MUGYUU!ロゴ

早すぎる離乳食の味付けは危険!離乳食の味付けについてのまとめ

離乳食は、基本的には味付けは必要ないといわれています。

味付けをしないと離乳食がマンネリ化してこない?
いつも同じ味で、赤ちゃんは飽きないの?

大人はそう思ってしまいますね。
本当にそうでしょうか?

また、離乳食の時期によって、使える調味料は決まっています。
では、いつからどのようにしていいのか、悩みますね。

上手に味付けをして、赤ちゃんが喜んでくれる離乳食を作ってあげましょう。

今回は離乳食の味付けについてまとめました。

離乳食の味付けについて

離乳食初期(5〜6ヶ月)は、味付けをしないようにしましょう。

赤ちゃんの味覚は、お母さんのお腹の中にいる頃から発達しています。
舌にある「味蕾(みらい)」という味を感じる細胞の数は、赤ちゃんの頃が一番多く、成長するに従って減っていくといわれています。

赤ちゃんは味覚が敏感なので、離乳食初期のうちに味付けをしてしまうと、刺激が強すぎてしまいます。
また、内臓も未発達なので、腎臓や消化器官に負担をかけてしまいます。
赤ちゃんに素材の味を教えてあげるためにも、離乳食初期には味付けは必要ありません

各離乳期の味付け

各時期に合わせた味付けについて、お伝えしましょう。

離乳食中期(7~8ヶ月)

味付けは離乳食中期(7〜8ヶ月)から少量ずつなら大丈夫です。
ただし、無理に味付けする必要はありません。
薄味を心がけるようにしましょう。

大人が味見をしてみると、
「こんなに薄い味付けで大丈夫なの?」
と不安になるかもしれません。

赤ちゃんの味覚は鋭いのですが、塩味には比較的鈍感なので、濃い味付けにしてしまっても食べることができてしまいます。
そして、一度濃い味付けになれてしまうと、薄味に戻すのは大変です。

濃い味の食事は、将来生活習慣病にかかるリスクが高くなってしまうので、気をつけるようにしましょう。

離乳食後期(9~11ヶ月)

後期は、赤ちゃんも離乳食に慣れてきて、好き嫌いや食べムラが出てくる時期。
上手く味付けをして、食べさせてあげるようにしましょう。
後期の味付けも、まだ風味付け程度の、薄味にしておきましょう。

離乳食完了期(12~18ヶ月)

完了期になると、メニューによっては大人と同じものを食べられるようになりますが、やはり薄味を心がけます。
1歳を過ぎると、使える調味料が増えてくるので、離乳食のバリエーションも増えてきますよ。

簡単出汁で旨味をプラス

離乳食の味付けは、調味料で味付けをするというよりも、まずは出汁(だし)や野菜スープなど、素材の味を活かした「旨味(うまみ)」をプラスしてあげるようにしましょう。
出汁の効いた料理は、薄味でもおいしく、塩分を抑えることができるので、大人にもおすすめです。

出汁を取るのが面倒というママは、顆粒の「だしの素」を使ってもいいのか、気になりますよね。
だしの素は塩分が多く、化学調味料や添加物も含まれているものもあるので、なるべく使わないようにしましょう。
もし使うとしたら、食塩や化学調味料が無添加のものを使うようにしましょう。
また、市販の赤ちゃん用粉末だしや野菜スープもありますので、これらを使うと安心です。

簡単な出汁の取り方

昆布、かつお節、煮干しを使って、簡単に和風出汁が取れます。
煮干しの出汁は、離乳食後期から使うようにしてください。

昆布出汁

昆布の表面を濡れ布巾でふいて、鍋に昆布と水を入れて30分ほど置いておきます。
弱火にかけて、沸騰する前に昆布を取り出せば完成です。

昆布はアレルギーを起こす心配が少ないので、安心して使うことができます。
昆布に含まれているグルタミン酸という旨味成分は、母乳にも含まれているので赤ちゃんが好む味です。

かつお節出汁

鍋に水を入れて沸騰させ、かつお節(削り節)を入れたらすぐに火を止めます。
かつお節が鍋底に沈んだら、ザルやキッチンペーパーでこせば完成です。

かつお節には、イノシン酸という旨味成分が含まれています。

煮干し出汁(後期から)

煮干しの頭とはらわたを取り除き、鍋に煮干しと水を入れて中火にかけます。
沸騰したら弱火にして、1〜2分煮たらザルやキッチンペーパーでこせば完成です。

煮干しはカルシウムが豊富なので、赤ちゃんにたくさん摂らせてあげたいですね。
かつお節と同じく、イノシン酸を含んでいます。
ただし、煮干しには塩分が含まれているため、煮干しを使った出汁は、後期以降からにしましょう。

昆布とかつお節の出汁

昆布の表面を濡れ布巾でふいて、鍋に昆布と水を入れて30分ほど置いておきます。
弱火にかけて、沸騰する前に昆布を取り出し、かつお節を入れます。
かつお節が鍋底に沈んだら、ザルやキッチンペーパーでこせば完成です。

昆布のグルタミン酸と、かつお節のイノシン酸の相乗効果で、旨味が強くなります。
赤ちゃんにおすすめの出汁です。

水出しの出汁

出汁を取るのが面倒だなと思うママは、昆布とかつお節と水を密閉容器に入れて、冷蔵庫に6時間以上入れておくだけでも、簡単に出汁を取ることができます。
でも、煮出した方がおいしい出汁を取ることができるので、時間があるときは煮出して取ってみて下さいね。

冷凍保存

出汁は、製氷皿で冷凍保存することができるので、時間のあるときにまとめて作っておくのがおすすめです。
冷凍した出汁は、1週間で使い切るようにしましょう。

時期別使用可能な調味料

中期以降から使える調味料を時期別に、使い方や注意点をご紹介します。

離乳食中期(7〜8ヶ月)

中期はまだまだ薄味です。
「使っても良いですよ」というだけで、使わなくても全く問題ありません。

砂糖

糖分は十分にとれているので、使わなくても大丈夫です。
使うとしても、風味付け程度にしておきましょう。
赤ちゃんには、素材の甘味で十分です。

離乳食後期(9〜11ヶ月)

好き嫌いや食べムラが出てくる時期なので、上手く味付けをして食べさせてあげるようにしましょう。

食用油

菜種油やサラダ油、オリーブオイルなどの植物系の油を使うようにしましょう。
1歳を過ぎると、揚げ物も与えることができます。

使う量は少量ですが、油も赤ちゃんにとっては必要な栄養素で、便秘解消にもつながります。
ごま油はごまアレルギーの心配があるので、離乳食では使わないほうがいいでしょう。

塩は食材にも含まれていますので、使わなくても大丈夫です。
使うとしても、たまに使う程度にしておきましょう。

しょうゆ

大豆アレルギーの心配もあるので、使うときは注意しましょう。
風味付け程度に、1〜2滴にしておきましょう。

味噌

無添加のものを選ぶようにしましょう。
味噌汁は上澄みをあげるようにしましょう。

トマトケチャップ

無添加のものを選ぶようにしましょう。
トマトケチャップは味が濃いので、代わりにトマトピューレやトマトジュースを使うとよいでしょう。

バター

無塩バターを選ぶようにしましょう。
風味付け程度にしましょう。

みりん

使うときはアルコール分を完全に飛ばしてからにしましょう。
糖分が多いので、あまり使わないほうがよいでしょう。

離乳食完了期(12〜18ヶ月)

大人と同じような食事が出来るようになり、バリエーションが増えますが、味付けには気を配りましょう。

9259aa4bb5bdb0381a88534a2911df1b_m

赤ちゃんは酸味が苦手なので、無理に与える必要はありません。
風味付け程度に使うようにしましょう。

マヨネーズ

生卵が原料なので、卵アレルギーの可能性があります。
気をつけて与えるようにしましょう。
1歳までは、加熱して与えるといいでしょう。

カレー粉

刺激が強いので、風味付け程度に使用するようにしましょう。

はちみつ

乳児ボツリヌス症を引き起こす可能性があるので、1歳までは与えてはいけません。
1歳を過ぎたら、少量を使うようにしましょう。

調味料の使用量の目安

どれも無理に使うことはありませんが、使う場合の目安量として覚えておきましょう。

離乳食中期(7~8ヶ月)

■砂糖・・・1回2~2.5グラム

離乳食後期(9~11ヶ月)

塩分の味付けは、塩かしょうゆのどちらかにします。
塩ひとつまみは約0.5グラムです。

■塩・・・1回0.15~0.3グラム
■しょうゆ・・・1回2グラム(小さじ1/3)

■砂糖・・・1回3グラム(小さじ1)
■油脂類・・・1回3グラム(小さじ3/4)

離乳食完了期(12〜18ヶ月)

■塩・・・1回0.4~0.6グラム
■しょうゆ・・・1回4グラム(小さじ2/3)
■砂糖・・・1回4グラム(小さじ1と1/3)
■油脂類・・・1回4グラム(小さじ1)

簡単な味付け方法

味付けをするときに、離乳食だけ味付けするのは、少量なので大変ですよね。
大人用の料理と一緒に離乳食を作ることができれば時短になるし、手間も省けます。

でも、大人用の料理を薄めて、赤ちゃんにあげるのも結構大変です。
まず、離乳食用の薄い味付けをして取り分けてから、大人用の味付けをする方が楽ですよ。

例えば、カレーを作るときには、具材を煮込んでカレールーを入れる前に、離乳食用の具材を取って別の鍋で野菜スープにする、という方法があります。

また、大人も薄味にしてしまえば、塩分のとりすぎにならずに健康に良いですね。
煮物などは、大人用のものを取り分けて、出汁などで薄めるという方法もあります。

大人用のものを薄めるのは、離乳食完了期からにしたほうがいいでしょう。
出汁を使わずに味を薄めるのに、豆腐やじゃがいもペーストなどの食材を使う方法もあります。

離乳食の味付けをするのには、小さい鍋があると便利ですよ。

調味料以外で味付けになるもの

赤ちゃんは甘い味付けが大好きですが、塩味には鈍感で、苦味や酸味は苦手です。
旨味成分を上手に利用しましょう。
食材の甘みを引き出すことも可能なので、調味料を使う量が少なくてすみます。

野菜スープ

人参、キャベツ、玉ねぎ、大根(皮をむき、適当な大きさに切っておく)などの野菜と水を鍋に入れて、茹でます。
野菜が軟らかくなったら、ザルやキッチンペーパーでこして完成です。

野菜の旨味がたっぷり出ているので、調味料は必要ありません。
野菜スープを取るのに使った野菜は、フードプロセッサーで混ぜれば、簡単にポタージュが作れます。
離乳食の食材として使うこともできますよ。

ホワイトソース

無塩バターを鍋に入れて火にかけ、バターが溶けたら小麦粉を入れます。
ダマにならないようによく混ぜ、少しずつ牛乳を加えて、滑らかになるように混ぜれば完成です。

野菜や肉を入れればクリームシチューになりますし、食材にかけてオーブンで焼けばグラタンにもなります。
ホワイトソースも赤ちゃんが好む味です。

調味料のかわりに、青海苔や焼き海苔、かつお節、粉チーズなどを使って味付けをすることもできます。

離乳食の味付けには旨味を利用

離乳食は、赤ちゃんに素材の味を教えてあげることが目的の一つです。
離乳食は毎日のことですから、赤ちゃんが離乳食を食べてくれなくなることもあると思います。
そんなときには調味料をうまく使ってあげることで、離乳食のバリエーションを豊かにしてあげることも必要です。
調味料だけでなく、食材や旨味をうまく利用して栄養満点の離乳食を作ってあげましょう。

\\ 『離乳食』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/10/12

離乳食

赤ちゃんのはじめての離乳食!これさえ読めばあなたも離乳食マスター

まーしゃる

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER