MUGYUU!ロゴ

離乳初期から使えるきな粉で、栄養バランスを整えましょう!

育児に慣れてきた頃に始まるのが、離乳食です。
赤ちゃんが、母乳やミルク以外のものを初めて口にするということで、赤ちゃんにとってもママにとっても、未知の世界です。
初めての離乳食の場合は、どのように進めていけばよいのか悩んでしまうと思います。
でも安心して下さい。
離乳食にはルールがあるので、それに従って与えていけば大丈夫ですよ。
赤ちゃんにもママにも、負担にならないようにゆっくり進めていきましょう。

離乳初期は食べることのできる食材は限られますが、だんだんと増えてくるので、バリエーションも多くなってきます。
食事の形態も、ペースト状のものから固形物へと変化していきます。
時には、味に変化をつけたいと思うこともあるでしょう。
そんな時、粉末状のきな粉は最適です。
今回は、栄養豊富で手軽に使える、きな粉についてまとめました。

きな粉は離乳初期からおすすめ

離乳食を始めると、食事の栄養バランスはとれているのだろうかと、心配になりませんか。
きな粉は、そんなときにおすすめしたい食材です。

きな粉は大豆の粉


きな粉は、炒った大豆を粉状にしたものなので、栄養価の高い食品として知られています。
大豆は畑の肉ともいわれているほどです。
きな粉はたんぱく質が豊富に含まれています。
離乳食初期は食べることのできるたんぱく源が限られてしまうので、きな粉を上手く使って離乳食のバリエーションを増やしていきたいですね。

きな粉の栄養

きな粉には、食物繊維も豊富に含まれています。
離乳食が始まってから、
「便秘気味になってしまった!」
という赤ちゃんには、特におすすめの食材です。
もちろん、ママにもおすすめですよ。

きな粉は、ビタミンB1やB2などのビタミン類、カルシウム、カリウム、亜鉛、鉄などのミネラルも豊富に含んでいます。
ビタミンB1は、糖質の代謝に欠かすことのできない栄養素です。
離乳食は、お粥やパン粥などの糖質のものが多くなってしまうので、ビタミンB1を多く含むきな粉は、ぜひとってほしい食材です。

乳幼児は鉄分が必要


乳幼児は生後7~8ヶ月頃から体内の貯蔵鉄が減り始めて、生後9ヶ月頃になると鉄欠乏が生じる可能性があります。
母乳やミルクには鉄が含まれているのですが、離乳食が始まると母乳やミルクの量が減ってしまうので、その結果鉄の摂取量も減ってしまうのです。

鉄分の摂り方のコツ


離乳食初期では、鉄の多い食材をそれほど食べることができません。
きな粉は鉄も多く含んでいるので、鉄の補給にもおすすめの食材です。
鉄は摂っても体の吸収率が低いというのが欠点です。
しかしビタミンCと同時に摂取すると吸収がよくなります。
ビタミンCの多いさつまいも、じゃがいも、ブロッコリー、カリフラワーなどと一緒に取るのがおすすめです。

きな粉の与え方

6d666ee4652e2a21998b9a731214ab4f_m
きな粉はいつから与えてよいのでしょうか。
きな粉は離乳食初期から与えても大丈夫な食材なんですよ。
与え方を見ていきましょう。

目安は離乳食開始から2ヶ月目

きな粉は初期からOKですが、離乳食を始めてすぐに与えるのではなく、離乳食を開始して2ヶ月目くらいから与えるとよいでしょう。
今は食物アレルギーを持つ子供が増えていて、10人に1人が何らかのアレルギーを持っているといわれています。
きな粉はたんぱく質が豊富に含まれていて栄養価が高い食品なのですが、このたんぱく質がアレルギーを引き起こしてしまう可能性もあります。
大豆アレルギーの可能性もあるので、まずは豆腐を与えてみて、体調に特に変化がなければ、きな粉を与えてみるのがいいかもしれません。
初めてきな粉を与えるときには平日の午前中、赤ちゃんの体調がいいときに与えるようにしましょう。
そうすることで、もし湿疹や嘔吐、吐き気、下痢などのアレルギー反応があった場合に、すぐに病院に連れて行ってあげることができます。
初めは少量にしておいて、徐々に量を増やしていきましょう。

離乳食への取り入れ方


きな粉は粉末なので、そのまま食べさせてしまうとむせてしまいます。
必ず、お粥やペースト状の食品に混ぜて与えるようにして下さい。
初めて与えるときには、アレルギー症状が出た場合にどの食品が原因なのか、わからなくなってしまうので、今まで与えたことのある食品に混ぜて下さいね。
きな粉は砂糖が入っているものや、添加物が入っているもの、外国産や国産など種類がたくさんあります。
外国産のものは、遺伝子組み換え大豆を使っている可能性もあり、安全性が少し心配ですね。
赤ちゃんに与えるきな粉は、国産のもので、添加物などが何も入っていないものを利用するようにしましょう。

離乳期別きな粉の調理法


時期別に、どんなものにきな粉を混ぜて赤ちゃんに与えれば良いのかをご紹介します。

離乳食初期(生後5~6ヶ月)

離乳食初期は、食べ慣れているものに、きな粉を混ぜるのがおすすめです。
特にヨーグルトとの相性が抜群ですよ。
お粥は8分粥、5分粥などになったときもきな粉を混ぜることができますし、バナナの形態を変えれば中期、後期でも与えることができます。

きな粉粥

10倍粥にきな粉を混ぜるだけで、簡単にきな粉のお粥ができます。

バナナヨーグルト

プレーンヨーグルトに、きな粉を混ぜれば完成です。

バナナきな粉

バナナを潰して、きな粉と混ぜ合わせるだけで完成です。

離乳食中期(生後7~8ヶ月)


離乳食中期は、食べられる食材も増えてくるので、色々なバリエーションできな粉を取り入れましょう。
きな粉でむせないように、水分もしっかり与えて下さいね。

きな粉パン粥

耳を取った食パンを細かく切って、牛乳やミルクを使ってパン粥を作り、きな粉を混ぜ合わせれば完成です。

きな粉マカロニ


マカロニを軟らかく茹でて、細かく切ってからきな粉をまぶせば、完成です。

じゃがいもとブロッコリーときな粉のサラダ

軟らかく茹でてつぶしたじゃがいもと、やはり軟らかく茹でて細かく刻んだブロッコリーに、きな粉とヨーグルトを混ぜれば完成です。

離乳食後期(生後9~10ヶ月)


離乳食後期では、赤ちゃんが手づかみで食べるようになるので、手づかみで食べることのできるものにきな粉を入れると、よく食べてくれますよ。

バナナきな粉パンケーキ

ホットケーキミックスに細かくしたバナナ、きな粉、牛乳を入れて混ぜ、フライパンで焼けば完成です。

きな粉おにぎり

5倍粥を一口サイズに丸めて、まわりにきな粉をまぶせば完成です。

さつまいもときな粉のおやき

さつまいもを軟らかくなるまで茹でてつぶす。
片栗粉ときな粉、牛乳と混ぜてフライパンで焼けば完成です。

きな粉の保存方法


きな粉は一回に使う量が少ないので、保存は密閉容器に入れて冷蔵庫で保存するようにしましょう。 
小分けになっているきな粉もあるので、利用回数が少ない場合には、それを利用するのもいいですね。
じゃがいもやさつまいもを茹でてつぶしたもの、野菜を細かく刻んだものは冷凍保存もできるので、時間があるときに多めに作って、余った分を冷凍保存しておくと時短になります。
これらにきな粉を混ぜるだけで、離乳食が1品できてしまいますよ。
冷凍保存をするときには、製氷皿などを使って一回づつ小分けに保存すると、使うときに簡単に使うことができます。

きな粉を嫌がる赤ちゃん

もしも、きな粉を嫌がって食べないという赤ちゃんがいたら、好きなものと組み合わせてあげてみるのもいいかもしれません。
きな粉はあまりクセがなくどんなものにも混ぜることができるのが利点です。

どんどん取り入れましょう


きな粉は栄養価が高い食品で、赤ちゃんにぜひとってもらいたい栄養素がたくさん含まれています。
離乳食初期は食べることのできる食材が少ないので、きな粉を使うことでバリエーションが増えて離乳食が楽しみなものになることでしょう。
粉末なので、簡単に離乳食に取り入れることができるのもママにとっては嬉しいですよね。
栄養満点のきな粉をどんどん離乳食に取り入れてみて下さいね。

\\ 『離乳食』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/10/12

離乳食

赤ちゃんのはじめての離乳食!これさえ読めばあなたも離乳食マスター

まーしゃる

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER