MUGYUU!ロゴ

悪天候続きで赤ちゃんの肌着が乾かない・・・。赤ちゃんの肌着に乾燥機は使用可能かわかりやすく説明します!

もうすぐ初めての子供が産まれるあなた、出産準備は進んでいますか?
育児書や口コミなどを見てみると、様々な事が書いてあって悩んでしまう事でしょう。

その中に、必要な物の1つに「乾燥機」が挙げられているものがあります。
果たして本当に乾燥機は在った方が良いのでしょうか?
そもそも、赤ちゃんの肌着を乾燥機にかけても大丈夫なのでしょうか?

今回は、赤ちゃんの肌着洗いに乾燥機は必要なのかについて解明していきます。

赤ちゃんの肌着に乾燥機は使用可能か

59a91c8e4b7c20cb92fedb8083dd5de6_m

赤ちゃんの肌着を乾燥機にかけても大丈夫なのか悩んでいる大きな理由は、肌着が縮んでしまうのではないかと心配しているからではないでしょうか。

なぜ「乾燥機=衣類が縮む」というイメージを持ってしまうのか、まずは乾燥機の仕組みについて見ていきましょう。

なぜ衣類が縮むの?

b327857af832e15274e8cdd4849194ae_m

肌着のタグを見てみると、洗濯上の注意としてタンブラー乾燥はしないように、と書かれているものが多いです。

タンブラー乾燥というのは、コインランドリーのように、回転させながら熱風を送り込んで乾燥させる方法の事です。

回転させるという事は衣類が摩擦される事だし、洗濯物の水蒸気を飛ばす程の熱風となるとかなりの高温になるので、衣類へのダメージはかなり大きいです。

とりわけ綿製品などの天然素材の物は、長時間激しく回転される事で縫製が崩れ、さらにそれが熱で圧縮されてしまうという、縮みやすい性質を持っているのです。

赤ちゃんの肌着に乾燥機はOK?

ed9157ae79f9152de5c4a56b20bb28ce_m

赤ちゃんの肌着の材質を見てみると、綿100%など天然素材の物が多いです。
ポリエステルなどのような化学繊維を使用している物もあります。

ですが、お母さんの心理としては「肌に直接触れるものだから」とやはり天然素材の物を選んでしまうのではないでしょうか。

上記でも説明した通り綿製品はとても縮みやすいです。
その為、乾燥機の使用は控えた方が良いでしょう。

ただし、最近ではヒートポンプ方式の乾燥機も普及してきました。

これまでのひたすら高熱を送りこむタイプとは違い、出来るだけ乾燥した熱風を送り込む事で、洗濯槽内の湿度がこれまでよりも低くなり、高熱の風でなくても十分乾くのです。

このタイプなら、長時間使用しなければ衣類にそれ程影響はないようです。

肌着以外は乾燥機にかけてもOK?

b2b65451d03dde885f415ee2fbe60b8a_m

では、肌着以外の物はどうなのでしょうか?
乾燥機にかけて良い物と控えた方が良い物に分けて紹介していきます。

乾燥機にかけて良い物

758743e14b52747d64617ee1ceb3e55b_m

タオル類

コインランドリー程ではないですが、タオル類を乾燥機にかけるとふんわりと仕上がる気がします。

シーツ

赤ちゃんの頃だと、紙おむつをしていてもおしっこが漏れてしまったり、おむつの取替え中にまたおしっこをしてしまったりしてシーツを濡らしてしまう事がよくあります。
シーツは化学繊維を使用している物が多く、ゴムや紐などでマットを包むタイプだとシワも気になりません。

靴下

伸び縮みする製品なので、化学繊維を使用している物が多いです。
シワもよりにくいです。

毛布

アクリル毛布だと問題ありませんが、乾燥機に掛けすぎるとダメになってしまうので、他の物と混ぜないよう単品で乾燥機に入れましょう。

控えた方が良い物

c596e7576b0c231e61b5ffe1b1b4c7c9_m

外出用の衣類

乾燥機にかけるとどうしてもかなりのシワが出来てしまうので、外出用の物など人目についてしまう物はアイロンをかけなくてはいけません。

それだと返って時間が掛かってしまうので、シワになっても良い物だけにしましょう。

布団類

綿が入っている物を乾燥機にかけると、ふんわり仕上がるどころか傷んでしまいます。

乾燥機にかける時のポイント

85792f31e80f9d00b43515a11ae7f46e_m

長時間使用しない

乾燥機にかけて良い物でも、長時間熱に晒されれば当然傷みます。
誰かに譲ったりお下がりを考えている物は使用を控えましょう。

ほどほどの量を入れる

乾燥機に詰め込みすぎると、乾燥にムラが出来てしまいます。
反対に少なすぎると衣類がより激しく回転してかなり傷めつける事になります。

多すぎず少なすぎず、適度な量にして下さい。

乾燥機以外で赤ちゃんの肌着を乾かす方法

80643d5e7615d482827812fc86af23e5_m

雨や雪など、外に干せない時はどうしたら良いのでしょうか。
その方法をいくつか紹介します。

除湿機

71b5c8f81c94b33742749f21b2ef460b_m

赤ちゃんの肌着に限らず、洗濯物を室内干しする時に除湿機を使用したり、暖房乾燥機能のある浴室に干したりしていると思います。

確かにただ干すよりは乾きは早い気もしますが、すぐに乾く事はないので、すぐ使用したいという人にはオススメ出来ません。

ストーブなどの暖房

af9eea3c38a24add66d2ff23c0e4ffde_m

秋冬には暖房を使いますが、その熱風を利用します。
熱風が当たる所に洗濯物を吊るしておけば、薄手の物ならあっという間に乾きます。

それに、暖房をつけると部屋が乾燥しがちですが、洗濯物からの水蒸気は加湿効果もある上、部屋もより暖まります。

但し、ストーブの近くに洗濯物を置くのは火災の原因になるので、必ず十分離して下さい。

風乾燥機能

a05765fd954b18c9a236ff32c13ee3cf_m

熱風ではなく、送風機能が付いている洗濯機があります。
30~2時間程度の設定のものがほとんどですが、長時間回していても完全に乾く事はないので、結局干さなくてはいけません。

ただ、風を送るだけでも大分乾き具合が違うので、さらに吊るした洗濯物に扇風機の風を当てるのも効果的です。

乾燥機はあった方が良い?

f4dc2e04b3d5cf69720d0675b7449180_m

縮む衣類があるとしても、それでもあったらきっと便利な乾燥機。
ここでは、乾燥機のメリット・デメリットを整理する為に、それぞれの意見をまとめてみました。

メリット

fffcdbc7875388180a1d4a63f7b12fd4_m

洗濯物を干す手間が省ける

子育ては時間との闘いです。

これまで当たり前のようにしていた洗濯も、赤ちゃんをあやしたり自分の睡眠不足で疲れきったりで、なかなか思うように出来ずにストレスを感じてしまうものです。

乾燥機があれば、いちいち干す手間が省けるので、その分休めて助かる事でしょう。

デメリット

dfeb5966c01f1ee6823e2c6543a9b6fa_m

コストが掛かる

小型の乾燥機であれば3万程度のものがありますが、洗濯機との一体型になると10万以上は掛かります。

また、あるメーカーの場合、タテ型タイプの洗濯機を使用した時の1回あたりの電気代は1.7円なのに対し、同メーカーのエコ性能の高い洗濯乾燥機の1回あたりの電気代は62円となんと36倍もの差があります。

数字だけ見ると大した額ではないように見えますが、赤ちゃんがいると1日に何度も洗濯機を回す事になるので、1ヶ月の電気代で考えればかなりの額になります。

洗い分けしなくてはいけない

洗濯した物を一度取り出し、乾燥機にかけて良い物・ダメな物に仕分けるのは結構手間です。

「シワとか縮みとかどうでも良い」という人でも、前述の通り乾燥機に詰め込みすぎると仕上がりにムラが出来てしまい、全て乾くまで回し続けるのは非効率だし電気代も掛かってしまいます。

シワ伸ばしが大変

タオル類ならまだしも、ガーゼなどはかなりくしゃっとしてしまい、アイロンをかけないと使い物になりません。

例え干す時間が省けたとしても「シワ伸ばしに時間が取られてしまうから、乾燥機は必要ない」という意見もあります。

赤ちゃんの肌着を誤って乾燥機にかけてしまった時

905c6d74f52d6316e8a1969a95f09ce2_m

自宅に乾燥機があり、うっかり赤ちゃんの肌着が紛れ込み、縮んでしまってお困りのあなた!
諦めるのはまだ早いですよ。

まずは次の方法を試してみましょう。

濡らして伸ばす

5063c2579f8be68ef763a65ddf1ba4a5_m

縮んでしまった肌着を水で浸し、手で引っ張って伸ばしてから干すと、ある程度戻ります。
綿製品は水分を含む事で編み目の配列が崩れます。

衣類の縮みは、編み目が崩れた状態に熱が加えられ圧縮して起こるものなので、その性質を利用するのです。

スチームアイロンをかける

770615a9814f95f17cd131b7d257951b_m

熱で縮んでしまった肌着を熱で伸ばす方法です。
縮んでしまった衣類をマチ針などで引き伸ばすように留め、アイロンを少し浮かして全体にスチームをかけて下さい。

乾ききるまでマチ針は取らないで下さい。

コンディショナー(リンス)を薄めた水に浸す

14e9925c0892a418a760559c55fcd9ec_m

ぬるま湯にたっぷりのコンディショナー(リンス)を溶かし、30分程浸けた後、十分に濯いで干せば縮みもかなり回復します。

コンディショナーのジメチコンという成分が、肌着の繊維をサラサラにして縮んでいた縫い目をほぐしてくれるのです。

まとめ

846eec4d2e2aec0be92f7b1d84183fb1_m

以上のように、乾燥機を導入すれば家事の時間も短くなるかと思いきや、洗い分けやシワ伸ばしの為のアイロンがけなど、手間も増えてしまいます。

何より、赤ちゃんの肌着は縮んでしまう可能性が高いので、せっかく可愛い肌着を買っても数回袖を通しただけで着られなくなってしまう事もあるかもしれません。

更に、乾燥機は初期費用だけでなく電気代も掛かるので、決してお得な買い物ではありません。
そもそも、赤ちゃんの肌着は小さいし薄手の物が多いので、普通に干していてもその日のうちに乾きます。

特に頻繁に使うガーゼなどは、畳まずに干している物をそのまま使っても良いくらいすぐ乾くので、そんな風に程よく力を抜けば子育て中の洗濯も乗り切れるものです。

という事で、乾燥機の購入を検討中のあなた!
決して洗濯が楽になるという訳ではないので、慌てて購入せず、赤ちゃんが生まれてから考えてみた方が良いと思いますよ。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER