MUGYUU!ロゴ

410

SOS!風邪をきっかけに赤ちゃんが離乳食を食べなくなってしまった!そんな時の対処法

暑さや寒さに関係なく、大人でも風邪をひく時はひきますが、寒くなってくると何となく風邪をひきやすい気がしますね。
特に赤ちゃんは、よりひきやすい気がしてしまいます。
皆さんの赤ちゃんは、今風邪をひいてはいませんか?

咳や鼻づまりが原因で食欲をなくし、今まで食べていた離乳食も食べなくなった…なんてこともあるのではないでしょうか。
あまりにも食べないと、
「体重減っちゃわないかな?」
「どのくらい食べなくても平気なのかな?」
と、心配になってしまいますよね。
赤ちゃんが風邪をひいた時の離乳食、どうしたらいいのか一緒に考えてみましょう。

風邪と食欲の関係


赤ちゃんが風邪をひく原因は、大人と同じで、ウイルスや細菌の感染が原因です。
どこかへ出かけた時にもらったり、両親の体調の変化により、うつってしまうこともあるんです。

大人も風邪をひくと食欲や体力が落ちますが、それは赤ちゃんも同じです。
では、なぜ食欲が落ちてしまうのでしょうか?
赤ちゃんが熱を出すと、大人でいう「二日酔いの状態」になるといわれています。
二日酔いの経験がある方ならわかると思いますが、あれは大人でもキツイですよね。
そんな状態では、とても食べられません。

また、風邪をひくと胃が弱り、食べ物を消化する力も弱くなっています。
それは消化に使うエネルギーが、風邪を治す方にまわっているからなんです。
風邪を治そうと赤ちゃんの身体が頑張っているところなんですね。

赤ちゃんの風邪


ご存知の通り、赤ちゃんは、お母さんから免疫力をもらって生まれてきます。
そのおかげで、生後半年くらいまではあまり風邪をひきません。
お母さんから受け継いだ免疫の効力が切れてくるのが、生後半年を過ぎた頃なのです。
免疫力がなくなった赤ちゃんが風邪をひきやすいのは、抵抗力がないためです。
ただし、免疫で守られている生後半年くらいの赤ちゃんでも、お母さんがかかってない風邪のウイルスだと感染してしまいます。

風邪のほとんどが、くしゃみや咳などでウィルスが飛び散ることで広がっていきます。
ウイルスに感染すると、鼻やのどの粘膜に付き、鼻水、鼻づまり、咳、のどの痛みなどの症状が起きます。
お母さんが風邪をひくと、そのくしゃみ・咳で赤ちゃんも風邪をひいてしまいます。

また、いくら家族が元気でも、保育園などで集団生活をしている上の兄弟がいると、園からウイルスを持ち帰り、赤ちゃんが感染するなんてこともよくあります。

風邪のときは栄養よりも水分補給

胃が弱っている時は、食べることよりもまず水分補給が大事です。
熱が出ている時は、汗もたくさんかくので脱水に気をつけなくてはなりません。

そこで役に立つのが、イオン飲料やOS-1などです。

乳児用のイオン飲料

ピジョン ミネラルアクア (125ml×3コパック)×4個

905

3ヶ月~

赤ちゃんの体液と同じ浸透圧で、失われた水分や電解質を体内にスムーズに吸収します。

アクアライトORS 125mlX3本

593

3ヶ月~

歯にやさしいイオン飲料(ベビー用)です。水分及び電解質がすばやく体内に吸収されるように設計されています。お子様が持ちやすく、つぶれにくくなっています。

水だけを摂取していると、ミネラルの濃度が薄くなり、けいれんを起こしたり、余計に水分を出そうと、かえって水分不足になりやすいです。
赤ちゃん用のイオンウォーターはミネラルが含まれているので、不足になりがちなミネラルも摂取できます。

麦茶

ベビーのじかん むぎ茶

2,980

1か月~

500ml×24本

風味豊かな六条大麦を贅沢に使用しました。無菌パック製法なので、乳化剤を使っていません。カフェイン、タンニンを含まず、赤ちゃんにやさしい麦茶です。カロリーゼロなので日常の水分補給に適しています。

イオンウォーターが合わない時は、ミネラルが含まれている麦茶がおすすめです。
大人用ではなく、乳児用の麦茶を飲ませてあげてくださいね。
授乳中であれば、母乳、ミルクで大丈夫ですよ。

風邪の時の離乳食

22b0a5d0b2b7e6c32fa55439b8cffa40_m
風邪で食欲がなく離乳食を食べないと心配してしまいますよね。
けれど1、2日食べなくても大丈夫なので安心してください!

先ほどお話したように、赤ちゃんは二日酔い状態です。
食べない代わりに、水分補給は必ずしましょう!
赤ちゃんは「お水飲みたい!」とはいえないので、大人が気付き、こまめに水分補給してあげてくださいね。

無理強いはしないで、赤ちゃんの機嫌や状態を見て、食べられそうなものだけを少しずつあげましょう。
心配で「何か食べて欲しい」という気持ちになりますが、無理に栄養のあるものを食べさせなくても大丈夫ですよ。
とくに、野菜などは消化に時間がかかってしまいます。
普段の離乳食ではなく、さらに消化のよいものを与えてください。

おかゆ


5倍がゆを与えていた赤ちゃんなら7倍がゆにするなど、作る時はいつもより軟らかめがよいでしょう。

果物(りんご、バナナ)


大人でも風邪の時は果物が食べたくなりますね。
食物繊維や水分、カリウム、ペクチンが豊富に含まれているりんごや、ビタミン、カリウム、マグネシウムなどを多く含むバナナががおすすめです。
消化がよく、ペクチンが粘膜保護をしてくれるので、脱水症状を防ぐ効果もあります。
赤ちゃんには、りんごはすりおろしてあげましょう。
バナナは、消化もよくエネルギーを吸収しやすい、優れものです。

風邪の時おすすめの離乳食メニュー

風邪の種類によって症状も違うので、簡単に症状別に分けておすすめを紹介します!

鼻風邪

鼻がつまっていて、口呼吸しかできない息苦しい状態なので、冷たくてさっぱりしたものを作ってあげてください。
すりおろしたりんごジュースや、のど越しのよいトロトロしたものが食べやすいです。
食材は小さく軟らかく煮込み、とろみをつけてあげてください。

咳の風邪

咳をすると喉が腫れて痛くなっています。
喉が痛く、上手く飲み込めず、食べるのが嫌になってしまう場合もあります。
そんな時は、普段は固形のものや少し硬いものを食べていたとしても、離乳食の段階を戻して、赤ちゃんの食べやすい状態にしましょう。
軟らかく、とろみがあるものを作ってあげましょう。
一度にたくさんあげると吐くことがあるので、少しずつあげてくださいね。

発熱の時


熱が高いと食欲もなくなります。
けれど、ミルクや母乳が飲めているなら、心配はいりませんよ。
ちなみに熱の時に便利なのが、先ほど紹介したバナナ。
栄養が豊富なのはもちろん、身体を冷やす解熱効果があります。
甘みもあるので、食欲がない時はすりつぶしてあげれば、食べてくれるのではないでしょうか。
食欲がなくても食べられるなら、エネルギーになる、おかゆ・煮込みうどんなどを。
他にもプリンやポタージュなど、口当たりがなめらかなものでカロリーがあるものもおすすめですよ。

風邪が治ってもしばらく食べない赤ちゃん


熱が下がり、風邪の症状が一見なくなったように見える赤ちゃん。
それでも食欲が戻らない場合があります。

先輩お母さん達の意見には、こんなものがありました。
「治っていても、まだ喉が痛かったから食べが悪かったのかも。」
「大人の自分でも、治ってしばらくは食欲ないのに、生まれて数ヶ月の赤ちゃんならなおさら。それくらいエネルギーを使ったから疲れるのは当たり前。」
「3歳過ぎても、風邪が治ってから1週間くらいぐずぐずしてますよ。」

やはり、症状が良くなり、風邪が治ってもしばらく食べない赤ちゃんも多いようですね。
でも、いきなり戻さなくても、ミルクや母乳を飲んでいれば、まずは大丈夫です。
もし離乳食を食べなかったら、先にミルク、母乳で体力を回復させてからにしましょう。
風邪の期間中に食べていなかった離乳食を急に食べたら、お腹もびっくりするかもしれませんね。
治ったからといって、すぐに風邪をひく前の離乳食を与えるのではなく、もう少し前の状態にして与えてみるとよいでしょう。
それから、おかゆを硬くしたり、味を少しずつ濃くしたりして、ゆっくり戻していきましょう。
赤ちゃんはのど越しの良い麺類だと食べることも多いので、水分をとらせ、温かい素うどんや煮込みうどんなど作ってみてはいかがでしょうか。

無理をさせないように


赤ちゃんが風邪をひいた時、体力や食欲が落ちて、離乳食に悩みますよね。
でも、ミルクや母乳を飲んでいれば、もし離乳食を食べられなくても、しばらくは大丈夫なので、安心してくださいね。
消化にいいもの・いつもより軟らかく・水分補給をする・ミルク、母乳を飲んでいればとりあえずは安心!
を覚えておき、心配のあまり色々試して、お母さんが疲れ過ぎないように、気を楽にしてくださいね。
無理にでも食べさせようとはしないで、赤ちゃんの様子をみながら少しずつ食べさせていってください。
風邪が治れば、徐々にいつもの離乳食に戻してあげれば大丈夫ですからね。

\\ 『離乳食』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/10/12

離乳食

赤ちゃんのはじめての離乳食!これさえ読めばあなたも離乳食マスター

まーしゃる

7,555

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER