MUGYUU!ロゴ

産まれたばかりの赤ちゃんの皮膚が剥がれ落ちるのはなぜ?新生児落屑の関係とケア法

赤ちゃんの肌は、いつも潤っていてつるつるだと思っていませんか?
実は、赤ちゃんの肌は産まれてしばらくすると、急にカサカサになり、ポロポロとむけてきてびっくりすることがあります。
これは「新生児落屑(しんせいじらくせつ)」とよばれ、脱皮のように古い皮膚が剥がれ落ちて新しい肌が出てくる現象です。

何かの病気になってしまったの?
どう対処すればいいの?

と不安に思っているお母さんに、今回は新生児落屑について、その原因や対処法などをご紹介します。

新生児落屑(しんせいじらくせつ)の症状

産まれてから数日から1週間くらいで、赤ちゃんの肌はポロポロと薄い皮がむけてくるようになります。
これを新生児落屑と呼び、90%の赤ちゃんに見られる症状です。

むける箇所は赤ちゃんによって違っていて、全身の皮がポロポロとむける赤ちゃんと、手足の皮だけむける程度の赤ちゃんがいます。
日焼け後のようにポロポロと剥がれ落ちますが、皮膚がむけているだけで痒みはありません。

アトピー性皮膚炎などの病気かも、と不安になりますが、新生児落屑は生理現象であって、病気ではありませんので安心してください。
アトピー性皮膚炎は出産直後にはまだ判別できず、1歳くらいにならないと診断されません。

もしもアトピー性皮膚炎ならば症状は治まりませんが、新生児落屑は炎症が起きているわけではなく、しばらくすれば症状は落ち着きます。
慌てず、しばらく様子を見るようにしましょう。

f98e270043a76486688ef87457bf759e_m

新生児落屑が起こる原因

新生児落屑の原因は、お母さんのお腹の中から外に出てきたことによる環境の変化が一因といわれています。
胎児のときはお母さんのお腹の中では羊水に満たされていて、肌は潤っている状態ですが、産まれた直後から外気の刺激にさらされることで肌が急激に乾燥してしまいます。

このとき、赤ちゃんを外部の刺激から守るためのバリアと保湿機能を果たすため、胎脂(たいし)と呼ばれる脂肪分で覆われています。
胎脂は赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいるとき、だいたい妊娠6カ月頃からつき始め、産まれるときには白っぽいクリーム状になっています。

生後、日数が経つにつれ胎脂は目立たなくなりますが、汚れが付きやすいためそれまでに洗い流すのが通常です。
沐浴で洗い流した後も、その保湿機能はしばらく続きますが、徐々に乾燥しやすい肌になっていきます。

新生児落屑は、胎脂がなくなり、乾燥しやすくなった肌が外気によって乾燥してはがれることによって起こります。

f95e5c125d2b4b3620047927e56b8f1a_m

いつまで続くの?自然に治る?

新生児落屑には個人差があります。
90%の赤ちゃんに新生児落屑が起きるといわれていて、その中には全身の皮がむける赤ちゃんもいれば、体の一部しかむけない赤ちゃんもいます。

発症時期も赤ちゃんごとに違っていて、産まれてすぐにボロボロとむけてくる赤ちゃんもいれば、1週間以上経ってからむけ始める赤ちゃんもいます。

ただし、おおむね1ヶ月以内にむけ始め、始まったら1~2週間くらいですべて剥がれ落ちます。
古い皮膚が剥がれ落ちた後はその下から新しい皮膚が押し上げられてきれいな状態になります。

産まれてすぐに起きることなのでお母さんはびっくりしてしまいますが、心配はいりません。
赤ちゃんはとても新陳代謝が活発なので、何もしなくてもすぐに古い皮膚はなくなってしまいます。

すべてむけてしまえば肌の状態も落ち着くので、基本的には自然に治まるのを待ちましょう。

94fea76b8a0283d84991a996fdbe102d_m

改善されなかった場合は?

2週間程度で治まる新生児落屑ですが、それ以上症状が続くようであれば、他の皮膚疾患の可能性があります。

肌がはがれるだけでなく、全身の肌が赤くなっていたり、水ぶくれができたり、皮膚が異常に厚くなっているなどの症状が見られた場合は、先生に相談しましょう。

ごく稀に、全身の皮膚がうろこ状になってしまう「先天性魚鱗癬」と呼ばれる病気にかかっていることがあります。
全国に約200人程しかいない非常にめずらしい病気ですが、新生児の頃から症状が見られ、その症状が新生児落屑に似ているので注意が必要です。

赤ちゃんの肌は繊細で、皮膚の厚みも大人の3分の1しかないため、肌トラブルが起こりやすい状態になっています。
様子を見ていて気になるようでしたら、早めに小児科や皮膚科を受診するようにしましょう。

07ec4333b38ffaa655c6516db2d7035d_m

症状が続いてるうちに何かケアは必要?

新生児落屑が起きたとき、それだけでわざわざ病院に行く必要はありません。
病気ではなく生理的な現象ですので、治療の必要はなく、自然に治ります。

普段の生活でも特別なケアは必要ありませんが、以下のことに注意して赤ちゃんの様子をみるようにしましょう。

沐浴で優しくケア

沐浴は毎日してあげましょう。お湯に触れることで皮膚が柔らかくなり、むけやすくなります。
このとき、ガーゼでこするのはやめて、そっと洗って落としてあげましょう。

また、赤ちゃんは大人とほぼ同じ数の汗腺があります。
体の面積が少ないので、大人より汗腺の密度が濃く、非常に汗っかきです。

そのため皮脂がつまりやすく、他の肌トラブルの原因にもなりますので、しっかり沐浴をして、赤ちゃんの体を清潔に保ってあげましょう。
夏は特に高温多湿になるので、一日に何度も沐浴をしても良いと言われています。

bc573b2452920f27caf9c09d6f6ad0a5_m

むけた皮をこまめに取ってあげる

皮がむけた状態で放置していると、ダニが増えたりして衛生的によくありません。
無理やり皮をむいてはいけませんが、むけきった皮が残っていたらこまめに取り除いてあげましょう。

やってはいけないこと

保湿剤を塗る

新生児落屑は、皮膚がポロポロと剥がれ落ちて、肌の表面は乾燥しています。
ベビーローションなどで保湿をしてあげたくなりますが、保湿をして乾燥を抑えてしまうと、肌の生まれ変わりが遅れてしまいます。

保湿をしない方が早く皮がむけるので、保湿剤は塗らずに様子をみるようにしましょう。
剥がれ落ちた後は新しい皮膚が押し上げられて、きれいな肌になります。

無理やり皮を剥がす

むけた皮が気になるからといって、引っかいたりこすったりして無理やり剥がしてはいけません。
赤ちゃんの肌は刺激に敏感で影響を受けやすいので、強くこすると下に現れる新しい皮膚まで剥がれてしまい、皮膚炎を起こす可能性があります。

新しい皮膚を傷つけてしまったようなときは、一度病院を受診して、先生に相談しましょう。

07eb46683d89981037de1b55d3ab3240_m

新生児落屑が終わったら気をつけるべきこと

新生児落屑が治まった後の赤ちゃんの肌は、とても乾燥しやすくなっています。
肌が生まれ変わったといっても、大人の皮膚よりも薄く、デリケートな肌であることに変わりはありません。

そして、新生児落屑が起きるまでは胎脂があり、肌を守って保湿してくれていましたが、皮膚が剥がれ落ちた後は胎脂もなくなっているので、肌の潤いを保つことができません。

何もせず放置しておくと、急激に乾燥が進んで肌トラブルを起こしてしまいます。
保湿剤を塗ってしっかりと保湿をしてあげることが大切です。

その際、赤ちゃんの保湿ケアに、大人が使う保湿剤を使うことは避けましょう。
大人が使うクリームや乳液など、基礎化粧品には「合成界面活性剤」が含まれていて、赤ちゃんの肌には強い刺激となってしまいます。
赤ちゃんの肌には無添加で低刺激の赤ちゃん用のものを選びましょう。

5b27c5ce7a368ac375a8869868eb1ca1_m

まとめ

産まれたばかりの赤ちゃんの肌がポロポロとむけてくると、「病気かも?」と不安になってしまうと思います。
ですが、新生児落屑は赤ちゃんが新しい環境の変化に対応している最中に起こる、ほとんどの赤ちゃんが経験する生理現象です。

症状は2週間ほどで落ち着くものなので、無理に剥がしたりせず、焦らず様子を見るようにしましょう。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER