MUGYUU!ロゴ

甘い果物は要注意!離乳食に果物を取り入れるときに気をつけること

生まれてから、母乳やミルクですくすくと育つ赤ちゃん。
そんな赤ちゃんも、生後5~6ヶ月になると、活発に体を動かせるようになって、母乳やミルクの栄養だけでは足りなくなってきます。
離乳食によって、不足しがちな栄養を摂ること、消化器官を発達させること、さらに味わうことや食事のマナーも学ぶことになります。

「赤ちゃんに食事のマナー?」
と思うかもしれませんが「いただきます」「ごちそうさま」をいう習慣や、座って食べるなどの簡単なマナーを習慣づけるのが目的です。
また、離乳食を進めていくのに一番大切なのは、赤ちゃんに食事の楽しさを伝えることだと思います。

今回はそんな離乳食の中でも、果物に注目してみました。
果物はどちらかというと嗜好品ですが、栄養も豊富なので、上手に取り入れたいですね。
赤ちゃんに果物を食べさせる時の注意点や、果物の特徴を詳しく解説します。

果物は生後6ヶ月くらいから

d9f4319684f8d6a5abed114966e57cac_m

10倍粥から離乳食をスタートさせるのがほとんどですが、同時に果物も果汁にして飲ませているというママもいるのではないでしょうか。

赤ちゃんも甘みの強い果物は美味しいので、よく食べてくれます。
しかし、まだ生後5~6ヶ月の赤ちゃんにとって、果汁はカロリーが高過ぎます。
特にお腹をゆるくする果物は、モモ、ナシ、スモモなどです。
これらの果物を食べさせると、赤ちゃんがお腹を下してしまう可能性があります。

さらに、果物には糖分が多いため、虫歯になることを心配するママも多くいます。
実際に果物と虫歯に関係があるのかといえば、果物に含まれる果糖が単体で直接虫歯を引き起こす心配はありません。
他の食べものと合わせて食べさせる時には注意が必要ですが、虫歯についてはあまり神経質にならなくても大丈夫です。

といっても、離乳食を開始したばかりの赤ちゃんに積極的に果物を食べさせる必要はありません。
特に消化酵素の多く含まれるマンゴーやパイナップルは、赤ちゃんの消化器官に負担をかけてしまいますので、1歳を過ぎてから与えるようにしてください。

与える場合はバナナやイチゴなど、消化に優しい果物を選び、早くても生後6ヶ月を過ぎてからにしましょう。
特にバナナは、ビタミンB2,マグネシウムをはじめとする栄養が豊富に含まれていて、オールシーズン手に入る果物なので、初めての果物に最適といわれています。

時期別、離乳食としての果物

離乳食として果物を与える場合、赤ちゃんの体に負担をかけないよう、正しい方法で食べさせてあげなければいけません。
赤ちゃんの月齢によっても食べられる果物も違いますし、調理方法も様々です。
果物の特徴、与えていい時期別をまとめてみました。

どの果物にもいえることですが、アレルギーを起こす可能性はあります。
様子を見ながら、少しずつ与えることが大切です。

離乳食初期 生後6ヶ月

6ヶ月くらいになると、与えていい果物が増えます。
特徴を理解し、上手に与えてみましょう。

イチゴ

6b82c2bb6774a387642454617802c0c8_m
イチゴを離乳食初期から与える場合、ツブツブが苦手な赤ちゃんが多いので、裏ごしして食べさせてあげましょう。
イチゴには多くのビタミンCが含まれていますが、加熱するとビタミンCは失われてしまいますので火を通さず食べさせます。
イチゴはアレルギーを起こす可能性のある果物なので、少量から様子を見て与えて下さい。
月齢が進めば一口サイズに切って食べさせることができます。

スイカ

fe2d70e31e07978f5b349cfedd3ca015_m
スイカは水分の多い果物ですので、離乳食初期でも果汁にすれば与えやすい食材です。
細かい種がたくさんあるので丁寧に取り除いてあげましょう。
慣れてきたら、月齢に合わせて細かく切って食べさせてあげて下さい。

メロン

d7a3b885a9f6cf023cd654ec0a03c495_m
メロンはビタミンやミネラルが豊富で、便秘の改善にも効果があります。
ただし、アレルギーが心配な食材です。
また、体内に入ってからのアレルギー反応だけでなく、食べる時に口の周りに触れただけでかぶれる可能性があります。
あまり急いで食べさせず、月齢が進んでからにすることをおすすめします。
どうしても食べさせたい時には、果汁を水で薄めて少量から食べさせて、様子をしっかり観察しましょう。

ビワ

c7e416490d8ecd8c7fef469f240706f6_m
ビワは、熟れ具合によって、硬さが全く違います。
離乳食初期であればよく熟れたものを選び、へたや種の周りを取り除いてつぶして食べさせると簡単です。

ナシ

d81add81599dbf56570958301658ed9f_m
ナシは水分が多いため食べさせやすいですが、離乳食初期の赤ちゃんには果肉を飲み込むことが難しいので、すりおろして食べさせましょう。
アレルギーの心配は少ない果物ですが、消化が悪いといわれていますので、一度にたくさん食べさせない方がいいですね。

サクランボ

fd401047
サクランボは歯ごたえがあるため、そのまま与えてはいけません。
種を取り除いたとしても、実が喉に詰まる危険があるので、細かく切って食べさせましょう。
サクランボもアレルギーを起こす可能性があるので、初めて食べさせる時には様子を見ながら、少量だけ与えて下さい。

ブドウ

17f39afb061cab1ae1a686d998dab8c6_m
甘くて美味しく、栄養が豊富で疲労回復などの効果も期待できるので、大人も赤ちゃんも食べたい果物ですよね。
ただ、ブドウの実は弾力があるため、喉を詰まらせる危険があります。
必ずつぶして与えましょう。
ブドウに含まれるブドウ糖は、体のエネルギーになり、動きが活発になりだした赤ちゃんの筋肉の働きを助けてくれます。
アレルギーの心配は少ない果物ですが、少量から様子を見ながら与えることは忘れないようにしましょう。

62417891ea150909fa4e727d945b1aaa_m
栗は茹でて柔らかくしたものを、つぶして食べさせることができます。
ほくほくして喉が詰まりそうな栗は、お湯を加えるとなめらかになり食べやすくなります。
栗には食物繊維など、赤ちゃんの体にいい栄養が含まれていますが、アレルギーの心配があるので注意しながら与えましょう。

モモ

fd401113
熟れたものなら、まだ歯が生えそろっていない赤ちゃんでも、食べやすい果物です。
モモには食物繊維やカリウムなど、体の調子を整えてくれる栄養がたくさん含まれています。
ただし、モモはアレルギーを起こしやすい食材として特定原材料に準ずる20品目に指定されています。
心配な場合は食べさせる月齢を遅らせたり、ごく少量から与えるなどの対策をしましょう。
また、アレルギーの原因となるたんぱく質は熱に弱いので加熱して食べさせるのもおすすめです。

ミカン

2af4becf8e937a0a2715cd3b54f9dec3_m
ビタミンCが豊富で栄養がたっぷり詰まっているミカンは赤ちゃんに食べさせたい果物ですよね。
手間がかかりますが、消化に良くない薄皮は剥いて与えましょう。
ミカンもモモと同じく特定原材料に準ずる20品目に指定されています。
酸味の強いミカンは加熱すると食べやすくなり、アレルギーの心配も軽減されます。

バナナ


離乳食に使いやすい果物の代表といえるほど活躍してくれるバナナは、栄養も満点です。
ビタミンやミネラル、食物繊維など、バランスのいい栄養を摂れるので、離乳食に取り入れたいと考えるママが多いようです。
しかし、バナナも特定原材料に準ずる20品目に指定されています。
アレルギーの心配を軽減するために、最初は加熱して食べさせることをおすすめします。

リンゴ

eaa93deed4ded8584ba4c016ed53bb26_m
赤ちゃんに初めて食べさせる果物として選ばれることが多いのが、リンゴです。
整腸作用があるので、お腹の調子が気になる赤ちゃんには特に、食べさせてあげたいですよね。
果肉は飲み込みにくいので、離乳食初期の時にはすりおろして食べさせましょう。
まれにアレルギーを起こすこともあるので、様子を見て食べさせて下さい。

離乳食中期~後期(生後7~11ヶ月)

柿は7ヶ月から、キウイは9ヶ月頃から与えてよいとされています。

d1f06fcf6b00b9874b35c6d54a66e680_m
柿は弾力があり、歯が生えそろっていない赤ちゃんには食べ辛いので、早くても離乳食中期から与えるようにしましょう。
アレルギーを起こす可能性は低い食材ですが、食べ過ぎるとお腹を壊すことがあるので気をつけましょう。
柔らかくするために加熱して食べさせると、甘みも増して食べやすくなりますよ。

キウイ

m20160609
キウイの酸味を嫌がる赤ちゃんが多いので、グリーンキウイより甘みの強いゴールドキウイを選ぶといいでしょう。
黒い種の舌触りが気になると食べてくれないので、取り除いてからつぶして食べさせます。
キウイもアレルギーを起こすことがあるので、最初は少量から与えてください。

離乳食完了期(1歳~1歳半)

この時期から与えていいとされるのは、暖かい地方で育つ果物が多いですね。
あわてて与える必要はありませんので、大人が食べている時に欲しがった場合の参考になさってください。

マンゴー

b24ef73a2b19e5b4871f56bb3f5883f0_m
マンゴーやパイナップルはもっと早く食べさせても大丈夫という意見もありますが、アレルギーを起こす成分が含まれていることを考えれば、あわてて食べさせる必要はないでしょう。
1歳を過ぎていても、初めて食べさせる時には加熱して食べさせることをおすすめします。

パイナップル

fd400923
離乳食完了期から食べさせることができるパイナップルは、アレルギーを起こしやすい成分が含まれているので、急いで食べさせる必要はありません。
パイナップルは加熱することで独特の酸味が消えるので、火を通してから食べさせると赤ちゃんもよく食べてくれますよ。

グレープフルーツ

508223e244c36dacf57797c767cf2412_m
グレープフルーツは、苦みが苦手で食べてくれない赤ちゃんが多いです。
お店で売られているものは、輸入品も多く農薬の心配もあるので、離乳期に食べさせる必要はありません。

果物ばかり与えてはダメ

離乳食は薄味が基本なので、甘い果物を与えると喜んで食べてくれる赤ちゃんが多いのではないでしょうか。
離乳食はあまり食べてくれないけど、果物は喜んで食べてくれるという赤ちゃんは、与え過ぎに注意しなければいけません。
少しでも栄養を摂って欲しいからと、栄養豊富な果物をたくさん与えてしまうと糖分の摂り過ぎになります。
果物は毎日与えるとすれば、ごく少量にします。
栄養が偏るので、同じ果物ばかりにならないように気をつけましょう。

また、離乳食を食べずに果物ばかり欲しがる赤ちゃんもいますが、離乳食を食べてくれなかったとしても果物の量は増やさないでください。
果物でお腹がいっぱいになってしまうと、また次の離乳食の時に食べられなくなって悪循環です。
赤ちゃんは体調が悪い時でも、食べやすい果物は欲しがります。
食欲のない時に食べてくれるからと与え過ぎると、食べ過ぎが原因で下痢をしたり、胃腸に負担をかけるので、量は守ってください。

パイナップルやミカン、モモなどの缶詰も売られていますが、シロップに漬けられているので赤ちゃんにには糖分が多すぎます。
果汁ジュースも同じ理由で赤ちゃんには与えないようにしましょう。

大切なのは量を守ること

b8333a0a063365bff5a61c2c4499b46e_m
離乳食に果物と取り入れると、たくさん食べてくれるのでママもうれしくなってつい与え過ぎてしまいます。
しかし、果物の量だけはきっちり守ることで、離乳食も順調に進めていくことができます。
バランスよくあげましょう。

果物は冷凍保存できるものも多いので、活用することで毎日の準備も楽になりますよ。
例えば、バナナは数日で傷みますが、安い時に購入してカットし冷凍保存しておくと、便利ですし経済的ですね。

基本的に離乳食の果物は、生で食べてもいいものがほとんどです。
しかし、加熱にはアレルギーを軽減させてくれる効果があるので初めて食べさせる時には火を通すと安心です。
酸味の強い果物は加熱することで甘く食べやすくなることが多いので赤ちゃんにとってもうれしい効果があるといえますね!

栄養も豊富な果物、赤ちゃんの離乳食にも上手に取り入れましょう。
きっちりと離乳食を進めようと気負わずに、楽しみながら、大らかな気持ちで進めていきたいですね。

\\ 『離乳食』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/10/12

離乳食

赤ちゃんのはじめての離乳食!これさえ読めばあなたも離乳食マスター

まーしゃる

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER