MUGYUU!ロゴ

13,668

子供の虫歯、神経を抜いてしまうのはなぜ?ママに知ってほしい乳歯治療の正しい知識

皆様、このような悩み事はございませんか?

子供の歯の虫歯が知らないうちに進行して神経にまで達していた!
または、虫歯の治療で神経を抜いてしまったけれどあれで本当に良かったのだろうか?
乳歯で神経を抜いてしまった場合、今後どうなってしまうのだろうか?
これから虫歯を増やさないために出来ることを知りたい!

そんなお悩みを解消すべく、乳歯の虫歯や神経についてのことをまとめてみました。
この内容が少しでもどなたかの不安感や疑問を解消する記事として届けば幸いです。

乳歯の虫歯は永久歯に影響しない?

乳歯の歯をそのままにしておくと、口の中で虫歯菌が増え続けます。
永久歯は虫歯菌の多い環境で生えてくるので、決して良い環境とは言えません。
良い環境で永久歯を迎えないためにも治療をしておくことが賢明です。

また、永久歯が生えてくるかなり前に虫歯により乳歯が抜けてそのままにしている場合、しばらく歯のないスペースがあることで、永久歯の生えるスペースが無くなり、歯並びが悪くなるといったこともあります。
さらに、ひどく進行した虫歯の場合、歯の根っこまで及んだばい菌がその直下にある永久歯に影響を及ぼして発育不全を起こすこともあるのです。

478df7b2a864560bf5beea2bd175443d_m

乳歯の虫歯、神経は抜く必要がある?どんな時に抜くの?

虫歯が神経まで進行してしまうと、出来れば神経を取る治療をした方が良いです。
なぜなら、神経まで到達している虫歯をそのまま放置していると、痛みがあるだけでなく、後続の永久歯にまで発育不全などの悪影響を及ぼす恐れがあるからです。

しかし場合によって可能であれば、永久歯に生え変わるときに歯茎が腫れたり永久歯のでる位置がずれておかしくならないように、神経を残す治療が行われます。
乳歯の神経がある場合とない場合では、今後長い期間使っていく永久歯に大きな影響が出るので、できるだけ神経を抜く治療にならないように予防に力を入れること、また治療方法は担当医とよく相談したうえでの選択を行いましょう。

乳歯の神経を抜いたら永久歯の神経も無くなるの?

乳歯の神経と永久歯の神経は、それぞれが独立していますので、乳歯の神経を取っても永久歯の神経が無くなるということはありません。
永久歯への神経には影響はありませんが、多少なりとも乳歯の神経を抜いたことにより、永久歯の生える位置がずれることがあることや、後続の永久歯の生える時期が遅くなることなどのデメリットはあります。

4807dda9f8ef0b8cdd154b1c2889884c_m

なぜ、虫歯になってしまう?

生まれたての赤ちゃんは口の中が無菌状態です。
しかし、大人と生活していくなかでの様々な接触(箸やスプーンの口渡しや食べかけの物の交換など)により虫歯の菌が赤ちゃんの口の中に入ります。
そのうえ、生えたてのまだ弱い乳歯であること、歯磨きの磨き残しによる長時間の汚れの沈着により、歯の虫歯は形成されます。
乳歯は永久歯に比べて歯の質が弱いです。
虫歯が神経まで到達するのも早いため、とても注意が必要です。

神経を抜かずにできる治療方法はある?

生えたての永久歯や乳歯で虫歯をとったら、神経が露出してしまいそうな場合は何回かにわけて神経近くに薬剤を置き、歯の再生を待つという治療を行うことがあります。
その他にも、虫歯の部分を除去し、神経を切断したのち薬剤を塗布。その後フタをし経過を見るといった方法もあります。
こういった治療方法はありますが、いずれも一概にこれを適用できるといったわけではなく、実際にお口の中の状態を見ないことにはなんとも言えませんので一度担当される先生へ相談されるとよいでしょう。

496e94fb1ab88fa73c8d8c3d2586820b_m

神経を抜いた治療が妥当だったかわからない・・・

歯科の先生もなるべく乳歯の神経は残す(温存)の方向で考えて治療を行うものの、いざ削って虫歯の状態を見てこれは残せないな、、と判断したら神経を抜く方が良いだろうと判断されることがあります。
将来の永久歯のためにも神経を抜くことは賢明な治療である場合も多いのです。

神経を取った後はきちんと薬を詰めれば大丈夫ですし、永久歯が生えてくる時には、乳歯の歯の根を溶かしながら出てくるので大人の治療とは違い吸収される材料を使うので心配はいりません。

虫歯が神経まで達して炎症を起こしている場合、ほおっておくと歯の根に膿を持ち、その膿が、後続永久歯に悪い影響を及ぼします。
取る必要がある神経を無理に残すと痛みがでたり、根の先が腫れたりする可能性があります。
神経を抜いたことは、後続の永久歯の為にも、さらに痛みが出ないためにも良かったのだと気持ちを切り替えても良いのかと思います。

病院や先生に不安をいだいてしまった

ただでさえ怖い歯科診療です。ちょっとした事でも不安材料になりかねません。
先生や病院に不安感を抱いたままの通院は、親子共々気が乗らないことと思います。
今は歯科医院が沢山あり、特色もさまざまです。だからこそ、ご自身の感覚を大切にして見極めて頂きたいです。

▼納得できる歯科医師をしっかり探す
嫌なこと、不安な事は先生や歯科衛生士にその都度伝えることが第一です。
伝えなければ、相手も気づいていない事も良くあります。
伝えてみても改善されない、自分も嫌なままだった場合は、歯科医院を変更するのも一つの手だと思います。
歯科医師がグイグイと診療を進める所よりも、患者主体できちんと説明してくれて納得した上で治療を行ってくれる歯科医院の方が良いと思います。

治療を始める前に自分自身でセカンドオピニオンを行うこともオススメです。
<セカンドオピニオンとは、医師の診断や治療法について、患者が別の医師の意見を求めることです>

d4696eded0ed05ae33198a9f439dc05e_m

神経を抜いてから痛みが出ることってある?

神経を抜いてしまった後でも、様々な理由で痛みが出ることは考えられます。

・神経ではなくその周りにあった組織が一時的に痛む場合
・炎症が歯の根っこだけにとどまらず、その近くの組織にまで影響していた場合
・神経や細菌が一回の治療では取り切れなかった場合
・他のことが原因で起こっている違和感や痛みが、神経を抜いたことによるものだと錯覚してしまった場合
・針のような細い治療器具が歯の根っこの内部で折れた場合

などが原因としてあげられます。

痛みが出たらどうしたらいい?

神経を取ったからといってすぐに痛みがなくなるわけではありません。
ずきずき痛むこともあります。
我慢できる痛みであれば次回の通院日まで、処方された痛み止めで対処するのも一つの手段です。

傷の痛みや治りは人それぞれです。中には全く痛みが無い患者さんもいます。
しばらくは神経をとった歯で噛み負担を与えることは減らし、そっとしておきましょう。

あまりにも痛みが続く、又は、治療に通っているが全然良くならないなどといった場合は転院などを考えてみるのも一つの手です。

7651d641203add4b75ed778d85f164fc_m

虫歯があるのに取らずに経過を見る時はなぜ?

虫歯を取らない場合は、まだ初期の小さな虫歯だった場合、削らないで様子をみることもあります。
虫歯は削れば良い、というものではなく、少なからず虫歯の周りにある良質な歯の部分も削ることがあるため、症状や口の中の衛生レベルによって取らずに様子を見ることもあるのです。

この場合は、歯ブラシ指導や定期的な歯科でメンテナンスによって維持していく提案をします。
神経の治療の必要ないものは、虫歯を削った部位に白い詰め物を詰める治療と削った部分の歯型を取り、詰め物をする治療の二つがあります。

責めすぎないで!どんなに気を使っていても虫歯が出来る時はある!

どんなに気を付けていても、365日ずっと気を張っているなんてとてもじゃないけど難しいですよね。
ましてや、自分じゃなく子供ですから、自分の思い通りに動かそうとするとお互いに疲れ切ってしまいます。
親御さんのすることは歯磨きだけではありません。食事の支度からお風呂から片づけから、、やることがたくさんです!

だから自分を責めすぎなくてよいのです。子供だってみんなお母さんの笑顔がみたいのですから。
いつも頑張っている自分を自分が十分に労いつつ、虫歯を一つの教訓にすれば良いと思います。

まだ初期の白濁した虫歯だった場合は、歯科医院さんでのフッ素や仕上げ磨きの方法などを教わりましょう。
少し黒い虫歯が出来ている段階だったら、おやつや食生活を見直し、歯磨きも毎食後やれるならやってみましょう。
歯科医院で治療ができるのであれば、経験から虫歯というものを理解してもらうのも一つの手でしょう。

神経まで到達してしまっている虫歯などは、きちんと通院し治療を完了させた上で、今後このような歯を増やさないために食事や歯磨きの在り方を見返し、歯を強化するためにはどうしたらよいかを歯医者とのサポートのもとやっていければ良いと思います。

6cb523fb3b73112df038f9e520bf477a_m

今からでも遅くない!しっかり歯科予防!

日本では、痛みが出てから歯科医院に通うなどといった考えがメジャーですが、アメリカやスウェーデンなどの先進諸国では歯科診療の中心が予防なのです。
歯があることが当たり前になっている方もいらっしゃるかもしれませんが、歯は失ってからその大切さに気づくものです。
好きな物を食べ、口元を気にすることなく笑い、不自由なく話すためには歯がとても大切な役割を担っているのです。
そのために幼少期からの正しい歯科知識、予防の大切さを理解することは重要なことだと思います。

仕上げ磨きの方法

乳歯の生える生後半年から一歳くらいまでの小さなお子さんは、仰向きにして歯磨きをされることに恐怖感を抱く子も少なくありません。
まずは歯磨きを楽しい時間だという風に認識させるため、お母さんの膝の上にのって磨いてみたり、お歌を歌ったりして磨く大人が楽しんでみましょう。

乳歯が増えることに比例して虫歯のリスクも上がります。
親御さんは虫歯が出来やすい場所を把握したうえで、仕上げ磨きを行いましょう。
歯と歯の間、歯と歯茎の境目、奥歯の噛む面の溝を意識的に磨くようにしてみましょう。
力加減は、ゴシゴシではなくシャカシャカといった具合の力加減で、歯茎に近いところを磨くときは、歯茎を傷つけないようにさらに優しい力加減で磨いてください。
歯ブラシは毛先がギザギザではなく、フラットなものを、歯ブラシのヘッドは小さく奥歯まで磨きやすいサイズのものを、歯磨き粉はフッ素いりのものがおススメです。

1c3a25e9af162e26cfcfe08b1e9c5760_m

定期的に歯科検診を!

歯科の定期検診では以下の事を行ってくれます。

1.虫歯のチェック

虫歯は歯の噛む麺や歯と歯茎の境目、歯と歯の間など一見気づきにくい所にできやすいものです。専門的な立場から虫歯のチェックをしてもらいましょう。

2.歯茎のチェック

歯の周りの歯茎が腫れていないか、炎症を起こしていないかのチェックを行います。

3.ブラッシング指導

歯と歯茎の正しい磨き方は、その人それぞれ微妙に違います。力加減や、歯に対しての歯ブラシの当て方、動かし方などを細かく指導してもらいます。

4.汚れの染出し

汚れは虫歯などの原因ですが、これを取るのは難しかったりします。どこに汚れが付きやすいのかをチェックするために汚れを染め出し、指導してもらいます。

5.汚れ(歯垢)の除去

歯ブラシで取り残したり、取り切れなかった汚れ(歯垢)は虫歯の大きな原因となります。出来るだけ早く歯医者さんで取り除いてもらいましょう。

6.歯についての相談

普段の歯磨きや口全体の疑問点、お子さんへの歯磨きの誘導方法など、普段なかなか聞けないことを聞き、不安などを解消できます。

7.フッ素塗布

お家で使う歯磨き粉のフッ素とは違い少し高濃度のフッ素を塗布してくれ、歯の質の強化につながります。

 
このようなことから、歯科での定期検診はオススメです。

452c964398373b12f4254c03a6de481c_m

まとめ

乳歯は永久歯に比べて弱く、虫歯の進行も早いです。
親御さんもおこさんも、まさかこんなに進行していたなんて!
神経を抜くことになるなんて!とびっくりされる方も多いでしょう。

起きてみて、経験しないと分からないこともあるものです。
決してご自身や、お子さんを責めすぎることなく、一つ一つを次につなげる学びにすれば良いと思っています。

たかが歯ですが、されど歯です。歯は重要な役割を担っています。
これをきっかけに歯についての知識を深め、正しい歯磨きを実践して、歯科医院にもサポートしてもらいながら健康な歯を付き合っていけるようになれば幸いです。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER