんは寒いと泣くことで知らせてくれます。
泣くことで熱を生み出して、身体を温めようとしているのです。
オムツでもお腹が空いたのでもないのに泣いているときは、もしかるすると寒くて泣いているのかもしれません。
そんなときは、室温を調節したり、1枚多く着せたり、毛布を掛けてあげて温めてあげてください。

暑い時

逆に暑い時は、お腹や背中に注意してあげてください。
たくさんの汗をかいている場合には、衣類や室温などを調節してあげましょう。
真っ赤な顔をして泣いている時も、体温が上昇している合図です。
特に、普段から多く着せすぎてしまうと、赤ちゃんの体温が上がりすぎて「乳幼児突然死症候群」の原因となることもわかってきました。
赤ちゃんの体温管理は、慎重に行うことが大切なのです。

赤ちゃんの寝るときの服装に関する体験談

9a6e93c2b5661d14af2abc17836c9f59_m

夜寝るときには専用の洋服を着ますよね。
そう、パジャマです。
私の場合は、月齢が上がってくると、着替えをすることによって生活リズムが身に付くと聞いたので、朝起きたら洋服に、寝る前はパジャマに着替えさせるようにしました。
新生児のうちは必要ないと思っていましたが、上下分かれた洋服を着られるようになったので、大人と同じように夜は寝るときの洋服に着替えると、メリハリがついていいかなと思ったからです。
大人でも着替えると気分が変わりますよね。
そのおかげか、朝と夜の区別がつくようになるのも早かった気がします。
特に、寝るのが大好きな子なので、パジャマから洋服に着替えさせるのに苦労しましたが。
ちなみに、お風呂上がりのパジャマは喜んで着てくれました。
夏でも綿の肌着に、綿の半袖パジャマを着せてあげるようにしました。
赤ちゃんは寝るときにバンザイの格好で寝ていることがよくあります。
これは、体温調節をしているのだそうです。
布団の外に出ている手が冷たいと不安になりましたが、赤ちゃんの足先や手先が冷たいのは、そこから体温調整をしているだけなので、身体があたたかければ心配はいらないとのこと。

私も気になったら体を触って安心していました。
ちなみに、冷たいからと手先、足先をしっかり覆ってしまうと、体温調節がうまくできなくなって汗をかいてしまい、汗疹の原因になるそうです。
私もそこは注意して、汗疹にならないように気を配っていました。
おかげで汗疹はほとんどできずに夏が終わりましたよ。
ちなみに、起きている時でも室内では靴下は履かせません。
外出する時だけ、靴下や帽子は使うようにしています。

まとめ

79e488b75b3fd81014a981d05b4637aa_m

いかがでしたか?赤ちゃんの体温が大人より基本的に高いこと、体温調節がうまく出来ないので大人がちゃんと気づいてケアしてあげないといけないことがお分かりいただけたと思います。
部屋の温度環境が快適であることはもちろん大切ですが、それ以外に着せるものでもさまざまな工夫が出来ます。
暑いとき、寒いときでそれぞれ心配事はあると思いますが、夏は吸湿性の良い肌着をしっかり着せて汗を吸収し、冬場は冷えてしまわないようにスリーパーなどを活用するなど、出来ることはたくさんあります。
赤ちゃんによって、暑い、寒いと感じるのに個人差はありますが、赤ちゃんの平熱をしっかり把握して、お母さんが落ち着いて観察してあげれば、どうしたらいいのかわかりますよ。
赤ちゃんと気持ちよく楽しい日々をお過ごしくださいね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER