MUGYUU!ロゴ

インフルエンザの予防接種は赤ちゃんにも必要?!いつからできるの?

今年も秋に入り、インフルエンザの予防接種の季節がやってきました。毎年予防接種をうけていますか?毎年予防接種を受けている方も、そうでない方も赤ちゃんと迎える冬の場合にはいつもと気持ちが違うのではないでしょうか。赤ちゃんをインフルエンザから守りたい!大人でも辛いインフルエンザの症状ですから、お父さんお母さんが赤ちゃんをインフルエンザから遠ざけたいのは当たり前ですよね。

ところで赤ちゃんがいつからインフルエンザの予防接種を受けられるか知っていますか?ほかの予防接種とのスケジュールの立て方は?ここでは赤ちゃんがインフルエンザの予防接種を受ける際の適応やスケジュール、注意点などについて紹介します。

インフルエンザの予防接種っていつからできるの?

6e733e6742ddb1a5a6fb6b633ed38ccb_m
赤ちゃんへのインフルエンザの予防接種は生後6ヶ月以降であれば可能です。これは生まれて間もない赤ちゃんは母親からの抗体で守られており、生後6ヶ月以降の赤ちゃんと比べてインフルエンザの罹患率およびインフルエンザによる合併症の頻度が低いことが理由です。

なんで6ヶ月で区別されるの?

生まれたばかりの赤ちゃんは母親から胎盤や授乳を通して感染症に対抗する免疫を受け取ります。しかし、いつまでも母親からもらった抗体が長持ちするのではなく徐々に自身で環境に適応できるよう免疫力をつけていく必要があります。赤ちゃん本人の免疫力は赤ちゃんが生まれてから徐々に高まってきます。

それに伴いお母さん由来の抗体は徐々に少なくなっていき、6ヶ月ごろには今まではお母さん由来の抗体が多かったのに対し、赤ちゃんが作る抗体がメインに変わっていきます。しかしまだ赤ちゃんは生まれてきてまだ半年程度であり、感染症の勉強中であるため赤ちゃん本人の抗体では全ての感染症をブロックすることができません。このころから熱を出す赤ちゃんが増えるのはこのような理由からなのです。

インフルエンザの予防接種の効果は?

インフルエンザウイルスの流行型が予測と大きく外れた年を除くと、インフルエンザの予防接種を受けることで「健康な成人ではおよそ60%程度の発症を防ぐ効果がある」と考えられています。「インフルエンザの予防接種の有効率がおよそ60%」と説明されると「100人が予防接種を受けたら60人は発症しない」と考えてしまいがちですが、インフルエンザの予防接種の有効率の考え方はそうではないようです。

例としてあげると、同じ人数がそれぞれいるグループが2つあります。Aというグループは誰もインフルエンザの予防接種を受けずその冬はグループ内で10人のインフルエンザ感染者が出ました。それに対してBグループは全員インフルエンザの予防接種を受けて、その冬に4人のインフルエンザ感染者が出ました。もしBグループもAグループのようにインフルエンザの予防接種を全員が受けなければAグループのように10人のインフルエンザ感染者が発生した可能性があります。このことからインフルエンザの予防接種を使用したことにより「10人出るはずだったインフルエンザ感染者を6人減らした」こととなり、これが有効率60%という意味になります。

赤ちゃんにも必要?

c81b77bd7d76316902ba6842b3b9dcf1_m
上記でも述べた通りインフルエンザの予防接種の接種可能年齢となる生後6ヶ月以降の赤ちゃんは免疫機構の変化により感染症になりやすい状況となっています。1歳未満の赤ちゃんの場合、インフルエンザの予防接種を受けても免疫の付きが悪いということが知られており、積極的に予防接種を勧めていない病院もあるので受けるかどうか迷っている場合にはかかりつけ医に相談してみるのも良いでしょう。

赤ちゃんの場合インフルエンザワの予防接種による免疫の付き方が悪いとされていても、しないよりは安心と感じる場合には受けてしまうのも一つだと思います。また外出頻度の少ない赤ちゃんの場合には本人の免疫や予防接種以上に注意してあげたいのが家族の感染対策です。

家族ができることって?

461a310ec5f9df26984165f7a75831a3_m
まだ外出頻度の少ないまたは感染症流行時期には意識的に外出機会を減らせるような年齢や環境の赤ちゃんの場合には、家族がインフルエンザを持ち込まないことが重要となってきます。家族がすぐにできる対策としては感染対策の基本ではありますが、手洗い・うがい・マスクの徹底です。インフルエンザウイルスは様々な消毒液で働きが失活することが知られており、手洗いや外出先で手洗いが難しい場合にはアルコール消毒などがとても有効です。

またうがいを行うことで粘膜に付着したウイルスを洗い流したり、加湿することによりインフルエンザウイルスに感染しにくい状況を作ります。これもまた外出先などで実施することが困難であればお茶などをこまめに飲むようにするだけでも違います。マスクを使用することでインフルエンザウイルスを吸い込むのを予防したり、喉の加湿にもなります。

このほかに赤ちゃんが過ごす環境を整えてあげることも大切です。インフルエンザウイルスや冬季に流行するウイルスの多くは、低温で乾燥した環境を好むため、定期的に換気をしたり適宜加湿を行いましょう。加湿器がある場合には加湿器を使用するのもよいですが、家にある加湿器がスチームタイプの場合には赤ちゃんが誤って火傷をしてしまわないように設置場所には注意が必要です。加湿器がないという場合には濡らしたタオルなどを部屋にかけておくなどの対応でも効果があります。

先にも述べたようにインフルエンザウイルスは様々な消毒液に対してウイルスの働きが失活することが知られており、通常の洗浄でも効果があるとされています。インフルエンザ流行期には日常の掃除を意識的に行い、ドアノブなど様々な人が触る頻度の高い場所はアルコールなどで清拭などを行うとより効果的でしょう。

予防接種が出来ないのはどんなとき?

3b6a7c3cb866806476e87060aff25e4d_m
インフルエンザに関わらず、予防接種できない場合があります。それは37.5度以上の発熱がある場合や1週間以内に発熱があった場合、その他1~2週間以内に感染症にかかっていた場合などです。これは副作用に対する心配をしているのではなく、予防接種の前に感染症にかかっているとせっかく予防接種しても免疫反応がうまく起こらずに免疫の付きが悪いと知られているからです。

またインフルエンザのワクチンを製造する際に鶏卵を使用しているため、重度の卵アレルギーがある場合にはアナフィラキシーを引き起こす恐れがあるため予防接種を受けることはできません。軽度の卵アレルギーの場合にはまず大丈夫とされているため予防接種予定の病院で卵アレルギーがあることを申告し確認しましょう。

ほかの予防接種の予定がはいっている!スケジュールは?優先順位は?

yobousessyu

引用:http://www.nih.go.jp

医師の方針は様々ありますが、基本的にどのワクチンも同時接種が可能となってます。インフルエンザの予防接種以外にほかの予防接種のスケジュールを同時に組んでも、一つの予防接種部位から2.5cm以上距離をあけて予接種を行えば問題ないとされているため同時接種はできます。

予防接種のスケジュールが詰まっていたり、お熱などでなかなか順調に進んでいないという方は同時接種で進めると早く予防接種を終わらせることができます。同時接種に抵抗がある場合には不活化ワクチンと生ワクチンについて理解しておくことが大切です。不活化ワクチンは接種後1週間あければ他のワクチンが受けられるのに対して、生ワクチンの場合には接種後4週間あける必要があります。

順番を誤ってしまうと受けたい時期に予防接種をうけられない!なんてことになってしまいかねないので注意しましょう。スケジュールに関して不安がある場合などには小児科受診時になどに問い合わせると一緒にスケジュールを立ててくれる場合がほとんどだと思うので相談してみるのもひとつです。

なるべく同時接種をさけたい?優先順位は?

周囲での感染症の流行状況も関わってくるので一概には言いがたいですが、ワクチンの優先順位としてはまだ一度も受けたことがないワクチンを先にするという考えかたができます。生後2ヶ月ごろからワクチン接種は始まりますが、赤ちゃんの時期のワクチンがひと段落して少し経つと1歳からのワクチンの時期がやってきます。

1歳の時期には少し前にニュースでも話題となった麻疹が含まれる麻疹風疹ワクチン(MRワクチン)や水疱瘡、おたふく風邪ワクチンの接種が可能となります。この他に赤ちゃんの頃のワクチンの接種時期にもよりますが、ヒブや肺炎球菌・四種混合などの追加接種もあります。これらに加えてインフルエンザワクチンを受けるとなると同時接種をなるべく避けるには順番をどうするか検討する必要があります。

予防接種のスケジュール例

c14f59c576cb3c739820858cf8ec8c2d_m
赤ちゃんの誕生日がいつかにもよりますが、1歳になってすぐの予防接種は、感染力が強いことや重症化するリスクを考えてMRワクチンを受けると良いと思います。MRワクチンは生ワクチンなのでその後他のワクチンを受けるためには4週間間隔をあける必要があります。ですから可能であれば他の生ワクチンも同時接種で終わらせてしまうとスケジュールに余裕が生まれます。

もしも副反応などが心配でどうしても同時接種をさけたい場合にはMRワクチンを受けた後4週間あけ、その後に不活化ワクチンの接種、1週間あけて他の生ワクチンの接種などと組むこともできます。

インフルエンザの予防接種は周囲の流行状況によって終わらせておきたい時期は異なりますが、少なくとも12月くらいには終わるようにスケジュールを組みたいところです。例えば10月生まれのお子さんの場合には「1歳になったらすぐにMRワクチンを受け、4週間後にインフルエンザワクチン、その1週間後に水疱瘡またはおたふく風邪の予防接種、その4週間後に2回目、その1週間後に水疱瘡またはおたふく風邪の予防接種の未実施のもの、その4週間後に不活化ワクチンの追加、その後1週間おきにその他の不活化ワクチンの追加」と組むことができます。

誕生日にもよりますが、この場合かかると強いMRワクチンが早期に終わり、インフルエンザワクチンも12月中に2回目の接種が終了します。またその他のまだ受けたことがない予防接種も進めることができます。

各施設にもよりますが、インフルエンザの予防接種が10月ごろから開始されます。冬生まれのお子さんの場合にはMRワクチンなどが受けられるようになる1歳の1週間前までにインフルエンザの予防接種の1回目を終わらせておくという手もあります。

何月に受ければいいの?

a9f5effc1c2f6cf93120838490a68c8b_m
上記でも述べた通り、インフルエンザの予防接種は10月頃から開始されます。そして流行が予測される12月には接種を終えておくことが理想です。またこの接種時期についてはどこに住んでいるかによっても状況が異なってきます。都心部に住んでいて例年早い時期からインフルエンザの流行が始まるという地域に住んでいる場合には12月中とは言わず、流行する2週間前までには受け終わっていることが理想です。

2週間前までというのは、ワクチン接種後抗体がすぐできるのではなく2~4週間の時間をかけて抗体ができ、免疫を獲得することができるので「インフルエンザが流行ってきたから焦って予防接種を受ける!」という状況では間に合わない可能性があるからです。

例年遅い時期に流行があるという場合には1回目の接種から通常2~4週間程度で2回目をうけられるところ、可能であれば少し期間をあけるとよいでしょう。これは、少し予防接種時期を遅らせることで抗体が下がってしまう時期を後にするということと、もうひとつ免疫反応の仕組みに理由があります。予防接種後一度上がった抗体価は時間とともに低下していきます。抗体価が高いうちに2回目をおこなうよりも、抗体価が下がっているタイミングでワクチンの追加を行ったほうが次に作られる抗体量が多くなるのです。抗体量が多くできるとその分長持ちすると考えられます。

また小さな子どもの場合には初めから予防接種は2回うけるものですが、この抗体がさがってしまうことでインフルエンザにかかってしまう可能性があるため任意ではありますが受験生などの場合には時期をずらして2回目の接種を行うという方法もあります。

接種回数、期間、接種量は?

13歳未満の子供の場合には2~4週間の間隔をあけて、2回接種を行います。

生後6ヶ月~3歳未満の場合には1回0.25ml、3歳以上の場合には1回0.5ml(13歳未満の場合には0.5mlを期間をあけて2回)の接種を行います。稀に小児科以外で接種をうける場合年少児に対しても大人と同じ量の投与が行われる場合があるので注意が必要です。

秋~冬にかけての予防接種の注意点は?

寒くなってくるころの予防接種に関する不安といえば、確実にできるかどうかです。寒くなってくると体調を崩すことも多くなりなかなかスケジュール通りに接種を進められない場合も出てきます。順調に受けられないことでさらに感染症にかかるリスクも上がってしまうため、できるだけ予定通りに受けたいものです。

このため寒い時期に予防接種の予定が詰まっているという場合には体調管理には十分な注意が必要です。もしも感染症が多くなる時期が始まる前にうけることが可能なやつがあれば早いうちに終わらせておくのもよいでしょう。また感染症が増える秋から冬にかけてくらいから予防接種を受けに行ったことで、病気をもらってきてしまう可能性もあります。ですので受診の際にはワクチン優先時間帯などにあらかじめ予約をしていくとよいでしょう。

まとめ

様々な感染症が心配なこれからの季節。できるだけのことをして赤ちゃんを守ってあげたいですよね。0歳児へのインフルエンザ予防接種は大きな年齢の子供や成人とは異なり強く推奨されているものではありません。ですので各ご家庭やかかりつけ医の判断によるとは思いますが、予防接種だけが予防ではないのでできることから注意していってあげてください。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER