MUGYUU!ロゴ

インフルエンザワクチンを受けに行こうと思ったら風邪症状?日を改めた方がよい?

インフルエンザをもらわないように‥予約もばっちり!さぁインフルエンザワクチンを受けに行こう!と思ったらなんだかいつもと様子の違う我が子‥。子供って予定を立てるとそれに合わせたように熱を出したり、風邪をひいたりしがちですよね。せっかくスケジュールを調整してワクチンの予約をしたのに風邪症状だなんてがっかりしてしまうと思います。

がっかりしているのもつかの間、この状態でワクチンを受けられるのでしょうか?風邪の程度や病気の状況や内容にもよりますが、ワクチンを受けるつもりで受診して今日はできませんと断られて帰るなんて嫌ですよね。ここではワクチンの受けられる条件や延期が必要な場合について紹介します。

ワクチンが受けられる条件

b583fd50fd83d67c8121e735deaad525_m
ワクチン接種を希望しているとき、接種可能条件の大前提として体温が37.5度以下であることが必要です。このほかにも一週間以内に発熱が見られていたり、胃腸炎症状があったなどがあると医師の診察のもとワクチン接種を見合わせることとなります。風邪をひいていたり、体調を崩していたら受けられないワクチンですが、咳や鼻水がみられる程度では必ずしも延期となるわけではありません。

風邪症状がある場合には注意が必要ですが、熱がない場合には医師の診察・判断に委ねられます。このほか、1ヶ月以内におたふく風邪や水疱瘡、麻疹、風疹などにかかった場合には免疫の付きが悪くなるためワクチンの延期が必要となります。また突発性発疹やそのほかにもウイルス性の感染症にかかったあとは症状が落ち着いてから2週間は間隔を開けたいところです。感染症罹患後のワクチン接種時期は医師や条件によっても方針が異なるため感染症罹患後にワクチン接種予定がある場合にはワクチンを受ける病院に問い合わせておくとよいでしょう。

風邪症状がある場合なんでワクチンが出来ないの?

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_m
よく風邪症状があるときは副作用のためにワクチン接種が出来ないと思っている方もいらっしゃいますが、感染症罹患後にワクチン接種まで期間を開けたいのは免疫の付きかたが異なるためです。感染症で免疫反応が起こって間も無くワクチンを受けると、せっかく痛い思いをしてワクチンを受けたにもかかわらず十分な免疫反応が起こらず抗体の付きが悪くなってしまう可能性があるのです。

感染症罹患後どのくらいの期間を空ける必要があるかどうかは感染症の種類によって異なります。このためワクチン接種の予定があったのに感染症にかかってしまった場合にはかかった病院やワクチン接種予定先に問い合わせて確認することをお勧めします。

いつまで様子を見ればよい?

数日後にワクチンの予定があるのに咳・鼻水が出てきた‥という場合にはどの程度までであればワクチンができるのでしょうか。先に述べた通り発熱のない場合には医師の診察・判断でワクチン接種が可能かどうか決まってくるため絶対とは言えませんが、数日前からの咳・鼻水が悪化しているのか横ばいなのか、改善傾向なのかなどに注意して症状を見てみましょう。

これから悪くなっていきそうな状態であれば今後熱を出す可能性もあるためワクチンの延期を考えた方がよいかもしれません。逆に前までひどかったが改善傾向にある場合やそこまで症状が重たくなく横ばいできている場合には今後発熱する可能性はそこまで高くないと考えられ、ワクチン接種が可能かもしれません。

何度も言うように最終判断は医師が行いますが、症状があるということで受診し判断を仰ぐのもよいでしょう。その際、病院によってはワクチンの時間は風邪症状のない患者さんのみを受け入れている場合がありますので電話でワクチン予定だけれど風邪症状があることを伝え、受診方法を確認するとよいでしょう。

ほかにワクチンの延期が必要な場合は?

c14f59c576cb3c739820858cf8ec8c2d_m
上記でも述べた通り特殊な病気にかかった場合や治療を行った場合にはしばらくワクチンの接種を見合わせる必要があるものがあります。例えば川崎病などでガンマグロブリン投与を受けた場合です。ガンマグロブリンの投与を受けた後は通常生ワクチンであれば6ヶ月間はワクチン接種ができ無くなります。これはガンマグロブリンの効果でワクチンを受けても免疫が十分につかないためです。

インフルエンザなどの不活化ワクチンの場合には6ヶ月間開ける必要はないとされていますが、医師によって方針が異なるためワクチンの予約先に問い合わせてみると確実です。
このほかにも最近大きな病気にかかった場合には、今後のワクチンをどうすればよいか担当医に確認しておくとよいでしょう。

いつキャンセルするべき?

3517210bac9dcb0b034a0e448e5f68fa_m
病院側の準備もあるので前もってワクチンの延期が必要な状況だとわかっている場合、例えばワクチン予約日の1週間以内に熱を出したり、胃腸炎症状がある、1ヶ月以内におたふくや水疱瘡にかかったなどがあればできるだけ早めに延期の連絡を入れましょう。病院によっては時間帯でワクチン患者を仕切っておりワクチン枠が少なく、予約が取りにくい病院もあります。

前もってわかっている場合には早めにキャンセルをすることで症状が落ち着いているであろう時期を狙って予約日の変更ができるかもしれません。当日急な発熱があった場合には、発熱の原因が何かが重要となってきます。子供の場合には室温や着ているものが多く暑いことでも体温が上昇してしまうことがあります。

ワクチン前に熱っぽいなと感じた場合には室温や衣類が適切か確認し調整を行います。その後15~30分くらいおいて再度お熱を測ってみてください。この時点でお熱が続いているのであれば感染症を疑い、ワクチンは延期した方がよいでしょう。この場合にはお熱の診察目的で受診するのもよいですが先にも述べた通り時間帯で病気の子供の来院を制限している病院もあるので電話などで指示を仰ぎましょう。

風邪症状でほかのワクチンのタイミングもズレズレになっている!どうすれば良い?

28234b94a27b62b8792e3a6fc798a0b1_m
年齢が小さいうちはワクチンの種類が多いけど体調も崩しやすく、うまくスケジュール通りにワクチンを進められていないという方もいるのではないでしょうか。病院によって方針は様々ありますが、どのワクチンも同時接種が可能となっています。同時接種を行う場合にはひとつのワクチンの接種部位から2.5cm以上あけてほかのワクチンを打つ必要があり、年齢や子供の大きさ・同時接種の数によっては腕だけではワクチンを打つ場所が足りず、太ももにワクチンを打つ場合もありますが同時接種自体は可能です。

同時接種に抵抗があるという場合にはワクチンの種類を理解して上手にスケジュールを組む必要があります。ワクチンには生ワクチンと不活化ワクチンがあり、生ワクチン(ロタテック・ロタリックス、BCG、MR、水痘、おたふく風邪ワクチンなど)は接種から次のワクチンを打つまでに4週間あける必要があります。それに対してインフルエンザやヒブ、肺炎球菌、四種混合、日本脳炎などのワクチンは不活化ワクチンですので接種後1週間あければほかのワクチンが可能です。

感染症の流行状況やその子のワクチン接種歴によって優先順位は異なりますが、ワクチン後どのくらい期間を開ける必要があるかがわかれば上手にスケジュールを組むことができます。ワクチン接種を行う病院でスケジュールについての相談は可能ですのでスケジュールがうまくいっていない場合や不明点がある場合などには医師に相談してみるのも良いでしょう。

まとめ

子供ってどうしても予定通りにはなってくれないものです。がっかりしてしまうことやどっと疲れてしまうこともあるかもしれませんが、子供の様子に注意してみることで様々な予測が立てられ臨機応変に対応できるようになるかもしれません。子供は予測不可能ということをよく理解して柔軟に対応したいですね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER