MUGYUU!ロゴ

りんごのここがすごい!離乳初期の赤ちゃんにおススメのりんごまとめ

りんごは、赤ちゃんが離乳食初期から使える果物。
私達大人にとっても、非常に栄養効果が高い果物です。
今は1年中スーパーで手に入りやすい、家庭の強い味方ですね。

でも、どうやって与えたらいいの?
すりおろして、そのままあげていいの?

離乳食が初めてのママには、わからないことも多いですね。

そんなママのため、離乳食初期からのりんごの与え方についてまとめました。

離乳食のスタート

離乳食のスタートは、赤ちゃんの消化機能が整う、5~6ヶ月頃が目安です。
大人が食べているのを目で追ったり、よだれを出したり、口を動かしたり。
そんな様子が見られるようになったら、赤ちゃんの機嫌の良い日を見計らって、離乳食を始めましょう。

離乳食の進め方

最初の離乳食は1日1回です。
5回の授乳のうち、1回を離乳食にあてます。
離乳食後は、飲みたがるだけ母乳やミルクをあげましょう。

離乳食を与える時間は、何かあったらすぐ小児科を受診できるように、午前中や午後の早い時間にしましょう。
離乳食に慣れてきて、1ヶ月くらい経ったら、1日2回食にしましょう。

初期に食べられる食材

最初は消化のいい、10倍がゆを小さじ1の量から始めます。
毎日続けて与えても機嫌が良く、うんちの状態も変わらなければ、量を増やします。

1週間経ったら、ほうれんそうやにんじんなどの野菜をプラスします。
やはり、様子を見ながら、小さじ1の量から始めましょう。

離乳食の初期は、りんごやみかんなどの果物も食べられるようになります。
おかゆや野菜に慣れたら、豆腐や白身魚、ヨーグルトなどのたんぱく質の食材を増やしていきましょう。

りんごについて

りんごは1年中スーパーで手に入りやすい果物です。
しかし、りんごの旬は秋から冬にかけてが一番おいしいとされています。

りんごを与える前に、りんごについて知っておきましょう。

りんごの栄養素

りんごには、離乳食初期の赤ちゃんにとっても、うれしい栄養素がたっぷり含まれています。
どのような栄養があるのか見ていきましょう。

ペクチン

りんごに含まれるペクチンは、水に溶けやすい食物繊維で、授乳期の赤ちゃんに多い便秘や下痢を改善する整腸作用があります。
赤ちゃんのうんちが2~3日出ないような場合や、反対に下痢の場合には、りんごを離乳食で与えてみてください。

また、このペクチンには、アレルギーの予防効果も期待できるといわれています。
アレルギー症状を引き起こす、ヒスタミンの濃度を低下させる働きがあるとされているためです。

ポリフェノール

抗酸化作用のあるポリフェノールが多く含まれています。

ポリフェノールは、赤ちゃんの肌を紫外線から守ってくれます。
また、花粉症やアレルギー性鼻炎などの症状を抑える作用や、血流を良くするという驚きの効果も期待できます。

さらに、産後のママの美肌効果や、アンチエイジング効果、低カロリーなことからダイエット効果も期待できます。

ビタミンCを増やす

りんごに含まれているビタミンCは少ないのですが、りんごを食べると体内でビタミンCが増えていくことが分かっています。

ビタミンCは、風邪をひきにくい体や肌荒れの防止に効果があります。

多くの場合、ビタミンCは、加熱することにより壊れてしまいます。
しかし、りんごに含まれるビタミンCは、酸化型ビタミンCと呼ばれ、加熱しても壊れにくいビタミンCです。

また、りんごに含まれるペクチンやポリフェノールも、加熱しても効果が損なわれない栄養素です。
つまり、加熱して与えることが多い離乳食初期の強い味方なのです。

りんごを与える際の注意点

今のおばあちゃん世代での育児では、離乳食を始める前には「りんごをすりおろした汁」を赤ちゃんに与えていた家庭も多かったと聞きます。
そんな話を、耳にしたことはありませんか?

現在は、離乳食がスタートして、おかゆに慣れてきてから与えるようにしましょう。
りんごは生でも食べることができますが、加熱することで甘みと軟らかさが増すので、赤ちゃんが食べやすくなります。

初期の場合、すりおろしてから加熱すると簡単に調理できます。
電子レンジでも簡単に加熱できるので、手軽に取り入れてみてください。

りんごのアレルギー

離乳食のりんごでアレルギーが出る赤ちゃんもいますので、与える際は気をつけましょう。
生はアレルギーが出やすいといわれているので、最初は加熱して与えると安心です。

午前中に小さじ1の量を与えて、赤ちゃんの様子を見てください。
唇や口の周りが赤くなったり、腫れやじんましんが出た場合、小児科を受診しましょう。

りんごの与え方

離乳食初期はごっくんと飲み込む練習をする時期です。
どんな風に与えればよいか、見ていきましょう。

基本はすりおろし

この時期は、まずはりんごをすりおろしてから与えましょう。

すりおろすことで食べやすくなるだけではなく、ペクチンの健康効果がアップします。
丸く円を描くようにしてすりおろすと、繊維が残らず、赤ちゃんも飲み込みやすくなります。

すりおろすとすぐに、色が茶色に変色してしまいますね。
これは、りんごに含まれるポリフェノールが酸化したもの。
気になるママは、軽く電子レンジで加熱してからすりおろすと、あまり変色しなくなりますよ。

軟らか過ぎると、おろし金でうまくすりおろせないこともあるので、そんな時にはブレンダーを使うと簡単にすりおろせます。

進め方

最初は小さじ1の量から様子を見ながら与えます。
特に機嫌もよく、うんちの状態も変わらなければ、翌日は小さじ2杯と増やしていきましょう。
焦らずゆっくり進めていくようにしましょう。

調理器具の消毒

果物など、生で与えることが多い場合、食中毒防止のために調理器具は消毒してから使うようにしましょう。
りんごも離乳食初期では加熱することが多いですが、赤ちゃんの口に入るものですので、器具の衛生管理には気をつけましょう。

保存方法

赤ちゃんの離乳食、特に初期は1回分の量がとても少ないです。
そのたびにすりおろして加熱していると、赤ちゃんのお世話で忙しいママは大変ですよね。

一度にたくさんすりおろして、冷凍保存しておくと、使いたいときに使えるので便利です。
すりおろして加熱したものを、冷ましてから、製氷皿に小分けして冷凍保存します。

変色防止として大人の場合、レモン汁や塩水につけたりすることもありますが、赤ちゃんには刺激が強いので、りんごそのままで冷凍するようにしましょう。

食べるときは電子レンジで加熱するだけでOK。
手軽に調理できるのでぜひ取り入れてください。

りんごを嫌がる赤ちゃん

果物はどうしても、生で与えてしまいがちですよね。
赤ちゃんにとって、生のリンゴの触感は苦手な子も多いようです。

そんな時は、電子レンジで加熱すると甘くなり、食べやすくなりますよ。
また、りんごはにんじんやさつまいもと相性がいい果物です。

すりおろして加熱したにんじんと一緒に混ぜたり、さつまいもを軟らかく煮てつぶしたものに加えると、赤ちゃんも食べやすくなります。

まとめ

イギリスには「1日1個のりんごは医者を遠ざける」という古いことわざがあるほど、りんごは栄養価の高い食べ物です。
離乳食初期から取り入れやすい果物ですので、積極的に取り入れたいですね。

また、電子レンジやブレンダーを使うことで簡単に調理できるので、まとめて作って冷凍保存しておきましょう。
使いたいときに調理しやすくなるのでとても重宝しますし、空いた時間で赤ちゃんと一緒に過ごす時間を増やすことができますよ。

赤ちゃんと一緒にママもりんごを食べて、健康を保ちましょう。

\\ 『離乳食』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/10/12

離乳食

赤ちゃんのはじめての離乳食!これさえ読めばあなたも離乳食マスター

まーしゃる

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER