MUGYUU!ロゴ

528

ママ必見!離乳後期の赤ちゃんにおすすめの離乳食まとめ

離乳期間の第3段階、生後9~11ヶ月頃の赤ちゃんが一般的とされている「離乳後期」。
新米ママも離乳初期に比べると失敗や経験を重ね、だいぶ離乳食に慣れてきたころなのではないでしょうか。
でもこの時期になると、食べられるものが増えてくるので、離乳食を作るのがより一層大変になったり、メニューもマンネリ化しがち。
さらにお茶碗をひっくり返したり、食事中に遊び始めてなかなか離乳食が進まなかったり、と今までになかった赤ちゃんの行動に変化も見られますね。
このように、実は今までとは違った変化が様々表れてくるのが、この離乳後期なのです!

離乳後期の赤ちゃんについて


離乳後期にあたる生後9~11ヶ月頃の赤ちゃんは運動面、精神面、身体面など様々な部分で急激に成長する時期。

運動面

運動面では腹這いからハイハイができるようになり、早ければつかまり立ちなどもできるようになっていきます。
これまではプレイマット内だけ、といったようにある程度の範囲内で動いていた赤ちゃん。
しかし、部屋から部屋への移動などもできるようになるなど、行動範囲がぐんと広がるので目が離せなくなります。

精神面

さらに自我が芽生えてくることで精神面でも大きく成長。
自分の意思で様々な判断や行動を取れるようになってきます。
離乳食でも、自力で食べたいという意思が芽生えてくるので、ご飯を手で食べようとしたり、食器をひっくり返してみたりと怪獣のようになっていき、興味のあるものなどを取り上げられたりすると泣きじゃくりながら怒ることも。

身体面

身体面では胃腸がほとんどの食材に対応できるまでに成長し、体力や抵抗力もついてくる時期。
離乳食でもアレルギーが出やすい食材や消化がしにくい食材などにチャレンジできるようになります。

かみかみ期について


そんな急成長をする生後9~11ヶ月頃の赤ちゃんに伴って、離乳後期は離乳初期や中期とはできる目標や様々な部分が異なってきます。
では、離乳後期は離乳食を進めるうえでいったいどのような時期なのでしょうか。

後期の目標は「かみかみ」

離乳後期では初期や中期から一区切りつけて、さらに様々なことを練習して普通の食事を食べられるようステップアップしていく時期です。
その中でも食べ方の練習では、初期の「ごっくん期」や中期の「もぐもぐ期」を経て、食べ物を「噛む」ことを学ぶ「かみかみ期」に突入します。
この「噛む」ということができるようになることで、大きなものや硬いものも食べられるようになるので離乳食の幅がより広がっていきます。

目標は7割

後期からは1日3回の離乳食を朝昼晩と食べるようになり、より大人の食事に近づいていきます。
さらに、この離乳食のリズムの変化は今まで主に母乳やミルクで栄養を取っていた授乳中心の食事から、離乳食で栄養を取る離乳食中心に変化させることにもつながります。
食べられる食材が多くなることもあり、後期では離乳食で約7割の栄養を取ることが目標となるので、離乳食の品数やメニューもさらに大人に近づかせた豊富なものになっていきます。

自力で食べられるように


上記でも少し触れましたが、後期の赤ちゃんが対象になっている生後9~11ヶ月は自我がしっかり芽生えてくるようになる時期です。
この成長は離乳食でもしっかり表れ、自分で食べたいという意思から、ママに反抗するような態度を見せます。
個人差はありますが、よくあるのはスプーンを取り上げたり、食器をひっくり返したり、お皿に手を突っ込んでみたり…とママにとっては手を焼くものばかり。
ただし、この意思が出てきたことは、自分で食べることを学んで練習をするチャンスでもあります。
はじめはスプーンをうまく使えないことため、ミニおにぎりなどを毎食作って、「手づかみ食べ」からチャレンジするママも多いですよ。

後期に入ったら与えていい食べ物

後期の赤ちゃんは「噛む」ことを学んだり、胃腸機能が発達することから今まで以上により多くの食材が食べられるようになります。
「穀物類」「タンパク源」「乳製品」「野菜・果物類」「その他」の5つの項目に分けて、食べられるようになる食材をみていきましょう。

穀物類


▼フランスパン・バゲット・パスタ・マカロニ・コーンフレーク

お米は5倍がゆからスタートし、後半では食べられるなら、通常炊きのご飯でもOK。
パン類では、フランスパンやバゲットなども外側の皮を除いては食べられるようになります。
うどんやそうめんなどが食べられていた麺類では、新たにスパゲッティやマカロニなどが食べられるように。
ゆでる際に塩は入れずに、通常より2~3分長めにゆでてあげるといいでしょう。
さらに、コーンフレークやオートミールなども、無糖であることや、軟らかくすることを条件に食べられるようになりますよ。
ただし小麦は7大アレルゲンの1つとされ、アレルギーが出やすい食材であるので、初めて食べさせる際には少量から様子を見てあげて下さい。

タンパク源


▼アジやサンマなどの青魚類・卵・牛肉や豚肉

動物性タンパク源では、魚・肉ともに中期からさらに種類を増やし、離乳食の幅を広げてくれます。
魚は、アジやサンマなどの青魚が解禁。
肉では鶏肉しか食べられませんでしたが、後期ではミンチ状または赤身肉であれば牛肉・豚肉も食べられるようになります。
さらに料理には欠かせない卵が食べられるようになることも後期の特徴です。
ただし、どの食材でも加熱処理が必須になってくることを忘れないようにしましょう!

乳製品


▼バター・加糖ヨーグルト・牛乳

後期では牛乳が解禁。
加熱処理をしっかり行ってから与えることが鉄則ではありますが、与えることができます。
断乳の際にも、母乳やミルクの代わりに飲ませるとよいともいわれるので、慣れさせておくといいかもしれません。
また、調味料の役割を果たすバターも、少量の使用に制限されるものの食べられるようになり、メニューの幅が広がるでしょう。

野菜・果物類


▼きゅうり・ズッキーニ・グリンピース・れんこん・レタス・キャベツ・山芋

きゅうりやれんこん、レタスなどの噛み切りにくい食材も加熱をして柔らかくすることで食べられるようになります。
ただし、グリンピースは皮を詰まらせる可能性があるので、むいて食べさせるといいでしょう。
また山芋は、とろろなど生で食べることが多いイメージがありますが、アレルギー反応が出る可能性を考え、加熱処理が必須になるので注意してください。

調味料


▼醤油・みりん・料理酒・塩コショウ・マヨネーズ・ケチャップ・サラダ油・バター・ごま油

塩や醤油などの他に、マヨネーズやケチャップなど様々な調味料が使えるようになり、離乳食の幅が広がっていきます。
またサラダ油などの油分を含んだものも使用可能になります。
ただし、すべに共通して言えることは、少量の使用にとどめることが鉄則で、目安は大人のメニューの3分の1の量とされています。
濃い味付けは小児糖尿などの原因にもなるので、大人が味見をして薄っすらと味がついているなと感じる程度にすることを心がけて下さいね。

離乳後期に使える工夫技

食べられるようになるものが増える後期では、それに伴って今まで以上に様々な離乳食のメニューが作れるようになります。
せっかくなので、我が子のためにあんな離乳食やこんな離乳食…と奮闘したいところ。
でも忙しいママも多い中、
離乳食作りにそんなに時間をかけられない!
というのが本音なのではないでしょうか。
またメニューが様々できるからこそ、マンネリ化してしまいがち。

そんな嬉しいことばかりではなく様々な悩みも増えがちな離乳後期に使える工夫技はあるのでしょうか。

ソースを作り置きする


時短テクニックになるとされており、多くのママがやっている作り置きですが、メインのおかずからサブのおかずまですべて作り置きしてしまうと余ってしまったりマンネリ化しがち。
しかも作り置きといっても作り置きのおかずを作る時間が大変。
そんなママはぜひ、味付けを決める、味付け用のソースを作り置きしてみて下さい。

具体的にはトマト缶やケチャップをベースとしたトマトベースや、牛乳やバター、ヨーグルトをベースにしたクリームベースなど。
例えばハンバーグを作るとなったとき、様々なソースがあれば、1回作ったハンバーグを何度も離乳食に登場させることができます。
ソースだけでなくコンソメと水を加えればスープにもできるのでおすすめですよ。

大人のメニューと同じにする

20e91559eb2e04682ed04116bec72532_m
マンネリ化に悩んでいるママは、大人のメニューと同様に離乳食を作ってみてはいかがでしょうか。
カレーや麻婆豆腐など刺激の強いものは食べられませんが、味噌汁や肉じゃがなどの和食をはじめミートソースパスタやグラタンなどの洋食も食べられるようになる後期。
味付けを薄めにする必要性はありますが、用意する食材や工程もほぼ同じなので離乳食用にメニューを考える必要もなくなるのでマンネリ化を防ぐことができます。

市販のベビーフードを使ってアレンジ

外食用や本当に時間のない時のために、市販のベビーフードをストックしているママも多いのでは?
そんなベビーフードも種類を選べば、手作り離乳食のアレンジに活躍してくれます。
具体的には鶏のあんかけなどを湯豆腐に掛ける、トマト煮にパスタを加えてスープパスタにするなど。
1品足りない!といった緊急事態にはおすすめの工夫技ですよ。

「手づかみ食べ」のすすめ


後期は食べられるものが多くなるといった身体面の成長だけでなく、赤ちゃんの精神的面でも成長する時期。
赤ちゃんはこの時期から自分で食べたいという意思を持つようになります。
しかし後期にあたる生後9~11ヶ月の赤ちゃんは、手先をまだ器用に使うことができないのでスプーンなどをうまく使うことはできません。

そこでこの後期におすすめなのが赤ちゃんに直接手を使って食べさせる「手づかみ食べ」です。
赤ちゃんの意思を尊重しつつも自分で食べさせる事を覚えさせることで後にスプーンなどをうまく使って自力で食べることにつながります。

1食のうち1品だけでOK

手づかみ食べを行うにあたって、すべてのメニューで手づかみ食べをさせてあげなくてはいけないと考えるママも多いと思います。
でも全部のメニューで取り入れるのは、離乳食を作る手間や離乳食を食べさせるのにかかる時間を考えると、ママにかなりの負担がかかります。
手づかみ食べをさせるのは、1品にしましょう。
そして、その他のものはママがスプーンで食べさせてあげましょう。

まずは主食から


特に手づかみ食べメニューで取り入れやすいのが、ごはんやパンといった主食。
というのも毎食必ず取り入れられ、手づかみサイズのミニおにぎりや1口サンドイッチなど、手間のあまりかからない調理方法で作ることができるからです。
この時期の離乳食は、朝昼晩と3食になるので朝ごはんなどはこのような主食だけでも済ませられますね。
赤ちゃんが飽きてしまった場合でもラップなどで保存しておけば次の離乳食の際にも使用できます。
さらに、ちょっとしたお出かけの際にも便利です。

おかずで取り入れる

5799fcbbc1264474dcff6d8c7c023808_m
でもたまにはおかずで取り入れたい!というママもいるかもしれませんね。
おかずで取り入れるならどんなメニューがおすすめなのでしょうか。
どうしてもひき肉や魚のすり身などを使うメニューになってしまいますが、多くのママが取り入れているのは、ひと口ハンバーグやミートボールなどです。
ただ、主食と違って変化を楽しめるのが、おかずのいいところ。
味付けなどの変化やキャラクター型など見た目の変化を楽しんでみてもいいかもしれませんね。

手洗いは忘れずに

様々なものに興味を持つ時期でもある後期の赤ちゃんの手には、雑菌がたくさんついています。
食べる前の手洗いは忘れないようにしましょう。
外出先ではおしぼりなんかを用意しておくのもいいかもしれません。

食事の世界が広がる離乳後期


後期はこれまで以上に様々な食材を食べられるようになり、大人のような食事に近づきます。
同時に自力での食べ方なども学び始める時期。
これはペーストやスープ系などいかにも離乳食な印象の強い初期や中期から卒業し、大人と同じようなものが徐々に食べられるようになることにつながります。
また手づかみ食べを覚えることで、自分で口に物を含むという感覚を学ばせることもできます。
大きく成長していく食事面でのターニングポイントともなりうるこの時期は、ママも大変の連続かもしれません。
しかし子供が成長していく証拠ですので、ぜひ温かく見守ってあげてくださいね。

\\ 『離乳食』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/10/12

離乳食

赤ちゃんのはじめての離乳食!これさえ読めばあなたも離乳食マスター

まーしゃる

7,555

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER