MUGYUU!ロゴ

362

布おむつってどんなもの?紙おむつと比較!メリット・デリットとは

子育てで布おむつに興味があるママに、布おむつの知識・方法・種類などを知ってもらえたら……。
子育てをしていく中で、子供にとって少しでも良いことをしていきたい、と考えることがありますよね。

そんな中で布おむつを知る方も多いのではないでしょうか?
でも、身近に布おむつを使っている人がいなくて、興味はあるけれど、どうしたら良いのかがわからない。
そんな人も多いと思います。

布おむつは、子供とのスキンシップが自然と増える、子供の肌に優しく、家計にも優しいなど、子供とママにとってメリットになる部分がたくさんあります。

ここでは、布おむつってどんなものなのかを具体的にまとめています。このページが楽しい布おむつ生活を始めるきっかけになったらうれしいです。

布おむつってどんなものなの?

布おむつを使うメリットは沢山あります。

私が布おむつを使用していた経験で、使ってよかったと思えるのは、やはり子供とのスキンシップが自然にでき、増えるということだと思います。
子供の表情や行動を見て気持ち悪いのかな?今は機嫌いいからおむつきれいなのかな?など、常に考えるようになりますし、子供の不調にも気づきやすくなったと思います。

もちろんデメリットもありますが、赤ちゃんとの暮らしは、子供のために使う時間ですし、慣れてしまえば負担に感じることはありません。
おむつを替える時期というのは意外と短いので、この時期にしかとれないコミュニケーションは、大切にしたいものですね。

baby-22199_960_720

布おむつのメリット・デメリット

メリット

・コミュニケーションの時間が自然と多くなる
紙おむつと比較すれば、おむつの交換回数が多いです。=子供と触れ合う時間も自然と増えます。

・赤ちゃんの肌に優しい
布を使っているので、肌に負担が少ないです。

・家計に優しい
最初に必要なものをそろえてしまえば洗うだけなので、それ以上のコストの心配がありません。

・おむつの卒業が早い
子供は布おむつが濡れたときに不快と感じるので、おむつが濡れると教えてくれるようになりやすいです。
また、濡れたか濡れていないかがはっきりわかるので、親もおしっこの感覚がどのくらいかを判断しやすいです。

・ゴミが少なく環境に優しい
洗ってまた使うことができるので、ゴミが出ません。

デメリット

・手間がかかる
紙と比較すると、頻繁におむつの交換が必要です。

・漏れやすい
おむつカバーから、布が少しでも飛び出していたり、はみだしていたりすると、そこから服が濡れてしまうことがあります。

・時間が必要
洗濯・干す・たたむが必要なので、家事の時間が増えます。

・出かけるときなど荷物になる
布はかさばるし、使ったおむつは持ち帰って洗うので、荷物が増えます。

紙おむつとの違い

現代は布おむつよりも、紙おむつを使っている人の方が断然多いです。
私の周りで布おむつを使っていたのは姉だけでした。

赤ちゃんに兄弟、姉妹が増えることで、やはり紙おむつが必要になる場面もあります。
紙おむつと布おむつのお互いの良いところをどんどん活用していけばいいと思います。

紙おむつのメリットとデメリット

メリット

紙おむつのメリットは、次の通りです。

・使い捨てなので洗濯する必要がない
・うんちなどの後始末が簡単
・吸収性や保水性に優れている
・持ち運びにかさばらない
・大人の都合で交換できる

長時間の外出や、旅行などには便利ですね。

デメリット

また、以下を紙おむつのデメリットとして挙げさせていただきます。
・コストがかかる
・定期的な購入が必要
・不快感が少ないので、子供が排泄を教えてくれない
・使い捨てのため、ゴミが増える
・メーカーによって肌に合う、合わないがある

コストの比較

布おむつと紙おむつの事で一番気になるのは、コストの違いではないでしょうか?
0歳~1歳までの1年間のおむつの量を比較してみましょう。
個人差があるので、参考としてみてください。
某うさぎさんマークのチェーン店の価格を参考にしています。

布おむつの場合

▼布おむつ
一日「約15組」使います。
次の日の洗い替えも考えると15組×2日=30枚以上必要です。
布おむつは10組=約1,700円なので、
1,700円×3日=5,100円

▼おむつカバー
「50~60サイズ」と「70サイズ」を使うことになります。
おむつカバーは一枚約1,500円で4~5枚くらいあると安心です。
50~60サイズ 1500円×4枚=6,000円
70サイズ 1,500円×5枚=7,500円
計13,500円

▼1年間 
5,100円(布おむつ)+13,500円(おむつカバー)=18,600円 

これに別途水道代+洗剤代などがかかります。

紙おむつの場合

▼紙おむつ 
「新生児用」と「Sサイズ」を使うことになります。
メーカーによって異なりますが
新生児用は90枚入り・Sサイズは84枚入り=約1,300円です。
1パック10日前後で使い切る感じなので、
1か月30日とすると、月に3パックは使う計算になります。

▼1か月
1,300円×3パック=3,900円

▼1年間
3,900円×12ヵ月=46,800円

1年間での比較

「布おむつ=18,600円 VS 紙おむつ=46,800円」

布おむつの方が断然安いですね。
布おむつは子供が成長してカバーを買い足す必要がありますが、布おむつ部分はそのまま継続して使えますし、弟妹ができたときには、買う必要はなくなります。

布おむつは初期投資さえしてしまえば、紙おむつより断然コストを安く抑えられるということがお分かりいただけると思います。

布おむつを使うときに必要になるものは?

布おむつを使ってみよう!と思ったら、必要なものを買いそろえましょう。
では、どんなものが必要でしょうか?

ducks-1426008_960_720

必要なもの

必要なもの 必要枚数・月齢に応じたサイズ・使用方法
布おむつ 約30枚~
おむつカバー 50-60サイズの子供 3~4枚
60-70サイズの子供 4~5枚
8か月以降 4~5枚
布おむつをしまう箱 収納に便利で、必ずしも必要なわけではありません。
おむつライナー うんちを洗うのが気にならない人は必要ありません。
蓋付きバケツ 洗濯までの間、入れておくのに使います。
蓋つきのものが臭いを抑えられるので便利です。
洗濯石鹸 布おむつを洗うのに使用します。
洗濯板 布おむつを洗うのに使用します。
安価なものだと100均一でも手に入れることができます。
タオル干しハンガー 布を干すのに使います。
おしりふき 使い捨てでもいいですが、布おしりふきだと洗って何度も使えるので家計に優しいです。
布おむつと一緒に洗いましょう。

布おむつカバーはどんな種類や素材があるの?

おむつカバーといっても様々な種類の形や素材があります。
その子供の月齢や生活スタイルに合わせたおむつカバーを買うことが重要です。

8487869857_44a684fac4_b

素材

ウール

天然素材なので月齢を選ばず使えます。

▼メリット
通気性が良く蒸れにくく、肌がかぶれる心配が軽減されます。
また、肌触りがよく、夏は涼しく冬は暖かい素材なので、年中使うことができます。
防水効果はそれなりにあり、とても乾きやすいです。

▼デメリット
デザインがいかにも「布おむつ」というシンプルなデザインしかないことでしょう。
洗濯は手洗いでないと縮みやすいので日陰干しにしないといけません。
また、うんちの色が落ちづらいことも気にする人にはデメリットになるかもしれません。
他の素材からすると少し割高な素材になります。

ポリエステル

合成繊維なので、7か月以降の子供向けの素材になります。

▼メリット
防水効果が高く、おしっこの量が増えてきた子供にも対応できます。
布おむつカバーの中でも漏れにくく、乾きやすい素材です。
価格も安い上にかわいいデザインを選ぶことができます。

▼デメリット
通気性が悪いので、蒸れやすくかぶれやすくなります。低月齢の子供には不向きな素材といえるでしょう。できれば、夏場は避けたい素材になります。

綿

天然素材で、新生児から6か月くらいの子供向けの素材になっています。

▼メリット
通気性が良く蒸れにくい。肌がかぶれる心配が軽減されます。肌着と同じ素材というのもうれしいですね。価格も比較的安価ですし、かわいいデザインを選ぶこともできます。

▼デメリット
防水効果が低めなので、服まで濡れてしまうこともあります。また、乾くまでに時間がかかります。

カバーの型

外ベルト型

新生児・ねんねの時期の子供向け

内ベルト型

ハイハイなど動き出した子供向け

パンツ型

立ち、歩き始めた子供向け

一体型

「60サイズ→70サイズ→80サイズ→90サイズ」と成長に合わせて履き替えていくタイプ。
海外が主流で日本であまり取り扱いがありませんが、かわいいデザインが多いです。

布おむつの布の種類や素材はどんなものがあるの?

布おむつには、様々な形や素材があります。
母親が使いやすい種類を探すのも楽しみの一つになるかもしれませんね。
一般的に使われているのは、輪おむつです。私も使っていました。

baby-784608_960_720

種類

輪おむつ

▼メリット
フィットしやすく乾燥しやすい形です。
月齢や性別など子供に合わせた厚みを自由に作ることができます。
金額も安価なので気にせずに何枚も買えます。

▼デメリット
ただ、干した後にたたむ手間があり、かさばります。

成型おむつ

▼メリット
たたむ必要がなく、かさばりません。

▼デメリット
大きさがおむつカバーに合うかわからず、おしりにフィットしづらく漏れやすい面があります。
また厚みがあるので、乾きづらく、価格も少し割高になっています。

ポケット式おむつ

▼メリット
吸収体をセットしておけば、紙おむつ同様に使えます。
また成形おむつのカバーとしても使えます。
外出などこまめにおむつ交換できないときにおすすめです。

▼デメリット
ただ、カバーもおむつ交換のたびに交換になるので、洗濯ものが増えます。

一体型布おむつ

▼メリット
かわいいデザインが豊富で、紙おむつのように使えます。

▼デメリット
一体型なので丸ごと交換する必要があるので、枚数が必要になります。また、厚手なので乾きにくいです。
海外が主流なので、日本での取り扱いが少ない点も考慮しましょう。

フィット型おむつ

▼メリット
紙おむつのように使えます。
一体型と似ていますが、一体型と違いおむつカバーが必要です。
また、おむつの吸収体がおむつと同じ形です。
デザインが豊富で、ハイハイやあんよの子供向けのサンディーズやスナップボタンで調節でき新生児から卒業まで使用できるワンサイズがあります。

▼デメリット
海外が主流なので、日本での取り扱いが少ないです。

素材

ドビー織り

しっかりした生地なのに柔らかく、抜群の吸収力・通気性に優れています。

ガーゼ

ふわっとしていて目が粗く、厚みが少しある素材です。抜群の通気性ですが、吸収力は普通です。

サラシ(平織)

手ぬぐいに似た触り心地で、薄い素材です。抜群の通気性ですが、吸収力はあまりありません。

布おむつを使ってみよう

布おむつを使う準備が整ったら、実際に使ってみましょう。
最初はこれでいいのかな?と、戸惑うこともあるかもしれませんが、コツをつかめばとても簡単です。

6644083433_607b601111_b

輪おむつはどのようにたたむの?

長方形の輪おむつを縦長に半分に折り、それを今度は横半分に折って出来上がりです。
新生児の時は一枚で大丈夫ですが、おしっこの量が増えてきたら二枚重ねで折りでおしっこが漏れないように調節しましょう。

うんちは布にくっつくと大変と思う人は、おむつライナーを出来上がった上に敷くと、うんちの処理が楽になります。

カバーにどんな風に置いて使うの?

おむつカバーを広げた上に輪おむつのたたんでおいたものを敷きます。
おしり側ははみ出さないように敷いてください。

子供にしっかりフィットさせてとめた後に、布のはみ出した部分はおむつカバーの中にしまっていきましょう。

布おむつはどんな風に洗えばいいの?

汚れた布おむつは、軽く洗い流しておきます。
そして、水と洗剤を入れた蓋付きバケツにつけておきましょう。
ある程度たまったら一度に洗濯機で洗って、あとは干すだけです。

うんちの汚れは、水で洗っただけでは黄色い黄ばみが洗っても残ってしまうので、一度石鹸でもみ洗いしてからバケツに入れてください。
私は毎朝一日分の布おむつを洗っていました。

布おむつの心構え・体験

布おむつは楽しみながら使うのが一番です。
布おむつを楽しくするコツとしては、

150809360948_TP_V

・布だけにこだわらず、必要に応じて紙おむつを使う(外出・体調不良・夜など)
・子供とのコミュニケーションなど楽しんで使う

先程も少し説明しましたが、私の周りで布おむつを使っていたのは、母親と私の姉でした。
私よりも先に子供を産んだ姉が母に教えてもらい、布おむつで子供を育てていたので、自然と私も出産してから布おむつで育て始めました。

布おむつでよかった!と一番感じたのは、やっぱりコストでしょうか。

おむつを替えた直後にすぐにおしっこやうんちをされるということはよくありますよね。
紙おむつだと「今おむつ替えたばかりなのにもったいないな」とか、「もう少し待とうかな?」なんてケチな私は思ってしまうこともありましたが、布おむつは洗えばまた使えるので、心置きなく替えることができました。
それに、おむつを替えるたびに自然と声かけするので、子供の様子もわかりやすかったです。

また、私は車の運転ができないため買い物も徒歩だったので、「おむつを買い置きして無くなる心配をしなくていい」というのも、気持ちの面で楽でした。

布、紙おむつのプチ歴史

おむつというのは、意外に歴史が浅いんです。
布おむつはどんな風に生まれたのか、紙おむつはいつ来たのか?子育てに必要不可欠なおむつの事を少し知ってみましょう。

1387751430dc135-600x538

年代 布おむつ・紙おむつの歴史
1600-1800年代 江戸時代布おむつは「むつき」と呼ばれていました。
1910年代 輪形・長方形の形が主流でした。家庭から出る古着やサラシを再利用しておむつにしていました。
1970年代 乳児用の紙おむつが海外から輸入されました。ですが、子供よりも大人の紙おむつの方が普及されていきました。
1980年代 紙おむつの性能が高分子吸収体の開発により抜群にUP。より漏れなくなりました。
2000年代 介護の人手不足などにより紙おむつが更に普及しました。
現在 性能UPにより紙おむつがおむつの主流となりました。ですが、その一方で環境に優しく、子供の肌に優しい布おむつの魅力が再認識されてきています。紙おむつにはない、かわいいデザインに惹かれるママも少なくありません。

まとめ

布おむつは子供に優しく、そして環境に家計に優しいとメリットはたくさんあります。
ですが、紙おむつが便利な現代では、使っている人はとても少なくなっています。

私は姉が布おむつで育児をしていたので、自然とその流れになりましたが、私の周りのママ友で布おむつで子育てをしている人は誰もいませんでした。
大変そう!というイメージも強いようで、私が布おむつを使っていることを知った方は、「すごいね、私には無理だわ」ということも多かったです。

ですが、そういった方たちの様子から、私は「布おむつに興味はあるけれど、一歩踏み出すことができない」と思っている人が多いように感じたのです。

だからこそ、インターネットやSNSの普及にのって、布おむつを使ってみたい人の力強い味方になれたらと思います。
こんな便利な世の中だからこそ、布おむつで子供とゆったりとコミュニケーションをとる楽しみを増やしてみませんか?

newborn-659685_960_720

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER