MUGYUU!ロゴ

あったらいいな!先輩ママ直伝!離乳食に役立つおすすめ便利グッズのまとめ

大変な妊娠・出産を経て授かった可愛い我が子。
育児はいろいろ大変ですが、やはりできる限りのことをしてあげたいと思いますよね。
生後5ヶ月から始まる離乳食も、手作りで毎日出来立ての美味しい食事をあげたいな、と思うでしょう。

でも、離乳食作り、なめたらあかん!

もちろん離乳食を手作りで作っているママは多く、「全ての離乳食を完全手作り」「外出時のみベビーフード」「基本は手作り、時間のない時にベビーフード」など、基本的に手作り派は全体の90%を占めるといわれています。

ただし、それはとても時間と手間がかかるのも現実。
私もはじめはやる気満々で作っていたので、時間や手間がかかってもあまり気になりませんでした。
でも離乳食が進むにつれて、本当に大変だと感じるようになりました。

ということで今回はそんな離乳食作りをサポートしてくれるおすすめの離乳食便利グッズをご紹介。
大変でイライラしがちな離乳食作りを卒業しましょう!

離乳食は練習食

1260e44096d1e4d5c30c860b8f1285ae_m

そもそも赤ちゃんにとって離乳食とは何で、どのような役割を果たしているのでしょうか。
離乳食は『母乳やミルクを食事とする乳児が、徐々に通常食を食べられるよう移行するための練習食』とされています。

大人になるまでずっと母乳やミルクから栄養を摂るわけにはいきませんね。
身体の成長や毎日の行動に必要なエネルギーは、パパやママと同じような通常食から摂れるようにならなくてはなりません。

しかし赤ちゃんは、最初から固形の食べ物を食べられるわけではありません。
食べ方もわからないし、上手に消化することもできないのです。

そこで離乳食を練習食として与えて、少しずつ液体から固形へと段階的に変化させていくことで最終的に通常食を食べられるようにしていくのです。
離乳食は赤ちゃんにとって、なくてはならないステップだということが分かりますね。

先輩ママも経験した!離乳食のここが大変

離乳食をいざ作り始めると、大人の食事ではあまり使わないような細かな作業や、この食べ物は与えていいのだろうか?といったような疑問など、様々な場面で離乳食作りの大変さを実感すると思います。

私も離乳食を作っている現役ママですが、悩みや疑問の連続でした。
以下、私の体験談も含め、多くのママが共感する悩みをいくつかまとめてみました。

とにかく時間と手間がかかる「裏ごし」

9f966f2e44ee8344be73312d53942194_m

離乳食は、私たち大人の食事と違って、細かく食べやすいように調理をしなくてはならないので、作業にとても手間がかかります。
特に基本動作の「すりつぶし・すりおろし・裏ごし」は面倒で、中でも「裏ごし」は私にとっては最も苦痛でした。

通常ならば裏ごし器を使用すればよいのですが、持っていない場合ざるや味噌こしでも代用出来ます。
ところが裏ごし器のように細かい編み目ではないので、2~3回同じ動作を繰り返さなくてはなりません。

さらにざるの網目に詰まってしまった食材を、きれいに洗うのにとても時間がかかったことも、私にとっては苦痛でした。

しかし離乳食初期の基本となる作業ですので、これを避けることはなかなか難しく、ママの頭を悩ましている作業であるといえます。

離乳食ができるまで「待てない子供の泣き叫び」

3ae40f53dd72a4e388fe55ad5f12ed43_m

調理に時間がかかる離乳食期によくありがちなのが、なかなかできない離乳食にお腹を空かせた赤ちゃんが泣き出してしまうこと。
ぐずっていると余計に調理は進まず、どんどん泣き叫びがひどくなるばかり。
用意ができないまま外出した際には、疲れているので赤ちゃんの機嫌は余計に悪く、さらに大変なことに!

結局手が付けられなくなり、ミルクで一時的にお腹を膨らますなどしてからじゃないと、離乳食作りが始められない事態に陥ります。
先輩ママなら一度や二度は経験したことがあるでしょう。

意外に無駄?「大人の料理のおすそ分け」

cf3d8a2766940a850f3b80b2dbeb1f64_m
離乳食の調理時間を少しでも短くしたい!ということで考えるのが、調理時の、大人用からの「おすそ分け=取り分け」ですね。

例えば、大人用にかぼちゃの煮つけを作る際、一部のかぼちゃを途中で取り分けて赤ちゃん用に作っていました。

これは一見便利な時短テクニックのように思えますが、実際はほとんどその効果はありませんでした。

というのも、いくら同じものを作りたくても、作業工程や味付けが全く違うので、一緒に調理できる共有部分はほとんどありません。

一緒に作業したように思えても、結局は別で作っているのとあまり変わらないのです。

私もよく行っていたかぼちゃの煮つけからの取り分け作戦、実は共通していた作業はかぼちゃの下茹でのみ。
よくよく考えてみると、かかる時間と手間はあまり変わらないことに気づきました。

以上、私を含め、ママなら一度は経験する、離乳食作りの悩みをご紹介しました。

人ぞれぞれかもしれませんが、多くのママさんに共通しているのが「離乳食=時間と手間がかかる」という点なのです。
ここが解決すればかなり多くの悩みが解決できるはず!

ということで、次にそんな悩みを解決してくれる便利グッズをご紹介していきます!

持っていて損なし!先輩ママ直伝の離乳食便利グッズはこれ!

eli3さん(@eli3_1kw)が投稿した写真

おすすめ便利グッズ『調理編』

調理におすすめの便利グッズをご紹介します。

おかゆポット

赤ちゃんのメイン主食となるおかゆですが、炊いたご飯を鍋でおかゆにするのはとても大変。
でもこのポットがあれば、ポットに指定されたお米と水を入れるだけであっという間に1人前のおかゆが完成!

10倍がゆ・7倍がゆ・5倍がゆが作れるので長期的に活躍します。
セットしておけば勝手に作ってくれるので、その間に他の離乳食の準備が可能。
置き場に困らないコンパクトサイズなのも魅力的で、うちではフル稼働してもらっていました。

初めての離乳食調理スターターセット(たまひよショップ)

調理の際に面倒な「裏ごし」「すりつぶし」「すりおろし」などの基本動作に加えて、「みじん切り」「角切り」までこの1セットでできてしまうという優れもの!

上記の基本動作3つができる調理セットは珍しくありませんでしたが、みじん切りや角切りという普通なら包丁を使うものまでできるのは、私が見た中ではこのセットが初!ということで即買いしてしまったグッズです。

ほぼすべての離乳食調理がこの1セットでできるので、調理器具をいろいろ無駄に出す必要もなく、時間も短縮できます。
収納の面でも重ねてまとめると、お茶碗サイズというコンパクト感が魅力です。
レシピ本もセットになっているので、離乳食の幅が広がること間違いなしです。

エッグタイマー(ダイソー)

keikoさん(@kei.mki)が投稿した写真

ダイソーでたまたま見つけたこのグッズ、ゆで卵のゆで具合を教えてくれる便利アイテムです。
一見あまり活躍するとは思えないのですが、実はゆで卵って離乳食の食材として万能なのです。

サラダや和え物・サンドイッチなどはもちろん、洋風リゾットの付け合わせや離乳食用ハンバーグのつなぎ、さらにそのままでも食べられる万能選手。

私は2週間に1度、ゆで卵を6~10個作り置きしておいたので、通常の調理にも時間のない時などの緊急時にも、とても活躍してくれていました。
余ったゆで卵は冷凍しておけばかなりの期間持ちます!

ゆで卵を電子レンジで作るものもありますが、作れる数が少ないため、一気に作れるこのアイテムには助けられていました。
離乳食ゆで卵アレンジも皆さんもぜひ試してみて下さいね!

おすすめ便利グッズ『保存編』

製氷皿

e5721c875b68aaade459695a3a634dbe_m
通常なら冷凍庫で氷を作るために使われるこの製氷皿ですが、実はこれ離乳食の作り置きにもってこい。

毎日作りたての離乳食を食べさせるのは理想ではありますが、手間暇がかかることは避けられません。

そこで忙しいママさんがよく行うのが、1週間に1~2回、1週間分程度の離乳食を、一気に作って冷凍保存するという作り置き。

製氷皿のくぼみ1つ1つにラップを敷き、作った離乳食を流し込み、きんちゃく袋のような形にしてラップを閉じます。
使う時にラップを引っ張るとスルンと1食分が外れて出てきますので、そのままレンジで温めれば1品約1分で完成します。

時短の基本テクニックである作り置き、製氷皿を使って試してみてください。

離乳食小分けパック(チュチュベビー)

Mami Kさん(@mami_292929)が投稿した写真

これは我が家の必須アイテムで、なくてはならない存在でした。
サイズは30ml、60ml、120mlの3種類があり、目盛りもついていて便利です。
開閉式の蓋が付いている小さな容器というとわかりやすいかと思います。

この容器の良いところは、冷凍、冷蔵、電子レンジ加熱まで対応している、ということです。
離乳食を少し多め作って冷凍・冷蔵保存し、必要な時にそのまま電子レンジで温められます。
使い捨てではないので、繰り返し使用できます。

また、洗った後に電子レンジで加熱することで熱消毒効果もあるのでとても清潔です。

離乳食期が終わってからも、少し余ったおかずを冷凍したり、作り置きしておいてお弁当のおかずなどに使うなど様々な場面で活躍してくれるので、長く使用出来ます。
値段もお手ごろなので、ぜひ探してみて下さい!

まとめ

時間と手間がかかる離乳食は、ママの最初のハードルですね。
離乳食も後期になってくると、どんどん品数が増えてきたり、余計に調理に時間と手間がかかったりしてイライラすることも多いかもしれません。

しかし逆にいえば、母乳やミルクしか飲んでしなかった赤ちゃんが、それだけ食べられるようになった成長の証ですよね。

ママも手を抜けることは、手抜きしてもいいのです。
上記のような便利グッズを使ったり、アイディアを駆使したりして、上手に手抜きしましょう。

いずれは離乳食期は大変だったなあ、と思い出話になります。
我が子の成長を楽しみながら、そして便利グッズ等でママも少し楽をしながら、頑張っていきましょう!

\\ 『離乳食』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/10/12

離乳食

赤ちゃんのはじめての離乳食!これさえ読めばあなたも離乳食マスター

まーしゃる

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER