MUGYUU!ロゴ

赤ちゃんの肌着は外干し?室内干し?赤ちゃんの肌着に適している干し方を徹底解説

毎日の育児に追われて、心の余裕を無くしていませんか?

初めての育児は、わからない事だらけですよね。
赤ちゃん服の洗濯1つ取ってみても、洗剤、洗濯の仕方、干し方など、情報が溢れています。

特に最近は、大気汚染の話題がニュースになる事も多く「赤ちゃんの肌着を外に干すのが怖い」と考えているお母さんも多いようです。

そこで今回は、赤ちゃんの肌着を干す時に、外干しと室内干しについてそれぞれのメリット・デメリットを交えながら、ご紹介していきます。

基本は外干しが良い

203fa09c7098eb7c40f425e235501cbe_m

結論を先に言うと、赤ちゃんの肌着は、外干しにした方が絶対に良いです。
それは外干しには、室内にはない日光があるからです。

日光には、殺菌作用という素晴らしい働きがあります。
赤ちゃんの肌着を室内干しを続けていると、汚れ部分がカビてきたり、匂いがする事がありますよね。

ほんの数時間洗濯物をお日様に当てるだけで、これらのカビや匂いの悩みは一気に解決するんです。

それでは次に、赤ちゃん肌着を干す際は外干しの方が絶対に良いと言える理由を、ご紹介していきます。

洗濯物が乾く為に必要な、4つの要素

0208b89a218f624cc647df0b31f54c19_m

洗濯物が乾くには、以下の4つの要素が必要になります。

  1. 日光
  2. 風通し
  3. 気温が高い事
  4. 湿度が低い事

要は、この4つが揃っていれば、洗濯物は完璧に乾くという事です。

見ての通り、これらはすべて外にあるものです。
ですので、外干しにすれば上記の4つはすべて揃いますよね。

また、日光に当てる事で先程お話した殺菌作用も期待出来ますから、赤ちゃん肌着を干すのは外干しの方が絶対に良いんです。

なぜ室内干しでは乾きにくいのか

84027298c591b1c6296bffde97994922_m

それでは反対に、この4つが全くない場合を考えてみましょう。

4つがない状態とはつまり、

  1. 日光が無く
  2. 風が通らず
  3. 温度が低く
  4. 湿度が高い

もうこれ、文章を見ただけで「絶対乾くわけない」って、すぐ分かりますよね。

事実、この状態で干した洗濯物は何時間干した所で、ほとんど乾きません。
夜中室内に干し「朝になっても夜干した時と全く同じ状態で、全然乾いていなかった」という経験ありませんか?

これはつまり、洗濯物の乾燥に必要な4つの要素が全くない状態だったという事なんです。

洗濯物を干す時に考える事

1dc7a9a5c015781130b61d19506c3784_m

赤ちゃんの洗濯物を干す時は、出来るだけ外に干す事これを第一に考えるようにしましょう。

先程紹介した、洗濯物が乾く為に必要な要素の4つが全部揃っているのが理想ですが、「日が隠れている」「気温が低い」など乾く為の条件が、なかなか揃わない事も多いですよね。

ですので、4つを揃えると考えるのではなく「気温が低めだけど、お日様が出ているから外に干そう」と考えるようにしましょう。
先程紹介した、洗濯物が乾く為に必要な要素の4つの条件のうち1つでもOKなら、洗濯物はその分だけ乾きやすくなるという事です。

ですので、「赤ちゃんの肌着を外干しにしたいけれど、本当に外に干しても良いのだろうか」と悩んでいる人は、今日からでも是非外干しを試してみて下さい。

殺菌も出来ますし、何より服がパリッと仕上がりますから取り込んでいて気持ちよくなりますよ!

外干しが良くないと言われるのはなぜか

ca04a31470f09905126307f610ce3cea_m

「赤ちゃん肌着を外干しにすると、赤ちゃんの健康に害があるのではないか」と心配する意見も、よく耳にしますよね。
特に近年は、インターネットでの情報が氾濫していますから、これは良い、あれは悪い、という判断がなかなか難しくなっているのは事実です。

でも「外干しが良くない」と言われる理由のほとんどは、神経質になりすぎている事から来ています。

実際は赤ちゃんの肌着を外に干しても、ほとんど害はありません。
そこで、外干しが良くないと一般的に言われている、大きな2つの理由を検証していきたいと思います。

PM2.5

4748959d874475d43bbeae6aaf654d34_m

PM2.5は、現代になってから急に発生したものであるかのように思われがちですが、実は大昔からありました。

霧の都として有名なイギリスの首都ロンドンも、実は霧の中にPM2.5が多く含まれていた事が、つい最近になって報道されたぐらいです。

要は、昔からあった空気の汚れに、「PM」という名前を付けただけって事です。
昔は、少しぐらい空気が霞んでいても、特に何も言われなかったですからね。

ましてやその大気汚染物質が赤ちゃんに深刻な害があるなら、もっと昔に明るみになってすでに多くの被害者が出ていたはずです。

でも、そんな話聞いた事ありませんよね。
それに、もしもPM2.5がそんなにも気になるなら、そもそも赤ちゃんを外に連れて歩く事も出来なくなってしまいます。

でも、たとえPM2.5の警報がニュースで出ていたとしても、普通に外出してますよね?
だったら、赤ちゃんの肌着を外に干すのだって、同じ事です。

何も問題はありません。

動物の毛

3cfb747bdc87c4dacd090210a0b95d5e_m

「赤ちゃんの肌着を外に干すと、動物の毛が赤ちゃんの服に付くんじゃないかと心配」これもお母さんたちからよく出てくる、定番の質問の1つです。

確かに、ご近所やマンションの上の階などに動物を飼っている家庭がいると、ベランダに干してある赤ちゃんの肌着に動物の毛が付いてしまう事は、やっぱりどうしても気になってしまいますよね。

ペットOKのマンションであれば、尚更です。
でも、ペットを飼っているご近所に対して「うちは赤ちゃんがいるから、ペットを飼わないで下さい」なんて言えませんよね。

そんな事を言い出したら、ご近所の人が犬の散歩に来ている公園には赤ちゃんを連れていけない事になってしまいます。
これではキリがありません。

ですので、どうしても気になる時は次のように考えてみましょう。

まず実際問題として、ペットから人への感染が心配なのは狂犬病ぐらいです。
現在、狂犬病の予防接種は法律で義務づけられていますから、ほとんどのペットでは発症しません。

それに、狂犬病の感染経路は噛み傷からです。
毛から空気感染する訳ではありません。

その他だと、リケッチアや寄生虫なども、確かに伝染病の情報としてはあります。

ですが、もしも毛がベランダなどへ入って来たとしても、ウィルスはすでに乾燥して死滅していますから、毛が少しぐらい赤ちゃんの肌着に付いた所で赤ちゃんが発症するような事はまずありません。

それに「毛から感染した」という話は、ほとんど聞いた事がないはずです。
動物の毛が伝染病の原因になる、という事が言われ出したのは、ごく最近の事です。

また、子供が小さい頃から動物に親しんでいた方が、免疫力がつくという学説もあるぐらいですから、ペットの事であまり神経質になりすぎる必要ありません。

もし仮に赤ちゃんの肌着にペットの毛が付いていても2、3回叩けば落ちますから、どうしても気になる人は、洗濯物を取り入れる時に軽く叩くだけで十分です。

室内干しのメリットは、「朝の時間短縮」

977b48e4384f1132674bf163cd1d916f_m

赤ちゃんの肌着は、外干しにした方が乾きやすく殺菌効果も期待出来ますので、出来れば是非毎回外干しをしていきたい所です。

しかし、家の構造や家庭内の事情などでどうしても外に干せない、という事もありますよね。
室内干しには、室内干しなりのメリットも、もちろんあります。

夜干せる為、朝の家事の時間を短縮

e890579c98fe737caad867f0c653f23f_m

現在室内干しをしているお母さん達が、最大のメリットだと考えているのが、朝の家事の時間を短縮出来るという事です。

夜洗濯をした場合は、外には干せませんから、必然的に室内干しになります。

翌朝は、そのままベランダや庭に出せば良いだけですから、赤ちゃんの肌着を洗濯して、ハンガーにかける、という朝の仕事が1つ減ります。

一番忙しい朝の時間帯の家事を減らす事が出来るのは、かなり大きいですから。
これは室内干しの最大のメリットだと言えます。

室内干しには、扇風機が大活躍

fd47a008c0d769bf8641eb7c443e6646_m

「赤ちゃんの肌着を室内に干すと、カビや匂いが心配」という人は、夜干す時に換気扇を回したり、除湿機を付ける事で空気が循環し、部屋に湿気がこもるのを防ぐ事が出来ます。

特におすすめは、扇風機です。

クーラーの除湿に比べれば扇風機の電気代はほとんど掛かりませんから、夜干している間だけでも扇風機をつけておけば、ぐっと乾きが良くなります。

これで、夜の間に赤ちゃんの肌着を乾かす事も可能です。

また、最近は室内に干しても匂いになりにくい「室内干し用の洗剤」というのもスーパーなどで売っていますから、そちらも是非試してみて下さい。

普段は室内干しでも、最後はやっぱり外干し

1381cdd3d8ee353b0371001e5c2e87eb_m

  1. 朝の時間短縮をしたい
  2. 夜のうちに干しておきたい
  3. 室内干し

という理由から室内干しをしている人でも、翌日の昼間やせめて最後の数時間は外へ干す事をおすすめします。

たとえ、扇風機や除湿機が室内干しで大活躍したとしても、殺菌効果だけはお日様にはとても敵いません。

ちなみに私も、赤ちゃんの洗濯物は夜に干すタイプですが、翌朝お天気が良ければ必ず外へ出して干すようにしています。

やっぱり、外で乾かす方が気持ちが良いですよ!

まとめ

45826700164a59177893ad8204da6e74_m

いかがでしたか。

今回は、赤ちゃんの肌着を外に干しても本当に良いのかどうか迷っているというお母さんの為に「外干しと室内干しの両者のメリットとデメリットを比較し、外干しの方が理に適っている」という事についてご紹介をしてきました。

それは、洗濯物が乾く為の必須条件である

  1. 日光
  2. 風通し
  3. 気温が高い事
  4. 湿度が低い事

上記の4つの条件が、外干しには全て当てはまるからです。

さらにこれに、日光の殺菌作用が加わりますから、お日様の下で干す事に勝る干し方はありません。

大気汚染やペットの毛などを気にして室内干しをしている人もいますが、これは神経質になりすぎてしまっています。

そんな事を気にし出したら、外へ出る事も出来ませんよね。

ですので、もしもあなたが今「赤ちゃんの肌着を外干ししても、本当に害がないのだろうか」と考えているなら、過度の心配は不要です。

外干しが出来る環境であれば、安心して外干しを続けて下さい。

また、家の構造や家庭の事情、あるいは朝の時間短縮の為に夜洗濯して室内に干しておく、というお母さんも多いです。

ですが、たとえ室内干しをしなければならない環境であったとしても、翌朝日が差した時に外に干す、最後の数時間は外に干しておく、など外に干している時間を少しでも、確保するようにして下さい。

お日様で殺菌された肌着の方が、赤ちゃんもきっと喜びますよ!

育児生活の大敵は、何よりもストレスです。

「赤ちゃんの肌着を外に干しても良いんだろうか」などと考え込んでしまったら、その事がストレスになってしまい育児疲れの原因にもなってしまいます。

家事や育児を楽しくこなしていく秘訣は、ストレスを少しでも減らす事です。

周りの言葉や情報に惑わされず、ストレスのない楽しい育児生活を送って下さいね!

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER