MUGYUU!ロゴ

嫌いな食材もパンケーキならOK!ミラクルパンケーキ活用術

赤ちゃんが生後7~8ヶ月くらいになると、離乳食が1回から2回に増え、いわゆる中期と呼ばれる時期に入りますね。
この頃になると、少しずつ食べ物の好き嫌いを主張し始める赤ちゃんも。
特に、野菜や口当たりに慣れてない食材には断固拒否!というツワモノも?!

そうなると、お母さんも負けてはいられませんね。
少しでも、いろんな食材に慣れて欲しいと思いますね。
特に体に良いとされている食材は積極的に取り入れたいと思うもの。
そう思って、あれこれ工夫をされていると思います。

今日はそんな赤ちゃんに、何としてでも食べてもらいたい!と誰もが一度はやってみたくなる、パンケーキ活用術についてまとめてみました。

離乳食にパンケーキは活用できる?


前述の通り、パンケーキは離乳中期以降の赤ちゃんから食べさせてよいとされています。
お母さんは食べさせたいけど、赤ちゃんは苦手という野菜などの食材を混ぜるのには最適ですね。

また、手づかみ期で食べたがる時期の赤ちゃんにも、パンケーキならベタベタしないので、適していますね。

多めに作って冷凍保存が出来ることもポイント高いです。
小さめに作って冷凍しておきましょう。

お母さんの食事の支度中に、お腹が空いて待てないよ~!
と大泣きする赤ちゃんに、持たせておくのにも良いでしょう。
ただし、食べさせ過ぎに注意してくださいね。

市販のパンケーキミックスは離乳食に使える?


パンケーキの主材料は小麦粉ですし、卵や牛乳を使うことも多いので、アレルギー体質の赤ちゃんに与える場合は注意が必要です。
市販のホットケーキやパンケーキミックスを使うのも簡単で良いですが、砂糖が使われていることを忘れないでください。
赤ちゃんは味に意外に敏感です。
濃い味や甘い味に一度慣れてしまうと、薄味や甘みの少ない食べ物を嫌がることが多いので、注意しましょう。

市販のミックス粉を使うのは、離乳後期以降にした方が良いでしょう。
また、ミックス粉を使わなくても簡単に作れるので、調べたり考えたりしてお母さんオリジナルのパンケーキを作るのも楽しいですね。
「粉もの」は多めに作って冷凍出来るのが長所でもあるので、時間に余裕があるときに、作っておきましょう。

粉が命のパンケーキ

5b9ecc1f29452ff114b9da97a02feef0_m
繰り返しになりますが、パンケーキの主材料は小麦粉です。
赤ちゃんに与えるパンケーキを作る場合は、小麦粉の鮮度に気をつけましょう。

粉は腐ったりしないよ?
と思われる方も多いかもしれません。
確かに、粉は通常の環境では腐敗はしませんね。
ただし、目に見えない「ダニ」が繁殖すると、いわれています。
いろんなものが入っているミックス粉は要注意です。
使い切りタイプを選んでください。
小麦粉も、長期間使っていなかったものを使って、パンケーキを作るのはやめましょうね。
それは赤ちゃんだけではなく、大人の私達にも害があることなので、新しい粉を使うことが大切です。
一度に使い切れなかった粉の保管にも、気を配りましょう。

基本のパンケーキミックス


基本をマスターすれば、あとはいろいろアレンジ出来るので、覚えておきましょう。

パンケーキミックス黄金比

砂糖とコーンスターチを10gずつ、ベーキングパウダー5g、塩1つまみ、あとは全体の量が200gになるように小麦粉の量で調整します。
上記の粉に水を約1カップ(180㏄)くらい入れて、泡だて器でダマがなくなるように混ぜます。
これだけです。

粉と水分の比率を守る


ポイントは粉と水分の比率だけです。
これさえ守れば、失敗することは少ないはずです。
硬さは、お玉からゆるゆると垂れる程度が目安です。
どさっと落ちるのは硬すぎます。
逆に水のようにジャーっと流れ落ちるのは、軟らかすぎですね。

少しずつアレンジする

赤ちゃんの離乳食の進み具合、様子を見ながらアレンジします。
・水を牛乳1カップに替える
・水と卵を合わせて1カップにする
・牛乳と卵を合わて1カップにする
・上白糖ではなく甜菜糖を使ってみる
・牛乳を豆乳に替える

他の食材を混ぜ込むときも、水分が多く含まれている豆腐の場合なら、水の量を減らすなどして、調整していろいろアレンジしてみてください。

調理の最大ポイントは火加減


中まで火を通す、焦がさないことが最大のポイントですね。
生地を入れる前に、フライパンを熱してから一度濡れ布きんで冷ましてください。
そして、再度弱火にかけて生地を入れます。
こうすることで極弱火になり、中まで火が通ったふっくらパンケーキが出来ます。
ひと手間を惜しまないように頑張りましょう。

せっかくキツネ色に焼けたのに、中がまだ生焼け~!
という場合は、電子レンジで30秒くらい加熱すれば大丈夫ですよ。

おすすめアレンジ


基本のパンケーキがおいしく出来るようになったら、あとは赤ちゃんの好きなもの、または苦手な食材をこっそりと?仕込みましょう。

水分をアレンジ

水、牛乳、卵などは水分です。
ここにさらに食材を加える場合、全体量が1カップ程度(上記の基本レシピの場合)になるように調整してください。

豆腐パンケーキ


豆腐が食べられる時期になったら、ぜひ作ってみてください。
大人が食べても美味しいと思いますよ。
基本の材料の水と豆腐で1カップくらいになるように、調整してください。
豆腐は絹ごし豆腐を選んでくださいね。

ニンジンパンケーキ

ニンジンをすりおろして生地に混ぜます。
水分が含まれているので、その分水の量を調整しましょう。

バナナパンケーキ


バナナをつぶして使います。
つぶしたバナナは水(または牛乳、卵)とよく混ぜ合わせて延ばしてから、粉と混ぜましょう。

青菜パンケーキ

ほうれん草や小松菜のペーストがストックしてあれば、それを水や牛乳に混ぜ合わせて使えるので便利ですね。

その他にも、野菜ならカボチャ、ジャガイモなど、なんでもペースト状になっていたら使えると思います。
赤ちゃんの好みに合わせて、オリジナルレシピを考案してくださいね。

粉をアレンジ

小麦粉を他のものに替えることも出来ますね。
ただし、全粒粉やライ麦粉などは、体には良いかもしれませんが、消化器官が未熟な赤ちゃんには消化しきれないため、不向きです。
もう少し大きくなってから作ってあげましょう。

米粉

小麦粉の一部、または全部を米粉に替えても面白いかもしれません。
どちらかというと、しっとり、もっちりとした口当たりのパンケーキが出来ますよ。

きな粉


小麦粉の一部をきな粉に替えることで味に変化が生まれます。
ただし、きな粉の材料は大豆なので、大豆アレルギーの赤ちゃんは避けた方が良いでしょう。

すりゴマ

29df97bb66a9a7ddfa6f20e8631db628_m
きな粉と同じように、加えることで風味が良くなります。
後期以降から与えて良いとされているゴマですが、アレルギーがある赤ちゃんもいますので、少量から試してみましょう。

シロップやはちみつは不要


パンケーキにシロップやはちみつをかけて食べるのは美味しいものですが、赤ちゃんに与える場合は、どちらも必要ないでしょう。
特にハチミツは、腸内環境の整っていない赤ちゃんには厳禁ですので、注意してください。
ボツリヌス菌が含まれるハチミツは、1歳までの赤ちゃんには与えていけない食品に指定されていますので、大人のパンケーキを取り分ける場合も、ハチミツのついてない部分にしてくださいね。

アレンジにチャレンジ

c62e985ecc12c00b1998838e6997cfbb_m
離乳中期以降になると、いろんな食材にチャレンジ出来るようになるので、離乳食作りも楽しくなりますね。
パンケーキは家で食べる時はもちろんですが、外出にも便利です。
持たせて食べさせられる時期になれば、近くの公園などで、お友達とシートを広げて食べるのもいいですね。
赤ちゃんも普段と違う場所だと、いつもより食べてくれるかもしれません。
ママもお友達とおしゃべり出来ると、気分転換になりますね。
パンケーキをどんどん活用して、楽しみましょう。

\\ 『離乳食』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/10/12

離乳食

赤ちゃんのはじめての離乳食!これさえ読めばあなたも離乳食マスター

まーしゃる

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER