MUGYUU!ロゴ

赤ちゃんの食べこぼしで悩めるママのつよ~い味方!食事用エプロンの賢い選び方

離乳食期の赤ちゃんを持つ、ママの悩みの1つに「赤ちゃんの食べこぼし」がありますね。
小さい子供の食事とは、切っても切り離せないキーワードなのではないでしょうか。
そんな離乳食時の食べこぼしを救ってくれるのがエプロン!
今、赤ちゃんための食事用エプロンは、いろいろな種類が揃っています。
今回は「エプロン」について、様々な角度からご紹介していきたいと思います。
ママの悩みを解決できるエプロンを、ぜひ見つけてください。

離乳食には欠かせないエプロン

離乳食は母乳やミルクしか飲んだことない赤ちゃんが普通の食事を取れるようにするための練習食で、赤ちゃんにとっては必要不可欠な成長段階です。
離乳初期・中期・後期・完了期という4つの時期にわけ、それぞれの時期で赤ちゃんの成長に合った離乳食で食べ方や様々なことを練習します。

ただ、どの時期の離乳食でも、はじめはなかなかうまく食べられないものですよね。
どうしても食べこぼしが避けられず、服や床が汚れてしまいがちです。
そこで「エプロン」の登場です!
離乳食時のママの味方となってくれることでしょう。

食事用エプロン、離乳食初期から必要?

chii0214さん(@hayamachika)が投稿した写真

離乳食を自分で手づかみで食べ始める頃は、お着替えの回数も増えてママは大変!
そんな離乳食時のママの味方であるエプロンですが、必要となるのはいつでしょう?
実は、離乳初期から完了期にかけての、すべての時期で大活躍します。
つまり、離乳食スタートからきちんとエプロンを揃えておく必要があるのです。

確かに、離乳後期や完了期では自力で食べることにチャレンジし始めたりする時期なので、服や床を激しく汚す可能性が大いにあります。
この時期のエプロンは必須アイテムであるといえますよね。

離乳初期や中期はママが食べさせてくれる時期ですし、エプロンが必要な場面はそこまでないのでは?と感じた方もいらっしゃるでしょう。
この頃は、まず母乳やミルク以外の食べ物を、「食べる」ということに慣れていないません。
ママに食べさせてもらっても、口から「べっ」と吐き出すなど、上手く口を使うことができません。
ということで、やはりエプロンはママにとってはなくてはならないモノでしょう。

私も実際に、娘の離乳食期にはエプロンのお世話になっていました。
ただ経験上、初期から完了期まで、ずっと同じエプロンを使うのは、少々難しいことだと思います。
というのも、耐久面で長期的に使えるものではないということ、各離乳期で必要なエプロンが違ってくるからなのです。

では、エプロンにはどんな種類があって、各時期におすすめなエプロンとはどんなタイプのものなのでしょう。

形・素材別 食事用エプロンの特徴

もうすぐ離乳食を始める赤ちゃんを持つママさんや離乳食真っ盛りの赤ちゃんを持つママさんは食事用エプロンを買いに行きたい!と思ってくれたかもしれません。
そんなママさんに向けて、ここではエプロンの形と素材別に特徴をご紹介していきます。

形別エプロンの種類

エプロンの形は、一般的に3種類に分けられます。

スタイ型エプロン

スタイ(よだれかけ)と同型の定番エプロン。
下に受け皿がついていて、シリコン製・タオル地など種類が豊富。
1つは持っておきたい型です。

袖付きエプロン

服が汚れないよう袖までついたエプロン。
手づかみ食べなど、自力で食べ始めることにチャレンジし始める、後期・完了期の赤ちゃんを持つママに支持されています。

ドレスエプロン

料理の際に大人が着用するのに定番であるこの型。
主に出産祝いや、1歳の誕生日祝いなどの贈り物として使われることが多いようです。

素材別エプロンの種類

食事用エプロンには様々な素材が使用されていますが、その中でもママからの支持の高い3つの素材に注目をしていきます。

シリコン製

一般的にスタイ型で使われるシリコン製。
汚れをはじきやすく、食器とともに洗って乾かせるので、毎日清潔に使用できます。
現在では食洗器対応などの商品も数多くあるので、忙しいママの手間を省くお手伝いをしてくれます。
耐久性にも優れ、長く使用することができるのも大きな特徴ですが、折りたたむことができないので収納には不向きです。

タオル地

よだれかけとしても使用できるタオル地のエプロン。
特に口周りを中心に汚しやすい初期や中期の赤ちゃん向き。
赤ちゃんの汚れた口周りを、エプロンで拭きながら食べさせることができます。

ビニール製

スタイ型や袖付き型で使用されるビニール製。
シリコン製同様、汚れをはじきやすく、洗って乾かすことができます。
さらに折りたたんで収納することが出来ますし、外出時など持ち運びの際にも便利です。
ただし、水気をしっかり取らないことでカビが生えてしまったり、だんだんと黄ばみが出てきたりするので、あまり長くは使用できないでしょう。

時期別おすすめエプロン

エプロンの種類を型と素材の2つの視点から見たところで、ここからは離乳初期・中期・後期~完了期におすすめのエプロンをご紹介していきます。

離乳初期

初期におすすめなのは、タオル地のスタイ型エプロンです。
離乳初期は食べさせてもらう段階であるとともに1回の口に運ぶ量も少ないので主に汚れるのは口元周り。
そのためタオル地のスタイ型エプロンは口元を拭けたりするということもありこの時期にはおすすめのアイテム。
また、よだれが多く出始めるのでよだれかけとしても使用できます。

離乳中期

中期におすすめなのは、シリコン製のスタイ型エプロンです。
離乳中期も食べさせてもらう時期ですが、離乳食も少しずつ固形のものに近づいていくので服や床などにこぼれやすく、汚れも広範囲になりがちです。
そのためシリコン製で受け皿のあるエプロンをこの時期に用意しておくことで、汚れなどがつきにくくなります。
外出時にはまだミルクで済ませることも多くあまり離乳食を食べる機会もないのでまずはお家用として1つ欲しいアイテムでしょう。
耐久性にも優れているので後期や完了期にかけても使用できますよ。

離乳後期~完了期

この時期におすすめなのは、ビニール製袖付き・スタイ型エプロンです。
自力で食べたいと感じる赤ちゃんが多くなるこの時期は手づかみ食べや自分でスプーンを使う食事が多くなります。
そのため汚れは中期よりもさらに広範囲になるので、服の袖などの汚れも避けることができる、ビニール製の袖付きエプロンは1つあると助かるでしょう。
また、断乳する時期でもあり、外出時する機会も増えるので、持ち運びに便利なスタイ型も持っておきたいアイテムです。

TPOに合わせたエプロンの選び方

4eccf850e692fe89abe58dbde9b95357_m
外出時には離乳食を食べさせるのが一苦労ですよね。
そこで外出目的別、おすすめのエプロンをご紹介です。

ちょっとしたおでかけや日帰りのおでかけ

家族でショッピングモールに!はじめての日帰り旅行!
など、日帰りのおでかけにおすすめなのは、ビニール製のスタイ型エプロン。
1日であれば離乳食の機会は多くても3回。
汚れは拭き取ることもできますし、コンパクトに収納して持って行けるので、予備も含め2セットほど持っていけば安心でしょう。

長期間の遠出

国内旅行・海外旅行など長期間の遠出の際には、使い捨てのエプロンがおすすめです。
ビニール製のスタイ型であることが多いですが、ベビー用品店や薬局などで購入できます。
乗り物での移動が多い上に、拭いたり洗ったりといった処理がしにくい長期間の遠出には、おすすめのアイテムです。

冠婚葬祭などの集まり事

このような場合には、ドレス型エプロンがあると便利です。
できれば服は汚したくないこの場面では、広範囲なドレス型はおすすめ。
さらに静かな食事の場が多かったり、時間が制限されていることが多いので、着せているだけでパッとそのまま食べさせられるドレス型はママには助かるアイテムです。

エプロンで困ったママのQ&A

ここまでエプロンに関して様々な情報をお伝えしていきましたが、エプロンを実際に使ってみるとまたいろんな悩みが出てくるのも育児あるある。
ということで、ここではエプロンに関して多くのママが持つ困ったことやお悩みをQ&A方式でご紹介していきます。

エプロンをつけたがりません!自分で外そうとします

まゆみさん(@ymy3412)が投稿した写真

自分で外そうとするということは、意思がしっかりあるように思いますが、いかがですか?
私の娘も嫌がっていましたが、うちでは好きなキャラクターのエプロンを使用して、興味をひいていました。
また、お皿やスプーンなどをキャラクターで揃えてあげると、自然とエプロンに興味を示さなくなることもありましたよ。
1歳をこえると「エプロンしてくれるとママ助かるな~」などと話し、ほめることで着けてくれるようにもなります。

いつもエプロンを噛んでしまいます。衛生上あまり良くないですよね?

衛生面が気になるのであれば、シリコン製のエプロンを使うのがおすすめですよ。
食洗器などでも洗えますし、手洗いでもきちんと汚れを落とすことができ、ビニールのようにカビが生えたりすることも少ないので、衛生面に特化しています。
食事中にする遊びの1つであれば、遊び食べだと考えられます。
その際には、いったんおしまいにしましょう。
時間をおいてから離乳食を食べさてみてください。
その時にはエプロンにも興味が薄れているかもしれません。

離乳食を始めるにあたって、どのくらいの数のエプロンがあればいいでしょうか。

tomomi naruiさん(@tomomi704)が投稿した写真

始めたばかりの時には1日1回ということもあるので、2~3セットほどあれば十分でしょう。
大きくなってくると1日3回使用しますし、外出時など様々な場面での必要性が出てきますので、家用・外出用・よそ行き用などといったことを考えると5~10セットほどは必要かもしれません。
少しずつ揃えていければいいのではないでしょうか。

可愛いデザインの使い捨てエプロンはありますか?

最近ではキャラクターデザインのものも多く、ハローキティやセサミストリートなどの使い捨てエプロンがあるようです。
ただし、あまり多くの種類はないので、可愛いデザインにこだわりがあるのなら、ビニール製のスタイ型エプロンなどの方が種類は豊富ですよ。

贈り物におすすめのエプロンを教えて下さい!

女の子への贈り物としては、ドレス型エプロンが最近では圧倒的な人気です。
プリンセスのようなゴージャスなデザインから、カントリー調の落ち着いた印象のデザインまで、幅広く展開されています。
男の子ならやはりキャラクターものが多いようです。
機能性の高い袖付きエプロなんかも、ママには喜ばれるおすすめアイテムですよ。

エプロンは離乳食期の救世主

悩みの尽きない離乳食の時期を手助けしてくれる、救世主のようなエプロン。
まだ離乳食を始める前のママにも、真っ最中のママにも、楽しんで選んで欲しいアイテムです。
種類も様々で、赤ちゃんの時期にあった商品がたくさん展開されていますよ。
エプロンを賢く選んで、大変な離乳食の時期を乗り越えましょう!

\\ 『離乳食』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/10/12

離乳食

赤ちゃんのはじめての離乳食!これさえ読めばあなたも離乳食マスター

まーしゃる

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER