MUGYUU!ロゴ

離乳食用の食器は、定期的に消毒しないと駄目?消毒する本当の目的はこれ!

これから離乳食を開始しようと思っているママ。
離乳食は始まったけれど、まだまだ不安、というママ。

子育ては、いろんな不安や心配事が尽きませんね。

その中でも気になるのは、離乳食の食器は消毒する必要があるのか、ということ。

赤ちゃんの口に触れる機会が多い食器だからこそ、衛生面で気になることも多いですよね。

哺乳瓶は消毒しているけど、離乳食用の食器や調理器具はどうしたらいいかわからない!というママも多いかと思います。

そんなママのために、離乳食の食器の消毒についてまとめました。

赤ちゃんの免疫

赤ちゃんは、感染症などの病気に対しての免疫力が、大人に比べても強くないため、基本的には衛生面では細心の注意を払う必要があります。
ただし、生後間もない赤ちゃんと、生後半年経った赤ちゃんとでは、その免疫力でも違いが出てきます。

生後間もない赤ちゃんの免疫力

赤ちゃんは、ママから免疫力をもらって生まれてくることは、よく知られていますね。
しかし、それでも大人の免疫力の半分しかありません。

生後3ヶ月頃には、免疫力は急激に減少します。
この時期、病原菌に対抗する力や、病気になった場合の回復力も弱いので、赤ちゃんが口にする物は消毒して、命の危険に及ぶリスクを防いでおきたいところです。

離乳食が始まる頃の赤ちゃんの免疫力

生後6ヶ月を過ぎると、ママからもらったその免疫力も少なくなってきて、自分の力で免疫力を作り出すようになります。

その時期が、ちょうど離乳食を開始する時期と同じ頃です。
そのため、病気にかかりやすくなるタイミングでもある、ということを理解しておきましょう。

あまり神経質になる必要はありませんが、赤ちゃんの身の回りのものは清潔にしておくと安心です。

赤ちゃんに関する物の消毒について

赤ちゃんが動き回るようになると、床に落ちている物やおもちゃを手に取って、口に入れたりする機会が多くなりますね。
衛生上消毒した方がいいような気もしますが、家中のものを消毒するのは大変です。
また、離乳食に使う食器や調理器具も消毒する必要があるのか、わからないことも。

それまで、ミルクを与える度に哺乳瓶を消毒していたママの中には、
「衛生面から食器や調理器具も消毒した方がいいんじゃないの?」
と、疑問に思っているママも多いと思います。

「食器は消毒して、おもちゃは消毒しなくていいの?」

そんな疑問もわいてきますね。
赤ちゃんに関する物の消毒について考えてみましょう。

動き回る赤ちゃんが触る物

離乳食がスタートする頃の赤ちゃんは、おすわりができるようになったり、体を少しずつ動かすことができるようになったり。
周りのいろいろなものに興味を持ち始めます。

床に落ちているものや、自分の手足といったあらゆるものを口に入れているのを、見たことがありませんか?

赤ちゃんはまだ、視力が良くないので、なめることでモノの感触を確かめようとしているのです。
だからといって家中のものを消毒する必要はありません。
最低限、赤ちゃんが口に入れる物は、清潔に保つように心がけましょう。

食器

赤ちゃんの離乳食がスタートすると、気になるのが食器の消毒が必要なのかどうか。

繰り返しになりますが、この時期の赤ちゃんは家中のいろんなものを口に入れ、菌に接触する機会が増えてきます。

成長とともに雑菌への抵抗力がついてくるといわれています。
そのため、すべての食器や調理器具を毎回消毒する必要はないと考えられています。

ただし、食器は消毒する必要はありませんが、赤ちゃんの口に触れる機会が多いので、食器を洗う際には、常に清潔にしておくように心がけましょう。
洗剤の洗い残しが心配な場合は、赤ちゃんの口に入っても大丈夫な自然素材の洗剤を選ぶと安心です。

食材・調理器具

果物を切るときや、生で野菜を与えるときは、包丁やまな板等の調理器具の消毒をしっかりする必要があります。

包丁やまな板は、調理前に熱湯消毒などを行ってから、調理するといいでしょう。

食材についた雑菌は、加熱したり湯通ししたりといったことでしか殺菌することができません。
果物は、比較的早い段階から生で与えるようになるので注意しましょう。

生野菜は、離乳食の完了期以降でないと与えることはありませんが、与え初めで心配なママは、切った野菜をさっと湯通ししておくと安心です。

また、生肉や生魚を切った後は、食中毒を防ぐために、包丁やまな板の取り扱いに気をつけ、熱湯消毒やアルコール消毒をしておきましょう。

食中毒予防のために、生肉・生魚用と野菜用の包丁といった具合に使い分けると安心ですね。
雑菌が繁殖しやすいまな板は、定期的に漂白剤や除菌剤を使って消毒をするようにしましょう。

哺乳瓶の消毒

離乳食が始まってからも、1歳前後まで母乳やミルクを飲みます。
それまで哺乳瓶を使う場合、毎回消毒し続けるのか疑問に思うママもいるかと思います。

哺乳瓶の消毒の有無、きれいに保つにはどうしたらいいのかというポイントをまとめました。

哺乳瓶の消毒は必要?

繰り返しになりますが、赤ちゃんの免疫が一番少なくなる時期は、生後3ヶ月頃で、それ以降また少しずつ赤ちゃん自身が免疫力をつけ始めます。

そのため、3ヶ月頃まではしっかり消毒する必要がありますが、一般的には赤ちゃんの哺乳瓶は3~4ヶ月頃までにやめてもいいと考えられています。

心配なママは哺乳瓶の消毒を続けると安心ですが、消毒をやめることも赤ちゃんの成長の過程では大切なステップです。
あまり神経質にならずに、哺乳瓶を丁寧に洗うなどして清潔さを保つようにしましょう。

哺乳瓶の清潔さを保つポイント

消毒の必要はありませんが、赤ちゃんが口に入れるものですので、哺乳瓶は清潔に保つようにしましょう。
特に、雑菌が繁殖しやすい哺乳瓶や乳首の溝に残ったミルクのカスが残らないように、丁寧に洗いましょう。

洗った後の水滴も、雑菌の繁殖場になります。
自然乾燥ではなく、ふきんで丁寧に拭き取っておきましょう。
使ったスポンジもしっかり洗って、水を切って乾燥させておくと清潔に保てます。

赤ちゃんが吐いた!食中毒?!

もし、離乳食をはいた場合、菌による食中毒などを疑ってしまうかもしれませんが、まずは落ち着いて様子を見ましょう。

赤ちゃんはせき込んだり、げっぷと一緒に吐くことは珍しくありません。
吐いた後、元気なようであれば心配ありませんが、何度も吐いたり、下痢などを繰り返したり、熱が出たり、などの症状が出たならば小児科を受診しましょう。

食べ物でアレルギーや食中毒を起こしている場合、医師に状況を伝えるために、念のため食べたものをメモしておくと安心です。

まとめ

ママからもらった赤ちゃんの免疫力は、生後半年頃には少なくなりますが、自分の力で免疫力をつけ始めるようになります。

また、赤ちゃんは成長の過程で、いろんなものを口にしたりするようになるので、衛生面で気をつけなければなりませんが、神経質に消毒をする必要はありません。
離乳食用の食器も同じで、消毒の必要はありませんが、清潔に保つことを心がけましょう。

成長とともに雑菌への抵抗力は強くなっていきますので、それほど神経質になる必要はありません。

外から帰ったら、食事の前、手をきれいにすると気持ちがいいね!と教えること、習慣付けることが大切ですね。

\\ 『離乳食』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/10/12

離乳食

赤ちゃんのはじめての離乳食!これさえ読めばあなたも離乳食マスター

まーしゃる

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER