MUGYUU!ロゴ

564

赤ちゃんのミルクはいつまで続けたらいいの?卒業しないといけない理由が!

新生児の頃からずっと毎日飲んできたミルクですが、一体いつまで続ければ良いの?だんだん離乳食が進んでくるたびにそう思って、迷ってしまうお母さんも多いのではないでしょうか。寝る前のミルクは歯磨きができないために、虫歯などの問題も気になってきます。

また今回は粉ミルクを卒業した後のフォローアップミルクについても、同時に説明していきたいと思います。夜中の授乳を卒業させたいと思っているお母さんは、参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんのミルクはいつまで与えれば良い?

513d8a73fc5268ed6a7a098991882bd4_m
赤ちゃんにミルクを飲ませるのは、だいたい離乳食が進んで主に食べ物から栄養をとれるようになってきたらやめ時になります。離乳食が安定してくるのは、だいたい離乳食後期~完了食に入るくらいの1歳程度が目安でしょうか。ミルクを飲むための哺乳瓶も、1歳を目安に卒業することを推奨されています。

きちんと離乳食が進んで食べられていれば、それだけでお腹がいっぱいになってくるのでだんだんとミルクの量は減ってきます。ミルクの量が減ってきたら、なるべくストローマグなどを使ってお茶や白湯などを中心に飲ませるようにシフトさせていきましょう。

寝る前のミルクはいつまで必要?

dd462ed1d6c425c658a16d38f59e8fc3_m
寝る前のミルクに関しては、多くのお母さんが悩むところだと思います。授乳は、基本的には虫歯の心配もありますので10ヶ月くらいから1歳にかけて少しずつやめさせていくのがポイントです。いきなりやめさせるというのは、赤ちゃんにとっても精神的な負担が大きいので順々にやめさせていくのが良いでしょう。

1歳を過ぎると自我が強くなってくるというのもあり、なかなか習慣になっていることをやめることが難しくなってきます。また牛乳も1歳を過ぎれば飲み始めることができるようになるので、だんだんと夜中はミルクを飲まずにそのまま寝かしつけができるよう工夫していきたいですね。

赤ちゃんのミルクをやめなきゃいけない理由は?

292fa4557e760262f49a98597b27431e_m
赤ちゃんのミルクには様々な栄養が含まれているのは間違いないのですが、やはり食べ物から得ることができる栄養に比べたら足りなくなってしまうのです。ミルクばかり飲んでいると、1歳くらいで必要になってくる栄養が足りなくなってきてしまうんですね。

また、1歳になるとだんだん歯が生えてきている赤ちゃんも多くなってきます。ミルクには糖分も含まれているので、虫歯の心配も出てきてしまいます。そのため、栄養面で必要性を感じなくなってきたらやめる方向に持って行かないといけないんですね。

ミルク後のゲップはいつまで出してあげればいいの?

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ自分でゲップを出すことが難しいので背中をトントンしてあげてゲップを出してあげなければなりません。そうしないとお腹の中に空気がたまって、気持ち悪くなってしまうのです。

赤ちゃんによっても個人差はありますが、だいたい5ヶ月くらいになればゲップするのが上手くなってきます。我が家でも生後半年ではもう立派な大人顔負けのゲップをしていましたので、だいたい注意して背中をトントンするのは生後4ヶ月くらいまでで、そのあとは赤ちゃんの様子を見ながら…と言った感じですね。

フォローアップはミルクはいつから?いつまで?

だいたいのフォローアップミルクには、生後9ヶ月から3歳くらいまでと明記されています。離乳食が順調に進んで三回食になっているかも、フォローアップミルクを飲ませるポイントになります。生後9ヶ月でも、まだ離乳食がうまくいかなくて二回食などであればフォローアップミルクはまだ飲み頃ではありませんので、調節していきましょう。

また、ご飯がきちんと残さず食べられるようになれば、3歳を待たずともフォローアップミルクは卒業しても大丈夫ですよ。あくまで食べ物からきちんと栄養がとれていれば、フォローアップミルクは必要ないものなのです。

フォローアップミルクとは?

500x0_57f35d0d-6120-4d18-9035-0e790a010304.jpg

引用:http://mamari.jp

フォローアップミルクとは、離乳食や食事だけでは補えない鉄分などの栄養が入った栄養補助食品です。粉ミルクと見た目はほぼ同じですが、種類は違うということですね。赤ちゃん用のサプリメントドリンクというと、わかりやすいかもしれません。

我が家では、生後9ヶ月にはもう離乳食が三回食になっていたので同時にフォローアップミルクを飲ませていました。2歳半の今では、もう食べる量も立派になったので飲む必要がなくなり、そのまま卒業して普通の牛乳を飲んでいます。

フォローアップミルクの量は?

フォローアップミルクをどのくらい飲ませれば良いのかというと、9ヶ月から1歳くらいまででだいたい600mlを数回に分けて飲ませると良いでしょう。コップ1杯を3回に分けて飲ませたり、1歳以上になったらそれにプラスしてお風呂上がりにもう1杯飲ませるなどしてあげていきましょう。

ただ離乳食の食べ方が悪くなったなどを感じてきたら、フォローアップミルクの量を減らして食べ物を優先させるようにしてください。あくまで、食べ物あってのフォローアップミルクなのです。

まとめ

いかがでしたか?ミルクはいつまで与えていけば良いのか、またフォローアップミルクへの移行のタイミングや寝る前、夜中の授乳のやめどきなどを説明してきました。どれもお母さんにとっては悩ましい問題ではありますが、赤ちゃんそれぞれで精神的なものは違います。

ミルクをやめても普段と変わらなければスムーズにいくこともありますが、中にはなかなかやめられず大変になることもあります。赤ちゃんの様子を見ながら、しっかりとミルクがやめて食べ物をきちんと食べられるように促してあげましょう。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER