MUGYUU!ロゴ

926

赤ちゃん・子供の乳歯の虫歯の原因と治療法・自宅で出来る予防法とは

皆さま、お子様の歯や虫歯に関してお悩みはございませんか?

いずれ生え変わる乳歯とはいえ、生え変わりまで数年ある、、、。
歯磨きを頑張っているのに、しばらくするとまた虫歯が出来てしまう、、、。
大切な我が子の歯を虫歯から守りたい。
互いに楽しい歯磨きタイムにしたい。
でもどうすればいいのか分からない、、、。

そんな方のために
①虫歯のメカニズムや乳歯の事を知っていただく
②正しい歯磨きや歯間ブラシの使用方法が分かる
③万が一治療になってしまった場合でも、治療方法が分かる
④たくさんありすぎて選べない歯科医院での良い先生の見分け方などなど
虫歯に関わる全てをまとめました。 

一人でも多く、歯で悩む方々を減らす手助けとなれば幸いです。

乳歯の特徴と役割

▼乳歯の特徴
大人の歯に比べて、歯の質が薄く、柔らかい。そのため虫歯になりやすいです。
虫歯の進行が速く、早期に歯の神経にまで達することもあります。

▼乳歯の役割
乳歯には体の成長を促したり、永久歯を正しい位置に導くといった大切な役割があります。
乳歯によって、食べ物を噛み切ったり、かみ砕くといった動作を行い、顔や顎の発育を助けたり、顔の形を整える役割をします。
また、正しい発音を覚えたりする役割も担っています。

370924

虫歯の特徴

大人の歯に比べて弱い乳歯や、生えてきている途中の歯などは歯茎もブヨブヨしていて汚れも溜まりやすいため、虫歯になりやすく、進行も早いので注意が必要です。
また、乳歯の虫歯は白く、自覚症状がないので気付かれにくいのも特徴です。

虫歯には五段階あります。

①初期の虫歯(CO)

歯の表面のエナメル質という部分が少し溶けて白く濁っていたり、溝が茶色になっていたりします。再石灰化によって、正常に戻る可能性があります。
再石灰化とは、唾液の働きで歯も正常な状態に戻そうとする自然治癒のメカニズムです。

▼自覚症状
この頃は、まだ痛みもなくお子様も自覚症状はないです。

②小さい虫歯(C1)

エナメル質が溶けて、黒い小さな穴があきます。この段階では、再石灰化は難しいですが、歯を削るのは少なくて済みます。

▼自覚症状
仕上げ磨きなどで親御さんは虫歯に気づくかもしれませんが、お子様はまだ痛みは感じません。

③進行した小さい虫歯(C2)

エナメル質の下にある象牙質という組織のところまで虫歯が進行した状態です。象牙質は柔らかいため急激に進行します。なので早めに治療をした方が良いです。

▼自覚症状
この頃から甘いものや冷たいものがしみるといった反応が出るので、お子様も食べたり飲んだりした時に痛がることがあります。

④神経まで広がった虫歯(C3)

歯の神経まで虫歯が進行した状態です。神経に炎症が起きているので、ズキズキがひどく痛みを感じます。

▼自覚症状
この段階になるとお子様は黙っていても痛がるようになります。

⑤根っこだけの虫歯(C4)

歯の上の部分が溶けてなくなってしまい、歯の根の部分だけになります。さらに炎症が進行すると、神経が死に痛みが無くなります。

▼自覚症状
この段階では、神経の影響により痛がることはなくなるかと思いますが、残っている歯の角で舌を傷つけたり、違和感などがあります。

343798

虫歯が出来る場所

虫歯は食べ物のカスとお口の中の菌が長く停滞している所に出来るため、以下のような場所が出来やすいとされています。

▼虫歯の出来やすい場所
虫歯は主に、上の前歯、歯と歯の間、奥歯の噛む面の溝、歯と歯茎の境目などに出来やすいです。
下の前歯は唾液によって洗浄されやすいので虫歯にはなりにくいとされています。

乳歯 生えてくる時期
A(乳中切歯)  6~7ヶ月
B(乳側切歯)  7~8ヶ月
C(乳犬歯) 16~20ヶ月
D(第一乳臼歯) 12~16ヶ月
E(第二乳臼歯) 20~30ヶ月
■虫歯に出来やすい場所

caries-n

引用:http://www.with-dc.com/

Aは上下の歯の中心にある前歯四本になります。そこから奥歯に向かって順にB,C,D,Eと数えます。
成長には個人差があるため生える順番は大体の目安となります。

注意が必要な時期は?

虫歯が感染しやすい時期は奥歯が生えそろうまでの約一歳半~三歳までの間と言われています。
歯が増えることに比例して虫歯菌に感染するリスクも高くなるため、注意が必要です。

具体的な治療法

虫歯が見つかった場合

初期虫歯(CO)

歯のエナメル質が白くなり虫歯になりかけている状態です。
痛みやしみるなどの症状、虫歯の穴などはないです。歯の再石灰化による自己修復作用や、フッ素塗布などで戻る可能性はあるため歯科で歯を削ったりはしません。

自宅では、毎食後(おやつ後も含む)の歯磨き、フッ素入りの歯磨き粉の使用、定期的な歯科医院でのフッ素塗布を行うと良いでしょう。

小さい虫歯(C1,C2)

痛みはないので気づきにくいですが、茶色や黒色の小さな穴ができます。まれに冷たいものがしみることも、、、、。
虫歯の部分を削り、取り除き、白い詰め物をしたり、型を取りかぶせものをするといった治療を行います。

神経まで広がった虫歯(高度進行性の虫歯C3)

歯の神経にまで進行した虫歯で、ズキズキとした感じや夜眠れないほど強い痛みがあります。
治療中も痛みを感じることが多く、神経を取り除く治療が必要です。
神経の治療をした後、型を取り、被せものを作ります。

根っこだけの奥歯(重度C4)

歯が残っていなく、根の部分だけが残っている状態です。
神経は死んでいるので、痛みはないが歯の根の先に膿が溜まっていることがあります。
状態によって、抜歯をするか治療した後土台として活用し被せものを作ります。

子供が暴れる場合

以下四つのような方法があります。

①トレーニングを行い、治療が出来るように訓練する
→年齢によって対処は違いますが、説明して治療の流れなどを理解でき、治療が出来そうなのであればこの方法を用ます。

②抑制器具を使う
→診療中は先のとがったものを多く使用するため、動くと危ないので、どうしても治療しなければならない場合は使用して行います。

③全身麻酔を使う
→歯科で全身麻酔?と疑問を抱くこともあるかもしれませんが、お口の中にたくさんの大きな虫歯があり、治療しなければならない場合に用います。
麻酔科医と連携して行うため、大きな大学病院などで行われるものです。

④虫歯抑制剤を使う
→小さな虫歯であれば、薬を塗って終わりという歯科医院さんもあります。しかし刺激が強いため、深い虫歯には使用できないうえ、一時的な処置なので結局ダメになることがほとんどです。

474715

子供が痛がらない治療法は?

▼初期虫歯(CO)の場合
フッ素塗布や歯のクリーニングのみなので痛みを感じることは少ないと思います。

▼小さい虫歯(C1)の場合
C1の段階の場合も削る時の音に怖さを感じるかもしれませんが、少し削って白い詰め物をするだけなので痛みはないです。

▼進行した小さい虫歯(C2)の場合
C2の段階の場合は先生によって、判断次第ではお薬を塗ったり詰めたりするだけの場合もあります。

▼最新の治療法
近年では、最新医療としてカリソルブという薬を使った治療を行っている歯科医院もあるようです。
カリソルブは透明なジェル状で、虫歯を溶かして殺菌後に特殊な器具を用いて取り除くだけだそうです。
実際に治療を受けた方は、あっという間、痛くなかったなどといった感想があります。

しかし先生が治療を判断されるので、全部の歯に適用できるかはわかりません。

歯を抜きたくない場合

抜きたくない理由が生え変わりか、虫歯かによっても定義は大きく変わります。

乳歯は、後続の永久歯に生え変わるまで出来れば残しておきたいです。
それは乳歯は永久歯の生えてくるスペースを確保する役割もあるからで、早期に抜歯すると下から生えてくる永久歯が出てこれなかったり、歯の並びが凸凹になってしまうのを防ぎたいという理由からになります。

しかし、虫歯の悪化によりあまりにも状態が悪く、膿があったりする場合は、痛みも出るのと後続の永久歯にも影響を与えてしまうので、抜歯した方が適当でしょう。

神経を抜きたくない場合

虫歯の程度にもよりますが、痛みがなければ、まず、神経の治療ではなく、神経を残す治療(覆髄)をして、詰め物をすれば良いと思います。

しかし、これは担当医の先生が状況を判断して行う治療なので一概にこれが適用できるとはかぎりません。

118164

虫歯による影響

虫歯はそのままの状態にしていると、虫歯菌が増えます。
乳歯が全部抜けたとしても、お口の中のミュータンス菌は無くなりません。

そのため、後続の永久歯はミュータンス菌の多い環境の中で生えてくるため、生え変わった永久歯が全体の姿を現した時にはもう虫歯、、、なんてこともあります。
また、乳歯がひどい虫歯で抜けると弱い永久歯になる、なんてこともあるのです。

ひどい虫歯の場合、痛いところで噛むことを自然と避けてしまうので、反対側の歯に負担がかかってしまう恐れもあります。

病院に行くタイミング

早ければ早いほうが良いです。
歯が生えそろうまでに一歳半検診や三歳児検診があるので診てもらい、チェックがあれば歯科医院へ行ったほうが良いでしょう。

また、仕上げ磨きをしているときにも、お子様の歯をチェックし、早期発見出来れば治療も簡単に済むこともあるので確認してみてください。
自分じゃ判断しきれない場合などは、歯科医院でフッ素の定期健診を行っているので診てもらうことも良いでしょう。

良い先生・病院の見分け方

歯科には、小児歯科、予防歯科、審美歯科、口腔外科、矯正歯科などといった種類の医院がありますので、お子様の治療に特化した小児歯科が大体はおすすめです。

親御さんや、お子様も不安が強くなることが多いので、治療以外にもリラックスさせてくれたり、親身になってアドバイスしてくれるかや、実際に足を運んでの印象、歯科衛生士さんや受付や先生の雰囲気、診療を行う前に、説明と同意をしてくれるかなどの知識を持ち、選んでみてください。
診療の腕などは口コミなどを見たりするのも良いでしょう。

納得出来ない治療などに関しては、インフォームドコンセントを受けさせてくれる歯科医院はおススメです。

282107

予防法

自宅で行える予防法

▼虫歯を理解して仕上げ磨きを
歯磨きはただ毎食後磨けば良いというものではなく、きちんと虫歯になりやすい場所を把握したうえで磨くことが大切です。
(奥歯の噛む面の溝・歯と歯の間・歯と歯茎の境目・上の前歯等々)

特に寝る前はしっかりと仕上げ磨きをする事が大切です。できれば歯と歯の間はデンタルフロスを使って汚れを落とし、歯磨き粉はフッ素入りのものを使用してください。

歯磨きをする時は、細かく動かし、力は優しい加減で行うことがベストです。ただ単に横に動かすだけでなく、歯に対して歯ブラシを縦に動かした斜めから当てたりして汚れを掻き出すと良いでしょう。

▼食べ物に気をつける
ガムが食べられる年齢になったらキシリトールガムを噛ませたり、おやつはチョコレートやキャラメルなどといった歯に定着する時間の長い物は避け、食事もダラダラ食べをやめるように心がけましょう。
先ほども書いた通り、約一歳半から三歳までの間は虫歯菌が感染しやすいので、家族の方もお口の環境を整えておくようにして予防しましょう。

歯磨きの開始はいつから?

最初の乳歯が生えたら、歯磨きスタート。
しかし、あくまでも、この段階では歯磨きというよりはお口周りや口の中に触れたりする体験をして、いずれ歯磨きをすることへ慣れてもらうためのものです。
なので、スキンシップをしたり、湿らせたガーゼで口や歯を磨いたりで十分です。

上下前歯4本がはえたら本格的な歯磨きへ。
なるべく手早く短い時間で行いましょう。
無理に行ったりせず、歯磨きを楽しい時間だという風に認識させるためお歌を歌ったりしてみましょう。

▼仕上げ磨きの必要性
虫歯のリスクが高まる奥歯が生えそろう一歳半頃には、まず上手に磨けなくてもお子様にやってもらい、最後に仕上げ磨きで親御さんが行ってください。
特に奥歯の噛み合わせの溝の部分と、上の歯を重点的に磨いてみてください。

▼歯ブラシの選び方
お子様の歯ブラシは持ち手が握りやすく太めのもの、毛先はギザギザではなくフラットのものが磨きやすく歯茎への痛みもないので良いでしょう。
毛先が広がってしまうと汚れが除去しにくくなるので、定期的に交換をしましょう。
目安は約一ヶ月です。
歯磨き粉はフッ素入りのものを使ってみましょう。

092307

歯科で行える予防法

▼定期検診でフッ素を塗布
歯科医院では、普段の歯磨きやデンタルフロスでは落としきれない汚れや歯石を綺麗にし、そのうえで普段のフッ素より高濃度のものを歯に浸み込ませ、エナメル質の表面を強くする施術を行います。
大体これを三ヵ月に一度定期的に行うと健康な歯の維持に良いと言われています。

▼シーラント
また乳歯の溝に虫歯が入り込まないようにクリニーングした後、薄いプラスチックでコーティングするシーラントという方法もあります。
この方法で奥歯の溝の虫歯を予防することが可能です。

まとめ

いずれ生え変わる乳歯とはいえ、大切な役割を担っています。
まだよく分からない小さいころに歯科で怖い経験をすると歯科嫌いになったりもします。
怖い、痛い、そんなイメージがある歯科医院での治療によって泣いているお子様は出来れば見たくないですよね。

虫歯は、時間と食物と菌が合わさることにより発生します。
それを予防するためにご自宅では、おやつや食事の管理、食事時間を決めること、家族間での虫歯菌の感染を防ぐことを注意していきましょう。
早期発見出来るように、歯科医院での定期検診を行い、仕上げ磨きでお子様の歯のチェックをしておきましょう。

歯も食事も一生付き合っていく大切なものです。
そこにストレスや悩みを抱くことなく、お子様とともに歯への正しい知識がつけば、、、と願っています。

089121

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER