MUGYUU!ロゴ

縫い目が内側にある肌着は赤ちゃんの肌に影響はない?肌着の縫い目に関して詳しく紹介!

子育てをしていると、色々な悩みや不安を抱えてしまう事、多いですよね。
しかし、それぞれの赤ちゃんとそれぞれのママによってその答えは異なり、なかなか納得のいく答えが見つけられずに困り果てている方も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

その中で今回は、多くの方が疑問に思っている肌着の種類と選び方について説明します。

赤ちゃんが身に付ける肌着ですが、一言で肌着と言っても、生地や形などにはたくさんの種類があり、店頭を見てみても様々なタイプのものが置かれています。

「どんなタイプがあるの?」「縫い目が内側にあるものは?」など、多くの方が悩んでいるポイントについて、説明したいと思います。

赤ちゃんの肌着の特徴

83ece63f171f50e24cec833b6b6a72f2_m

生まれたばかりの赤ちゃんの肌は、私達大人に比べて随分デリケートだと言われています。
出来れば肌トラブルがなく、気持ちよく過ごさせてあげたいですね。

そこで欠かせないのが、肌着です。

赤ちゃんが着る肌着には、主に、重ね着や様々な種類の肌着を使い分ける事での体温調節と、清潔を保つ役割があります。

赤ちゃんは大人に比べてまだまだ体温調節を行う機能が未熟なので、室内の温度と合わせて衣類の調整をしてあげなければなりません。
同様に汗腺が未熟であるとも言える為、基本的には大人よりも熱を逃がしにくく汗っかきです。

肌着はその汗を吸い取って、肌の清潔を保ってくれます。
その他にも、赤ちゃんは1日に何度も衣類を汚してしまう事があるので、そんな時も肌着を替えるだけで綺麗にしてあげる事が出来ますね。

赤ちゃんの肌着の種類

49ac503c99506db41625400bb816df04_m

赤ちゃんの肌着にはたくさんの種類があり、季節やその成長に合わせて選ぶ事が出来ます。
基本の肌着として、紐で結ぶタイプでそれぞれ長さの違う短肌着と長肌着があります。

出産準備リストなどにも、ほとんどの場合にこの2種類が書かれていると思います。

これらは秋冬、または春夏でも気温の調節が難しい時には、短肌着の上に長肌着を重ねるなどの使い方も出来るので、とても重宝します。

また、長肌着の股下部分にスナップが付いていて左右の足をズボンのように分ける事の出来るコンビ肌着というものもあります。
スナップを留めずに、長肌着のような形で新生児期から使う事も出来るので、便利ですね。

その他にも、股下にスナップがついて体にフィットした形の、ボディスーツと呼ばれる欧米型の肌着も人気です。
しかしこちらは欧米でよく着られる頭からかぶるタイプのものが多い為、低月齢でまだ首がしっかり座っていない赤ちゃんに着せるには、多少難しかったり、赤ちゃん本人が嫌がる場合もあります。

赤ちゃんの肌着の工夫

c73a80b22b4d0ba838e5b1e6ce9838a8_m

これらの肌着には赤ちゃんのデリケートな肌を守る為の工夫が施されています。
多くの大人が着る肌着や洋服と違い、その縫い目が内側ではなく外側になるように作られているものが一般的です。

また、素材にはガーゼや綿を使用、生地には平編みやリブ編みなどで作られた柔らかいものを使用し、赤ちゃんに負担が掛かりにくく肌触りの良いものが多いです。

新生児用の肌着の縫い目が外側にある理由

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_m

生まれたばかりの赤ちゃんの肌は非常にデリケートで、少しの刺激でも肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

赤ちゃんは言葉が話せず、かゆみやかぶれを感じていても訴える事が出来ないので、出来れば肌トラブルを起こさないよう気を付けてあげなければなりません。
その為の工夫として、肌着は通常では内側にある生地の縫い目が内側ではなく、外側になるように作られています。

同様に、ほとんどの衣類では内側に縫い付けられている事の多いタグが外側に付けられていたり、あえてタグがなく記事にプリントされているものもあります。

縫い目が外側にある肌着は、内側にあるものに比べて肌に優しく、低月齢の赤ちゃんでも安心して着せる事が出来ますね。

縫い目が内側の肌着はどの赤ちゃんもOK?

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_m

肌着の縫い目は、デリケートな赤ちゃんの肌への刺激にならないよう外側にあるものが多いですが、中にはほとんどの洋服と同じように内側にあるものもあります。
赤ちゃんの肌への負担を考えると縫い目が外側にある肌着の方が安心して着せる事が出来ますが、よほど肌の弱い赤ちゃんでなければ、内側にあるものでも問題なく着せる事が出来ます。

「直接縫い目が当たるとかぶれたりするのでは…?」と心配になるかもしれませんが、基本的には、あまり神経質になりすぎなくても大丈夫です。

日本では赤ちゃんの肌着は縫い目が外側にあるのが一般的だと考えられていますが、海外では、むしろほとんど見かけないようです。

敏感肌の赤ちゃんは注意を

3ae40f53dd72a4e388fe55ad5f12ed43_m

敏感肌や乾燥肌、アトピーのある赤ちゃんの場合は、注意が必要です。
その程度にもよりますが、悪化を防ぐ為には、念の為内側に縫い目がある肌着は避けた方が良いでしょう。

また、稀にですが普段は肌トラブルのない赤ちゃんでも、紫外線をたくさん浴びた後など、縫い目が当たるとかゆみやかぶれが起こる事もあります。
気を付けて観察してあげながら、肌着を選んであげる必要があります。

内側に縫い目がある肌着を誤購入した時は

1a5b9a736f1be45c0ee1ef36b03fb9b0_m

基本的に、赤ちゃんに明らかな肌トラブルがなければ、あまり神経質になりすぎなくても大丈夫でしょう。
内側に縫い目がある肌着を着せても問題ない事がほとんどです。

しかし、夜間など長時間寝たままで体に縫い目が当たり続けるなど、どうしても気になる時は、肌着自体を裏返して着る事で、直接肌に当たる事を防げます。

そして、体にぴったりとフィットする形やサイズの肌着よりも、少しゆとりのあるものを選ぶ事で、縫い目部分が体に当たりにくくする事も出来ます。

縫い目が内側にある肌着では、タグも同様に内側に縫い付けてある事が多いので、切れるものであれば切ってあげると、体に当たって刺激になる事を防いであげられますね。

内側に縫い目がある肌着はいつ頃から?

360700fb9b4772f971489a70d6c20a80_m

生まれたばかりの赤ちゃんの肌は、大人に比べてデリケートなので、衣類や特に肌着に関しては、出来る限り刺激の少ないものを選んで着せてあげなければなりません。
肌が弱く、敏感肌や乾燥肌、アトピーのある赤ちゃんの場合はこの通りではありませんが、だいたいの目安として肌着の種類を変えていく時期がいつ頃なのか、知っておくと良いですね。

赤ちゃんによりますが、成長とともに徐々に元気よく足を動かすようになってくると、産後すぐから使われる事の多い短肌着や長肌着は、足元がはだけやすくなってくる事が多いです。
コンビ肌着と組み合わせて使う事で、はだけずに赤ちゃんの足まで隠してあげる事が出来ます。

同時に、首の座り始めからは被るタイプの肌着も着る事が出来るようになりますが、これは着せ方にママや赤ちゃんの好みがある為、無理に変える必要はありません。

寝返りの時期からは、肌着の紐が体に当たる事を考えて、あえてかぶるタイプやボディスーツを選ぶというママも多いようです。

縫い目に関しては、新生児期の50~60センチが小さくなってきて70センチの衣類を選ぶ時期になってくると、通常の衣類と同様に縫い目が内側に作られているものが多くなってきます。

つまり70センチの衣類を着始める赤ちゃんの多い約2ヶ月頃からは、特に肌の弱い赤ちゃんでなければ縫い目が内側にあるものを着用しても、問題ないと考えて良いでしょう。

低刺激を選ぶなら縫い目が外側にあるものを

ca04a31470f09905126307f610ce3cea_m

やはり最も赤ちゃんへの負担の少ないものを選ぶのであれば、縫い目が外側にある肌着がベストだと言えます。
中でも紐で結ぶタイプの肌着は赤ちゃんの大きさを選びにくく、75センチ以上の赤ちゃんでも、長くてだいたい10ヶ月頃まで着用する事が出来ます。

ガーゼ素材のものなどは肌触りがよく肌への負担は少ないですが、伸縮性があまりないので、成長と共に赤ちゃんが手足を動かしにくくなる事があります。

そうでなければ、着れる間は長く使い続けても良いでしょう。

まとめ

01c08c768e5d21c307a1df22a1680759_m

赤ちゃんのデリケートな肌の事を考えると、肌着選びも慎重になりますね。
ですが、赤ちゃんとその月齢や大きさによって、必要としている肌着には違いがあります。

ここまでにまとめた事を頭に入れながら、過ごしやすい肌着を選んであげたいですね。

赤ちゃんの月齢が小さいうちは特に、汗だけでなく、うんちやおしっこ、吐き戻したミルクやよだれなど、とにかく衣類を汚す機会が多いものです。
そんな時も、肌着を多めに用意しておいてあげれば、サッと取り替えて気持ち良く過ごさせてあげる事が出来ます。

肌着の縫い目に関しては、神経質になりすぎる必要はなく、赤ちゃんの成長に合わせて肌着の種類を選んであげて下さいね。

また、室内の湿度が低く乾燥が酷い時には、赤ちゃんの肌はトラブルを起こしやすくなります。
それは大人でも同様です。肌着を調整してあげる事の他にも、室内の環境を整えてあげる事も非常に大切だと言えるでしょう。

いつも側にいるママだからこそ、赤ちゃんの小さな変化も見逃さないで、気付いてあげる事が出来ると良いですね。
オムツ替えやお風呂の時などにはしっかりと全身にかぶれや発疹・発赤がないかどうか観察してあげて、必要に応じて肌着を選んであげましょう。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER