MUGYUU!ロゴ

赤ちゃんの発疹は体の赤信号!?慌てないで!発疹の症状と対処法

小さな赤ちゃんの皮膚はとっても柔らかくてつやつや。
しかし実はとっても敏感です。
少しの刺激で赤くなったり痒みが出たり、初めての育児は分からないことが次々と出てきますよね。
このくらいで赤く出るの?突然出てきたポチポチは一体何?など色々な疑問や不安に対し、赤ちゃんの様々な皮膚症状についてその対処法をご説明していきます。

突然の赤いポチポチ!発疹の種類とケア方法

2793555d0f79b3904276bc80964134ff_s
赤ちゃんの身体に赤いポチポチができる症状の病気があります。
その症状を発疹と言います。
発疹は、体の内側から起こることが原因の病気と、外側からの刺激によるものが考えられます。
発疹の中には発熱するもの、発熱しないもの、赤くなったりそうでないものと様々です。
ここでは赤ちゃんに代表的な発疹を伴う病気について見ていきましょう。

発熱症状がない発疹

発熱症状がない発疹として脂漏性湿疹、あせも、アトピー性皮膚炎、手足口病、りんご病などがあります。
各症状の特徴やかかりやすい年齢、ケア方法をそれぞれ詳しく説明していきます。

脂漏性湿疹

e5c399b3201483f683e7ef7aae0d04d3_s

症状の原因・特徴

生後すぐに頭皮や髪の生えぎわ、眉毛などにできます。
黄色いフケのようなものや脂っぽいかさぶたのようなもので、びっちりとこびり付いているのが特徴です。
びっちりとこびり付いたものは皮脂なので痒みはほとんどありません。
これは、ママからのホルモンの影響によるものだと言われています。

かかりやすい年齢

生後すぐから3ヶ月くらいの新生児に多く出る湿疹と言われています。

ケア方法

無理に取ろうとすると皮膚を傷つけて出血したり、痛みを伴うので毎日の沐浴時に石鹸を使い、よく洗い流すとよいでしょう。
固まって一度に取ることは難しいので、毎日少しずつ綺麗にしていきましょう。
またオリーブオイルを使い、柔らかくしてから洗い流すことも効果的です。  
万が一、痒みがあって掻きむしるような場合は医師へ相談しましょう。

あせも

af8abca805b4b5c9b3f4ce0113ee7460_s

症状の原因・特徴

汗を掻きやすく、汗が溜まりやすい場所にできることが多いです。
頭や首、背中、お腹や脇の下、膝の裏など皮膚と皮膚がくっつく場所にもできやすいです。
これは汗や皮脂、汚れなどで汗腺(汗の出る穴)が詰まってしまうことで起こると言われています。
汗腺のまわりが赤くなって小さな赤みのある発疹が特徴です。
皮膚を触るとざらざらとした印象があり痒みも伴います。

かかりやすい年齢

生後すぐから湿疹が出やすく、汗を掻きやすい幼少期や大人になってもあせもが出る場合があります。

ケア方法

まずは皮膚を清潔に保つことが大切です。
汗を掻いたらこまめにシャワーで洗い流してあげましょう。
ただし、石鹸を使うのは1日1回で十分です。
石鹸の使い過ぎで大事な皮脂が流されてしまい、乾燥しやすくなります。
衣類は通気性の良い素材で、汗を吸いやすい綿100%もお勧めです。
痒みが強く掻きむしるような場合は傷ができ、とびひになる事もありますので早めに病院へ受診しましょう。

アトピー性皮膚炎

c73a80b22b4d0ba838e5b1e6ce9838a8_s

症状の原因・特徴

原因や症状は人それぞれ違うのが特徴で、食べ物によるもの、ダニやハウスダスト、ストレス、乾燥、汗、有害化学物質など様々です。
特徴としては季節の変わり目に多く、夏場は汗を掻きやすくなったり、冬場は乾燥が強まったりすると症状が強く出たりします。

かかりやすい年齢

生後すぐから1歳くらいまでは顔や耳、頭にジクジクとした湿疹ができます。
2~10歳くらいまでは耳の付け根や首のまわり、脇、肘の内側や膝の裏など皮膚が柔らかくて汗が溜まりやすい所が赤くなってジクジクしたり、ガサガサしたりします。
春から秋に多いと言われています。

ケア方法

まずはアレルギーの原因を探します。
医師に依頼してアレルギーテストを行い、アレルギーの原因となるものをなるべく避けるようにしましょう。
皮膚は常に清潔を心掛けます。
しかし、洗いすぎによる皮脂の減少で皮膚のバリア機能が低下しますので、石鹸を使用した洗浄は1日1回にしましょう。
それ以外はシャワーで軽く流すだけで十分です。
その後はしっかりと保湿をします。
香料や化学物質がなるべく入っていないものを使用するとよいでしょう。
痒みが強くなる場合やジクジクがひどい場合は、医師の診察を受けて薬を処方してもらいましょう。

手足口病

4

引用:http://www.miyake-naika.or.jp/index.html

症状の原因・特徴

手足口病は、コクサッキーウイルスの一種が原因で起こるウイルス性の病気です。
感染している人の鼻や喉からの分泌物、便などから起こる接触性のものや飛沫感染によるものもあります。
潜伏期間は3~5日と言われています。
特徴は発熱、喉の痛み、頭痛といった症状が現れます。
その後は手のひら、足の裏、口の中に小さな水ぶくれができ、10日間程度続きます。
水ぶくれは、押してもなかなかつぶれないのが特徴です。
          

かかりやすい年齢

1歳から5歳くらいの乳幼児で特に集団保育などでかかりやすいと言われています。

ケア方法

治療は特別ないので、うがいと手洗いを習慣化するとよいでしょう。
喉が痛くて食欲がなくなることがありますので、喉越しの良いものを少しずつ食べさせてあげましょう。
皮膚は清潔にして保湿してあげましょう。

りんご病

1 (1)

引用:http://healthil.jp/

症状の原因・特徴

りんご病とは伝染性紅斑と言い、ヒトパルボウイルスB19というウイルスによるもので発症します。
頬や身体が真っ赤に赤くなることからりんご病と呼ばれています。
感染ルートとしては飛沫感染により起こります。
また子供だけでなく母親もりんご病に感染すると重症化する場合もあります。

かかりやすい年齢

幼児や小学生に多いですが、大人がかかることもあります。
りんご病に最もかかりやすい年代は小学生が一番多く、次に0歳から4歳未満の乳幼児がかかりやすい病気です。

ケア方法

清潔と保湿に努めます。
入浴も可能です。
ただし熱いお湯は痒みを助長させるので、ぬるめのお湯にしましょう。
痒みが強く掻きむしると傷ができてしまうので、その場合は病院を受診して痒み止めの軟膏を処方してもらうとよいでしょう。

発熱をおこす発疹

発熱を伴う発疹として突発性発疹、はしか、風疹、水ぼうそう、ヘルパンギーナ、川崎病があります。
各症状の特徴やかかりやすい年齢、ケア方法をそれぞれ詳しく説明していきます。

突発性発疹

3

引用:http://www.miyake-naika.or.jp/index.html

症状の原因・特徴

ヒトヘルペスウイルス6型というウイルスによって起こります。
突然3日程度の高熱があり解熱する頃全身に発疹が出ます。
咳や鼻水が出ないことも特徴です。

かかりやすい年齢

季節に関わらず、生後6カ月から2歳ころまでにかかると言われています。
初めて熱が出た!と思ったら突発性発疹だったことが多いようです。

ケア方法

熱が出ていても比較的機嫌も悪くないこともあります。
水分補給と栄養をしっかり取りましょう。
しかし発疹が出始めると機嫌が悪くなることもあります。
吐いてしまう事が続く場合は早めに受診しましょう。
また下痢をしてしまう場合は脱水に注意し、水分補給に努めます。
お尻がかぶれてしまわないように注意しましょう。
皮膚は清潔と保湿に努めます。
入浴も可能です。

はしか(麻疹)

5bdf2476163733092c04dd6d2bd6789c_s

症状の原因・特徴

はしかは麻疹ウイルスの感染によって起こります。
潜伏期間は10日~14日程度です。
熱、咳、鼻水などの風邪症状から始まり、高熱、解熱、高熱によって全身に発疹が現れます。
発疹が現れてからも3日程度発熱が続きます。
発疹は少し色が残りますが次第に消えていきます。

かかりやすい年齢

予防接種をまだ受けていない1歳前後の赤ちゃんが多くかかります。
感染力も強く、症状が重症化してしまう場合もあります。
予防接種をきちんと接種するように心掛けましょう。

ケア方法

熱や食欲がない場合は、水分をこまめに補給してあげて消化のよい食べ物をあげましょう。
皮膚は清潔と保湿に努めます。
入浴は熱がなければ可能ですが、様子を見て判断しましょう。

風疹

1

引用:http://www.miyake-naika.or.jp/index.html

症状の原因・特徴

風疹は風疹ウイルスの飛沫感染で起こります。
はしかに似た発疹が出ますが3日程度で治ります。
発疹が出てている時が最も感染しやすいので注意しておきましょう。
潜伏期間は14日から21日程度です。
2日程度の発熱と同時に発疹が出ます。
発疹は赤くて小さく、痒みもあります。
また、結膜充血、咽頭炎、咳、頭痛などの症状もあります。

かかりやすい年齢

風疹はママからの免疫を十分もらっていると生後8ヶ月から10ヶ月頃まではかかりにくいと言われています。
しかし上の兄弟や保育園など集団生活をしている所にいる場合は0歳からかかってしまう可能性もあります。

ケア方法

熱があったり食欲がない場合は水分補給に努め、消化のよい食べ物をあげましょう。
熱がなく元気でも、発疹が消えるまでは外出しないようにしましょう。
皮膚は清潔と保湿に努めます。
入浴は熱がなければ可能です。

水ぼうそう

d2fdff27c37b24f1e313303e1a0641c2 (1)

引用:http://maternity-march.jp/

症状の原因・特徴

水ぼうそうは水痘・帯状疱疹ウイルスが原因です。
潜伏期間は2~3週間です。
痒みの強い水ぶくれが現れ、とても感染力が強いのが特徴です。
人によって症状が軽くすむ場合もあれば重症化する場合もあります。
微熱が1日続いた後に赤いブツブツができ、だんだん大きくなって水疱やかさぶたになります。
発疹は、口の中や頭までと全身に出ることがあります。
症状は1週間くらいで良くなっていくでしょう。

かかりやすい年齢

0歳から1歳くらいの乳幼児はまだ免疫も弱いので注意が必要です。
また7歳から10歳くらいの子供がかかってしまった場合は重症化する恐れもありますので子供が成長しても気をつけておきたい病気です。
夏に多いですが冬にかかることもあります。

ケア方法

まずは医師の診断を受け、痒み止めや化膿止めの薬を処方してもらいましょう。
掻きむしらないように爪は短く切り、赤ちゃんなら手袋で防止するのも効果的です。
入浴は解熱し、水疱が増えなくなったら入りましょう。

ヘルパンギーナ

2d8e084ce11e4ba8b4c521b90343444b_s

症状の原因・特徴

ヘルパンギーナとはコクサッキーウイルス・エンテロウイルスなどの数種類のウイルスによって発症します。
そのため、何度もかかってしまう病気です。
飛沫感染が主で、経口感染もあります。
潜伏期間は2~7日間です。
突然の高熱で発症して、喉の痛みがあります。
喉は扁桃腺周囲が赤くなり水疱や潰瘍ができます。
熱は2日程度で解熱し、喉の痛みはその後3日程度続きます。

かかりやすい年齢

0歳から5歳くらいの乳幼児がかかる病気で、とくに1歳児に多くみられます。
夏期の6月から8月に流行しかかりやすいので注意しましょう。

ケア方法

ヘルパンギーナには特に効く薬などはありません。
症状が緩和するまで食事は喉越しの良いものをあげましょう。
下痢をしてしまう場合もあるので水分補給は特に大切なケア方法です。
水分を十分に取ってあげて、脱水症状に気をつけましょう。

川崎病(急性熱性皮膚粘膜リンパ腺症候群)

b0c0855a0421ce571e7f5e4fa331fff0_s

症状の原因・特徴

川崎病の原因は実は不明で何らかの感染が引き起こして発症してしまうと言われています。
症状の特徴としては、5日以上続く発熱や両目の充血、手足が赤く硬く腫れるといった症状がみられます。
また皮膚に様々な形の発疹や口唇が赤く腫れるといった症状も現れたら早めに病院へ受診しましょう。

かかりやすい年齢

川崎病は0歳から4歳までにかかる病気と言われています。
とくに生後9ヶ月から10ヶ月に多いとされています。
また女の子より男の子にかかりやすいのも特徴です。
男の子にかかりやすい原因は未だ解明されていません。

ケア方法

皮膚に症状が出た場合は、早めに病院へ受診しましょう。
塗り薬が必要な場合は医師から処方されるので医師の指示通り薬を塗ってあげます。
入浴は無理にシャワーや入浴をしなくてもよいので症状が良くなったらにしましょう。

発疹は感染するの?

0309d6c97b8cb08a5c8b65a867cb1522_s
基本的にウイルス感染は大人や兄弟、お友達にも感染してしまいます。
とくに免疫のない子供や予防接種をまだ受けていない場合には感染しやすいので、予防接種は適齢期になったら積極的に受けるようにしましょう。
また、ヘルパンギーナの様な数種類のウイルスによって引き起こす症状の場合は何度も感染してしまうので、日頃から爪を短く切っておきましょう。
また手洗いやうがいも子供だけでなく家族全員忘れずにしましょう。

発疹を予防する日常ケアとは?

89da802643da991513dba8baaade8982_s
発疹は様々な原因で起こることがあり、一概にこれをしておけば大丈夫というものではありません。
日頃から出来る予防ケアは、やはり皮膚を健康に保つことです。
なにより、日々の清潔と保湿が大事です。
清潔ケアは、石鹸を使用する場合1日1回(手を洗うのは必要時)で、それ以外は水で流してあげましょう。
保湿ケアは、香料や化学物質がなるべく入っていないものを選び、使用感はお好みでクリームタイプ、ローションタイプ、軟膏タイプを選びましょう。
1日に何度も塗り直し、皮膚が乾燥しないように心掛けましょ
う。

予防注射はあるの?

109894
予防接種には色々な種類があります。
もちろん発疹を予防する予防接種もあります。
接種する時期がいつなのか悩みますが、医師と相談しながら計画的に予防接種を受けていきましょう。

麻疹

1歳になったらすぐと年長

風疹

1歳になったらすぐと年長

水痘

1歳になったらすぐとその後3ヶ月後

まとめ

発疹と言っても症状は様々で、初めて見るママさんも多いと思います。
突然熱が出て、心配していたら身体に発疹まで出てしまうと焦ってしまう事もありますよね。
病気の症状が分かって、適切に対処できれば赤ちゃんの肌はきちんと良くなります。
発症したら医師の診断を受けて対処しましょう。

    

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER