MUGYUU!ロゴ

お肉はいつから解禁?赤ちゃんが喜ぶお肉料理まとめ

赤ちゃんの離乳食は、食材ごとに、与え始めることができる時期が決まっています。
なぜなら、与えるのが早すぎると、赤ちゃんの体に負担になってしまう場合があるからです。
新米ママさん達には、そこが悩みの種でもありますね。
でも大丈夫です!
正しい知識を身に着けて、自信をもって離乳食を与えていきましょう。

今回は「お肉」がテーマです。
赤ちゃんに、いつから、どのように食べさせればいいのか、離乳食としてのお肉の使い方、コツについて、詳しくまとめてみました。

肉はいつから与えていいの?


生後7~8ヶ月、離乳食中期からお肉を与えていいとされています。
初期では、与えることのできるたんぱく質は、豆腐や白身魚、プレーンヨーグルトなどに限られています。
初期が終わって中期に進んでから、お肉を与えてみましょう。

お肉には、良質のたんぱく質が豊富に含まれています。
たんぱく質は、体の血や肉をつくる大切な栄養素なので、赤ちゃんの成長にとって欠かせないものです。

種類別、与える時期と選び方

お肉の種類別に、与えて良い時期、選び方などを見てみましょう。

鶏ささみ肉


7~8ヶ月の離乳食中期(モグモグ期)から、食べることができます。
赤ちゃんにお肉を与えるときには、鶏のささみからにしましょう。
ささみは、豆腐や白身魚の次に食べられるようになる、たんぱく源です。
脂肪が少なくて消化吸収がよいので、赤ちゃんに初めて与えるお肉としては、ぴったりです。
クセもないので使いやすい食材です。
色がピンクで、新鮮なものを選ぶようにしましょう。

鶏ひき肉


7~8ヶ月の離乳食中期(モグモグ期)から食べることができます。
鶏のささみに慣れてから、与えるようにしましょう。
脂肪の白い部分が少ないものを、選ぶようにしましょう。
鶏ひき肉には、もも肉とむね肉がありますが、初めて与える場合は、むね肉がおすすめです。
お店に置いていない場合は、店頭で肉を選んで、ひき肉にしてもらうことができる場合もあります。

レバー(鶏・豚・牛)

a628cfaccddc4ffce9349d7c6895f34a_m
7~8ヶ月の離乳食中期(モグモグ期)から食べることができます。
やはり、鶏のささみやひき肉に慣れてきたら、与えるようにしましょう。
鶏レバーはレバーの中でも、臭みが少なくクセもないので、一番離乳食に向いています。
レバーは鉄分やビタミン類が豊富です。
赤ちゃんは9~11ヶ月頃になると、鉄不足が心配になってくるので、積極的に与えたい食材です。
色が鮮やかで、ツヤのあるものを選ぶようにしましょう。

豚ひき肉/牛ひき肉


9~11ヶ月の離乳食後期(カミカミ期)から、食べることができます。
鶏のひき肉に慣れてきてから、与えるようにしましょう。
脂肪の白い部分の少ない、赤身の多いものを選ぶようにしましょう。

鶏むね肉・もも肉


9~11ヶ月の離乳食後期(カミカミ期)から食べることができます。
鶏のささみに慣れてきてから、与えるようにしましょう。
むね肉は肉質が軟らかく、脂肪分が少なく、味が淡白です。
初めて与える場合は、脂肪の少ないむね肉にしましょう。
もも肉は、むね肉よりも硬いですが、脂肪分が多いため、味にコクが出ます。
どちらの肉も、使う場合は皮と脂肪を取り除いて与えましょう。

豚もも肉・ロース肉


9~11ヶ月の離乳食後期(カミカミ期)から食べることができます。
豚肉は、鶏肉よりも脂質が多く、肉質が硬いので、鶏肉に慣れてから与えるようにしましょう。

豚肉には、糖質の代謝に欠かすことのできない、ビタミンB1が豊富に含まれています。
まずは食べやすい、薄切り肉やしゃぶしゃぶ用などがおすすめです。
白い筋が少ないものを選びましょう。
豚もも肉は脂肪分が少ないので、赤ちゃんにとっても食べやすくなっています。
豚ロース肉は加熱すると軟らかくなるので、これも赤ちゃんにとって食べやすい食材です。

牛もも肉・ヒレ肉

9~11ヶ月の離乳食後期(カミカミ期)から食べることができます。
牛肉も、鶏肉より脂質が多く肉質が硬いので、鶏肉に慣れてから与えるようにしましょう。
脂肪分が少なく加熱しても硬くならない、もも肉やヒレ肉がおすすめです。
牛肉は鉄分が豊富なので、赤ちゃんにはぜひ食べてもらいたい食材です。

ソーセージ/ハム/ベーコン


12~18ヶ月の離乳食完了期(パクパク期)から食べることができます。
加工食品であるソーセージ、ハム、ベーコンは脂肪分が多く、塩分も多い食材です。
塩分が多い食材は、赤ちゃんの体に負担になってしまうので、与えるとしても少量にしておきましょう。
ソーセージは皮ありのものは食べにくいので、皮なしのものを選ぶようにしましょう。
ソーセージは手づかみ食べをするのにも使うことができます。
これらの加工食品は、無添加で低脂肪のものを選んであげると安心です。

食べやすくする調理のコツ

次に、お肉各種を離乳食に使う場合の、食べやすくするコツをご紹介しましょう。

鶏ささみ肉

白い筋を取ってから、茹ででほぐします。
鶏のささみを冷凍しておいて、おろし金ですりおろすのもおすすめです。
すりおろしたささみに火を通してから、すり鉢でなめらかになるまですりおろします。
そうするとお粥に混ぜたりすることができるので、ささみを簡単に離乳食に取り入れることができますし、バリエーションも増えます。
片栗粉でとろみをつけると、食べやすくなりますよ。

鶏ひき肉

ひき肉は細かくて食べにくいので、片栗粉でとろみをつけてそぼろあんにしたり、肉団子やハンバーグにすると食べやすくなります。
ひき肉は傷みやすいので、買ってきた日に必ず使うようにしましょう。
使い切れない場合は、一回分に小分けをして冷凍しておくと、次に使うときに便利です。
自宅にフードプロセッサーがある場合は、鶏のささみやむね肉を買ってきて、自宅でひき肉を作ることもおすすめです。

レバー(鶏・豚・牛)

レバーはクセがあるので、しっかり水洗いをしてから牛乳に漬け込んで血抜きをしておきましょう。
そうするとレバー特有のクセがなくなります。
7~8ヶ月の離乳食中期は裏ごしをしてから、与えるようにしましょう。
9ヶ月以降は、離乳食の時期に合わせた大きさに切って与えるようにしましょう。

レバーは鮮度が落ちやすいので、買ってきた日に調理をするようにしましょう。
下処理に時間がかかるので、まとめて調理して、冷凍しておくがおすすめです。
下処理が面倒だという場合は、レバーペーストもあるので、それを使うのもいいですね。

豚ひき肉/牛ひき肉


鶏のひき肉と同じように、片栗粉でとろみをつけてそぼろあんにしたり、肉団子やハンバーグにすると食べやすくなります。
ひき肉は空気に触れる部分が多いため、傷みやすいです。
買ってきた日に必ず使うようにしましょう。
使い切れない場合は、一回分に小分けをして冷凍しておくと、次に使うときに便利です。

鶏むね肉・もも肉

a00cae7435186dc49de29978031a75ca_m
鶏肉は加熱をするとパサパサしてしまうので、ゆっくり火を通すようにしましょう。
仕上げに片栗粉でとろみをつけると、食べやすくなります。

豚もも肉・ロース肉

薄切り肉やしゃぶしゃぶ用などの豚肉を茹ででから、与えるようにしましょう。
白い筋は取り除きましょう。

牛もも肉・ヒレ肉

牛肉は脂肪が多いので、茹でるとアクが出てくるので、取り除きましょう。
与えるときは細かくしたり、千切りにしたりして与えます。
食べにくそうだったら、片栗粉でとろみをつけてあげるといいですよ。

ソーセージ/ハム/ベーコン

与えるときには、必ず茹でで脂肪分や塩分を落としてから与えるようにしましょう。
必ず食べさせなければいけないものではないので、風味付けなどに少量使う程度にしておきましょう。

時期別お肉の離乳食


時期別に、お肉の離乳食の調理法をまとめてみました。
離乳食の進み具合に合わせて、お肉の種類を選んでくださいね。

離乳食中期(7~8ヶ月)

細かくしたお肉に、片栗粉でとろみをつけてあんかけにしたり、お粥やマッシュ状のものと組み合わせると食べやすくなります。
鶏のひき肉は、包丁でさらに細かくすると滑らかになって、赤ちゃんが食べやすくなります。

離乳食後期(9~11 ヶ月)


豚肉や牛肉は、たたくと肉の繊維を断ち切ることができるので柔らかくなります。
細切りにして使うようにしましょう。
茹でるときに、片栗粉をつけておくと喉ごしがよくなって食べやすくなります。

ひき肉は肉団子やハンバーグなどにして、歯ぐきでつぶせるくらいの固さにしてあげましょう。
肉団子やハンバーグを作るときに、豆腐を混ぜると、軟らかくなりますよ。
野菜が苦手という赤ちゃんは、肉団子やハンバーグに混ぜてあげると食べてくれるかもしれません。
一口大の大きさにしてあげると、手づかみ食べしやすくなります。

乳食完了期(12~18ヶ月)


料理によっては大人と同じものも食べられるようになってくるので、大人用を作るときに離乳食分を取り分けてもいいですね。
味はだしの風味を活かすか、薄味にするようにしましょう。
ソーセージ、ハム、ベーコンを使えるようになりますが、使うのは少量にして、離乳食後期の調理法で、食材の大きさや固さを変えていくようにしましょう。

欠かせない栄養素が豊富な食材

お肉はたんぱく質はもちろんですが、鉄分やビタミン類など赤ちゃんには欠かせない栄養素が豊富に含まれている食材です。
野菜と違って、滑らかにするのが難しいお肉ですが、ちょっとした工夫で赤ちゃんも食べやすい離乳食を作ることができます。
ハンバーグなどは、手づかみ食べの赤ちゃんにもおすすめですね。
時期に合わせたお肉を選んで、バリエーション豊かな離乳食を作ってくださいね。

\\ 『離乳食』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/10/12

離乳食

赤ちゃんのはじめての離乳食!これさえ読めばあなたも離乳食マスター

まーしゃる

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER