MUGYUU!ロゴ

野菜はいつからOK?離乳食初期におすすめの野菜はこれ!

子育て中のお母さんがまず悩むのは、離乳食ではないでしょうか。
いつから、どんな食材を、どんな風に調理したら赤ちゃんが食べてくれるのか。
実際にやってみないとわかりませんね。

おかゆの離乳食が進んだ頃、野菜を与えてみようと思うお母さんも多いですね。
今回は、離乳食初期の野菜についてお伝えします。
離乳初期の赤ちゃんに適している野菜や、調理方法などをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

離乳食の始め方、進め方

生後5~6ヶ月頃、そろそろ母乳やミルクでは栄養が足りなくなってくるので、一般的に離乳食を始める時期とされています。

ただ、個人差がありますので、5ヶ月から始める子もいれば、6ヶ月から始める子もいます。
赤ちゃんの様子をよく観察して、お母さんが決めてあげて大丈夫ですよ。
食事やスプーンに興味を示してきたり、支えてあげれば一人で座れるようになってきたりしたら、離乳食を始めるサインと考えてもよいでしょう。

赤ちゃんは食べ物を食べたことがないですし、胃腸の発達もまだ未熟ですから、だんだんと慣らしていく必要があります。

最初は10倍に薄めたおかゆ1さじから始めて、だんだんと量を増やし、慣れてきたら食材の種類を増やしていきます。
赤ちゃんがおかゆに慣れてきたら、2週目あたりから野菜を取り入れてみましょう。
初めての野菜は、赤ちゃんが好きな、甘さがしっかりあるにんじんやかぼちゃなどがおすすめです。

最初は1種類、1さじから与えてみて、アレルギーなどが出ないかを見る必要があります。
1種類ずつ食べさせて、問題なく食べてくれるようであれば、おかゆに混ぜたりしてあげるのもいいですね。

初めての食材を数種類1度にあげてしまうと、体調を崩した時に原因がわからなくなってしまいますので気を付けましょう。
初めての食材の時は、アレルギー反応が出たときのために、午前中に離乳食を済ませるようにしましょう。

何かあった時、すぐに小児科を受診できるので安心です。
離乳食の初期でおすすめの野菜は他にもありますので、ご紹介しますね。

離乳初期に使える野菜

離乳食の初期におすすめの野菜の基準は、あくが少ない、くせがない、という点です。
前にも触れましたが、赤ちゃんは母乳やミルクを飲んで育ってきていますので、甘い味が大好きです。
甘みがある野菜から始めましょう。

おすすめの野菜


かぼちゃやにんじんなど、甘みのある野菜がおすすめです。
他に離乳食初期で使える野菜として、かぶ、大根、ほうれん草、小松菜、トマト、ブロッコリー、じゃがいも、とうもろこし、白菜、玉ねぎ、キャベツなどがあります。
基本的に、ゆでて軟らかくして、すりつぶしてから使うようにします。

葉物は裏ごしして

葉物野菜はゆでた後、刻んで裏ごしするといいでしょう。
口当たりも良くなりますので、食べやすくしてあげることができますよ。
食べさせるときは、おだしやミルクでのばして、食べやすいペースト状にしてあげてくださいね。

向かない野菜

アクが強かったり、苦みがあったり、ペーストにしにくい野菜は不向きです。
具体的にはピーマン、パプリカ、ナス、オクラ、アスパラガス、里芋、山芋などになります。
また、軟らかく調理することが難しいズッキーニなども、初期のうちは与えないようにしましょう。

野菜のおすすめ調理法

おすすめの野菜はわかりましたね。
ここからは、調理法や保存方法を見てみましょう。

食材別調理法


赤ちゃんにおすすめの野菜の調理法を、いくつかご紹介します。

にんじん

色鮮やかで甘みがあり、調理もしやすいにんじんは、皮の近くが栄養豊富なので皮を薄くむいて、軟らかくなるまでゆでていきます。
軟らかくなったら、熱いうちにすりつぶしたり、裏ごしをしたりして使ってください。

かぼちゃ


かぼちゃも甘みが強く、赤ちゃんが大好きな野菜の1つです。
ただ、硬い皮が調理しにくい、という点が困りますよね。
そんな時は、レンジを上手に活用しましょう。

種とワタをしっかり取り除いたら、水を振ったかぼちゃをラップで包んでレンジでチン。
温めすぎると水分が飛んで、食感がぱさぱさになって食べにくくなってしまいますから、様子をみながらレンジにかけてくださいね。
火が通ったら、皮をきれいに取り除いてあげましょう。

かぼちゃの皮には栄養がたくさん含まれていますが、食物繊維も多く、離乳食初期の赤ちゃんでは消化できませんので、まだ与えないほうがいいのです。
まずは、かぼちゃの甘さをしっかり覚えてもらい、好きになってもらいましょうね。

大根


あっさりした味でどんな食材とも相性の良いかぶや大根。
食物繊維が多い皮の部分は、厚めにむいて取り除きましょう。
そのあと、小さく切ってゆでていきます。
ゆであがったら、にんじんやかぼちゃを同じように、熱いうちにすりつぶします。
水分を多く含んでいますので、すりつぶすだけでペースト状になって使いやすいですよ。

葉物

葉物野菜のほうれん草や小松菜。
特にほうれん草はアクが強いため、軟らかくゆでた後、水にさらしてアクを抜いてから、細かくしましょう。

ブロッコリー


意外と便利なのがブロッコリーです。
花蕾(からい)の部分だけをゆでて、細かく刻んでペースト状にしてあげると使いやすいですよ。

便利な道具

ペーストするのに持っていると便利な道具としては、ミキサーやブレンダー、フードプロセッサーです。
他にも、タジン鍋やシリコンスチーマーを持っている方は、ぜひ活用してください。
野菜の水分でしっかり加熱でき、栄養が逃げることなく調理できますのでおすすめです。
私も、離乳食用に小型のフードプロセッサーを買いましたが、普段の食事を作るときなども使えますので、とても便利ですよ。

冷凍保存について

ペーストにしたのはいいけれど、どうやって保存したらいいのか困りますよね。
全ての野菜に言えることですが、離乳食初期は特に、スプーン1さじから始めていきますので、冷凍保存が便利です。
ある程度まとめて作っておけば、忙しいお母さんも簡単に、栄養満点の離乳食を作ることができるので、とてもおすすなんです。

冷凍に関する注意点


まずは、加熱してから冷凍すること。
生野菜は冷凍には向かないので、必ずゆでて火をしっかり通してから冷凍するようにしましょう。
じゃがいもは、ゆでただけで冷凍すると食感がぱさぱさになって食べにくくなるので、つぶしてから冷凍するのがおすすめです。

ペースト状にして冷凍保存する

離乳食として使うのですから、ペースト状にしてから保存すると後が楽なのでいいですね。
また、まとめて冷凍してしまうと、いざ使おうとするときに使いづらいので、1回ずつ小分けにして冷凍すること。
蓋つきの製氷皿でブロック状に冷凍したり、ジップロックなどに薄く平らに食材を入れて、菜箸で筋を付けた状態で保存しておくと、使うときに筋に沿ってパキパキと折って使えるので、少量ずつ使えて便利です。

ちょっとしたことですが、ひと手間かけると全然違いますよ。
なるべく空気に触れないように、工夫して保存してくださいね。

早めに使い切る

また、冷凍保存したものは1週間を目安に使い切るようにしましょう。
冷凍したからといって、ずっと保存できるわけではありません。
せっかく栄養たっぷりのお野菜ですから、鮮度が落ちないうちに、早めに食べさせてあげるようにしましょう。

解凍に関する注意点

一番気を付けなければいけないのは、解凍するときです。
自然解凍は、解凍中に雑菌が繁殖することがありますので、絶対にしないでくださいね。
レンジやお鍋を使って、加熱しながら解凍するようにしてください。
もし加熱しすぎて水分が飛んでしまい、パサパサになってしまっても慌てないで。
そんなときは、おだしや、ミルクで伸ばしてあげれば大丈夫です。

離乳初期用野菜スープの作り方


離乳食でいろいろな野菜に慣れてきたら、それらを組み合わせて野菜スープを作ってあげましょう。
1品でたっぷりの野菜が取れるので、栄養満点のおすすめメニューです。

かぼちゃをメインに、葉物野菜やにんじんを加えたものをおだしで煮込んだものや、ミルクを多めにしてポタージュスープにしてもいいですね。
かぶのポタージュなども、初めから作ろうと思うと大変ですが、冷凍してあるペースト状の野菜を使えば簡単に作ることができますよ。
作る時も、レンジやお鍋で簡単に作れますし、冷凍は本当に便利です。
おかゆと混ぜでリゾット風にしてもいいですね。

また、野菜そのものを煮込んで弱火で煮込んだものを、キッチンペーパーなどでこして栄養満点スープを作ってあげてもいいですね。
これなら冷凍野菜がないときでも、にんじんや玉ねぎ、キャベツなどを使って簡単にできますし、スープは赤ちゃんに、具材はお母さんの食事に使ってもいいですよね。
このスープを作る時は、あくが少なくて荷崩れしにくいものを選ぶのがコツですよ。

野菜を嫌がる赤ちゃん


離乳食初期に野菜を与えるときには、赤ちゃんが食べやすいように、なめらかで飲み込みやすい状態にすることが大切です。
軟らかくゆでたり、しっかりすりつぶしたり、裏ごししたりして、とろとろの状態にしてあげるようにしましょう。

また、食べる順番を変えて、野菜から食べさせるようにしたり、野菜ジュースを使って野菜の味に慣れさせるのもいいでしょう。
他にも、家族が野菜を美味しそうに食べている姿を見せてあげたりするのもいいですね。
特定の苦手な野菜がある場合は、その味をごまかしてくれる食材と混ぜてみることで、食べられるようになることもあります。

前にもご紹介しましたが、お粥やパン粥など、ペースト状のものに混ぜたり、赤ちゃんが好きなベビーフードと混ぜるのもいいですね。
また、赤ちゃんが大好きなミルクと野菜のペーストを混ぜてあげるのもいいでしょう。
色々な野菜を好き嫌いなく食べられるようにしてあげたいというのは、お母さん共通の願いですが、今はまだ好きな野菜を少しずつ増やしてあげよう!という程度でOKですよ。

まずは味に慣れさせること


離乳食は、赤ちゃんにとって、とても大切な栄養源になります。
できれば好き嫌いなく食べてほしいものですよね。
しかし、離乳食の初期は、食べる内容や量よりも、赤ちゃんを食べ物に慣れさせることが目的です。
離乳食を楽しむことも大切にしてあげてくださいね。
お母さんはおおらかな気持ちで赤ちゃんを見守って、短い離乳食の時期を楽しんでくださいね。

\\ 『離乳食』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/10/12

離乳食

赤ちゃんのはじめての離乳食!これさえ読めばあなたも離乳食マスター

まーしゃる

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER