MUGYUU!ロゴ

340

洗い残しは肌トラブルの原因に!赤ちゃんの日焼け止めの正しい落とし方

紫外線が及ぼす健康被害が明らかになるとともに、最近では大人からこどもまで、紫外線対策をしっかりするように言われています。

自分に日焼け止めを塗った日、皆さんはどうしていますか?

多くの方が、「クレンジングとボディーソープでしっかり落とす!」と、答えると思います。
日焼け止めは私達の健康を守るために必要なものですが、肌への負担は大きいのも事実。

でも、赤ちゃんに塗った日焼け止めはどうやって落としたらいいか、正確な知識を持っている人は少ないのではないかと思います。
そこで今回は、病院では教えてくれない「赤ちゃんの日焼け止めの落とし方」について紹介していきたいと思います。

顔と体の洗い方の実際や、落としやすい日焼け止めの選び方など、知っておきたい情報が満載です。

赤ちゃんの肌と日焼け止めの必要性

日焼けの原因になる紫外線は、骨の形成を助けるビタミンDを合成する働きもしますが、必要以上に浴びることで肌の老化を早めたり皮膚がんの原因になります。

「赤ちゃんの時期は新陳代謝が高いから、少しくらい日焼けしてもすぐ元に戻るはず。」

と、いう考えは間違いです。

紫外線の影響は、赤ちゃんの頃から少しずつ蓄積していきますので、早いうちから日焼け止めを効果的に使い、紫外線対策をする必要があります。
また、日焼け止めなしに強い紫外線を長時間浴びることで、皮膚が「やけど」と同じ状態になることもあります。

赤ちゃんの肌は、バリア機能を持つ角質層が大人の1/3程度しかないこと、皮膚の水分を守る皮脂の分泌が不安定なことから、とてもデリケートです。
赤ちゃんの肌に日焼け止めを塗ることに抵抗がある人もいるかと思いますが、紫外線の影響を考えると赤ちゃんにも日焼け止めは必要です。

b2136bf671d695e9f5d2b5c75927b2fc_m

なぜ日焼け止めは落とさないといけないの?

紫外線から守ってくれる日焼け止めですが、しっかり落とさないことも肌トラブルの原因になります。

主な原因は3つです。

①毛穴が詰まる
赤ちゃんは、体の全機能が未熟なため、汗や皮脂が分泌される汗腺や皮脂腺が詰まりやすい傾向にあります。
日焼け止めを長時間付けていると、それらがより詰まりやすくなり、湿疹の原因になります。

②肌が乾燥する
日焼け止めを長時間塗ることで、肌のバリア機能は低下して水分は蒸発し、肌は乾燥します。
乾燥した肌は外からの刺激を受けやすくなり、肌トラブルが起こります。

③雑菌の繁殖
長時間にわたって日焼け止めを塗ると、肌が弱酸性からアルカリ性に傾き、肌の健康を守る常在菌のバランスが崩れるため、雑菌が繁殖しやすい状態になります。

日焼け止めを落とすのに石鹸は必要?

まず、赤ちゃんに使う日焼け止めは「石鹸で落とせる」又は「お湯で落とせる」タイプを選びましょう。

石鹸で落とせるタイプ

「石鹸でおとせる」タイプの日焼け止めについては、必ず石鹸を使いましょう。
日焼け止めは、肌に塗った後すぐに汗などで流れおちないために、何らかの「油分」が含まれています。
この油分と水分を分離させないために必要なのが界面活性剤です。

界面活性剤には合成のものと天然のものがあります。
赤ちゃん用の場合は天然の界面活性剤が使われていることが多く、これだと石鹸で落とすことができます。

一方で、肌に刺激の強い石油系の合成界面活性剤ですとクレンジングを使わなければ落ちません。
天然由来とはいえ、界面活性剤は私達のの肌に通常は存在しないものですから、必要のない時にはしっかり落とさなければ肌への負担になります。

お湯で落とせるタイプ

「お湯でおとせる」タイプの日焼け止めについては、天然成分だけで作られたもの、合成成分を一切含んでいないのが特徴です。

お湯で日焼け止めは落ちますが、日焼け止めが必要なほど外にいたということは、汗や皮脂がたくさん出ていますよね。
汗をかいた後は、石鹸でしっかり洗うのが赤ちゃんのスキンケアの基本です。

また、お湯で落とせるタイプの日焼け止めは白くなりやすかったり、皮脂と混ざると落ちにくい場合もありますので、やはり石鹸で洗うことをおすすめします。

ba57b9ec1430a7cf9f66cb0227e6c282_m

日焼け止めの落とし方・正しい手順

用意するもの

・赤ちゃん用の石鹸(赤ちゃん用・低刺激と書かれているもの)
・赤ちゃん用のガーゼ
・お湯

顔の洗い方

①ガーゼを綺麗なお湯に付けてギュッと絞り、片目ずつ、目の中心から外側に拭きます。片目を拭いたらお湯ですすいで下さい。

②軽く絞ったガーゼで赤ちゃんの顔を濡らします。

③石鹸をよく泡だて、おでこ・両ほっぺた・鼻・あごを中心に、人差し指・中指・くすり指の腹で優しく、くるくると全体を洗います。

④お湯に濡らしたガーゼをこまめにお湯ですすぎながら、石鹸かすが残らないようによく拭きとる。(ガーゼをすすぎながら2回以上は拭き取りましょう。)

体の洗い方

基本的には顔と同じです。
赤ちゃん用であればボディーソープでも大丈夫です。
その場合、泡で出てくるタイプだと、より便利だと思います。

泡だてた石鹸を手やガーゼを使って全体的に優しく洗い、お湯で流します。
首や手首、足首のシワの間は日焼け止めが溜まりやすいところです。

シワはしっかり伸ばして洗いましょう。

442718

注意したいこと

・日焼けをした後の肌は刺激に敏感です。石鹸はよく泡だて、ガーゼで拭き取る際に一生懸命になり過ぎてゴシゴシこすらないようにしましょう。

・目の周りや唇など、皮膚が敏感な部位は避けて洗いましょう。(目の周りや唇には日焼け止めも塗れません!)

・石鹸かすが残っていても肌トラブルの原因です。石鹸はしっかり拭き取りましょう。

クレンジングシートは使って大丈夫?肌への刺激は?

クレンジングシートは元気に動きまわる赤ちゃんの日焼け止め落としには便利で簡単だと思います。
しかし、その成分には少なからず合成界面活性剤が含まれているため、肌への刺激は強いことが予測されます。

さらに気になるのは、拭きとる時の摩擦による肌への刺激です。

クレンジングシートを使うには、どうしても肌を直接「こする」必要がありますよね。
日焼けで弱った肌をゴシゴシこすることには、あまり賛成できません。

しかし、「絶対使ってはダメ!」というわけではありません。

商品の成分を見てお母さん自身が納得し、パッチテストで赤ちゃんの肌に問題なければ、外出時や忙しい時に上手に取り入れるのも、毎日忙しいお母さんの負担を減らす上で良いと思います。

2afee5ab2ebc5ab4c93b763d700a272f_m

洗い残しがあるとどうなる?

「洗い残し」は「落としていない」のと同じです。

日焼け止めを洗い残すと、毛穴の詰まりや乾燥、雑菌の繁殖の原因になります。

・ヌルヌルする
・白みが残っている
・日焼け止めの臭いが残っている
・皮膚がつっぱている
・いつも以上に水をはじく

こんな時は、日焼け止めが洗いきれていない可能性があります。

その場合はもう一度石鹸で洗う前に、乳液やベビーオイルを馴染ませると日焼け止めの油分が浮き、落ちやすくなります。
特に、SPFが高い日焼け止めやウォータープルーフは落ちにくいですので、洗う前に乳液やオイルを馴染ませ、優しく拭き取ってから洗うとよく落ちます。

洗ったあとはしっかり保湿を

しっかり日焼け止めを落としたからといって安心していてはいけません。
日焼けをした後、日焼け止めを塗った後の肌は乾燥しやすい傾向にあります。

さらに、必要なこととはいえ石鹸でしっかり洗うと、肌を守るために大切な皮脂まで洗い流しています。
バリア機能が低下し乾燥した肌は、外からの刺激物が入りやすく、肌トラブルの原因になります。

保湿方法

保湿方法のおすすめは、ベビーローションで水分を補給してからオイルで蓋をする「ダブル使い保湿」です。
ベビーローションは赤ちゃん用のものを選びましょう。

オイルの選び方

オイルには鉱物油(ミネラルオイル)と植物油がありますが、どちらにしても「精製度の高い」オイルを選ぶことが大切です。
指標としては「化粧品」と表示してあるものはスキンケアに使用できる精製度の高いオイルです。

植物油

現在、様々な植物油(オリーブ油・アーモンドオイル・ホホバオイル・ココナッツオイル等)があります。
植物油は肌に浸透しやすいオイルですが、精製されていないものだとアレルギーの原因になったり、酸化してバリア機能を低下させる可能性もありますので注意が必要です。

鉱物油

鉱物油の代表は「ベビーオイル」や「ワセリン」です。
皮膚をコーティングすることで保湿の役割を示します。

肌には浸透しないため、肌への直接的な影響が少ないとされています。

 
どちらを使うにしても、最初は赤ちゃんの肌に少し塗ってみて1日様子を見る「パッチテスト」を行ってから使用して下さい。

8818a3d50590b69400f134ba0e01cb8f_m

保湿のタイミング

保湿のタイミングは「お風呂から出て5分以内」が大切と言われていますが、焦ると危険です。

まずは赤ちゃんの安全と保温を第一に!
お母さんも赤ちゃんも準備ができた時点で、早目に保湿をしてあげると良いと思います。

落としやすい日焼け止めの選び方

日焼け止めは落としにくい程、肌への刺激が強いことになります。
赤ちゃんの肌に刺激が強い成分をいくつか紹介します。

▼紫外線吸収剤
有機化合物から作られるため刺激が強く、肌の敏感な赤ちゃんにではアレルギー反応を起こすことが多いといわれています。赤ちゃん用には刺激の少ない紫外線散乱剤から作られた日焼け止めがおすすめです。

▼合成界面活性剤(石油系界面活性剤)
化粧品にはほどんど含まれる成分で、油分と水分を乳化させて混ぜる役割があります。合成のものと天然のものがあり、合成のものは皮膚組織を溶かして浸透するため皮膚トラブルの原因になります。また、合成界面活性剤は石鹸では落とせません。

▼合成ポリマー
肌にピッタリと密着し、ツルツルに仕上げるもので、保湿剤の用に使用されますがクレンジング剤でしか落ちないものがほとんどです。肌に密着するため常在菌の働きを妨げ、バリア機能が低下します。成分表への表示名は様々な種類があるため、成分表を見ただけでは分かりにくいです。

▼アルコール
化粧品をサッパリとした使用感に仕上げるために含まれることがあります。成分表では「エタノール」と書かれていることが多く、赤ちゃんに肌には刺激が強い成分です。

▼パラペン
防腐剤の一つで、日焼け止めを長持ちさせるために使われます。日焼け止め等の化粧品は使っている途中で雑菌が入りやすいですので、赤ちゃんの肌にとってはパラペンが入っていないものを短期間で使いきることが安全です。また、パラペン入りの化粧品では、紫外線に当たると肌の老化を早める可能性もあります。

▼合成香料・着色料
色みや香りを出すために含まれる石油由来の成分で、シミや湿疹等の皮膚トラブルの原因になる上に、発がん性も疑われている成分です。天然由来の香料・着色料は問題ありません。

 
こちらの成分には色々な名前があり、実際は成分表をみても分かりにくいことが多いのが実際です。

187929

また、合成ポリマーはオーガニック製品にも入るくらい避けにくい成分で、敏感になり過ぎると使えるものがなくなってしまいます。

・成分はできるだけシンプルなもの
・紫外線吸吸収剤フリー・ノンケミカル・無香料・無着色のもの(避けやすい刺激成分です)
・少ない内容量のもの
・石鹸またはお湯で落とせるもの

を、選ぶようにして、使う前にはパッチテストを行いましょう。
しっかり落として保湿をしてあげれば、極度に恐がらなくても大丈夫です。

まとめ

今の時代、赤ちゃんにも欠かせない紫外線対策の一つが日焼け止めです。
良かれと思って使っても、洗い残しなくしっかり落とさないと、肌トラブルの原因になってしまいます。
正しい日焼け止めの落とし方と日焼け止めの選び方が分かれば、安心して日焼け止めを使えるようになりますね。

赤ちゃんに使うものは、必ずパッチテストを行い、赤ちゃんの肌との相性を確かめてから使いましょう。
また、日焼け対策は日焼け止めだけではありません。

日傘や帽子などを併用し、効果的に赤ちゃんを紫外線から守ってあげましょう!

4465fefe358b3f06dbc874e4f6772a90_m

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER