MUGYUU!ロゴ

赤ちゃんが乾燥肌になる原因と危険な病気の関係性、正しいスキンケア対策とは?

ハリがあってみずみずしい赤ちゃんのお肌。
「赤ちゃんの肌はいつも潤っていて良いな。」なんて、ついつい羨ましくなってしまいますよね。

しかし、実は、赤ちゃんのお肌は乾燥しやすい傾向があるって知っていましたか?
赤ちゃんのスキンケアを間違うと、湿疹やアトピー性皮膚炎、さらには食物アレルギーの原因にもなるとも言われています。

そこで今回は、赤ちゃんが乾燥肌になる原因や乾燥肌を放置しておくことで起こる肌トラブル、正しいスキンケア方法まで、赤ちゃんの乾燥肌対策を全てご紹介します。
赤ちゃんに使う保湿剤の選び方のポイントもまとめましたので、是非読んでみてくださいね。

赤ちゃんの肌の特徴と乾燥肌になる原因

お腹の中の赤ちゃんの肌は、羊水と胎脂に守られているため乾燥知らずですが、外の世界に出て空気に触れた瞬間から肌の乾燥は始まっていきます。

それでは、まず赤ちゃんの肌の特徴と、なぜ乾燥肌になるのかお話ししてい行きます。

肌を守るバリア機能が崩れやすい

私達の肌の構造は大きく分けると、表面に近い方から「皮脂膜」「角質層」「真皮」となっています。
この内、肌を外敵や乾燥から守る役割をするのは「皮脂膜」と「角質層」です。

まず、赤ちゃんの皮脂膜は体内から分泌される皮脂でできています。
新生児(生後1カ月まで)の皮脂分泌量はお母さんからのホルモンの影響を受けて活発です。
しかし、2カ月を過ぎた頃から徐々に分泌量は低下し、肌を守る機能も低下してきます。

さらに、赤ちゃんの角質層は大人の約1/3と、とても薄いため、汗や気温の変化など、少しの刺激でバリア機能は崩れやすく、バリア機能が崩れた肌からは水分が蒸発して乾燥肌になります。

つまり、生後2~3ケ月の赤ちゃんの肌は、「人生最大の乾燥期」を迎えるのです。

汗をかきやすい

汗をかく機能をもつ汗腺の量は生まれた時から決まっているため、赤ちゃんも大人も同じ数だけあります。
小さな体に汗腺が密集して存在する赤ちゃんは、とても汗をかきやすく、汗をかいたままにしていると皮膚に雑菌が繁殖し、バリア機能が乱れ乾燥の原因になります。

また、新陳代謝が活発で、常に皮膚が入れ替わっている赤ちゃんのお肌は垢が溜まりやすいのも特徴です。

肌の水分量が少ない

近年、赤ちゃんの肌水分量は、年間を通して大人(20代の成人女性)の半分以下であることが分かってきています。
赤ちゃん肌がぷるぷる潤って見えるのは、大人に比べて皮下脂肪が多く、外からの刺激を受けていないため透明度が高いからだと言われています。

水分豊富だと思っていた赤ちゃん肌、実際は一年中乾燥気味なのです!

4d24f1783a50f37a612af33873b3365f_m

乾燥肌と関係のある肌トラブルや病気

赤ちゃんの乾燥をきちんとケアしないと、肌トラブルの原因になってしましいます。
生理的現象で様子を見れるものから危険な病気までありますので、それぞれの特徴を知っておくことは大切です。

新生児落屑(らくせつ)

新生児落屑とは、生後2~3日後から全身の皮がポロポロと剥けてくることで、生まれてきた赤ちゃんの約90%に起こります。
新生児落屑になる原因は、お母さんのお腹の中で皮膚を守ってくれていた羊水や胎脂がなくなり、空気に触れることで肌が急激に乾燥するためだと言われています。

今でも、「赤ちゃんの自然現象の一つだから、一皮むけるまでは何も塗らずに様子をみる」という医療関係者も多いですが、乾燥しすぎると肌トラブルの原因になります。
肌に亀裂が起こってしまうこともあるので、乾燥が強い場合には沐浴後の保湿をおすすめします。

魚鱗癬(ぎょりんせん)

魚鱗癬とはお母さんのお腹の中にいるころから角質層が暑くなり、肌のバリア機能が障害される先天性の病気です。
魚鱗癬は、遺伝性の病気で、様々なタイプがあります。

先天性魚鱗癬は、比較的重度の魚鱗癬で、生まれた時から全身の皮膚が厚く、魚のうろこのように剥がれ落ちそうに見えます。
生まれた時には発症していますので、多くは入院中に気付かれます。

尋常性魚鱗癬(じんじょうせいぎょりんしょう)は、比較的症状が軽いタイプの魚鱗癬で、生後2カ月くらいから発症します。
足首から膝までが極度に乾燥し、皮膚は固く、ひび割れを起こすこともあります。

尋常性魚鱗癬は大人になるにつれて症状が軽くなっていくこともありますが、アトピー性皮膚炎とも関係があると言われています。
赤ちゃんの乾燥が気になるという方は、一度受診をすることをおすすめします。

乾燥性乳児湿疹

乳児湿疹には、皮脂の分泌が過剰なために起こる脂漏性湿疹と、乾燥が原因で起こる乾燥性湿疹があります。

乾燥性湿疹の特徴は、お腹、太もも、腕、背中など、皮脂の分泌が特に少ない場所に多く発生し、空気が乾燥する冬に悪化します。
皮脂の分泌が多いと言われている新生児期も、顔以外は乾燥傾向にありますので乾燥性乳児湿疹になる可能性はあります。

乳児アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、治りにくい慢性の湿疹のことで、原因には大きく分けて二つあります。

一つ目はダニやハウスダスト、汗、よだれや石鹸など様々な刺激に肌がアレルギー反応を起こして湿疹ができます。
2つ目は肌のバリア機能の低下、つまり乾燥です。

乾燥によって肌のバリア機能が低下することで、アレルギーの原因が体内に入り込むこともアトピー性皮膚炎の大きな原因です。

湿疹の特徴は、生後1~3カ月頃から頭と顔にジクジクした湿疹ができたり、耳の付け根が切れてただれたりします。
湿疹は痒みを伴い、冬場に悪化します。
ステロイドを塗ると症状が改善するのも特徴です。

「アトピー性皮膚炎=食物アレルギー」と考えられていたのは一昔前のことで、最近では、その関係性は少ないと考える専門家が多いようです。
乳児のアトピー性皮膚炎は、その約8割が肌が強くなる1歳頃までに良くなると言われています。

食物アレルギー発症の原因にも!?

最近増えている食物アレルギーのはっきりとした原因は解明されていません。
一説にはアレルギーの原因が、バリア機能が低下した肌から体内に侵入することで発症するのではないかと言われています。

つまり、乾燥をケアして肌のバリア機能を高めることで、食物アレルギーの発生を減らせる可能性もあるということになります。
こうして考えると、赤ちゃんのスキンケアはとても重要であることが分かります。

11d0a30b7c85042ce52974a061797fcc_m

乾燥を防ぐ正しい保湿・スキンケアの方法

それでは、赤ちゃんの乾燥肌を予防・改善するためにはどのようなスキンケアをしていけば良いのか、具体的に見て行きましょう。

泡で洗って、しっかり保湿

乾燥させないスキンケアの基本は、まず、皮膚を清潔に保つことです。
新陳代謝が活発で大人の2~3倍も汗をかく赤ちゃんは、1日1回は沐浴やシャワーで洗い、肌を清潔に保つことが大切です。
石鹸やボディーソープは赤ちゃん用の低刺激のもの、健康な肌に近い弱酸性のものを選びましょう。

▼お湯の温度に注意する
お湯の温度が高過ぎると乾燥の原因になります。
お湯の温度は38℃程度に、また、長くお湯につかると肌の水分が奪われてしまうので10分くらいで手早く行いましょう。

▼泡で優しく洗う
乾燥が気になる赤ちゃんのお風呂では、洗う時にゴシゴシこすってしまうと、肌に余計な刺激を与えてしまいます。
ガーゼやスポンジではなく、たっぷりの泡を使い、手でやさしく洗ってあげましょう。
泡だてネットを使うと石鹸でもよく泡立ちます。
泡で出てくるタイプの赤ちゃん用ソープはとても便利です。

▼洗い残しがないように
頭の生え際、首のしわ、脇、手のひら、手首、膝の裏、足の付け根は洗い残しが多い場所です。
シワをしっかり伸ばして洗いましょう。
石鹸成分が残っていても肌に刺激になりますので、洗った後はしっかり流してあげて下さい。

▼拭き残しも気をつける
洗った後の拭き取りですが、ゴシゴシこすると肌によくありません。
赤ちゃんを拭くときは、タオルでやさしく押さえ拭きをして下さい。
また、洗い残しが多い部位は拭き残しも多いですので気を付けて下さいね。

▼ダブル保湿が効果的
お風呂の後は、しっかり保湿をします。
お風呂では肌を守るための皮脂も流れてしまいますので、しっかり保湿をしないと乾燥の原因なります。
保湿剤のタイプについては、後ほど詳しくお話ししますが、ベビーローションとオイルやクリームの「ダブル保湿」が乾燥肌には効果的です。

▼入浴後は手早く保湿
お風呂の後の肌は、5分を超えると水分がどんどん奪われてしまいます。
お風呂が終わったら5分以内に保湿をしてあげましょう。
バタバタしては危険です。
お風呂に入る前に、保湿グッズを準備しておくと良いでしょう。

91073ca76fc6633073be7d6bee093b96_m

室内・外出時のスキンケア

大人の私達でも、外出先では手が乾燥してハンドクリームを使いますよね。
それは赤ちゃんも同じです。
外出先でも赤ちゃんの肌をこまめに確認し、乾燥していたら保湿をしてあげましょう。

意外に忘れられがちなのが、赤ちゃんの口周りです。
よだれや食べこぼしなどを拭くたびに摩擦が発生し、皮脂は奪われて肌は乾燥します。
口周りを拭くたびに毎回保湿、とは言うのは難しいかもしれませんが、気がついた時には保湿をしてあげて下さいね。

▼紫外線ケア
紫外線は日焼けや肌の老化、皮膚がんの原因になるとともに、肌の乾燥の原因にもなります。
20分以上日に当たる時には、日焼け止めや帽子、日傘を使って赤ちゃんの日焼け対策をしっかり行って下さい。

▼室内のケア
直接的なスキンケア以外にも赤ちゃんの乾燥肌を予防する方法はあります。
室内では冷暖房の風が赤ちゃんに直接当たらないように注意しましょう。
赤ちゃんに適した室内温度は、夏場で26℃前後、冬場は22℃前後、湿度50~60%、が理想です。
特に空気が乾燥する冬場では、加湿器を使って湿度を保ってあげるのも効果的です。

おすすめの保湿剤・選び方

乾燥肌が気になる赤ちゃんの保湿で大切なことは、「水分補給」と、「水分を逃がさないように蓋をする」ことです。
乾いた肌に水分補給をする役割を持つのがベビーローションや乳液、クリームになります。
そして、水分を逃がさないように蓋をする役割を持つのがオイルやワセリンになります。

乾燥した肌に、どちらか一方だけ使うのはあまり意味がありません。
役割の異なる2つのタイプをダブル使いして、効果的に保湿をしてあげましょう。

ベビーローション・乳液・ベビークリームの選び方

赤ちゃん用・低刺激と書かれているものを選びましょう。
赤ちゃんの肌に刺激になる合成界面活性剤や防腐剤など化学合成物質はなるだけ避けたいですが、全部を避けるのは難しいのが現実です。
成分がシンプルなもの、無香料・無着色のものを選びましょう。(天然の香料は大丈夫です。)
毎日たくさん使って欲しいものなので、使用感やコストパフォーマンスで選んでも構いません。

ベビーオイルについて

ベビー用のオイルには植物由来のオイルと鉱物油の2種類あります。
肌に使う時には精製度の高い、化粧品と記載されたオイルを使うことをおすすめします。

植物由来のオイルの代表は、アーモンドオイル、ホホバオイル、ココナッツオイル等です。
植物由来のオイルはビタミンなどの栄養分が含まれることもあり、肌に浸透しやすいオイルです。

天然由来で肌に優しいと言われる一方で、精製度が低いものだとアレルギーの原因となる可能性もあります。

鉱物油は一見肌に悪そうな名前ですが、別名ミネラルオイルとも呼ばれます。
肌に浸透しないので、アレルギーの心配が少なく、皮膚をベールのように覆うことで保湿の役割を果たします。
鉱物油の代表はベビーオイルやワセリンです。
病院で処方されるワセリンやプロペトも、このタイプになります。

使用前のパッチテストを忘れずに!

現在、赤ちゃんの肌のために研究された保湿剤の種類は、とても多くなっています。
どの製品を使うにしても、自分の赤ちゃんの肌に絶対合わないという保証はありません。
また、無添加と書かれているものが必ず肌に良いとは限りません。
実際に、アレルギーを起こさないように働く成分の一つは添加物なのです。

どのような製品にしても初めて使用する製品は、必ずパッチテストを行い、赤ちゃんの肌に合うかどうかを確認して下さい。
パッチテストの方法は、赤ちゃんの腕の内側に1円玉程度塗ってみて、丸一日後に赤くなったり腫れていなければ大丈夫です。
まれに遅れてアレルギーが出ることもあります。(遅延性アレルギー)
なので、心配な人は2-3日様子をみて下さい。

2841410680392704efc2abf70cb9c600_m

症例別の保湿方法

赤ちゃんの肌トラブルを既に起こしてしまっている時は、保湿をするにも迷ってしまいますよね。
そこで今度は、赤ちゃんに起こりやすい肌トラブルの症例ごとにおすすめな保湿方法をご紹介します。

乾燥肌・摩擦による肌荒れ

既に肌のバリア機能が崩れ、肌の水分が蒸発している状態です。
赤くなっていたり、皮がむけていることもあります。

ダブルの保湿が必要な時ですが、アルコールが入った保湿剤は肌への刺激が強いので避けた方が良いでしょう。
ローションや乳液にはサラサラにするためエタノールというアルコール成分が含まれていることが多いですので、アルコールフリーのベビークリームがおすすめです。

クリームを塗った後は、オイルやワセリンでしっかり水分を閉じ込めましょう。

ムレやあせも

汗をかくと、汗と共に皮脂も流れるため、肌は乾燥してしまいます。
元々汗かきな赤ちゃんは、汗腺の発達も未熟で詰まりやすく、そこに常在菌が繁殖し炎症を起こしたのがあせもです。
あせもができている時は、保湿の前に必ずお風呂に入れて皮膚を清潔にすることが大切です。

あせもは痒い湿疹ですので、保湿はローションや乳液がおすすめです。
オイルやワセリンは、あせもができている所は避けて使いましょう。

ムレ・あせも対策で大切なことは、赤ちゃんが汗をかきにくい環境を作ることです。
赤ちゃんは体温調節が未熟で、衣服での調整も自分ではできませんので、室内温度の調整や、衣服を着せ過ぎないようにしましょう。
また、汗をかいた衣服は早目に着替えさせるようにしましょう。

乳児湿疹

乳児湿疹の種類は色々ありますが、乾燥性乳児湿疹の場合は特に保湿が重要です。
湿疹は、ジクジクしていない限り痛みはないですので、湿疹が軽度の場合は先ほどお話しした通常のダブル保湿がおすすめです。

湿疹の状態によってケアの仕方は変わりますので、湿疹がひどい時には一度受診をすることをおすすめします。

おむつかぶれ

うんちやおしっこ、おむつの素材等の刺激によって肌のバリア機能が崩れた状態のオムツかぶれでも保湿は重要です。

オムツかぶれの場合、肌を乾燥させるのが治療の一つとも言われるますが、毎回しっかり乾燥させるよりは、肌と刺激物が当たっている時間を短くして皮膚を清潔に保つことが大切です。
オムツはこまめに変え、おしりを拭くときには強くこすらず、汚れをつまむようにケアしましょう。

汚れがひどい時にはおしりだけシャワーで流してあげるのも効果的です。
肌の表面を覆い、刺激物が直接肌に付かないような役割をするオイルやワセリンが適しています。

判断に迷ったら皮膚科を受診

これらの肌トラブルは、やさしく洗浄し、しっかり保湿をすれば自然に治る場合が多い症状です。
しかし、炎症を起こしたり、かき壊して雑菌が繁殖し、症状が悪化したり、どびひ等の皮膚病の原因となる可能性もあります。
ケアをしてもなかなか治らない時には一度皮膚科を受診することも必要です。

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_m

まとめ

水分たっぷりに潤っているように見える赤ちゃんのお肌ですが、実はバリア機能が弱く、乾燥しやすいのが特徴です。
乾燥肌を放置しておくと、肌トラブルの原因になります。

スキンケアを始めるタイミングは新生児の頃からです!
赤ちゃんの肌と相性の良い保湿剤を見つけて、赤ちゃんの肌が乾燥するのを予防しましょう。
市販の保湿剤でも低刺激のものが増えてきていますが、心配な方は皮膚科や小児科で保湿剤を処方してくれますので、相談してみて下さいね!

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER