MUGYUU!ロゴ

1,172

調乳ポットの必要性・利便性を解説!人気のおすすめ調乳ポットも徹底比較!

赤ちゃんのミルクを作るときに一番手間がかかる作業が、やはりお湯の温度の管理だと思います。ミルクを作るときの適温は70度以上で作ることが推奨されていますが、かといって沸騰したお湯を使うと熱すぎてミルクの栄養分が壊されてしまいます。

そのため、作るたびにいちいち温度を計りながら…というのは、忙しくてただでさえ寝不足のお母さんにはかなりキツイ作業なのです。そこで便利なのは、ミルクを作るための調乳ポットです。

調乳ポットがあることで、ミルクを作るのが随分楽になります。そこで今回は、調乳ポットについて必要性や各商品の比較などをおこなっていきたいと思います。

調乳ポットとは?

調乳ポットは、ミルクを作るための最適温度である70度程度をキープしてくれてすぐにミルク作りができるのをサポートしてくれるものです。一度調乳ポット内で沸騰させてから、温度を70度くらいまで下げてそこで温度を維持します。

調乳ポットがあることで、お湯を一度沸騰させてから温度計でいちいち測って…という一連の面倒な作業が省略できます。これだけで5分以上の時間短縮となるので、これはありがたいですよね!

調乳ポットと電気ケトルは違うの?

調乳ポットと同じような機能性を持つ家電として思い浮かぶのが電気ケトルです。電気ケトルはやかんでお湯を沸かす作業を、電気の力でおこなってくれるというものなのですが…。実は電気ケトルはお湯を沸かすことはできても、保温をするということはできないのです。

そのため必要なときにその都度お湯を沸かしていかなければならない、そしてさらに温度を70度くらいまで下げなければいけないなどあまり調乳向きとは言えないのです。その点、調乳ポットは70度程度でお湯を保温してくれるので、いつでも必要なときにお湯が最適な温度で出てくるのですね。

調乳ポットが、かなりミルク作りのために考えられている商品だということがわかります。

調乳ポットの必要性(メリット)は?

調乳ポットは、毎回の調乳のたびに大変な思いをしているお母さんたちの味方として大活躍してくれます。
では、調乳ポットを使うことでどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

最適温度を維持

調乳ポットは、ミルクを作るときの最適温度である70度程度を常に維持してくれています。そのため、粉ミルクを哺乳瓶に入れたらそのままお湯を調乳ポットから注ぐことができてしまうのです。
これだけで一気に手間が省けて、夜中の調乳などにはかなり助かります。

必要なときにすぐ使える

何回分か必要な量を一度に準備することができるので、必要なときにすぐに使えるというのが嬉しいポイントです。特に赤ちゃんの月齢が低ければ低いほど、3時間おきにやってくるミルク作り。

そのたびにお湯を沸かす作業から入らなくて済むというのは、とてもありがたいですよね。この手軽さから、お父さんもどんどんミルクを作ってくれることも増えてくるのではないでしょうか。

軽いので持ちやすい

調乳ポットは小型のものがほとんどで、お母さんが片手でスッと持つことができるので重たくて持てないなどということはありません。
片手で哺乳瓶を支えながら、片手で注ぎ入れることができるので手軽に使うことができるのです。

調乳ポットのデメリットは?

大変メリットの多い調乳ポットですが、メリットもあれば当然デメリットもあるということで、順番にご紹介していきます。

電気代がかかる

調乳ポットの電源を入れている間は、ずっとお湯を70度程度に保温してくれています。
そのため、その保温中はずっと電気代がかかってしまっているということになります。
ただ、お湯を沸かしたり温度を下げたりする手間代だと考えれば、そこまで気にならないのではないでしょうか。

音がきになる

調乳ポットもお湯を沸かしてくれたり、お湯の温度を保ったりするために活動してくれています。そのたびに電子音や振動音などがすることがありますが、これが気になるという人もいるようです。気になるようであれば、寝室でも枕元にポットを置かないようにしておけば多少緩和されます。

調乳ポットの選び方は?

自分にぴったりな調乳ポットを選ぶためには、様々なポイントを押さえて選んでいく必要があります。
そこで主に3つの選ぶポイントについて、説明していきますね。

お湯が沸くまでの時間

実は調乳ポットの種類によって、お湯が沸く時間に差があるのです。一回分のお湯を沸かすまでの時間などは調乳ポットのパッケージに記載されているので、比較しながら選んでいきましょう。

また、同時に調乳ポットの最大量のお湯を沸かす時間もチェックしておきたいですね。

清潔に保てるか

調乳ポットも哺乳瓶と同じで清潔に保つことのできるものかどうか、というのも大切なポイントとなります。

例えばポットの口がきちんと閉まっているタイプかどうかなどは、ホコリや虫の侵入を防ぐことにもつながるので必ずチェックしましょう。また、お手入れ方法もできれば簡単なものの方がこまめにおこなえるので、清潔を保つには良いでしょう。

ポットのサイズ

だいたい一回の調乳で必要なお湯の量は、200mlほどになりますので、最低でもそれ以上の大きさの調乳ポットを選ぶ必要があります。また、夜中に何回かある調乳のためには一度に複数回のお湯を沸かしておきたいですよね。

そのため800mlくらいの容量があると、より安心して保温しておくことができます。これで夜中にお湯を沸かして、音などを気にすることもなくなりますね。

口コミで人気のおすすめ調乳ポットは?

それでは様々な種類がある調乳ポットをドンと10種類、値段やサイズ、特徴などを大特集していきます。

1. コンビ調乳じょ~ず

値段…楽天では3,780円
http://item.rakuten.co.jp/babyshop/10017286/
サイズ…幅195×奥行き172×高さ195mm
容量…800ml
特徴…この調乳ポットは、自身であらかじめ沸騰させたお湯を入れることで自動的に70度まで下がった状態で維持してくれるものです。
そのため、お湯を沸かす機能がないことだけは注意しておきましょう。
ポットの部分は、電子レンジにも対応しているので温めもオッケーです。

2. ピジョンNEW調乳ポット

値段…楽天では7,180円
http://item.rakuten.co.jp/babyshop/10023814/
サイズ…幅222×奥行き136×高さ230mm
容量…600ml
特徴…1回分の調乳に必要なお湯の量200mlを、およそ3分で沸かすことができます。
沸騰させてから自動的に70度まで下げて、保温機能も付いているのでとても便利です。
スイッチを入れるだけで、簡単に操作できるのでお父さんも手軽にミルク作りができますよ!

3.松山製作所メイプルウェアすぐミルク

値段…楽天では4,280円
http://item.rakuten.co.jp/rack-kan/7051892/
サイズ…幅181mm×奥行き159mm×高さ175mm
容量…800ml
特徴…自分でまずお湯を沸騰させて、そのお湯を入れておくことで70度くらいの調乳にぴったりの温度にキープしてくれます。
容量もたっぷりで、夜中の授乳も安心ですね。

4.フィリップスアヴェントFASTボトルウォーマー

値段…楽天では5,980円
http://item.rakuten.co.jp/zinnsokukunnteineicyan/scf355-00?s-id=sd_browsehist_search_sp
サイズ…高さ160mm
特徴…スタイリッシュなデザインがかっこいい調乳ポットです。
並行輸入品にはなりますが、フィリップスは有名なメーカーなので安心ですね。
冷えたミルクでも、150mlを3分で温めることができます。

5.PIPBABY調乳保温スタンドウォーマー

値段…Amazonでは31,000円
https://www.amazon.co.jp
サイズ…幅248mm、奥行き124mm、高さ118mm
特徴…哺乳瓶にお湯を入れた状態のまま適温に保温ができる、便利なグッズです。
調乳ポットとはまた一味違った便利さがあるので、重宝すること間違いなしです。

6.象印マイコン沸とう電動ポット

値段…楽天では8,070円
http://item.rakuten.co.jp/townland/y-cd-wx40-ha/
サイズ…幅210mm×奥行き285mm×高さ340mm
容量…4リットル
特徴…普通の電動ポットと違って、ミルク作りのための70度という温度設定があります。
そのため普段は温度を高くして大人の飲み物に使ったり、調乳のときは温度を下げたりと多機能なのが嬉しいポイントです。

7.TIGERマイコン電動ポット

値段…楽天では9,385円
http://item.rakuten.co.jp/cocodecow/769700/
サイズ…幅229mm×奥行303mm×高さ281mm
容量…4リットル
特徴…こちらも普通の電動ポットですが、70、90、98度の3段階の温度設定ができます。
お湯の残りも一目でわかるので、とても良いですね。

8.TIGER蒸気レスVE電気まほうびん「とく子さん」

値段…楽天では15,300円
http://item.rakuten.co.jp/emedama/4904710415245/
サイズ…幅218mm×奥行き308mm×幅319mm
容量…3リットル
特徴…見た目がおしゃれなデザインで、蒸気レスなので火傷の心配がなく、小さいお子さんがいる家庭にはぴったりです。
温度は98、90、80、70度の4段階で調節可能です。

9.日本育児クールツイスター

値段…楽天では4,104円
http://review.rakuten.co.jp/item/1/222699_10007387/1.1/
サイズ…直径10×H125mm
容量…210ml
特徴…ドイツ生まれの可愛いデザインが特徴の調乳ポットです。
沸騰したお湯を、短時間でミルクを作るための適温に冷ましてくれます。
お手入れは煮沸消毒なので簡単ですよ!

10.THERMOS調乳用ステンレスボトル

値段…楽天では3,544円
http://item.rakuten.co.jp/rakuten24/e447500h/
サイズ…幅65mm×奥行75mm×高さ220mm
容量…500ml
特徴…保温機能の高さに関して評価が高い、サーモスの魔法瓶です。
ワンタッチで開閉するので、ちょっとしたお出かけなどにもかなり役に立ちます。

調乳ポットを使ってストレスを溜めないように

調乳ポットは、ご覧の通りそこまで高価なものではありません。電気代を足したとしても、かなり手間が省けるのでとても満足することは間違いありません。授乳のたびにストレスになってしまうと、毎日何回もあることなので非常に辛くなってしまいます。

調乳ポットをうまく活用して、育児ストレスを最小限に抑えていきたいですね。使えるものは、どんどん使っていっちゃいましょう。

まとめ

いかがでしたか?育児に大変な授乳中のお母さんに向けて、ミルク作りがとっても楽になる調乳ポットについてお話ししてきました。

調乳ポットも様々な種類があり、それぞれ特徴も異なります。自分のライフスタイルに合ったものを選んで、毎日楽しくミルク作りができるように工夫していきましょう!

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER